「律儀な桜」と「非人道的兵器」雑感

【日報抄】11年前の4月、作家の角田光代さんは東日本大震災で被災した東北の沿岸を歩いた。津波に襲われ、家並みが消えた町で満開の桜を見つける。こんなにも悲しい現実の中でも、この花は季節が巡ると美しさを誇るように咲くのか-▼「毎年この時期になると桜は律儀に咲くものだね、何があっても咲くね」。タクシー運転手のこの言葉に、あの時の光景を思い出すと角田さんは随筆「律儀な桜」に書いた。ウイルス禍は日常化し、かつてのような観桜会も難しい。でも桜はたたえる人も、見る人もいなくても義理堅く咲く。本県でも開花の便りが届いた▼「変わらないものがあるということは、ときに私たちを救うのではないか」。角田さんは何げない暮らしを彩る自然の底力をらんまんの花々にみた▼戦禍の中のウクライナに日本の桜がある。どうなっているか気にかかる。2017年、日本とウクライナは外交関係樹立25周年を迎えた。かの地の20都市以上で千本を超す桜が記念植樹された。ロシア軍に包囲されている港湾都市マリウポリでも植えられた▼「平和のシンボルになる」。日本公使と市長が握手し青いスコップで土を掘った。現地では10万人以上が取り残されているという。写真を見ると、植樹された沿海公園も街も廃虚と化したかのようだ▼集中砲火で約5千人が犠牲になり、飢えも深刻という。そんな状況下、平和の象徴は一輪でもつぼみを膨らませ、開花の春を待っているのか。その律儀さを思うと胸が締めつけられる。(新潟日報・2022/04/08)
【日報抄】〈非人道的兵器? 人道的兵器ってあるんですか〉。戦争の本質をついた指摘に胸をえぐられる思いがした。本紙投稿欄「ワンショット」に先月掲載された作品である▼非人道的な兵器とは、軍人と民間人の区別なく無差別に攻撃する武器を指すようだ。大規模な被害が想定されるものとしては核兵器のほか、生物・化学兵器や燃料気化爆弾、クラスター(収束)弾などが挙げられる▼対人地雷の理不尽な残虐性もよく指摘される。多くの国や地域で、戦闘とは無関係の市民が犠牲になってきた。ウクライナでもロシア軍が撤退した地域に多くの地雷が残されているらしい▼これらの兵器が人の道に外れた存在であるのは言うまでもない。ただ、それ以外の兵器はどうだろう。誰かを傷つけ自由を取り上げ、命を奪うことさえできる力を持つのが兵器である。自衛のため、どうしても必要になる場面もあるかもしれないが、そもそも兵器は非人道性から逃れられない▼ロシアによるウクライナ侵攻は「力による現状変更」だと各国から批判されている。他者の意思に反して現状変更を強いる力の裏付けとなるのが兵器だ。「力による現状変更」の「力」とは兵器の威力にほかならない▼ウクライナ市民に対する殺りくが次々に明るみに出ている。犠牲者は相当な数に上るようだ。拷問の跡がある遺体もあるといい虐殺の様相が濃い。兵士や軍隊が狂気に走る恐れは、すべての戦争にある。人道的な兵器がないように、人道的な戦争も存在しない。(新潟日報・2022/04/07)(ヘッダーは「日経ビジネス・2022/03/16)

 「律儀な桜」といい、「義理堅く咲く」といい、「何があっても咲くね」と人は言う。桜は、誰かに見せようとして、あるいは見てもらいたくて咲くのではない。誰がいてもいなくても、咲くときには咲くさ、どんなに手を入れても、枯れるときに枯れるぞ。ぼくは若いころから、「山桜」が好きで、スキーにでかけるときには、必ずといっていいほど、群馬や長野の各地のスキー場近くの、ちょっとした山間(やまあい)に入って、「桜」を求めたものです。こんなところに、「人知れず」に、それは素晴らしい山桜に出会う、でも、この桜を見るためにどれくらいの人間が来るのか、奇妙な感慨に襲われながら、そんな経験を何年も続けてきました。「人知れず」というのは、ぼくにとっては、とてもすがすがしい、さわやかな姿勢であり、態度、つまりは生き方の流儀になってしまいました。「名もなく貧しく美しく」というのはどこかの「灯台守夫婦」の話で、いわば映画の世界です。それ(灯台守)が世の中になくてはならない存在でありながら、その実状・内容には、殆んどの民衆は興味を示さない、そんな存在がいくらでもあるのです。

 江戸期以降、桜(花)見物は、大勢が集まる所でするのが習慣になりました。ぼくは、そのような花見や観桜会なる、愚かしい(と思われた)催事にはまず出かけたことがありません。人間は犬や猫を「ペット」にし、我が子を「ペット」にし、あらゆる種類の生き物を「ペット化」してきました。たまらない悪習だと言えます。しまいには、大型動・植物など、家で「ペット化」することが不可能だというときに、「動物園」「植物園」になったのでしょう。動・植物にとって、人間というのは手に負えない「怪物」だと見える・見なすはずです。(かくいうぼくも、狭い庭に、何本かの木を植えているのですから、他人のことは言えないのですが)

 下にある「吉高(よしたか)の山桜」をこれまでに数回、観に出かけたことがあります。満開の頃などは一度もない。人がいない時期を見計らって出かけるのでした。満開などには関係なく。もちろん、佐倉に越して、相当経ってからですから、今から三十年ほども前になるでしょうか。そのときに、「樹齢およそ二百年」といわれていました。ところが、役所の説明を見ると、「樹齢、およそ四百年」とか言っています。ということは、ぼくは千葉に来てから「二百年」も生きたということか。あるいは、浦島太郎擬(もど)きで、しばらく行かないうちに、「中からぱっと白煙」「太郎はたちまちおじいさん」と、世の中の時計と、「吉高時計」とは、まったく時間の経過が違うのかもしれません。(それはどうでもいいこと)(印西市HP:https://www.city.inzai.lg.jp/0000001355.html)

 ぼくはどこに出かける時にも、まずカメラを持って行かない。それを決めているのではありませんが、何時だって手ぶらでした。写真を撮るのは好きではありません、どうしてもいやだというほどでもない。なぜ持たないかというと、カメラ(写真機)というものの役割を限定しているからです。観光地に行って、いろいろな景色などをカメラに収める、それが観光に行くことだという、なんともばかばかしいことになっているんじゃないでしょうか。そんな風潮にはなじまないし、まずカメラに収めて、それをどうしますという、明確な考えが、ぼくにはないからです。吉高の山桜に限らず、これまでに観てきた「桜」は、今のところほとんどが記憶のスクリーンに映し出されています。かなりぼやけているものが多くあります。そうではあっても、どうかすると、匂いまで漂う気がしてくることもあります。宣長さんではないが、「朝日に匂う山桜花」というのは、実際にあるんですね。いまでは、そんな香(かぐわ)しい匂いがする「桜」は、どこをさがしてもないかもしれないが。

 今年は、どこにも出かけなかった。去年もそうだったかも。いや近間の「福星寺(ふくしょうじ)」(四街道市)の「枝垂れ」位は、帰り道だったので、寄り道したかもしれませんが。わが狭い庭(というのも、厚かましいが)には、苗を含めて十本ほどの桜が植えられています。すべて、この山間に転居してきた際に、ぼくが植えたものです。足掛け十年ですが、それなりに育ち、結構な成木になりました。また、何本かはたくさんの花もつけてくれました。何かと手入れをするわけでもなく、まったく「育つ」がままに、です。そんな木々でも、時期になれば「桜」だなあと感じ入るから、ありがたいですね。「律儀」とも「健気」とも、「義理堅く」とも、「桜」(植物)に対しては言わない。桜もまた、ぼくには「ペット」にできない仲間のようです。ネットで、犬・猫をはじめとして「ぺット」の「瞬間芸」というか「一発芸」、あるいはまるで「人間みたい、この~」というのが花盛りです。いやですね。いかにも「飼い主の『飼う』態度」が実に嫌ですよ。安心して「人間でいられる」という態度が、ね。いつも言うのですが、犬は「義理堅い」のか、飼い主のいうことをよく聞くという。ほんとか。振りをしているんじゃないか。「フード」を容器に入れたまま、「待て!」とか「まだ!」とか。「よしっ」だってさ。よく言うよ、これは動物の虐待ですね。ぼくは見るに堪えません。いかにも忍びない。

 人間の行動(言動)のかなりの部分は「虐待」につながるのを、ぼくは(動物には申し訳ないが)「人間の動物化」「脳細胞の腐熟状態」だとみています。可愛いから「飼う」、いやになり、飽きたから「捨てる」というのは、いかにも「環境には優しくない」し、はっきり言うと、それは「虐待」です。そんな張り紙が金城の林などに貼られています。動物も人間も、つまりは生き物はすべて環境に生きているのです。その環境を破棄するというのは、自らを破壊することに重なるでしょ。(このことについては、いずれ書く予定)

 どうでもいいようなことですが、一言だけ。ウクライナの惨憺たる現実を想いつつ、当地にあるであろう「平和の象徴は一輪でもつぼみを膨らませ、開花の春を待っているのか。その律儀さを思うと胸が締めつけられる」とコラム氏は書く。優しいね、といいたいが、どうも疑わしい。まことに「胸が締めつけられ」たのですか。他人がとやかく言うことではありませんが「桜」をこんなふうに、コラムの「出汁」に使っていいのでしょうか。律儀だから、「つぼみを膨らませ、開花の春を待つ」のではないことを、ごまかさないで、変に修飾しないではっきりと書くべきじゃないですか。

==================

 「桜が見たい…」悲痛…陥落寸前マリウポリからの避難者の今 ウクライナ侵攻 陥落寸前といわれるウクライナ東部の街、マリウポリ。日本の架け橋として活動していた女性に、今の思いをききました。 テレビ大阪のインタビューにこたえてくれたイローナさんです。 【イローナさん】 「今はポーランドの知人の家に避難している。そこは2014年(ウクライナ東部での紛争)の時にも、避難させてもらった家です」 激しい攻撃が続くマリウポリ。3月9日には、産婦人科病院が爆撃を受けましたが、イローナさんは病院のむかいのマンションに暮らしていました。 【イローナさん】 「(空爆で)マンション全体が揺れた。すごくひどかった」 侵攻前、マリウポリは40万人以上が暮らす先進都市でした。 【イローナさん】 「街は美しく開発が進んでいた 幸福な街で地方から多くの人が仕事や勉強にきていた」 イローナさんは「日本文化愛好会」として、数々のイベントを開催。2017年には友好の証として日本からおくられた桜200本が市民によって植樹されました。その美しい街も、今は… Q(日本人に伝えたいことはありますか?) 「戦争を知らない平和な世界に生きてほしい…。このこと(戦争)が早く終わって(日本人に)ウクライナに来て、私たちの国がどんなに美しいか見てほしい」 5月にかけ開花するという、ウクライナの桜。 Q(桜が咲く頃には戦争が終わるように…) 【イローナさん】 「もっと早く…もっと早く終わってほしい」(TVOテレビ大阪・2022年3/31(木)配信)(https://news.yahoo.co.jp/articles/f3799473cf6b65b2a6a264852700dd6a09188e7e

+++++++++++++

 「集中砲火で約5千人が犠牲になり、飢えも深 刻という。そんな状況下、平和の象徴は一輪でもつぼみを膨らませ、開花の春を待っているのか。その律儀さを思うと胸が締めつけられる」(4月8日)「兵士や軍隊が狂気に走る恐れは、すべての戦争にある。人道的な兵器がないように、人道的な戦争も存在しない」(4月7日)

 二日続きの「日報抄」を調べてみたくなったのは、ほかでもありません。「桜」を擬人化し、いかにも「義理堅い」とか「律儀」だという、その表現にぼくは人間の身勝手を見てしまう、それを愚考したかったからです。「人間中心主義」さらには「自分中心」主義です。(これもあちこちに見られる「俗歌」の波である、「ライトアップ」、「桜花」などには迷惑なこと、おびただしい)ここに、動物・植物の擬人化=「ペット化」と同じような傾向を見てしまって、とても嫌な気分に襲われるのです。さらに言えば、「人道的兵器」と「非人道的兵器」という言い草です。いうに事欠いて「非人道的兵器」であるとは、なんともお粗末であり、悍(おぞ)ましいというほかありません。兵器とは、人や物に危害を加えるための「武器」であるわけで、それならすべからく「非人間的(非人道的)」であるのが当たり前。いまではテレビを見ながら、ゲームをしながら、数百キロ先の「標的」を殺傷し破壊しつくす「兵器」が、相当な金額で取引されている。アメリカやNATO諸国はウクライナイナに「武器供与」というが、あるいはアメリカの「戦争請負人」はロシアに武器を売って商売しているはずです。どう転ぼうと、儲かる算段をはじくのが「戦争商人」、その「商売人」から「賄賂(政治献金)」を貰うのが、政治指導者なんだ。なんとも不真面目だし、やりきれない「人間の身勝手」を思い知らされます。

 例えば、人間の「手」を考えてみます。友好の握手を求める手、その同じ手が「人を殺す」武器にもなるのです。武器(道具)はかならず二面性を持っているのは「諸刃の剣」の例え通りです。そこへ行くと、「兵器」は、人間の役に立つために作られていないから、これは作ってはいけない「武器」というか、凶器です。「諸刃」ではなく、「片刃」です。ボタン一つで、何万人も殺し、何万人にも深刻な後遺症を残すなどという「兵器」(典型は核兵器)は、断じて作ってはいけなかった。作られた以上は、万難を排して「廃棄」するのが、目下の政治家の責任です。それをまじめに考える政治家は、どこにいるのか。

 あろうことか、「ウクライナ戦争」を奇貨として、この劣島も「核兵器(所有)を」と、元のソーリ(政治能力も最低レベル)、(その上に、見え透いた嘘つき)が煽り散らしています。この「嘘つき御仁」は、根っからの虚言症だったのは、彼の大叔父とされる「S元総理」が、名代の嘘つきだったという歴史があるからです。「沖縄返還」に際して、「沖縄問題が解決しない限り、戦後は終わらない」などと大見得を切りながら、アメリカと交渉する裏で「密約」ではなく、国民を騙すための詐欺外交をやったのです。(その落とし前をいまだに、国民は払わされ続けています)じつに語るに落ちた話で、「国民は、真実を知らされなかった」というのは、現下の「ロシア国民」と同じ低レベルです。「嘘」をつくのが政治家の才能(舌先三寸)だとするなら、これには面倒な教育もいらないから、「浜の真砂」同様に、その種は尽きないでしょう。(右上の写真は「被曝(二世)青桐」

 ウクライナの桜は、人知れず(人間に関係なく)咲いています。細胞に致命的なダメージを受けない限り、植物はしぶとく生きていく。広島の「被爆の青桐(アオギリ)」を持ちだすまでもない。被爆してもなお生きて成長するのを「律儀」といいますか。「義理堅い」といってみたいんですか。人間に蹴られても切られても、根を涸らさない限りは、木は成長する。人間のための「アオギリ」、人間が浮かれるための「山桜」「染井吉野」、人間を驚かせ、笑わせるための「犬・猫」などなど、その他、数限りなく、人間の身勝手さを示す事例に事欠かないのです。その究極(かどうかわかりませんが)が「非人道的兵器」なのでしょう。

 できるだけ痛みを感じさせないで「殺す」薬物だったり、兵器だったり、と今では「優しい悪魔」は大流行です。「環境に優しい毒薬(殺虫剤)」「人間に優しい薬剤(認知症促進剤)」などなど、ワクチンを打って新型コロナに感染しても「死には至らない」という薬屋と政府。しかし、小さな声で「後遺症が残る人も、ごく少数ですがいます」(残るから後遺症なんだ)、さらに、「もっとごく少数ですが、死亡する人もいます」という。「そうであっても、日本の総人口の現状維持には影響はありませんので、心配無用」だというのでしょう。(「新型コラナ感染」にかかわる数値がなかなか表に出て来ません。出てくると「大本営発表」です。「負けた」とは何があっても言わない。「高止まり」とか「横ばいでも、拡大の惧(おそ)れあり」とか、百年たっても、官撰(感染)報道はその性格を、寸分もたがえていないのです。国家というものの、どうしようもない「時代遅れ」「人民を睥睨するしか能のない」正体です)

3333333333333333

~~~~~~~~~

 「こどもの詩」とありますが、これはきっと「大人(人間)の詩」だと、いつでも、ぼくは見てしまいます。こどもといわれている人が作ったのは事実でも、それに大人が手を入れるから「大人の詩」というのではない(それもあるかもしれないが)、「こども」と呼んでしまううのは大人の方であって、「こども」といわれても、彼や彼女は(今回は「彼女」ばかりか。それにしても、女性の喧嘩腰はすごいわ。かみさんを相手にして、よーくわかるし、この小学生も立派なもんや)、「大人」ではなく、明らかに「人間だ」と思うからです。その「人間」のことを、世間では「大人」と呼びならわしているのでしょう。だとすると、「こども」と呼びたい「大人」が仰山いますやんか。やばい社会になってますね、掛け値なしに。

_____________