無辜の民が傷つく戦争は憎悪しか生まない

 生来、ぼくは「国旗」「国歌」というものを好まない。理由は単純であり、ここに話すほどのことでもありませんが、時と場合には、いずれの国のものであれ、その国を象徴するという点では、それを尊重してきました。卒業式や入学式に「国旗」「国歌」はそぐわないと感じてきましたから、記憶に残る限り、そのような「儀式」に、積極的に参加したことはない。参加を強いられたことはありましたが、それにも大半は背中を向けてきたという、いわばどうしようもない「へそ曲がり」でした。今は、「曲がっているへそ」こそが、ぼくの「へそ」、それが正常な状態になってしまいました。なぜ嫌いか、嫌いになったか。「ウクライナ侵略」をつぶさに見せつけられるにつけ、国家のシンボルが旗になっているでしょ、国家は国旗になっているんですね。国は旗そのものなんです。この島社会には、明治以降かなりの期間を通して、戦争に明け暮れていました。その戦いの最中には、何時だって「日の丸」がついて回っていました。旗は国であり、国は天皇であるという、よく理解できない「教条(天皇制国家主義というイデオロギー)」が、ことあるごとに人民にのしかかってきたし、その旗によって、犠牲を強いられてきたのです。ハサミでもなんでも、使いようなんですね。(ヘッダーはキエフ(キーフ)の街並み風景、花は「ライラック」か。:https://tabiprogress.click/kiev-park)

 数日前に急逝された、俳優の宝田明さんのことが、出身県の新聞の「コラム」に出ていました。

 【日報抄】ぼたん雪が舞っていたという。終戦から1年半後の1947年冬。村上町(現村上市)の民家の軒先で母と一緒に魚を売っていた少年に、みすぼらしい格好の若者が近づいてきた▼満州で生き別れた兄だった。抱き合って再会を喜んだが、すぐに兄はこう言った。「何で俺を置いて帰ったんだ」。終戦後、兄はソ連軍(当時)に労働に駆り出され戻らなかった。日本人の引き揚げが決まり、少年の一家は連絡先の張り紙を残してやむなく帰国したのだった▼兄はその後、日本の社会になじめず60代で世を去った。少年は満州で兄を探す途中、ソ連兵に撃たれたり、女性が暴行されるのを目撃したりした経験があった。長じて「軍人だけでなく、無辜(むこ)の民が傷つく戦争は憎悪しか生まない」と話している▼少年は後に映画スター・宝田明となった。「ゴジラ」の主役に抜てきされ、撮影初日に「主役の宝田明です」とあいさつすると「ばかやろう。主役はゴジラだ!」という声が飛んだ。「『ごもっとも』と恐縮するしかなくて」と振り返った▼水爆によって生まれたゴジラが、人間の手で海の藻くずと化すラストに号泣した。「ゴジラも水爆の犠牲者。同情を禁じ得なかった」。ユーモラスな役も演じられる二枚目だったが、戦争について語る際は端正な顔立ちをゆがませた▼宝田さんの訃報が届いた。無辜の民も傷つくのが戦争の本質だと指摘した言葉は、今のウクライナの惨状に重なる。亡くなる直前まで戦火の行方を心配していたようだ。(新潟日報・2022/03/19)

 宝田明さん死去87歳 壮絶な戦争体験、旧満州から村上に引き揚げ 東宝の看板スターとして銀幕で人気を集めた宝田明(たからだ・あきら)さんが14日午前0時31分、肺炎のため東京都の病院で死去した。87歳。/ 宝田さんは、旧満州から新潟県に引き揚げてきた壮絶な戦争体験を踏まえ、晩年まで反戦への思いを訴え続けた。/ 村上町(現村上市)出身の父は戦時中、南満州鉄道(満鉄)に勤務していた。当時11歳だった宝田さんは終戦を父母や兄弟とともに中国ハルビンで迎えた。旧ソ連が進駐後は、父や兄とともに強制使役に駆り出された。/ ある日、連行される日本兵を見に貨車に近づいたらソ連兵に脇腹を銃撃された。「麻酔なしで銃弾を腹から取り除く手術を受けた時の激痛は忘れられない。僕はいまだにロシアが許せない」と語っていた。/ 旧満州から命からがら引き揚げてきたが、兄とは生き別れた。終戦から1年半後に村上で兄と再会を果たした。自身が俳優として脚光を浴びるのとは対照的に社会になじめなかった兄のことを、戦争のもう一つの悲劇と捉えていた。(左上、10日にインタビュー取材に応じた宝田明さん)(以下略)(2022/3/19 7:00(最終更新: 2022/3/19 7:44)

============

 ぼくは、宝田さんについて知るところはほとんどない。あっても、なんだそんなことか、と軽侮されるのがオチのようなことでした。映画は「ゴジラ」を含めて数本、テレビドラマなども何度か見た程度でした。満州からの引揚者だということは知っていましたが、詳細を、求めて知ろうとはしなかった。訃報に接し、報道などを通じて、いくばくかを知り、彼のそれまでの行動に納得が行く気がしたのです。「この人は、歴史を生きていた」「戦争体験をつかんで、放さなかった」(あるいは「戦争体験が、彼を放さなかった」のかもしれません)ということを直感しました。(これは自慢することではありませんが、ぼくは興味本位で「大陸からの引揚者」について、その後の人生をいかに生きられたか、有名無名を問わずに、調べたことがありました。実に多くの人が「戦後」を生きられてきました。興味を持った理由らしいものといえば、「ぼくも引揚者だったかもしれない」という、怖れに似た感覚・記憶がいつもぬぐい切れませんでしたから)

 数日前も役場に行って、「ホストタウン」としてロシアを招いたことについて、公務員として、一町民として、現下の情勢に照らして、皆さん(役場内)で話合いをしたらどうですか、と余計なことを言ってきました。公務員として戦争に反対というのではなく、一人の「人間として反対」(あるいは「断固賛成」でもいい)という気持ちが生まれることを、ぼくは望んでいるのでしょうね。とにかく、早く、一刻も早く、殺し合うことだけは止めてほしい。(「予想と期待」が半々のような気分ですが)もう少しで「片が付く」と思っている。

_______________________________

 野菜は「野」でなく、薬でコーティングされてる

 レシピ:畑菜のからしあえ  テーマ「冬野菜のあえ物」 <そおろと おばんざい>

【材料】(4人分) 畑菜    1束(200グラム) 油揚げ    1/2枚
薄口しょうゆ    35ミリリットル 砂糖    15グラム 和からし    大さじ2 いりごま    30グラム 煮切り酒    少々 だし汁    少々                                          【作り方】(1)畑菜はゆがいて3センチの長さに切る。(2)油揚げはフライパンで両面に焼き色が付くまで焼き、横半分に切ってから細切りにする。(3)ボウルに薄口しょうゆ、砂糖、和からしをあわせて煮切り酒とだし汁で少しのばす。(4)(3)に(1)と(2)といりごまを加えてまぜあわせる。
【ワンポイント】和からしがないときは練りからしを使ってください。私はツンとするぐらいからしをきかして食べます。年が明け、北山にうっすらと雪の帽子が見える頃になると目にする畑菜。畑菜はアブラナ科の在来種を改良したもので、油が多く取れる西洋種とは違います。江戸時代の学者、貝原益軒の書いた「菜譜」にも畑菜の記載があります。寒い冬の間から花が咲き、花と花が詰まっているので切り花としても貴重だったようです。この寒咲なたねが現在は「花菜」として「京のブランド産品」にもなっています。松ケ崎(京都市左京区)を中心に作られてきた春の珍味で伝統の「花漬け」もこの花で作られています。「菜の花や月は東に日は西に」は江戸時代の与謝蕪村の句。かつて京の都は春ともなれば菜の花で埋まっていたようです。その風景をもう一度見られたらうれしいと思うています。                                        ◆食育キッチンISHIGURO(京都市伏見区納屋町)
◆レシピ=日本おばんざい協会・おばんざい伝承師 石黒美江、川淵智子
◆料理撮影・山本健太 (京都新聞・2022年2月7日 )    (ヘッダー写真は (c)Shutterstock.com から)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇 畑菜[葉茎菜類](はたけな)=近畿地方京都府の地域ブランド。主に京都市伏見区・左京区で生産されている。江戸時代前期の儒学者・貝原益軒の『採譜』に記載がある。菜種油用の種が早春若菜として利用され、それを改良してできたものと考えられている。草は菜種によく似ているが、葉と柄の切れ込みが深い。京都では初午の日に畑菜と薄揚げの辛し和えを食べる風習がある。11月から3月にかけて収穫され、和え物・煮付けに利用される。昭和30年代までは広く栽培されていた。京の伝統野菜。(事典 日本の地域ブランド・名産品)

OOOOOOOOOOO

 (下写真:左から「キョウナ」「スグキナ」「ミブナ(ミズナ」」「ハタケナ」「ショウゴインカブ」)

########################

 なんということもない日々の重なりに中に、いかにも驚天動地の災厄がきっと襲い掛かってきます。この年齢になって、こんな時代や社会に生きていようとは思いもよらなかったと、老人の(あるいは若者も)多くは舌打ちしているのでしょうか。通信技術などの開発が、今までは知らずに済ませていた事件や事故などを、一瞬のうちに身近にもたらせてくれる。それにつきあっている暇はないと、すべてを遮断すればいいのでしょうが、この時代、孤立して生きていくことは一日だってできない仕組みになっているのです。

 京都にいた時代、ぼくは「鶏」ではなかったかというくらいに、葉っぱばかり食っていたような気がします。魚も肉も、ふんだんにあったとは言えない、その日暮らしでしたから。今とは異なり、商品流通も未発達状態で、盆地のはっしこに、新鮮な魚介類やぜいたくな牛肉など願っても手に(いや、口に)入りませんでした。だから豆類、とくに大豆製品が毎度食卓に出る気配でしたし、煮物といえば、菜っ葉。あるいは根菜類、ジャガイモやサトイモなどの芋類でしたから、ぼくは十分に成長しきれなかったのではないか。そんなことを想いながら、京都という町は、確かに歴史は古そうですが、食生活は、けっして豊かではなかったと今更のように考えています。なにをいうか、それは君の家が貧乏だっただけといわれても、別に弁解する必要もない、事実はその通りでしたから。

 したがって、当然のように、ぼくは粗食(素食)になるほかなかった。というと誰かに叱られそうですが、豊かではなかったおかげで、贅沢も飽食も求めなかったという意味では、貧乏の美点だったとお礼を言いたいくらいです。その菜っ葉です。本当によく食べた(食べさせられた)。今では「畑菜」と言っていますが、菜の花の茎や葉をみそ汁にしたり、あえ物にしたり、その他、どんな食べ方もできたものです。「畑菜の辛し和え」は今でも大好物です。しかしいかにも「旬の物」という気分を湧かせる品がなくなったのは残念です。このあえ物は、何よりも「油揚げ」がモノを言う。別に「油揚げ」がしゃべるわけではありません。畑菜に油揚げ、この取り合わせでは、ぼくはやはり「いい油揚げ」が必要ですね。どんなものが「いい油揚げ」かといえば、実に簡単、食べて美味(おい)しいと言いたくなるもの。今、スーパーなどで売られているのは「油揚げ」ではなく「油揚げもどき」です。

 「がんもどき」というのはれっきとした商品で、「雁擬き」と書く。「がん‐もどき【×擬き】=豆腐を崩して、細く切った野菜昆布などを加え、で揚げたもの。味がに似るのでこの名がある。飛竜頭ひりょうず。がんも」(デジタル大辞泉)ぼくはこれを長い間「ひろうす」と言っていた。もともとは「飛竜頭」が転訛したものだったようで、「がんも」ともいったように覚えています。京都時代、ぼくは「雁の肉」を食ったことがなかったので、「雁擬き」というものがよくわからなかった。何時もリヤカーで売って歩いていた豆腐屋(豆繁)さんが「ひろうす、おまっせ(ありますよ)」と言っていたので、自然にそれが耳に入ってきたのです。

 こんなことを書いていけばきりがありませんが、京都は「野菜」が豊富というより、そこに活路を見出すほかなかったのでしょう。「ミズナ(水菜)」は、別名「ミブナ(壬生菜)」です。壬生(みぶ)で多く作られていたからこの呼び名が付いた。今では京都の南、主に伏見辺りは「野菜」の一大の生産地です。この辺りは、平安時代から、御所の「台所」のようなものでした。すぐ南は大坂(阪)です。「野菜」といいますけれど、ずい分と手をかけ、暇をかけているようで、けっして野原に勝手に生えるというものではありません。ぼくはこれもふんだんに食べました。なんにでも合うんですね。しかし、野菜の食べ方では漬物が、今では一番よさそうに思います。それから(もう、いい加減で止めます)、「かぶら」です。上にあげた写真の右端は「聖護院かぶら」ですが、これはまず「千枚漬け」でしょう。今でも名を売っている老舗「大安」がありますが、ぼくは学校の先輩だった人の実家のものを食していたし、京都を離れてもそれを求めていたほどでした。  

 今では、なかなか昔風の「千枚漬け」、あるいは「すぐき」に出会えなくなったのは、すべからく「食品・食物の味付け」に起因していると思っています。調味料というか、出汁というか、いわゆる化学製品ですね、これが素材の風味を殺していますし、もっといえば、肥料からして化学薬品漬けです。この問題も、ゆっくりと話したいのですが、とてつもなく大きく深い闇に包まれているのです。これを言い出すと、本当に際限がなくなるのが、自分でもわかっています。いまでも、欧米では禁止薬品(消毒剤)が、この島では堂々と「公認」され、使用が推進されているのです。

  グリホサート(ラウンドアップ)、これはどこかで触れていますが、今もなお、除草剤(農薬)として広く使われています。

**************************

◉ グリホサート(glyphosate)=アミノ酸系除草剤の一種グリシンにホスホノメチルというリン酸が結合した構造をもつ。芳香族アミノ酸の合成を阻害して、植物を枯死させる。1970年に米国の農業化学会社が開発。商品名はラウンドアップ。グリホセート。[補説]散布する場所に生育する植物をすべて枯らす非選択性除草剤で、道路・駐車場・公園・運動場などの有用植物を植えていない場所で使用される。また、グリホサートに耐性をもつ遺伝子組換え作物除草剤耐性作物)を栽培する農地でも使用される。(デジタル大辞泉)

~~~~~~~~~~~~

==================

 ご飯を食べるとき、野菜や漬物を口に入れようとするとき、この「グリホサート」(「ラウンドアップ」)の容器や散布風景が目に浮かぶんですね。それを我慢して食べるということがぼくにはできない。今でま、この除草剤は「人間の細胞」にまで影響することが解明されてきました。ぼくの姿勢は、単なる老人のよろよろ姿でしかありません。誰に頼まれたのでも、だれを貶めるためでもなく、子どもたちの健康をひたすら害しないために、ささやかな主張をしているだけです。ぼくはこの「ラウンドアップ」を購入したことがあります。もっと昔にはスミチオン剤を使ったこともある。その時、「薬剤効果」として、草が刈れる、根が枯れる、虫が死ぬ、その他、いろいろと謳っていました。要するに何者であれ、「生命を奪う」、それが効果だというのでした。それで即刻使用中止、ひたすら、無除草剤庭いじりに徹してきました。

 今の家に越して来た時、家の中に「ゴキブリ」が走り回っていました。蚊取り線香を四六時中焚いては、壁紙を黄色くしたけれども、ほとんど効果がなかった。いろいろと試してみた結果、誰かに勧められて「ブラックキャップ」という「ゴキブリ誘引殺虫剤」を購入し、使ってみました。その効き目は驚異的でした。「有機塩素殺虫剤」でした。これは「その成分が害虫の神経伝達作用を阻害し神経系を抑制することにより殺虫効果を発現する殺虫剤」(ニッポニカ)とあり、ぼくは即座に使用を中止しました。「害虫」にだけ、「雑草」にだけ効果があると企業は歌いますが、そんなことは断じてないことは、素人でもわかります。

 というわけで、本日は、束の間の「漬物談義」を決め込み、一人静かに「朧月夜」を口ずさむつもりだったのが、こんな仕儀になりました。農薬や除草剤は、けっして消えてなくなり、その効果だけが現れるものではありません。ただ今、ウクライナの地で、すさまじい効果を発揮している「ミサイル」「爆撃弾」などは、建物は破壊し、犬や猫は殺すけれども、人間には決して害は及ばないというのでしょうか。ロシアは、どうもそういっているようですが、ロシアは「モンサント」か、「バイエル」かといいたい。無農薬や有機栽培を誇示していて、それが真っ赤な嘘だということはどこにでもありそうです。国産・熊本産と偽って中国産を長期間にわたり流通させていました。これは行政も政治も知っていたこと、関係者は、それを食べなかったでしょうが、消費者は「大量殺戮」の実験台にされる運命にあったし、いまでもあるのです。「真夏の世の夢」ならぬ、「春の夜の悪夢」ですね。農薬の「効果」は、即効性ではミサイルに負けますが、細胞破壊の後遺症は後の代にまで続き、その悪質性は「ミサイル」とは寸分違わないと、ぼくは考えているのです。これまでぼくは、散々、健康に悪い食品を摂取してきました。その「轍」を若い子どもたちに踏ませたくないですね。(映画『食の安全を守る人々 未来の子どもたちのために』:https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c030135/

________________________