色々の雲の中より初日出

被災10年、初日の出に歓声 福島の沿岸部、「平穏な1年を」

(福島県いわき市の四倉海岸から見られた初日の出=1日午前7時2分)

 東京電力福島第1原発事故により一時全町避難となった福島県浪江町で1日、川沿いを約5キロ歩いてゴールの請戸海岸で初日の出を迎える行事が開催された。10年前の東日本大震災の津波で壊滅的な被害が出た海岸に、雲間から朝日がのぞくと約200人の参加者は歓声を上げた。 行事は震災前に始まった「あるけあるけ初日詣大会」。朝日は当初雲に隠れたが、隙間からのぞくと参加者が「やっと見えた」とうれしそうに写真に収めた。 甚大な津波被害に遭った同県いわき市の四倉海岸では、同市の会社員高島仁美さんが初日の出を拝んだ。「昨年はコロナで大変だったので平穏な1年を祈った」と話した。(中日新聞・2021年1月1日 16時24分 (1月1日 16時47分更新) )

(福島県浪江町請戸地区の海岸から、初日の出を眺める人たち=1日午前7時7分)

 原発事故発生の二年後、ぼくはこの四ツ倉海岸に立っていました。この写真で見る限りきれいになっている様子が見て取れますが、当時は惨状そのままに、荒れた海でした。今も汚染されたままだといわれています。真夏だったように記憶し知恵ます。群馬県から知り合いの車に乗せていただきながら、海岸に着きました。また請戸の地は、ぼくの友人(都内の理髪店主)の母上の故郷だった。原発事故直後、彼から請戸の話を伺ったことを昨日のように記憶しています。

 やがて十年を刻みます。「十年一昔」というが、それはどういう意味を含んでいるのでしょうか。あるいは「十年一日」ともいいます。こちらは何を示そうとしているのか。似たようでもあり、まったく異なるような二つの言い草を、人は(ぼくも含めて)器用に使い分けているのではないでしょうか。使い合わけする、どんな理由があるのでしょうか。相馬の先輩から「賀状」を頂きました。「年相応に、元気」とありました。すでに「卒寿」を迎えられたのだろうか。あるいは、その直前であるかもしれません。長寿、それも健康で、ひたすらそのことを祈るのです。

 色々の雲の中より初日出 (漱石)

______________________________________

 達人の、人を見る目は、…

 達人の、人を見る眼は、少しも誤る所、有るべからず。

 例へば、或人の、世に虚言を構へ出して人を謀る事有らんに、素直に真と思ひて、言ふままに謀らるる人、有り。余りに深く信を起して、猶、煩はしく虚言を心得添ふる人、有り。また、何としも思はで、心を付けぬ人、有り。また、いささか覚束無く覚えて、頼むにもあらず、頼まずもあらで、案じ居たる人、有り。また、真しくは覚えねども、人の言ふ事なれば、然もあらんとて、止みぬる人も、有り。また、様々に推(すい)し、心得たる由して、賢げにうち頷き、微笑みて居たれど、つやつや知らぬ人、有り。また、推し出(いだ)して、「あはれ、然るめり」と思ひながら、猶、誤りもこそ有れと、怪しむ人、有り。また、「異なる様もなかりけり」と、手を打ちて笑ふ人、有り。また、心得たれども、「知れり」とも言はず、覚束無からぬは、とかくの事無く、知らぬ人と同じ様にて過ぐる人、有り。また、この虚言の本意(ほい)を、初めより心得て、少しも欺かず、構へ出(いだ)したる人と同じ心に成りて、力を合はする人、有り。

 愚者の中の戯(たわぶ)れだに、知りたる人の前にては、この様々の得たる所、言葉にても顔にても、隠れ無く知られぬべし。まして、明らかならん人の、惑へる我等を見ん事、掌(たなごころ)の上の物を見んが如し。ただし、かやうの推し量りにて、仏法までを準(なずら)へ言ふべきにはあらず。(第百九十四段)(出典は既出)

*********************************

 達人は大観す、などと言います。達人とは「技芸・学問の奥義に達している人。達者。深く物事の道理に通じた人」(デジタル大辞泉)とする。そんな人がこの世にいるのかしらと大いに訝りますが、いたとしても彼・彼女はまず「判断を誤ることがない」というのでしょう。間違えないというのは、人間の分際では不可能です。兼好さんが「達人」だったかどうかをいうのではないし、達人でなくても構わないのです。要するに達人と称される稀有な人は「他者を見る目が曇ることがない」という、そこを弁えているのが大事だというのです。どんなに鋭い眼光を持っている人か、一例を挙げましょうと、「虚言」に対する「凡人」「愚人」の多様反応型を例示して、こういう愚者・凡人でない人こそが、「達人」なのだと、兼好さんは述べるのです。「嘘つき」に直面して、人はどんな反応を示すのでしょうか。兼好先生曰く。

 ①「嘘を、そのまま真だと思い込む人」、②「嘘を信じすぎて、その上塗りの嘘を言う人」、③「嘘であろうが、なんとも思わない人」、④「「嘘を聞いて、どうしていいかわからない人」、⑤「本当とは思わないけれど、あの人が言うのだから、そうかなと思う人」、⑥「何かと推量し、賢そうにうなずくが、まったく「嘘」であることがわからない人」、⑦「自分で推量し、ああそうかと思うが、ひょっとして間違いかも、と怪しむ人」、⑧「別段どうということもない、と手を打つ人」、⑨「嘘は見抜いているが、それについて、知らない人みたいにふるまう人」、⑩「嘘は知っているのだが、それをとやかく言わず、その嘘を言い出した人の心持になって、嘘を広めようとする人」 これを「新聞の世論調査風にすると、どういう結果が出るか。 

 総理が「嘘をつく」はずがないというのは、誰しもが考えたいところ。「あの人」はうそつきだと、大方の人は知っていた。そして幸か不幸か、「総理」と「あの人」が一つになった。そうなると、総理に肩をもつか、あの人の素性に反応するか。それとも「あの人は総理である」、そう考えたくなってしまう人が大多数じゃなかったか。「嘘つき」が「総理」になっても、「嘘をつかない総理」ではなかったことは事実として明らかでした。

***********************

 この島にも「世に虚言を構へ出して人を謀る事有らん」とする人がごまんといますが、中でも飛び切りの「嘘つき名人」「嘘つき心臓(晋三)」が出現して、この島の政治屋心持ちまでも壊しかけて、いや壊してしまったかの感があり、新年に入ってもその「虚言(そらごと)」の放った毒が消えないままで、あるいは人によっては致命的な痛手を負ったかもしれないのです。この「天才嘘つき」の出現に遭遇して、所在は不明ですが、「達人」はいかなる判定を下すのでしょうか。その前に、嘘をつかれた人間の反応には、なんと「十類型」あると兼好氏は言うのです。こうまで「嘘つき」の反応にこだわるには何か理由というか、背景がありそうですが、詳しくはわからない。きっと怨み骨髄に達する「嘘」に心を踏みにじられたのではなかったか、とぼくは邪推しているのです。

 ともかく、たった一つの嘘つきの「嘘」に対して、こんなに多様多彩な反応があるのですね。健康という人の執念深さを知らされる思いがしてきます。そして、我が長州出の「嘘つき」が「我が世の望月」を眺めることが出来たのは、いったい嘘反応「獣類家」のどれとどれが力を与えたからだったのか。ぼくは得と考えなければならない宿題を。年末年始に課されたような気がしているのです。①から⑩までのなかに、この島ンチュウの騙された人(ぼくもそこから逃れられません)すべてが編入されることは間違いなさそうです。体を張って「この嘘つき」と、彼の嘘を暴いた人がいなかったのですから、島の住人の深手は、癒されそうにないです、③⑧を除いては。

 「達人の、人を見る眼は、少しも誤る所、有るべからず」という、その「達人」はいったいどこにいるか。この島にいるのか。過去にいたのか。これから出てくるのか。あるいはその達人をも欺いた「嘘つき」の桜花爛漫だったというのでしょうか。きっと功名な嘘とは、じつは驚くほど単純なものだったのでしょう。彼の言うことがすべて正しいわけではない、すべてが嘘でもないという、微妙な虚実の按配(割合)が、問題を不透明にしているのだと言えます。ぼくは、実に短純明快に「補填はしていない、全額事務所が負担していた」とみています。(「誰一人として、参加者が沈黙を決め込んでいる理由は、そこにあるんじゃないか。ぼくは検察でも弁護士でもなく、一有権者ですから、その分だけは、「虚言者」は責任を果たさなければならぬと考えている。まだごくは、途方もない「嘘」の直撃を受けて、立ち直れていない。たちなおるために、そして従来のように「自主トレ」ができること路まで、心身の健康を回復したい。年頭の所感だね)

 「明らかならん人の、惑へる我等を見ん事、掌の上の物を見んが如し」という。姿を現さぬ「達人」は、おそらく、我らが心を大局高所から、やすやすと「俯瞰」しているに違いない。雑音に惑わされず、心を静かに持すれば、きっと「掌の上の物を見んが如」く、ぼくらにも真偽の見分けがつくのかもしれない。誠実と不誠実をあからさまに見抜く、そのような感受性を、ぼくらごとき衆生もまた、育て上げることが出来る、それを身をもって証明すべき生き方が、今も求められているのです。「仏法までを準(なずら)へ言ふべきにはあらず」というのは、嘘を見抜くのに、わざわざ「仏法」を持ち出すまでもあるまいに、と兼好さんは言うのです。けったいな陰謀論の如きも、歪んだ「仏法」の類かもしれない。(左上は京都市右京区双ヶ岡の「兼好法師旧跡碑」)

 屠蘇なくて酔はざる春や覚束な (漱石)(大酒呑みだったぼくが、酒なしの正月を迎えるのは何年目になるか。「覚束ない」ということはまずなくなりましたね)

(「自主トレ」もやがて、開始以来、一年がたつ。効果はいまだ不明です。自覚がないといっておきます。無理せず、無駄をしないという鉄則を守ろうとしたのではありませんが、毎日の食事や入浴のように、必要に見合った分だけを、と心がけてきました。今少し続けること、それが肝要というのでしょうね。やがて成果となって、いやいや、そんな「期待」「願望」は無用ですね)

_____________________________________

 明けゆく空の気色、昨日に変はりたりと

 さて、冬枯の気色こそ、秋には、をさをさ劣るまじけれ。汀の草に紅葉の散り留まりて、霜いと白う置ける朝、遣水より煙の立つこそ、をかしけれ。年の暮れ果てて、人ごとに急ぎあへる頃ぞ、又無く、哀れなる。凄まじき物にして、見る人もなき月の、寒けく澄める二十日余りの空こそ、心細きもの物なれ。御仏名、荷前(のさき)の使ひ、立つなどぞ、哀れに、やんごとなき。公事ども繁く、春の準備(いそぎ)にと取り重ねて、催し行はるる様ぞ、いみじきや。追儺より、四方拝に続くこそ、面白けれ。晦日(つごもり)の夜、いたう暗きに、松ども燈して、夜半(よなか)過ぐるまで、人の、門叩き、走り歩きて、何事にか有らん、事々しく罵りて、足を空に惑ふが*、暁方より、さすがに音無く成りぬるこそ、年の名残も心細けれ。亡き人の来る夜とて、魂祭る業は、このごろ都には無きを、東の方には、猶、する事にて有りしこそ、哀れなりしか。

 かくて、明けゆく空の気色、昨日に変はりたりとは見えねど、引き替へ、珍しき心地ぞする。大路の様、松立て渡して、華やかに嬉しげなるこそ、また哀れなれ。(「徒然草」第十九段)(島内裕子校訂・訳 ちくま学芸文庫版)

+++++++++++++++++++++

「あわただしい歳末風景や、大晦日と元旦を一続きの切れ目のない、流れとして描く。早朝の都大路の風景に、無事に巡ってきた新しい年を言祝ぎ、季節の循環を改めて認識する」(島内裕子)

 この章段を愛でる人はたくさんいるようです。理由は人それぞれでしょうが、大晦日と元日が連続した時間でしかないのに、あたかも行く年来る年のバトンタッチが瞬時に行われ、同時に、人々の心の切り替えもまた一続きの時間の中で、微妙に行われる。その物・心両面の微妙な連続と非連続の様子が、いかにも事々しくなく表現されているからでもあるでしょう。

 ぼくは、何事もなくこの年の交替を夢の中で過ごしました。朝の四時、例によって「ラジオ深夜便」で、一人の男性(九十三歳)の語りに、「こんな人もいるのだなあ」と、こころを洗われたような気になりました。これこそ、「果報は寝て待て」というのかしら。彼は結婚六十三年をへて妻を亡くされた。一歳違いの兄さんと妹さんというべく、元銀行の同僚同士の夫婦でした。こんな夫婦がいるのだ、しかも六十数年変わらずに続いたと、ぼくは卒倒しそうになりかけながら(寝ているのですから倒れない)、その話に引き込まれていった。イチカワケイイチさんと言われた。妻の死後、ほとんどなす術もなく暮らしていたが、何かのきっかけで、気を取り直した。そして、生前の妻の遺品整理に立ち向かったそうです。

 ここでイチカワさんは「感謝離」という語(漢字が違うかもしれないが、ぼくにはそのような意味に受け取れました)、それを何度も使われていた。着るもの、履物、使ったもの、すべての品々に妻を見ながら、「付き合ってくれて、ありがとう」という感謝の気持ちが、遺品を通した「彼女との出会い」の中で淡々(ではなかったでしょう)と湧き出てきた様を語られていた。さらに「代謝離」(という漢字だったか、後日確かめたい)、「断捨離」などと簡単に捨てられなかったからこそ、人も物もすべては「新陳代謝」だから、遺品も「代謝離」じゃないかと気が付いたといわれるのです。このようなイチカワさんの経験が新聞の「読者の声」に掲載され、大きな反響を呼んだそうです。(たしかアサヒだったか)この記事がさらに広がり、「映画」にまでなったという。(ぼくはまだ観ていません、当然ですが)

 人知れず、時間の長短はあろうが、人が出会い、別れるという、寄せては返す波の如き交わりの中で生涯を送る人がどれほどいるのでしょうか。ここにこそ、ひとりひとりの歴史があり、さらに人間の歴史、人類の歴史があるのだと、ぼくは痛感したのでした。歴史は、なにか書物になったり、記録されたものでしかないというのではありません。故人が生前に使っていた「お茶碗」一つ、「一膳の箸」、そこにも歴史を紡ぐ糸があるし、あるいは着物の切れ端にさへ、個人の想い出が宿っていると感じられれば、そこには紛れもない歴史が生まれているのです。若いころに、著名な文学者が「歴史は想い出だ」といったことに、ぼくはいたく感動したことを今でも忘れないでいる。遺品(想い出)から「事物の存在」の確かさを再確認するに至る、それが歴史です。(これは「遺跡の発掘」とは、すこしニュアンスは異なるでしょう)

 床の中で聞いた「深夜便」は、「他者に知られない歴史」には光や温かみがいつでも「想い出」を介して甦るということを伝えてくれたと思います。(さらに、続きがあって、起床後、西日本新聞をネットで開いたら、そこに、野見山暁治さんの写真と溢れる仕事への情熱が語られていました。たくさんの事を教えてくださった画家です。野見山さん、本日元旦には、百歳になられました)(誠実を貫くのは至難ですが、そのように生きていきたいね)

*******************

「不要不急」 それでも芸術の力信じ… 満100歳迎えた野見山暁治さん

 大正、昭和、平成、令和と四つの時代を生き抜いてきた画家の野見山暁治さんが1日、満100歳を迎えた。コロナ禍で不要不急とされた芸術に向き合い続けた人生。「今の日本は忙しい。人情や友愛、慈しみの心が薄れてしまった」。そう嘆きつつも、芸術の力を信じ、変わらぬ情熱で絵筆を握る。/ 1920年12月17日(戸籍上は翌年1月1日)、福岡県穂波村(現飯塚市)生まれ。東京美術学校(現東京芸大)で学び、満州(現中国東北部)に出征。12年間の在仏を経て東京芸大で教え、2014年に文化勲章を受章した。洒脱(しゃだつ)な随筆でも知られ、戦没画学生の作品保存に尽くしてきた。現在は都内で暮らし、福岡県糸島市で毎夏過ごす。(以下略)(2021/01/01 06:00西日本新聞)

______________________________________________