以下のとおり情報提供がありましたので…

 陸上自衛隊V-22オスプレイの場外飛行について(令和2年11月9日)

陸上自衛隊木更津駐屯地に到着した輸送機オスプレイ=10日、千葉県木更津市で(隈崎稔樹撮影)(東京新聞・2020年7月11日)

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

 防衛省北関東防衛局より以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

陸上自衛隊V-22オスプレイの場外飛行については、11月10日(火曜)12時頃を予定しておりますのでお知らせいたします。なお、飛行日程については、天候等により変更となる可能性があります。変更があった場合には、改めてお知らせいたします。(https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1004568/1007529.html)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 木更津市のHPに、上記の「お知らせ」が掲載されていました。対象は木更津市民でしょうが、もちろん、周辺地域住民への影響も免れません。この「お知らせ」の意図はなんでしょうか。奇体な飛行物体が市の上空を飛行するので、市民の皆さんは挙って見物に参加してほしいということなのか、それとも、いつ落下するか、どこに落ちるかわかりませんので、避難できる態勢を整えてほしいというお触れか。あるいは慌てて撃ち落そうとしないようにというおねがいなのか。いかにも奇怪な「広報」でもありますし、市としてもどうしていいかわからないのが本音でしょう。「暫定配備」だから、交付金付きでもあるなら、受け入れましょうとなった経緯は想定できますが、こんなものいらないという、姿勢(市政)は微塵もないのは仕方がないことなのでしょうか。(左下の写真は「木更津分屯基地」HPからのものです)

 拙宅から「航空自衛隊木更津分屯基地」まで車で約四十分、直線距離で約三十キロです。飛行時間はどれほどでしょうか。もちろん、本日は訓練飛行を拙宅近くからは確認できませんでしたが、この数日は何かと理由をつけて飛行(訓練)をしております。北海道の寿都町が「核のゴミ」の最終処分場の「文献調査」に応募するとかしたとかいう話がニュースになっています。応募するだけでも二十億円の金が入るという。金で釣る、金で横面を叩く。あさましい限りです。いったい何のため、誰のためなんでしょうか。木更津市にはどれほど受け入れ交付金がはいったのか、「核のゴミ」と比べれば「雀の涙」だったかもしれませんが、木更津市区域内だけに飛行も爆音も墜落の危険性も限定されるなら、どうぞ、みなさんで決めて下され、と言えますが、どうもそういうわけにはいきません。事情は寿都町と同様です。影響甚大。

 防衛省は、最初は佐賀県内に予定していたのに断られ、曲折があって、木更津への「暫定配備」になったといいます。米国では型も性能も古いし、事故も多くて厄介者だったのを、この島の軍備当局は何十基だったか、購入を強いられたとも言われます、買う約束をしたのは、人民の前から逃げ出した前のPMでした。「防衛整備計画」と一端(いっぱし)の名称をつけていますが、要はアメリカの「お古」を言い値で買わされてきたし、これからもそうだということ。大統領が変わっても状況の変化はなさそうです。

 我が家の上空を万が一にも飛ぶことがあれば、それなりの対応をしなければと、「専守防衛体制」を考えているところです。何やかやと武器や戦車や戦闘機、迎撃ミサイルとかいう役立たずを新規に洋上用に入れ替えるとか。まるでアメリカのATMですな。いったい、どこと一戦を交えるつもりか。まさか、中●、北✖✖を想定しているのではと、勘ぐりたくなるが、今どき流行らないですよ、戦争は。加えて、アメリカにはまずこの島を護ろうという気はありません、自らの利害が絡まない限りは。

 房総半島のあちこちで「オスプレイいらない運動」が始まっています。それではどこが引き受けるのか、それをも含めて「いらない運動」をと、ぼく自身も考えています。沖縄問題の中で、このことをしっかりと判断したいですね。「日本の空」だけではなく、「世界の空」には不要で、危険な物体です。

(オスプレイの試験飛行を受け、抗議活動を行う人たち=木更津市で)(東京新聞・2020年11月7日 )

################

オスプレイ、木更津に暫定配備 21年度までに計17機 

 陸上自衛隊木更津駐屯地に到着した輸送機オスプレイ=10日、千葉県木更津市で(隈崎稔樹撮影) 防衛省が導入した垂直離着陸輸送機オスプレイ1機が10日午後、陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備された。2021年度末までに17機が配備される予定。同駐屯地への配備は5年以内の方針で、防衛省は最終的に佐賀空港(佐賀市)に正式配備する計画だが、地権者との交渉は難航し、先行きは不透明だ。 (山田雄一郎)

 5月に米軍岩国基地(山口県岩国市)に陸揚げされた2機のうちの1機目が10日午後2時すぎに同基地を離陸し、午後4時5分ごろ、木更津駐屯地に到着した。1機目は6日配備の予定だったが、天候不良のため2度延期された。2機目の到着日は未定。 1機目の配備後、木更津市の渡辺芳邦市長は「市民の安全・安心を第一に考え、基地対策に全力で取り組む」と語った。 防衛省によると、当面は飛行範囲を駐屯地内に限定し、その後段階的に広げる。早ければ8月から東京湾上空などで飛行を行う方針。駐屯地に17機がそろった場合、離着陸回数は1日15回、年4500回となる見通し。 防衛省は14年、佐賀県に佐賀空港への配備を要請した。18年に山口祥義知事が受け入れを表明したが駐機場などの用地取得交渉が難航。その後、米軍オスプレイの整備拠点となっている木更津駐屯地への暫定配備を決め、昨年12月に木更津市が受け入れを表明した。防衛省と市は「5年以内を目標」に暫定配備することで合意。配備期限は25年7月9日となる。 陸自オスプレイは、南西諸島の防衛強化のため、陸自相浦駐屯地(長崎県佐世保市)に発足した離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の隊員輸送の役割を担う。運用するのは3月に木更津駐屯地に発足した「輸送航空隊」で、木更津から佐世保までは約1000キロの距離があり、即応性を疑問視する声も出ている。(東京新聞・2020年7月11日 06時00分)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 着々と「既成事実化」は進められています。その内、反対運動も立ち消える、政府防衛省のだまし作戦は古いし、セコイもの。仮想敵国はどこですか、と訊いても答えられない。「ないのだから」とは言えないし、あるいはあそこだとも言えない。交流関係を結ぼうとするのに、仮想敵国かよとなりますから。いろいろと勇ましいことをいう人々がいますが、どれだけリアライズされているのか、ぼくはまことに疑わしいことだとみている。戦争をする準備ではなく、そうならないための政治こそが、今の時代のぼくたちの国に、もっとも欠けているんじゃありませんか。仲良くすることの方がケンカするよりよほど難しい、それは個人同士の場合でも同じです。近代の歴史、ついさいきんの過去をじゅうぶんに掘り起こしてみれば、ぼくたちが何をしなければならないか、はっきりと見えるし、それを見ようとしない政治家や人民は「白昼夢」の最中にあるといいたいですね。(左上は木更津へ初飛行したとき)(毎日新聞2016年10月24日)

_________________________________

 新聞はスウィングしないんですか

 「米国人の重大な特長は他の諸国民よりも文化的に啓蒙(けいもう)されているだけではなく、欠点を自ら矯正(きょうせい)する能力をもっていることにある」。19世紀初めに米国の民主主義政治を観察した仏思想家トクビルの言葉である▲その「欠点を矯正する能力」を誰の目にも明らかに示すのが、選挙における民意の振り子運動と、それによる共和・民主の2大政党間の政権交代の繰り返しだった。民意のスイングごとに新しいページを開いてきた米国の歴史である▲その米国政治の振り子時計がとうとう壊れてしまったのか。そう世界を心配させたトランプ政権の4年を経ての米大統領選の開票作業の難航と、支持者間の激しい対立だった。投票日から4日、ようやくバイデン氏の勝利宣言が出た▲「これは国民にとっての勝利だ。私は分断ではなく結束をめざす大統領になる」。バイデン氏の演説は、敵と味方を分断して支持者を固めるトランプ政治への否定である。と同時に、それは米国の政治の正統への復帰宣言でもあろう▲「すべての小さな女の子はこの国が可能性の国であることを知る」。初の女性、かつ黒人・アジア系副大統領となるハリス氏の演説も、多様性とその権利のための闘いが米国の力の源泉なのを訴え、政権交代の振れ幅を示してみせた▲訴訟連発で抗戦しているトランプ氏も早晩、選挙結果受け入れを避けられまい。辛(かろ)うじて米国政治の振り子はスイングを再開した。次の4年間、未来へ向かう時を着実に刻み直すのを願うばかりである。(毎日新聞2020年11月10日 東京朝刊)

 あまり芸のある話ではありませんが、立て続けにいくつかの新聞の「コラム」を通して、米大統領選にみる「アメリカ民主主義」像を一瞥しようとしています。無駄だったかもしれない。「紋切り型」と言えばぴったりという風に、ぼくには見えました。デモクラシーのお手本だったのに、選挙運動や選挙の結果、それがびっくりするほどお粗末であったというのでしょう。アメリカの選挙民の民度も低いし、と。それがどうしたと、ぼくはいう。そんな上辺を撫でただけの見方しかできないことを百も承知で、それでもいう、なんと「陳腐、月並み、平凡、通り一遍」なと、ぼくは改めてこの島の「新聞紙の現在」を嫌でも確認させられているのです。「新聞」とは偽りの名、その正体は、伝統に輝く「旧聞」ですな。各紙一斉に同文記事さ。

 今回の「選挙で選ばれた」正副コンビについて、ぼくはまったく知るところがありません。これからの言動(政治活動)を通じてしか評価はできないと、明言せざるを得ないのです。人を「見た目」で判断してはいけないという法律はないでしょうが、それは「判断」ではなく、単なる印象、あるいは好き嫌いに過ぎません。「印象」も「好き嫌い」も持続することは稀です。でもぼくの知る限りで、島の新聞各紙は「見た目」「印象」「風評」「噂」「逸話」などでしか記事を書けないとしたら、それは「噂の真相」でしかありませんね。(かなり前にぼくはこの雑誌に(噂を)書かれたことがあります。今は廃刊になったし、発行者は亡くなられました)

 この島でバカの一つ覚えのように報道される「偽支持率調査」報道、ぼくはこれを「支持率操作」ということにしています。「世論調査」は「世論操作」です。現内閣のどこを支持しますか?「人柄が信頼できるから」という。ホントかよ。おそらく調査対象者は親戚か関係者でしょう。ぼくはこの人物が信頼できるかどうか、つきあっていないので答えようがないけど。どうしてこんないい加減な「調査だか操作だか」を報道するのか、これは頽廃のきわみというほかありません。悪い意図に基づいているね。「権力への迎合」もまた、「世論操作」の大事な機能なんだ。「芸当・迎合」が過ぎると、「仲間」になった気がするんですよ、きっと。だが、それが島の中だけに留まっているならいいけど、太平洋の彼方の国の「操作(調査)」までするのだから、呆れます。他人のことが言えた義理か?これも忖度でしょうが、誰に対して? 社の上司に対してとなれば始末に負えない、お手上げです。悲しいかな、上げた手をおろす場がないね。

 Bさんの演説は「米国の政治の正統への復帰宣言」であり、Kさんの「多様性とその権利のための闘いが米国の力の源泉なのを訴え、政権交代の振れ幅を示してみせた」と。そうかね、それを自分の感覚や頭で考えて書いたのか。「口ではナントでも言える」し、筆はどこまでも走ります。「筆の暴走」はいつでも見られます。記者の良心、そんなもの、とっくに忘れたさ、と言いたげです。お願いします、止めてくれませんか、こんな誠意のない記事を書くのは。

 いいですか、いまもなお負けを認めない(振りをしている)D氏だって「国民すべてのために働く」と当選後初の演説で言っていたんだぞ。それすら確認しないで、この大統領には「大いに期待する」だって、か。記者も、不勉強だし、不真面目だな。日本のPMにいたってはさらに酷い、自分の言葉を持たない総理って、なんだ。それすらも指摘できない新聞は何なんだ。

“”””

「今こそアメリカは分断の傷を癒やしていかなければなりません。団結しなければなりません。全国のすべての共和党員、民主党員、無党派の人々に言います。今こそ私たちは、国民として一致団結するべきです。(拍手)その時がやってきました。全国のすべての国民に誓います。私はすべてのアメリカ国民の大統領になります。これは私にとって非常に重要なことです」「これまで私を支持していなかった人々に言います――そんな人も、少しはいました――私は皆さんの助言と支援を求めます。国として団結できるよう、ともに努力しましょう」(2016年11月16日)(註 この<Fake>を見抜けないでどうします)

 (註 暇な方は歴代「大統領」の「勝利宣言」を並べて読んでください。回し読みしているんじゃないかと思われるくらいにそっくりさ)

“””””

 いかにも表面的ですね。彼女に対しても、各紙は一様に「初の女性、かつ黒人・アジア系副大統領」という。それは事実であっても、それをまたいうか、とぼくは訝るのです。同じ筆法で「BTLGQ」の時代到来などと、洒落た口をきくんですからね。呆れてもしまうのです。こんな記事を何百回書いたところで、紙価は高まらない。それどころか、大手紙は軒並みに「部数減」に喘いでいるじゃないですか。(ぼくには無関係だけど)すべてとは言わないが、どでかい本社ビルを「格安払下げ国有地」に、威容を誇るかの如くに建てていらっしゃる。「木鐸の巨塔(虚塔)」といいますか。まずこれから壊すべきです。コロナ禍の「五輪」にこぞってスポンサーだって。ふざけすぎだと思います。

 「次の✖年間、未来へ向かう時を着実に刻み直すのを願うばかりである」と、他人ごとではなく、わが政府、我が政治に直言するべきだといっても始まらないね。人民を愚弄するのは政治家だけではない、かかる惨状を新聞各紙ははっきりと認めるべきだ。「われわれも人民を愚か者と認定しているのです」と。「私たちは第四の権力です(権力の列に位置している)」と。この島にも<FAKE>を叫び、「陰謀論」を騙る固まりができているのです。対岸の火事視か、他山の石か。「多様な新聞」はやがて(いまは)「単一の新聞」になる運命にあります。

_____________________