福島がどのように復興したか知ってほしい

**************************************

原子力災害、記憶つなぐ 福島・双葉伝承館開館

 東京電力福島第1原発事故を後世に伝えるため福島県が双葉町に整備した東日本大震災・原子力災害伝承館が20日、開館した。収集した資料約24万点から約170点を展示し、原発事故が地域にもたらした影響と復興の歩みを紹介する。
 伝承館は津波被災地区に総工費53億円で建設。事故の経過を振り返るシアターに続き、発生から復興までの取り組みを5コーナーで解説する。当初の7月の開館予定が新型コロナウイルスの影響で2カ月遅れた。
 20日は開館に先立ち高村昇館長(長崎大原爆後障害医療研究所教授)が「福島が未曽有の災害からどのように復興したか知ってほしい」とあいさつ。初日は1051人が来館した。
 伝承館の展示内容には原発がはらむ危険性や県が誘致した経緯への言及が少ないとの指摘もある。高村氏は取材に「(原発の危険性に)触れるかどうかは来館者の声などを聞いて検討する」と述べた。20日は内堀雅雄知事と2人の副知事は現地に来なかった。
 開館時間は午前9時~午後5時。火曜休館。入館料は大人600円、小中高生300円。(河北新報・2020年09月21日月曜日)

++++++++++++

 だれがこんな無謀・無残なことをするのでしょうか。人の住めない町(消された街)にどこかの神殿のような空漠たる建物が完成しました。名づけて「東日本大震災・原子力災害伝承館」という。まるで巨悪の象徴にして、中味は空虚。伝承すべき内容も空無なら、事故の原因や復興の道筋も稀薄な気配が濃厚に漂っている「伝承館」、ぼくはきっと行かないと思う。果たして「原発事故から、如何にすれば復興したことになるのか」という最大の核心部分が抜けています。建設段階から開館までと、それ以後の各方面の報道や当館の展示やその他に目を通してきたつもりですが、よく見えないことおびただしいのです。いったい、何を隠したかが実によく伝わってくる「伝承館」です。あるものがない、ないものがある、「不思議の国の伝承館」、「見えないものが展示されている伝承館」です。ふんだんに税金だけは投入され続けるのです。

 福島復興のための五輪開催を謳って誘致したのは七年前。今ではそれ(開催)すら風前の灯火。加えて日々増加するトリチウム汚染水の最終処理問題。「海洋放流」を当局は目論んでいるが、抵抗を避けて時間をやり過ごしているのです。じつに薄汚い真似をするものか。いたるところで人命の無視、人権の蹂躙、棄民政治の暴力が、東西南北、しのぎを削っているとしか言えません。「地図から消される街に新築の廃墟」、人はそれを正視するに堪えないでしょう。

(記事中の女性記者Aさんは『地図から消される街』(講談社現代新書)の著者青木美希さんです)(青木さんの件についての新聞記事は「日刊ゲンダイ」で読めます。<https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270283>)

 伝承館館長の「あいさつ」を読んで、えっと声が出ました。しばらくして、気が付いたのです。迂闊だったかもしれません。福島には二通りの地域があるということです。一つは「すでに復興した地域」、他は「まだ復興していない区域」です。それは「決して復興することのない区域」の別名なんですね。ぼくはもう一度、福島行脚に出かける必要に駆られています。

(余話ながら  『地図から消される街』の著者、青木美希さん(右下写真)は朝日新聞記者です。青木さんについては、北海道新聞時代の「道警裏金問題」の報道(この件でも多くの新聞記者の犠牲が出ました)で、その仕事ぶりをぼくは知っていました。この問題の発端は原田宏二さん(元道警の№2)(左写真)の告発から始まります。一時期、原田さんとは何度もあっていろいろな話を伺うことができ、また未解決の冤罪事件などに関する研究会などを開いたこともありました。

 その青木さんが移籍してきた朝日で「猛烈ないじめ」に遭遇します。青木さんの福島原発事故の取材と報道の時期、この島では五輪招致が決まり、朝日を始め各新聞がこぞってスポンサーになった時期と重なります。(政府に提灯を持ったのですが、同時に社運は陥穽にハマりこんでいったのです)新聞社の本体が腐っているのは性悪な政治家連中と「仲良くする(腐敗が感染する)」ことの当然の帰結でしたが、その余波が誠実に報道の真ん中を歩いている「現場記者」を汚い仕打ちで虐めるという醜態に顕現するのですから、ブンヤの風上にも置けない連中で、こいつらの大半は男だと、ぼくは同性の誼(よしみ)、いや怨み骨髄という怒りで、見もしないで断定します。この会社の幹部連の質の悪さは犯罪級です。五輪中止は既定の路線ですが、さらにIOC解体まで進んでほしいね。青木美希さんのご健闘を祈るとともに、闘いの戦列につながりたと願っています)

_____________________________________________________

 混沌から何が生み出されるのだろうか

 米大統領選を闘う共和党のドナルド・トランプ現大統領と民主党のジョー・バイデン前副大統領の人生の転機をまとめた(2020年8月16日作成)。(c)KUN TIAN, GAL ROMA / AFP
【11月3日 AFP】11月の米大統領選挙を闘う共和党のドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領と民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領について、両候補の人生の分岐点をまとめた。(c)AFP(https://www.afpbb.com/articles/-/3303423?cx_part=top_category&cx_position=1)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 「岡目八目」(「傍目八目」)というかぎりでも、ぼくには他国の代表者選挙には興味はない。(岡目八目=《他人の囲碁をそばで見ていると、対局者よりも冷静に手が読める意から》第三者のほうが、物事の是非得失を当事者以上に判断できるということ。)(デジタル大辞泉)もちろん、「高みの見物」などという余裕もありません。太平洋の彼方に存在する国家がカオスになると、この島も呑み込まれるのは避けがたいからです。世界の行く末を左右するというのは隠しようもない事実で、誰が選ばれても知ったことではないと、眼を背けるようなことまではしないし、できないのです。上掲のような、簡単な両候補者の履歴を一瞥するだけで、あるいはその人となりが見えてきそうなのは確かでしょう。「一人の背後」に、独特の世界がある。その世界で彼は生きてきたのですから。

 今回の選挙運動期間中に、アメリカってこんな国だったのか、どえらい野蛮な状態にあるんだ、まだ「南北戦争」が続いているんだなどという、これまでは見通せなかった発見があったのはぼくには幸運なことでした。デモクラシーの家元、あるいは民主主義の学校だともてはやされ、自他ともに任にふさわしいと認めていたのは何とも滑稽というか悲惨だった。この島では秀吉以来、庶民は「刀狩られ」のままで五百年です。

 彼の国は、建国以来二百五十年、いまなお「銃撃戦の最中」にあるのも脅威であり、驚異を覚えるものでした。普段はお目にかかれない姿態、醜態があからさまな恰好をして現出するのですから、貴重な機会であったのは確かですが、こんなレベルで齷齪しているなんて、この「最強国」の先行きも思いやられるという危惧の念が強く働いたのです。このような混迷やカオスを生みだした張本人は誰だったか。目を覚まさせてはならない「亡霊(暴力)」を甦らせたのは誰だったか。あと数時間で、終幕が切って降ろされます。そこからどんなエイリアンが産み落とされるのでしょうか。混沌ばかりが待っている。そのさきに、どんな展望が開けるのか。あるいは「カタストロフィ(catastrophe)」がはじまるのでしょうか。

____________________________________

 秋深き隣は何をする人ぞ

 常寂光寺
 慶長年間(1596〜1614)に大本山本圀寺第16世究竟院日禛上人により開創。本堂は慶長年間に小早川秀秋公の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築し造営する。 仁王門は、元和二年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門(貞和年間の建立)を移築、仁王像は運慶作と伝えられる。什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴がある。 これは小早川秀秋公より当山に納付されたものである。(非公開)(https://www.jojakko-ji.or.jp/)

****************************

 「文化の日」だそうです。その日に何をかんがえたりしたりするのが似合っているのか、ぼくには分かりません。朝からというより、深夜から雨は降り続いています。文字通り、秋冷の候と呼ぶにふさわしい時候でもあります。身も心も寒くなるとき、ぼくは「寒心」という言葉を使いたくなるのです。時局も不可解な、あるいは摩訶不思議な状況にさいなまれているように感じられて起案す。政局というが、見るも無残な、こんな連中が政治の要路にへばりついているのかとおもうと、反吐も出るわ草目も出るわで、悪い風邪を引いたような気分になるのです。

 ぼくには珍しい風が吹いているのか、どことなく、そぞろ郷愁に誘われたかのように、いろいろなことが想い起されてきます。まずいくつかの俳句です。なかでも芭蕉の一句。混ぜ是が人口に膾炙したのか。おそらく読み違えたのではないでしょうか。平凡ではあるが深い心持がそこはかとなく感じられてくるのです。だから、名句なのか、じつに哀れみに満ちた芭蕉句です。

 「秋深き隣は何をする人ぞ」元禄7年9月28日作、芭蕉五十一歳の作。この一か月後に、大坂の知人宅にて死去。芭蕉最後の句とも言われています。いわば「白鳥の歌」といってもいいか。これについてもなんか言いたいのですが、止めておきます。静かに最期の床に就かんとする芭蕉の胸中に去来したものは何だったか。端倪術からすべからざる別離の避け得ない心境が籠められているのです。

 つぎもまた、病の篤い正岡子規の句です。陸羯南の「日本」から派遣されて大陸に想ういた彼は大吐血をして方法の態で記帳するのです。宿痾の憑依でした。その際の一句、「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」明治二十八年秋。子規は中国から病を得て神戸に帰国、やがて郷里に帰り、漱石と再会。上京の折に奈良行きを試み、この句の材を得たとされる。奈良法隆寺見物に際して漱石に「借金」したという逸話があります。誰だったか、後生の洒落人が、だったら、「柿くへば金がなくなり法隆寺」じゃないですかといったそうです。

 雨に誘われてまだまだバカ話、よしなしごとが出てきそうですが、ここで終わり。上掲の紅葉写真は京都右京区の小倉山在の常寂光寺(再掲)。この寺について、ぼくには麗しいというのか、仄かなというべきか、ちいさな秘密のようなものがあります。これはまだ誰にも話したことはありません。だから、これも内緒です。小倉山の彼女は、いまも健在だろうか。庭もよし、庭からの眺めは京都市内を一望下に。

__________________________________________