勝利のために米国社会を犠牲にするのか

  

 週のはじめに考える 勝てばいいのか

…ここで、来月三日に迫った現実の米大統領選に話を移します。/ もはや現職トランプ氏に品格を求める気はありませんが、さすがに、この大統領選の結果は「連邦最高裁で決着すると思う」と述べたのには驚愕(きょうがく)しました。もし負けなら、開票結果を受け入れず、郵便投票の不正を言い立てて裁判に持ち込む−。そう宣言したわけです。強引に保守派の最高裁新判事の任用を進め、リベラル派に対する保守派の数的優位を盤石にしようとしたのも、その備えです。 / 米紙の記事が「アメリカの民主主義は、恐ろしく危険な状態にある」と強い表現で警鐘を鳴らしたのもむべなるかな。どんな手段でも勝てばいい、いや、負けても勝つ、というのでは、民主主義も何もあったものではありません。(略)/ そうした態度から推測されるのは、米国民全体に支持を求めるのではなく、黒人・リベラル層との対立感情をかき立てることで白人・保守層を固め、いわば51%を取りにいく戦略。憎悪の摩擦熱を勝利のエネルギーに利用するたくらみと言ってもいい。自己の勝利のために米国社会を犠牲(いけにえ)に捧(ささ)げるつもりなのでしょうか。(以下略 (東京新聞「社説」・2020/10/25)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

 この「社説」氏の立場に異論はありませんが、その姿勢の根っこに「対岸の火事」を傍観する風が強く感じられてなりません。「もっと燃えろ」とは言ってないが。「《向こう岸の火事は、自分に災いをもたらす心配のない意から》自分には関係がなく、なんの苦痛もないこと。対岸の火災。」(デジタル大辞泉)

 アメリカも大変なんだという雰囲気が濃厚です。ぼくにはそのようにしか読めません。現大統領が「国民分断」を武器に戦術を立て、「憎悪の摩擦熱」を選挙戦勝利のエネルギーにしている、「勝てばいいのか」と。「国を犠牲に供する」ことまでして勝ちたいというのは、まちがいなく狂気(クレージー)です。この「狂気」になす術もないとしたら、「対岸」は奈落に落ちていますね。(実際に「なす術がない」のだ、大統領令は正気の者にしか通用しないのだから)どこかで紹介しましたが、ある新聞社で、先の戦時中「記事の差し止め」を言外に示して新聞社を脅迫した軍部に対して、、このままでは「社が危ない」と記者仲間は責任者に忠告した。その時に編集責任者は「このまま記事を載せる。国がつぶれるという瀬戸際に、社の存続が心配だというのか」と、一喝したというのです。

 そもそも、この島社会が今のような為体、頽廃のきわみに突き進んでなお、それに歯止めがかからないようになった背景には、さまざまな理由があるものではない。ぼくは何度も触れてきましたが、「法律違反」(犯罪)を犯して、政権の座から逃げ出した前総理が、狂気じみた米国の現大統領の言いなり放題に「国を売った」がためだ、それがもっとも大きい理由でしょう。(もちろん、それを取り囲んだ政治家官僚連中も責められるが、そんな輩の徒党を許した有権者の無思慮が災いしているのは否定できない)彼らは「人民のため」を口にするかもしれないが、その実は、露ほども「人民の痛苦」を感じていない、そんな両国の連中の「蜜月」が、自国にこんな事態をもたらしたわけ。取り返しがつかないとは言わぬが、莫大な犠牲を強いられただけでも許しがたいのです。禍は元から断たねばなるまい。

 一蓮托生、日米「バカの枢軸」「無能・無法同盟」が惨憺たる現実を招来したのです。彼らは嘘八百では足りず、まるで「千三(せんみつ)」、いや「万八(まんぱち)」です。「万に八のホント」だとさ。そんな連中をのさばらしたのは、人民にも一端の責任はありますが、「第四の権力」を自認・自任している「マスコミ」にはもっと大きな責めを負ってもらわなければなるまい。それなのに、「対岸の火事」視で、まるで緊張感がないことおびただしいのに、ぼくは腰が抜けるのです。東京新聞にしてから、とオベンチャラは言わないが、それにしても暢気が過ぎる。少なくとも、この四年、どれだけの国防軍事費を米国に払う約束をしたことか。沖縄・辺野古を忘れない(右上写真)。この新聞社の一記者が「真相に迫る報道」を続けてきたことをぼくは知っています。そのような発掘報道が生かされていない「社説」など、と言いたいですね。週のはじめだけではなく、毎日でも考えてほしい。

 亡国の淵に立つ、それもまた時代と共に生きている「一人の民衆」であるぼくの運命です。無駄かもしれないが、可能な限りの抵抗を。心身ともにうちそろえて抵抗したい。(なんだか、悲壮感が漂うような雰囲気ですが、なに、陽気にとはいかないまでも、ゆとりと遊び心は失わないさ。軽妙洒脱にはよほど距離がありますが、なろうことなら「雲烟過眼」に、あるいは「虚静恬淡」を旨として歩きたいものです)(やがて拙宅上空を醜悪無用の長物が飛行か。民主主義からファシズムが叢生してくるのです。民草は、踏まれるばかりでも除草されるばかりでもだめなので、自らの存在を貫く、突き出す。小さな個であることを断固として譲らず、微力であることをすら、いささかも恥じる必要はないのだ。

______________________________________

 おぞましいことで、私は泣いている

(10月22日、新曲「positions(ポジションズ)」のミュージックビデオをYouTubeに公開した)
アリアナ・グランデが「女性大統領」になったMVが話題に。男女の立場も逆転(動画)
大統領選を目前にアリアナ・グランデが公開したMV。ホワイトハウスのスタッフの大半が女性を占めています。アリアナは「投票に行って」とも呼びかけました。
生田綾(https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f94f311c5b673c608244ed7?utm_hp_ref=jp-homepage)
 
米大統領選の投票日が迫る中、アメリカの人気歌手アリアナ・グランデが発表した新曲のMVが話題になっている。アリアナが大統領になり、ホワイトハウスで公務を行なう内容で、MVの中では登場する人物の多くが女性を占めている。(中略)
アリアナは前回(2016年)の大統領選で、トランプ大統領の当選が決まった際に、「おぞましいことで、私は泣いている」と投稿していた。

++++++++++++++++

 他国の選挙なんだから、ぼくには関心がないと「高見の見物」を決め込めないのは、この島は面積は小さいが「膨大な税金」を宗主国に払わされてきたから、まんざら内政干渉には当たらないんですね。グランデさんやテイラー・スウィフトさん、ガガさんなどの行動は気になっていますね。芸能人だからという岡目八目ではない。一人の人民として当然の振舞いだというべきでしょう。もちろんだれに投票するかはまったく自由、DにしようがBに入れようが、それは投票、表現の自由なので、何人も介入も干渉もできない。

 このような人々のエネルギーを羨ましいとぼくは考えないし、人ぞれぞれの「秋の夕暮れ」なんですね。「桜を見る会」に勇んで、あるいは嬉々として出かける人あらば、なんというバカな、と批判する人もいるのが当然。でもそこに「違法や非法」のにおいが立ち込めているなら話は別。ようするに「ヒトを見る目」を曇らせないことです。(☜ 絶頂だったか、絶壁だったか)

 アメリカでは選挙の成り行き次第では「内乱」「テロ」が起るかもしれぬと、マスコミもまじめに報道しています。あるかもしれないし、そこまでグレてるものかという気もします。でも「個々人の集合体」に過ぎないのも「国の実態」です。ぼくに言わせれば、赤信号を待っている「(烏合の衆ではなく)ただの集まり」です。信号が変われば、離合集散するばかりです。そこに交通整理がなければ、混乱は必然。政治や行政は明らかに「交通整理」に他ならないのに、勝手に信号を点滅させたり消してしまったり、あるいは撤去までする、そんなでたらめのかぎりをつくす政治や行政がいたるところで目につくのです。

 アメリカもよその国においても、事程左様に「デモクラシー」は「でも暗し」なんだね。「健全の中に不健康が」あり、「不健康の中に健康が」あるのが世の習いです。五ミリ前進、六ミリ後退、地上一ミリ浮上、二ミリ沈下。これですよ、人類の歴史は。やがて「突然変異」が繰り返され、いつの日にか「適者生存」状態が落ち着き、弱肉強食、優勝劣敗は消滅する、そんな虹の彼方に思いを馳せているんだ。(この宇宙の歴史、人類の盛衰史は、これまでに何べんも繰り返されてきたという「お話」があります。「掘って埋めて、埋めて掘って」の挙句に絶滅だと。これを「徒労」とみるか、「勤勉」とみなすか。「賽の河原」ですね、どこもかしこも)(☝アメリカの「ミリシア(民兵)」、前回の大統領選時にも登場した。「知事」誘拐も企てたとも)

(余話なさけ 本日「出所予定」だったかみさんはいまだ拘置中。もう少し滞在するそうです。出所祝いを子どもたちと画策していたんですけどね)

_____________________________________

 エル・パドゥリーノがテレビに出たばかりだ

元国防相逮捕!メキシコ麻薬組織のヤバい実態 「まるでゴッドファーザーの世界」と話題

10月15日、メキシコのサルバドル・シエンフエゴス前国防相(72)が家族との休暇のためにアメリカ・ロサンゼルス空港に到着するなりアメリカ麻薬取締局(DEA)に拘束された、というニュースはメキシコのみならず、「リアル・ゴッドファーザーの世界」と、多くを驚かせた。/ 日本でもツイッターでも「映画のようだ」などとトレンド入りをしていたようだが、メキシコではもちろんそれ以上の衝撃があった。シエンフエゴス氏は2012年から6年間、国防相として犯罪組織との闘いを指揮し、あたかも英雄であるかのような厚遇を受けると同時に、国民からは畏怖の念を抱かれていた人物だからだ。

テレビの映像で犯人が「判明」

一方、シエンフエゴス氏の軍人に対する手厚さは相当なもので、ペーニャ・ニエト前大統領の政権下では、軍部は政権による支配から独立した組織であるかのように、大統領でさえ軍部への介入は容易ではなかった。麻薬組織(カルテル)と癒着して罪を犯したとしても外部からの取り調べを阻止することもできたため、軍部からの信頼は厚かった。軍人の中にはシエンフエゴス氏自身が麻薬組織と関係しているといううわさもあったようだが、それは軍の内部で秘密にされていたようだ。/ ところが、地元紙『エクセルシオール』(10月17日付)によると、DEAは1年ほど前からシエンフエゴス氏がアメリカへの麻薬の密輸、ならびに資金洗浄(マネーロンダリング)に関与しているという疑いを持つようになっていた。DEAはメキシコのカルテルの動きをつねに監視し、彼らの交信を秘密裏に傍受することにも努めている。

メキシコの複数のメディアが明らかにしているのは、あるときカルテルに属している人物が仲間との交信中に「エル・パドゥリーノがテレビに出たばかりだ」と言っているのをDEAが傍受した。早速、その時間帯に放映された番組を調査したところ、エル・パドゥリーノと呼ばれている人物というのはシエンフエゴス氏であることが判明した。/ DEAもパデゥリーノという政府高官が、メキシコのカルテルの1つ、ベルトゥラン・レイバによるアメリカへの麻薬の密売に協力している、という情報はつかんでいた。しかし、パデゥリーノが誰か、というところまではたどりつけないでいた。(以下略)(東洋経済・2020/10/21 18:20)(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-383046.html?page=1)

*************************

 太平洋の彼方から「愛のテーマ」が流れてきました。シチリア島からではなく、メキシコの「お父さん」が逮捕されたというニュースは「映画もどき」だったのか、あるいは映画の方が「現実もどき」だったのか。今回の劇的展開は、世界各地に存在する「ゴッドファザー」の一人が逮捕されたに過ぎない事件だったと思われます。もちろん、この小島にもいくたの「ファザー」は健在です。時に報道される「麻薬事件」「薬物汚染問題」も、実際は「氷山の一角( tip of the iceberg)」であることに間違いありません。その昔、テレビ草創期に米国渡来の「アンタッチャブル」を、毎回興奮して観たのを思い出します。アルカポネとエリオットネスの宿命の対決、だんだんと兄弟のようにも感じられてきたものです。千九百三十年代の「禁酒法」時代の一コマでした。後に映画化され、ケビン・コスナーが主演を張った。

 麻薬は組織暴力団の重要な資金源であるとされます。ということは、かかる団体が存在している間は、薬は根絶されないということの証明になります。十五年ほど前になりますか、北海道庁・道警・道新その他がある事件で「大地震」のごとくゆすぶられたことがありました。いわゆる「裏金」問題が暴露された、しかもそれが元北海道警察ナンバーツーの告白会見から始まったのでした。原田宏二さんとはあることがきっかけで知遇を得た(上写真中央と左☝☜)。彼から、警察のさまざまな問題や裏話を伺いました。ある時には、彼の部下だった警部が麻薬取締の罠だか陥穽(アリ地獄)にハマって逮捕されるという事案がありました。これは後に詳しく本人が著書にされています。麻薬取り引きの実態が手に取るようにわかるし、取り締まる側と取り締まられる側と「協力者」の関係(つながり)はまるで「家族」というと語弊がありますが、なかなかの紐帯で結ばれていたといわれます。警察がいかなる役割や役者を演じていたか。自作自演まがいはどこでも行われているんじゃないですか。

 この問題は現在にも尾を引いています。裏金隠しは「現在も継承中」だし、事件を報道した新聞社は大騒動に見舞われ、警察官僚の栄転や左遷の発生、警察現場の混乱など、あらゆる関係筋が問題視されたのですが、結局事態は「元の木阿弥」という状態が続いている。「何事もなかった」かの如くではないでしょうか。腐敗は、どんな小さな権力においても生じる。大であれ小であれ、権力である限り腐るし、腐るのが「権力」であると、ぼくは考えることにしています。ぼくのつまらない人生では「発酵」することはあっても、断固として「腐敗」しないことを肝に銘じてきました。微少なりとも「権力」と目されるものには断じて近づかなかった(その機会がなかった)ことを、今はさいわいだったと感じています。(まだまだ書かねばならぬ(と愚考する)素材がありますが、ぼくの仕事でもないので、これでキーの「打ち止め」)

(「元国防大臣が逮捕、ゴッドファザーだった」とは驚きでしょうが、あるいは「元(現)大統領逮捕さる」が近々発生するかもしれない世の中です。この島にも似たような事件はいくらもあったし、今もあります。単に表に出ないだけ。「氷山の一角」「蜥蜴の尻尾切り」は止むことがないのです。「トカゲ」も因果な生き物ですね。「浜の真砂は尽きるとも…」で、石川五右衛門(左は海老さま)は陸続と浮沈をくりかえすでしょう。五右衛門風呂を好む人材も絶滅していない、嬉々として茹でられていますし、彼が六方(東西南北上下)を踏んだ南禅寺はいたるところに林立しています、「絶景かな、絶景かーなあ!」もともと、ヤクザの由来は禅寺からだった)

_______________________________________