My left side is still partially paralyzed

Keith Jarrett’s left side is still partially paralyzed by a pair of strokes in 2018. “I don’t feel right now like I’m a pianist,” he said.Credit…Daniela Yohannes/ECM Reco

++++++++++++++++++++

Keith Jarrett Confronts a Future Without the Piano / The pathbreaking musician reveals the health issues that make it unlikely he will ever again perform in public.
By Nate Chinen The NEW YORK TIMES Oct. 21, 2020
The last time Keith Jarrett performed in public, his relationship with the piano was the least of his concerns. This was at Carnegie Hall in 2017, several weeks into the administration of a divisive new American president./ Mr. Jarrett — one of the most heralded pianists alive, a galvanizing jazz artist who has also recorded a wealth of classical music — opened with an indignant speech on the political situation, and unspooled a relentless commentary throughout the concert. He ended by thanking the audience for bringing him to tears.
He had been scheduled to return to Carnegie the following March for another of the solo recitals that have done the most to create his legend — like the one captured on the recording “Budapest Concert,” to be released on Oct. 30. But that Carnegie performance was abruptly canceled, along with the rest of his concert calendar. At the time, Mr. Jarrett’s longtime record label, ECM, cited unspecified health issues. There has been no official update in the two years since./ But this month Mr. Jarrett, 75, broke the silence, plainly stating what happened to him: a stroke in late February 2018, followed by another one that May. It is unlikely he will ever perform in public again./“I was paralyzed,” he told The New York Times, speaking by phone from his home in northwest New Jersey. “My left side is still partially paralyzed. I’m able to try to walk with a cane, but it took a long time for that, took a year or more. And I’m not getting around this house at all, really.”
Mr. Jarrett didn’t initially realize how serious his first stroke had been. “It definitely snuck up on me,” he said. But after more symptoms emerged, he was taken to a hospital, where he gradually recovered enough to be discharged. His second stroke happened at home, and he was admitted to a nursing facility. (Omitted below)

++++++++++++++++++++++++++

 昨日の夕方、帰宅してネットを見ていたら、このニュースが目に飛び込んできました。このところ音沙汰(レコード録音や演奏活動について)がなかったので、気にしていたところです。再活動は無理という状況ですが、さてどうでしょうか。舘野泉さんの例もあります。(キースも再びステージに立って…、というのではありません。回復してゆっくりと過ごされることができるなら幸いだということです)今ここでキースについて何かを語るのは余計なこと。日本公演で「観た、聴いた」彼の「パフォーマンス」のゆったりして遊び心のある姿が今もはっきりと目の裏に、脳裏に焼き付いていますし、すこし重い感じの彼のタッチが耳の底で響いているようです。一日も早い回復を祈るのみです。彼はジャズ界の革命者であったばかりでなく、クラシックの世界においても、新たな一ページを開いた人と言えます。チック・コリアと共演したMozartのピアノ協奏曲はどれだけ聞き返したことでしょう。音楽は「楽しまなくちゃ」が基本ですね。演奏者も聴き手も。

 キースの本領は、もちろん「即興( Improvisation)」、あるいは「アドリブ(ad libad libitumの略)。レコードでこれを聴いていてさえ、当意即妙などという暢気なものではなく、じつに息苦しくなるような「創作の瞬間」に立ち会っているような錯覚にとらわれてしまいます。もちろんライブだと、息が止まるような眩暈に襲われます。まさに、息を忘れそうになる場面の展開が実に延々と続くのです。

 ハンガリーのニュースサイト「Nepsava」でガーボル・ボータは、「聴衆を魅了する彼の魅力は、彼の多ジャンルにわたる態度にあるに違いない」と書いています。「ジャレットは、ライトなものからシリアスなものまで、あらゆるジャンルを消費して自分のものにしている。演奏はすべて即興で行われるため、私たちは音楽が目の前で生まれてくるのを目の当たりにする…彼は空気を嗅ぎ、一瞬の感情をキャッチし、指を鳴らし、目を細めて、そこには正しい音、正しいメロディ、完全にユニークな演奏があるのだ」(https://wordpress.com/post/http836.home.blog/14857) 

 手許にあるCDやヴィデオを、ゆっくりと聴きたくなりました。秋は一年の中でもより音が透き通るような空気の満ちる季節です。独特の音色と彼の発する奇声(?)に戸惑いながら、古びた(もう四十年以上も経過した)タンノイでシンクロしたくなりました。何年振りか。

(余話ながら 昨日は、午前十一時過ぎに家を出て、連れ合いの入院先に。昼過ぎに手術開始、終了したのが五時過ぎでした。第一段階が終わり、これから第二段階に入ります。ジャレットと同じく、しっかり回復することを祈るのみです。コロナ禍の入院で、病院も厳戒態勢、家族といえども、基本的には面会禁止です)

https://www.youtube.com/watch?v=KPgEoDt_Duc

https://www.youtube.com/watch?v=EuMzOCpQRt0

 _______________