排除ではなく、共生の方向を求めてこそ

(大阪都構想の住民投票で外国人にも投票権を認めるよう求めて記者会見した在日コリアンや市民団体メンバーら=2019年11月、大阪市役所)(共同通信社)
「大阪都構想」の賛否で14万人 
大阪市を廃止して4特別区に再編する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票で、外国人住民に投票権がないことに「私も市民なのに」と疑問の声が上がっている。大阪市の外国人住民は14万人を超え、政令指定都市では最多。市長は「国籍を取得して」と話すが、識者からは「日本社会は外国人抜きでは成立しない時代。議論を進めるべきだ」との指摘が出ている。/ 法律に基づく今回の住民投票では、投票権があるのは日本国籍を持つ18歳以上の大阪市民。市では昨年末現在、外国人住民が約5%に当たる約14万5千人いて、比率・人数とも20政令市でトップだが、投票できない。(2020/10/23 16:51 (JST) ©一般社団法人共同通信社)
来秋にも予定される、大阪市を廃止し、特別区を設置する「大阪都構想」の住民投票を巡り、外国籍住民にも投票権を認めるよう求める市民団体が20日、松井一郎市長に要望書を、市議会に1509人分の署名と陳情書をそれぞれ提出した。市の人口に占める外国籍住民の割合は約5%で、人口、比率とも政令市最多。全国の住民投票では、条例で永住外国人などの投票権を認めた例もあり、近く国会へも請願を提出する。/ 市民団体「みんなで住民投票!」は約1カ月前に結成。都構想の賛否からは自由な立場で、選挙権を日本国民に限った公職選挙法の規定を準用するとした大都市地域特別区設置法と同施行令の改正を求めている。団体によると、この日までに、劇作家の平田オリザさんや思想家の内田樹さんら計約60人の呼びかけ人と賛同人が集まった。(毎日新聞2019年11月21日 地方版)

++++++++++++++++++++++++

 この問題は積年の課題となってきました。当面は11月1日に行われる「大阪都構想」についての「住民投票」に外国人住民の投票を認めるかどうかが問われている、というより、認めてくれという要請が出されているということです。このままでは外国籍住民を排除して、投票は実施されることになります。なんでまだこんな問題を残しているのかと、ぼくには不思議でなりませんが、この島社会の「死活問題」と言わぬばかりの反対を主張する方々もおられます。ぼくは、このような問題に(仕事の)必要上から何十年と考えてきました。「住民投票」くらいと思う人もおられるし、反対の立場の人には「参政権(国政選挙ではない)」を認められない事情があるのでしょう。立場をかえて、自分が外国に永住しているとして、住民としての意志を投票で表明できないということがあればどうでしょうか。そんなん、ないのがあたりまえやないかといえるかどうか。

 投票日が直近に迫ってきました。いずれ間をおかないで、この問題(を含む、外国籍の方々の法的地位など)について、ぼくがこれまで考えてきたところを述べてみたいと思います。今回はこんな課題が取り残されているという指摘のみに留めておきます。結論的に言えば、世界は「排除」ではなく「共生」に根差した市民社会の方向を求めているのではないですか。その願いが強まっているからこそ、「排除」の運動も強くなるのです。政治や行政の任に当たる人の「方向感覚」がマヒしていては、住民の不幸は減ずることはなさそうです。

_________________________

 はじめの一歩!ダルマさんが転んだ!

 正平調 小学校時代、担任の教師から平手打ちをくらった。なぜ怒られたか、理由は覚えていない。頬を焼くような瞬間の痛みと怖さだけが記憶に刻まれた◆この中学生たちの恐怖や痛みはいかばかりか。宝塚市の中学校で起きた傷害事件のことだ。「きつめの指導」と称し、柔道部顧問が投げ技などで2人に重軽傷を負わせ、傷害容疑で逮捕された。帰宅した後も生徒は震えていたと、保護者は言う◆それから10日、解けぬ疑問がいくつもある。これほど体罰はやめようと言われてもなかなか減らない。なぜだろう。兵庫教育界の規範が緩いのか。そう問う声も耳に届く◆脚本家倉本聡さんの話を思い出す。幼いころに万引をしたそうだ。欲しかったお菓子屋さんのビスケットを2枚。気づいたお母さんから事情を聴いて、お父さんは「出かけるよ」と倉本さんを外へ連れ出した◆向かったのはそのお店。「ビスケットを全部ください。在庫も」とお父さんは言った。そして大きな袋二つをかついで帰る間、説教はなし。でもビスケットがおやつに出るたび、倉本さんは後ろめたさを感じ続ける。自伝エッセー「見る前に跳んだ」から◆力ではなく、言葉や姿勢で諭し、導く。難しいのを承知の上で期待する。教育に生きる皆さんの、プロの力。(神戸新聞・2020・10・22)

++++++++++++++++++++++++++++

 「正平調(せいへいちょう)」は神戸新聞の朝刊コラム名。その表わすところは、中国の典籍からのもので「厳正公平かつ情緒豊か」といったところでしょうか。阪神淡路大震災の折には連日のように愛読にこれ努めました。本日のテーマは「体罰(暴力)」です。過日扱った「わいせつ行為」と同様、学校教師の犯す過ちの代表格です。体罰は暴力、わいせつは犯罪、これで間違いはないのですが、なぜ、いつまでもこんな犯罪が学校現場で罷り通って来たのか。おそらく歴史や慣習(習慣)に根を持ついわれがありそうです。ずいぶん前にある人から質問されて、「体罰をなくするのは実に簡単さ、学校をなくせばいいじゃん」といって顰蹙を買いました。今でもその考えは変わっておりません。

 「その昔」は、体罰は「日常茶飯事」だった。だから少々行き過ぎがあっても許されるのだという三分の理は今では通用しない。また、熱心な教師ほどこの過ちを犯しやすいのかもしれないし、あろうことか、親が「体罰」を期待する向きもないわけではなかったし、今もそうです。そんなこんなで、「体罰」は万世一系のようで、学校から「体罰」をなくしたら学校がなくなる恐れさえあります。でも、それによって「死ぬ人」が出るなら、笑い澄ましたりできるような暢気な話ではありません。

 倉本さんの逸話はいかがでしょうか。いつだったかのブログでも触れましたが、盗みを繰り返す子どもに、そんなに欲しければ「盗みなさい」というほかなかった母親の話があります。まさに母親の「一回限りの言葉」だといいました。その子と母親との間で、たった一回しか通用しない言葉というものがあるのですね。その母親はまた、「盗んだことを、後でお母さんに言うのよ」と付け加えたということでした。倉本お父さんの場合も、息子と自分との間に生じた「一回限りの行動」だったかもしれません。その行動は、しかし「怒鳴りつける」「殴り倒す」以上の規制・自制力を与えたに違いありません。ビスケットは旨くなくなったはずです。

 この歳(後期高齢者)になるまで、ぼくはどれだけの過ちをお犯してきたか。大小無数の失敗を繰り返しながら、ここまで生き延びたと、自分でも思います。親は「知っていた」のに何も言わなかった。気づいていたにもかかわらず、親は直接は何もしなかったし、言わなかったんだと、ぼくは受け取った、そんなことが何度もありました。それを思い出すたびに、「過ちの記憶」はしばしばブレーキの役割を果たしていたと考えた。親にも教師にも「たった一度」だけだったが殴られた。殴られたのは一度だったが、親や教師はなんども「殴りたかったに違いない」と思い至って慄然としたのも本当です(殴られた記憶は、矢張りブレーキだった)。ぼくはその苦い経験を導きの糸のように手放さないで生きようとしてきましたし、まるで綱渡りのような危なさでここまで歩きついたのです。今から考えても「肝を冷やしっぱなし」でした。(「懲りない、戸塚さん」左上)

 体罰はいけないと、わかっていても手が出る、足が出ることもあります。明確な線引きをして「犯罪」として扱うのも誤りではない。でもそうすれば、学校は監視カメラが無数に設置された「監視・処罰社会」になり変わります。鬱陶しいし、明るくない社会ですね、そうなると。果たして、それでいいのですか、先生。

 「握ったこぶしを開け!」腹が立ったら、怒りが襲ってきたら「だるまさんが転んだ」というのがいいね。「にらめっこしましょう」なら、もっといい。その程度で消えるんだ、ほとんどの怒りは。

______________________________________________________

 My left side is still partially paralyzed

Keith Jarrett’s left side is still partially paralyzed by a pair of strokes in 2018. “I don’t feel right now like I’m a pianist,” he said.Credit…Daniela Yohannes/ECM Reco

++++++++++++++++++++

Keith Jarrett Confronts a Future Without the Piano / The pathbreaking musician reveals the health issues that make it unlikely he will ever again perform in public.
By Nate Chinen The NEW YORK TIMES Oct. 21, 2020
The last time Keith Jarrett performed in public, his relationship with the piano was the least of his concerns. This was at Carnegie Hall in 2017, several weeks into the administration of a divisive new American president./ Mr. Jarrett — one of the most heralded pianists alive, a galvanizing jazz artist who has also recorded a wealth of classical music — opened with an indignant speech on the political situation, and unspooled a relentless commentary throughout the concert. He ended by thanking the audience for bringing him to tears.
He had been scheduled to return to Carnegie the following March for another of the solo recitals that have done the most to create his legend — like the one captured on the recording “Budapest Concert,” to be released on Oct. 30. But that Carnegie performance was abruptly canceled, along with the rest of his concert calendar. At the time, Mr. Jarrett’s longtime record label, ECM, cited unspecified health issues. There has been no official update in the two years since./ But this month Mr. Jarrett, 75, broke the silence, plainly stating what happened to him: a stroke in late February 2018, followed by another one that May. It is unlikely he will ever perform in public again./“I was paralyzed,” he told The New York Times, speaking by phone from his home in northwest New Jersey. “My left side is still partially paralyzed. I’m able to try to walk with a cane, but it took a long time for that, took a year or more. And I’m not getting around this house at all, really.”
Mr. Jarrett didn’t initially realize how serious his first stroke had been. “It definitely snuck up on me,” he said. But after more symptoms emerged, he was taken to a hospital, where he gradually recovered enough to be discharged. His second stroke happened at home, and he was admitted to a nursing facility. (Omitted below)

++++++++++++++++++++++++++

 昨日の夕方、帰宅してネットを見ていたら、このニュースが目に飛び込んできました。このところ音沙汰(レコード録音や演奏活動について)がなかったので、気にしていたところです。再活動は無理という状況ですが、さてどうでしょうか。舘野泉さんの例もあります。(キースも再びステージに立って…、というのではありません。回復してゆっくりと過ごされることができるなら幸いだということです)今ここでキースについて何かを語るのは余計なこと。日本公演で「観た、聴いた」彼の「パフォーマンス」のゆったりして遊び心のある姿が今もはっきりと目の裏に、脳裏に焼き付いていますし、すこし重い感じの彼のタッチが耳の底で響いているようです。一日も早い回復を祈るのみです。彼はジャズ界の革命者であったばかりでなく、クラシックの世界においても、新たな一ページを開いた人と言えます。チック・コリアと共演したMozartのピアノ協奏曲はどれだけ聞き返したことでしょう。音楽は「楽しまなくちゃ」が基本ですね。演奏者も聴き手も。

 キースの本領は、もちろん「即興( Improvisation)」、あるいは「アドリブ(ad libad libitumの略)。レコードでこれを聴いていてさえ、当意即妙などという暢気なものではなく、じつに息苦しくなるような「創作の瞬間」に立ち会っているような錯覚にとらわれてしまいます。もちろんライブだと、息が止まるような眩暈に襲われます。まさに、息を忘れそうになる場面の展開が実に延々と続くのです。

 ハンガリーのニュースサイト「Nepsava」でガーボル・ボータは、「聴衆を魅了する彼の魅力は、彼の多ジャンルにわたる態度にあるに違いない」と書いています。「ジャレットは、ライトなものからシリアスなものまで、あらゆるジャンルを消費して自分のものにしている。演奏はすべて即興で行われるため、私たちは音楽が目の前で生まれてくるのを目の当たりにする…彼は空気を嗅ぎ、一瞬の感情をキャッチし、指を鳴らし、目を細めて、そこには正しい音、正しいメロディ、完全にユニークな演奏があるのだ」(https://wordpress.com/post/http836.home.blog/14857) 

 手許にあるCDやヴィデオを、ゆっくりと聴きたくなりました。秋は一年の中でもより音が透き通るような空気の満ちる季節です。独特の音色と彼の発する奇声(?)に戸惑いながら、古びた(もう四十年以上も経過した)タンノイでシンクロしたくなりました。何年振りか。

(余話ながら 昨日は、午前十一時過ぎに家を出て、連れ合いの入院先に。昼過ぎに手術開始、終了したのが五時過ぎでした。第一段階が終わり、これから第二段階に入ります。ジャレットと同じく、しっかり回復することを祈るのみです。コロナ禍の入院で、病院も厳戒態勢、家族といえども、基本的には面会禁止です)

https://www.youtube.com/watch?v=KPgEoDt_Duc

https://www.youtube.com/watch?v=EuMzOCpQRt0

 _______________