選挙権がないなら納税しない

 小社会 民権ばあさん

 日本の女性が選挙権や被選挙権といった参政権を得たのは太平洋戦争が終わった1945年。翌年の総選挙で初めてその権利を使った。漫画「サザエさん」の作者、長谷川町子さんは10年後の56年、こんな作品を描いている。/ 山頂で10周年を大喜びするサザエさん。しかし、山へ至る道には笑顔がない女性が列をなす。参政権がないまま、さまざまな制約の中で暮らしてきた明治や大正、戦前の昭和期の女性たちだ。漫画1枚で、その長い歴史を表している。

 明治時代、女性として初めて女性の参政権を求めた「民権ばあさん」こと楠瀬喜多の没後100年。その企画展が高知市の自由民権記念館で開かれている。社会見学の小学生が展示品の一つ、漫画パネルを熱心に見ていた。/ 戸主として納税の義務を負いながら、女性というだけで投票権がないのはおかしい―。喜多は男女同権を求めて現在の知事に当たる高知県令に訴えた。立志社の演説会に参加し、自由民権の考え方に共感していたのだろう。/ 訴えてから2年後、一部の自治組織で女性参政権が認められた。だが長くは続かない。終戦まで、さまざまな人が運動や活動をし、それらは苦難の連続だった。

 企画展には模擬投票コーナーがあり、子どもが票を投じていた。ある女子児童は「民権おばあちゃんは勇気があった」。短い時間ながら参政権の歴史に触れ、大切なことが心に届いていた。きょうは喜多の命日。(高知新聞・2929/10/18)

 一ツとせ~ 人の上には人ぞなき 権利にかわりはないからは コノ人じゃもの(植木枝盛「民権数え歌」)(「自由は土佐の山間より出づ」と叫んだ人。福沢諭吉の愛弟子だった)

+++++++++++++++++

● 楠瀬 喜多(読み)クスノセ キタ=生年月日天保7年9月9日(1836年) 出生地土佐国弘岡(高知県) 経歴車力人夫頭袈沙丸儀平の長女。小山興人の塾で漢学を学ぶ。安政元年(1854年)土佐藩の剣道指南役楠瀬実と結婚、剣道・薙刀を学び、かたわら鎖鎌も修得した。明治7年夫と死別したのちは、時事に奔走。板垣退助に共鳴し、立志社の民権運動に参加、自ら壇上に立ち民権家壮士と共に阿波、讃岐などに遊説した。河野広中、杉田定一、頭山満などの同志の面倒を見、“人権婆さん”として知られた。晩年は潮江村の寺に託居、念仏三味の余生を送る。没年月日大正9年10月18日(新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説)

*************************

 土佐というところは面白いですね。親父の故郷でもあり、ぼくも何度か通いました。長曾我部以来の、「平等」の伝統もあるのです。目上に対して、男に対して「敬語」がないというのは、それだけ「俺とおまん」の関係が成り立っていたという意味でしょう。ぼくは枝盛も好きでした。小野梓も大好きでした。

 今日は楠瀬喜多さん。ほとんど知られてはいないかもしれません。学校でも学ばないでしょう。でもそれでいいのです。学校を出てから、どこかで「出会う」方がはるかに大切ですから。試験に出るから「楠瀬喜多」と暗記されてはたまらない。今日は彼女の没後百年。このところ、LGBTQに関する話題に触れてきましたが、彼女はどういう女性だったか。「女はいつも嘘をつく」といった女性もいましたが、男も嘘をつくのを嫌になるほど見せつけられています。要するに「人間は嘘をつく動物である」ということ。それに反して、犬や猫は嘘をつかない。楠瀬喜多さん、です。

 彼女は漢学を学び、武芸も習得し、そのうえで、民権運動に奔走した人でもあります。下手な形容詞がつかないくらいに、聡明で親切で女気(男気はすっかり影を潜めてしまいましたが)あふれる女性でした。いるところにはいるんですね、こんな人が。(☜ 敗戦直後の国会)

#############

 「明治11年(1878年)、区会議員の選挙で「戸主として納税しているのに、女だから選挙権がないというのはおかしい。 本来義務と権利は両立するのがものの道理、選挙権がないなら納税しない。」と県に抗議。しかし県は規則だと要求を受け入れず、喜多は内務省に訴え出たのでした。 これは婦人参政権運動の初めての実力行使となり、全国紙大坂日報、東京日日新聞などでも報道されました。(以下略)」(http://www.tosa-jin.com/kita/kita.htm)

 まるで米国のソローのような人ですね。ちなみに、ソローは1817年生まれ。ニ十歳ほど歳上でした。二百年近くも前に、洋の東西の男女が権力の理不尽さや不合理に身を挺して抵抗(闘争)したというのも痛快という以上に、勇気のある行動をとったと感心します。(今では当たり前に選挙権があるからか、それをいいことに脱税する輩がいます)この地には、当時は漂流していましたが、ジョン万次郎もいました。(1827年生まれ)彼もまた、びっくりするくらいに聡明で開明的で、自立心の確かな人でもありました。(ここでちょっと、書きたくなりましたが、いずれ別の機会に)

 この駄文の目的は、土佐の「楠瀬喜多」という女性が生きて、今から百年前に亡くなった、その生涯は驚くばかり開明的な思想と信条で生き抜いた、今から見ても勇気ある人生だったということを改めて学びなおすきっかけにしたい、亡くなって百年という区切りの日に、有無定かでないぼくの向学心をゆすぶるためにもと記した次第です。これを期に、自主トレに一層励むんだ、郷司君よ。

(権力を行使してまで「弔意・黙禱」を強制しなければ墓前に額ずかれない「大勲位」より、ひっそりとささやかに、百年の後に、たった一人で「思いを馳せる」男がいるという、その機微にふさわしい人でもあったと、ぼくは愚考します)(蛇足 「民権ばあさん」という呼称、時代背景を考慮したとしても、ぼくは適切ではないといいたいね)

________________________ 

 秋の夕日に 照る山紅葉 濃いも薄いも

タイの首都バンコクで緊急事態宣言発令後に集結し、明かりをかざすデモの参加者ら(2020年10月15日撮影)。(c)Jack TAYLOR / AFP
異例の王政批判も…タイ民主派デモ、最新情勢と今後の見通し  2020年10月16日 15:05 発信地:バンコク/タイ [ タイ アジア・オセアニア ]
【10月16日 AFP】タイ全土でこの3か月間、学生たちが率いる民主派デモが激しさを増している。デモの参加者らは、批判不可能とされてきた王室の改革を求めて異例の声を上げている。
 15日早朝、政府は非常事態宣言を発令し、5人以上の集会を禁じた。同日、主要な指導者らを含むデモの参加者20人以上が逮捕された。
■デモ隊の要求は?
 抗議行動に参加している人々はまず、プラユット・チャンオーチャー(Prayut Chan-O-Cha)首相の退陣を求めている。元陸軍司令官のプラユット氏は、2014年にクーデターで政権を掌握して以降、5年間にわたって軍事政権を率いた。この軍政下で新憲法が起草され、昨年、新憲法下初の総選挙が実施された。/ この総選挙の結果、プラユット氏は文民政府を率いる首相として選出されたが、これについては新憲法の条項が同氏に有利に働いたと専門家らは指摘している。デモの参加者らは、プラユット氏選出に至る全ての行程が裏切りであると非難し、議会の解散、憲法改正、デモに対する弾圧の中止を求めている。/ さらにデモの参加者らは、強大な力を有する王族を批判からかばう不敬罪の廃止を含む、10項目の王室改革要求を掲げた。
■なぜ今なのか?
 若者の間で人気のある野党・新未来党(Future Forward Party)の指導者らが政治活動を禁止された2月以降、不満が沸き立っている。デモの参加者の多くは、新未来党の排除は政治的な動機によるものだと非難している。/ 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によるロックダウン(都市封鎖)は、タイの経済状況を急激に悪化させ、富裕層と貧困層の間にある亀裂を露呈させた。
 さらに今年6月には、カンボジアで亡命生活を送っていたタイの著名な民主活動家ワンチャルーム・サッサクシット(Wanchalearm Satsaksit)氏が失踪した。ツイッター(Twitter)上には、その答えを求める活動家らの抗議が広がった。/ 7月半ばになると、ネット上の抗議が現実の抗議デモとなり、タイ全土に波及。9月中旬には、2014年のクーデター以降、最大規模となる約3万人がデモに参加した。(以下略)(https://www.afpbb.com/articles/-/3310244?page=1&pid=22743210)
ASSOCIATED PRESS警察隊(2020年10月15日)

#################################

 香港に刺激されて行われたと言われていますが、それだけではないでしょう。クーデターをおこして政権を奪取し軍政を敷く、偽りの「民政移管」をしたところで「お里」は知れています。この政権もまた「独裁」への道を闊歩し始めたからです。武力で人民を抑圧する快感に勝てないのはいずこも同じです。それに輪をかけたのが現「国王」。腐敗と堕落ではだれにも負けないと自負(したかどうか知らぬが)せんばかりの退廃のきわみでした。「ワチラロンコン国王は2016年に即位して以降、600億ドル(約6兆円)規模とされる王室の資産を個人管理している他、陸軍の2部隊を自身の直轄下に移動させている。/ タイでは現在、秘密主義の王制への透明性と改革を求める前例のない民主派デモが起きている。」(AFP・2020年9月2日 )

 対岸の火事だと思っているのは暢気ですね。にわかにこの島でもタイ並みの「デモ」が起こるとは考えられないとみる人はほとんどでしょ。でもどうでしょうか。今年とか来年というのではありません。でたらめのかぎりをつくし、嘘八百を並び立てる政治がこんなに長く続くとどうなりますか。まさか「皇室」廃止や「天皇退位」を求めるデモが起ることはないとぼくも考えるのは、「ワチラロコン」に比べるべくもない質素な生活に徹しておられる皇族の生活を見れば明らかです。でも、「民主主義の旗」を立てながら、手前勝手な政道を敷設する愚を許すにも程があるという事態は、実はぼくたちの足元近くまで来ているのではありませんか。

“”””””””””””””””””””””

 西に東に「政争」「反政府運動」「抗議デモ」…と、大きなうねりのような「民主主義(回復)運動」が陸続と連鎖するのはなぜでしょうか。それだけ政治の質が悪くなってきた証拠です。権力は腐る、腐るのが権力だ、そのようにぼくは言ってきたし、ささやかな世界でしたが、それを経験しても来ました。権力の大小を問わず、腐るんですね。そんな危険地帯に長居は無用とはいかないのでしょう、ある種の人々にとっては。いずれにしても、ぼくには図り(計り・諮り・謀り)がたし、です。

 「権力は腐敗するってホントだね」(朝川 渡)

______________________________________

 「住めば都」ってさ、なんで「都」なのよ?

  魅力度ランキング

 何とも罪づくりなランキングである。民間調査会社による地域ブランド調査で、長年40位台に低迷していた本県の魅力度は最下位に転落した▼12年連続1位の北海道をはじめ、上位は京都や沖縄といった人気観光地の指定席で、ウェブ上の見出しを見ても話題の中心はもはや「どこがビリか」に変容した感がある▼最下位続きだった茨城県は過去最高の42位に上がった。昨年の発表は台風19号の被災直後だったこともあり、大井川和彦(おおいがわかずひこ)知事が激怒して耳目を集めた。今年は「魅力度ナンバーワンの県を目指したい」とコメント。どう受け止めたらよいのか▼本県は本年度まで5年間、25位以内を目標にさまざまなイメージ戦略を展開してきたが、ブランド力向上と因果関係が見えないとして来年度以降、順位を指標にしない方針を決めた。そうした中での最下位転落も皮肉である▼ただ、本県は魅力がないというより、印象が薄いのは間違いない。調査結果を伝えた日の紙面には、本県の県民所得が全国3位という記事も載った。本県の底力をいかに知ってもらうかの方が重要だ▼その陣頭指揮官を選ぶ知事選が1カ月後に迫る。本県をビリと位置付けたランキングを見返せるような県に変えるため、候補者がどんな戦略を掲げ、有権者は誰に一票を投じるか。そちらの方が注目に値する。(下野新聞・20/10/17 8:23)

==========

「地域ブランド調査2020」は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。2006年に調査を開始、毎年実施し今回で15回目の実施となります。/ 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など14項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、地域コンテンツの認知(「ご当地キャラクター」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)などを質問。調査項目は全84項目で、各地域の現状を多角的に分析できます。(https://news.tiiki.jp/05_research/survey2020)

==================

 つまりは好き嫌いのランキングであり、自己宣伝がうまいところが上位に来るだけの話で、そこに住んでいる住民にとっては迷惑ではあっても、何が嬉しいものかというばかりだと、ぼくはみている。昨年までの抜群最下位「茨城」も新たなブランド度ワースト県「栃木」も、ぼくはそれなりに知っている。何度も訪れている。観光地などにはいかないが。どこがよくてどこが悪いかに、それほど、いやまったく興味はない。両県は、鮟鱇や餃子がともに自慢の種だけれど、行きもしないでいい悪いは判断できない相談です。見たことも会ったこともない首相の「魅力」がやたらに高い、いわば好感度が高いというのは、忽ちに嫌悪度に早変わりするのが世の常です。何事にも軽薄、これがカルチャーなんだ。気にするなというのも無責任ですが、「人の口には戸が立てられない」といいます。放置しとくにかぎりますよ。

 政治や経済の要職にある人間が己の評判ばかりを気にして、本来の筋道をわすれていることにまったく頓着しない、そんな無責任が横行している時代ですから、高い低いを気に病んでも仕方がないと、矢張り口走ってしまいます。「順位を指標にしない方針」という舌の根が乾かないうちに、「ランキングを見返せるような県」などと宣う。負け犬根性を持ちながら、新聞記者が県民に嘆いてみて、どうします。ぼくは自分が住むところが何番だとか最下位だとか、そんなことには一向に関心がない。順番や序列(をつける根性)ほど愚劣なものはないと、生まれてこの方、筋を通してきました、自慢ではありませんが。一番がいるのはビリがいるからです。「ビリになるにも、能力がいる」といったのは久野収さんでしたね。ぼくは尊敬しています。

 ずいぶん幼いころ、マルクスとエンゲルスという名前につづいて、エンゲルスは最高の「セカンドバイオリン」だと書いてあったのを記憶しています。「一番じゃないとダメなんですか」と口走って「叩かれた女性」議員もいました。ぼくなら、「番外ではアカンのか」と言いますね。本来つけられない順番をつけることがそもそもの間違いだし、それに口をはさむのもどうかしているね。(数字で表せるということ自体が、明確な限界を示しています)犬と猫のどっちがいい(好き)かっていう類ですよ。どっちだっていいじゃん。ラーメンと日本そばのどっちが好き?勝手に食えよ。

 「住めば都」と言いますが、ぼくはこれが気に入らない。「都は京都」と辞書にはあります。宮家のあるところ、三宅(みやけ)も大宅(おおや)も「宮処(みやけ・みやこ)」といって、「天皇」がいる場所という意味で長く使われてきました。まあ、御所です。だんだんとつまらぬ話になりましたので、これ終わりにします。(蛇足 明治になり、京都にいた「天皇」が巡幸のつもりで「ちょっと東の地」に出かけ、そのまま江戸に住みつかれた(つかされた)。当時「江戸は」「東京(とうけいとも)」と称されました。拉致されたんですね。今もそうです。京都から東京に行くことを「下る」と言い、行かないのを「下らない」と言った。つまらんを下らんというのはそこから出てきた。今はすべて東京行きは「上り」という。負け惜しみだね。京都は「千年の都」という、桓武さん以来ね。それも貧乏たらしくて嫌ですね。今では「大吟醸」になっています。小学校の同級生も酒を造っています。先年、帰京の折に戴きましたが、銘柄は忘れました)

     (「ちょっと東に」と、今はやりのGO TO TRAVELに出かけたんですね)

 ご当地自慢は分かりますが、のど自慢じゃないんですから、他所からとやかく言われる筋もなければ、評判が芳しくないからと、怯むこともありません。「我が家(ばかり)」が一番と言いたいが、それは比較を絶しているということ。どこかと比べられるかよ。また「隣の芝生」という、厄介ですね、人間の情念は。その意味は?

####

 ただいま大阪「都構想」なるインチキ政治を標榜しているグループがあります。これは何でしょうか。「二重行政」除去とか「府・市合わせ」だとか、つまらんしゃれにもならぬことを言って、要するに「東京」に対する対抗心というよりはコンプレックス(劣等感)が見え透いています。その東京は京都に対して、今なお劣等感を持っています。「下らない」ねえ。その「京都」が「長安」に対抗する意識を持っているかどうか知らないが、今も「天皇帰京」を待望している(集団)があって、活動している。ぼくはそんな「京都」は大嫌いです。

(*明治3年(1870年)3月14日、東北の平定が未だに行き届かないこと、諸国の凶作、国費の欠乏など諸々の理由で京都への還幸を延期することが京都市民に発表された。翌明治4年(1871年)3月になって、結局大嘗祭は東京で行うことが発表され、同年11月17日に東京で行われた。(Wikipedia)(註 いつでも「御所」に帰れる制度になっています)

●東京=(《東にある都の意》日本の首都。都庁は新宿区にある。慶応4年(1868)江戸を東京と改称、京都から遷都。当初は漢音「とうけい」と呉音「とうきょう」とが並び行われた。明治4年(1871)東京府となり)(以下略)(デジタル大辞泉)

●住めば都=どんな田舎であっても、そこに長く住んでいれば、慣れて住みよい土地に思えてくるということ。「都」は、政治や経済・文化の中心となる、住みやすい場所の意。(故事ことわざ辞典)(註 この解説はつまらないですね。どんな田舎であっても、という言い方がまちがっています。「どんなバカデモ…」というニュアンスがふんだんに含まれているでしょ。解説者自身は「都派」だと自白していますね。長く住んでも「都」にはならないよ、「住みつづけたい」のがいいところってことさ)

____________________________________________