「ヨイショ、ヨイショ」と悪魔の声が

(20/10/12)

 【癒着】日刊ゲンダイが菅総理と内閣記者会の異常な関係性により開催されている「グループインタビュー(記者会見のつもり?)」の実状を暴露!「記者が別室で傍聴」「撮影は禁止」

 菅首相の”えせ会見”に仏特派員も激怒「あり得ない閉鎖性」

 今回はインタビューの申し込み順から、朝日、毎日、時事通信が選ばれた。/ 傍聴希望を申請。あみだくじの結果、本紙は当選した。/ 別室で傍聴できる定員は40人。雑誌、外国メディア、フリーなどのメディア向けの10席は埋まったが、内閣記者会の常駐社の30席は10席ほどが空いていた。/ 空席が出るのは傍聴して理解できた。「傍聴部屋の撮影は禁止」「ニュースの配信は終了後」と規制だらけ。映像はなく、天井の2つのスピーカーから菅の声が流れてくる。校内放送で教頭の話を聞かされているようだ。

 インタビューはわずか30分で終了。仏紙「リベラシオン」と「ラジオ・フランス」の特派員・カリン西村氏は傍聴を終え、うんざり顔である。話を聞いた。/「質問者をわずか3社の記者だけに限定し、他は傍聴部屋で映像すら見せない。国のトップがこのような閉鎖的な“会見”をするのは、あり得ない。私は20年以上、記者をしていますが、見たことも聞いたこともありません。政府側から、オープンな会見ではなく、こういう対応になっている理由の説明もない。しかも、今日の3人の記者はそのことを質問しませんでした。代表して質問しているのですから、まず1問目で、これから始まる異常な“会見”についてただすべきでしょう」

**************************************

 上の二枚の写真。これまでは「写真の余白」などといって、写し取られた背後や後景にまつわる無駄話をして「自主トレの楽しみ」にしていましたが、今回は暢気に遊んでいる場合じゃない、こいつは本気で狂っていると寒々としてきました。余白ではなく、写真そのものから「卑屈と傲慢」の同居した人間の質に隠された闇の部分が見え透いています。一番上の写真の左右にいる「マスクをしたお稚児さん」「提灯持ち」、いわゆる大新聞社の記者諸氏だそう。いったい何をしているのか。まるで「太刀持ち」と「露払い」染みていますが、それは奥に鎮座している「横綱」の土俵入りのお飾りの如くですね。

 いったい、どこからこんなグロテスクな発想が生まれたのか。きっと「任命除去」を犯した無知のなせる業。側用人が糸を引いて上座に鎮座させて、哄笑だか馬鹿笑いしている声が聞こえてきそうです。取り巻きの忠言を認めない、もちろん忠言などしない。諫言などはご禁制・ご法度。まるで太平洋を隔てた隣国のボスと子分の相似形です。「珍奇」「珍無類」というほかないですね。みずから「人前に出せる顔(人間)」ないことを白状している、情けないとも恥ずかしいとも感じない「外面柔和風」で「内面男夜叉」じゃないでしょうか。これを支持する人が七割、悪い冗談を通り越して、異島の話にしたいのですが、まがうかたなく、この劣島の現在であります。いったいこの御仁は、どこを見て、何を考えて、そこにいるのか。

 (つまらない逸話か。第十代横綱照國萬蔵さん(1919 – 1977)は、秋田出身。PMと同郷同町内ですから、あるいはその誼(よしみ)で、山っ気を起こして「土俵入り」をしたつもりで、記者諸氏を従えたんですな)(右上は千代の富士の土俵入り、太刀持ちは相撲協会、八角(横綱・北勝海・ほくとうみ)現理事長)(永田町場所でも、「ヨイショ、ヨイショ」の掛け声が、ねえ。狂気乱舞です)(こんな「珍百景」のような現場に遭遇するとは、長生きはしてみるものだ、と言いたくないですな)

 今度のPMも「嘘と誤魔化し」「偏見と脅迫」のモザイクづくりです。政治政策は「パッチワーク」(哲学なし)学術会議問題の彼の発言はまず、嘘から始まっている。そんなこと(学術)に、ほとんど興味も関心もないことだけははっきりしています。「先代嘘つき」と瓜二つ。同衾の中でした。権力の座に就くこと、就いていること、手放したくないことだけに懸命なんだ。くわえて、「責任転嫁」です。「責任は俺がとる」「君がまちがえたが、それは俺の責任だ」というのがまともな大人、上に立つ人間の「責任転嫁」「責任の取り方」だと、ぼくは考えています。

 「除去」された六名は知らないと、「九十九名」しか見ていないと「白を切る」という醜悪な場面も、先代にそっくり、どうしてこうも人品の下卑たのしかPMにならないのか。すべてとは言わないが、大方の政治家は「何とか顕示欲」だけが一人前さ。なってはいけないヤツがなるのもまた、民主主義の暮れ方、あるいは夜明け前の光景・後景なんですかな。いったい、何が正体を現すのか。鬼か蛇か。

 好きで駄文を書いているわけではありません。こん「手合い」につきあっていると、肝心の「自主トレ」の効果はすべてご破算になってしまう。秋空の回復を願い、「自主トレ」の順調なるを祈るのみです。(右は梅原龍三郎「北京秋天」二十歳頃に観て、直ちに梅原ファンになった作品)

  富士秋天墓は小さく死は易し(草田男)

  「狂と呼び、痴と喚 (よ) ぶ。敢て管せず」(坪内逍遥「当世書生気質」)

_____________________________

 本人の承諾有無にかかわらず罷免できる

(米ホワイトハウスで演説するドナルド・トランプ大統領(2020年10月10日撮影)。(c)Samuel Corum/Getty Images/AFP)

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、新型コロナウイルス感染後初の公開イベントとなる集会をホワイトハウス(White House)で開いた。トランプ氏は数百人の支持者を前に、マスクを着けずに演説し、「とても気分が良い」と宣言した。/ 集会は屋外で行われ、参加者は大半がマスクを着用していたが、対人距離はほとんど確保していなかった。バルコニーに立ったトランプ氏は、歓声を上げる群衆に対し「われわれの国は、このひどい中国ウイルスを打ち負かす」と表明。新型ウイルスは「いずれ消える。消えつつある」と述べた。/ 米国では新型ウイルスにより21万人以上が死亡しており、11月3日の大統領選で再選を目指すトランプ氏に大きな打撃を与えている。
  トランプ氏は週明けの12日、選挙戦を左右する激戦州フロリダで選挙集会を開催する予定。野党・民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)氏は、トランプ氏が現在も周囲の人々を感染させる恐れがあることから、集会開催を「無謀」だと批判している。/ だがトランプ陣営はこうした批判を意に介さず、フロリダに続き13日に激戦州ペンシルベニアで、14日にアイオワ州で選挙集会を開くと発表した。(c)AFP・2020年10月11日 3:32 発信地:ワシントンD.C./米国 

 コロナ治療薬投与と懸念される米大統領の精神状態

 「8日、ナンシー・ペロシ下院議長が報道陣に対し、「コロナ感染者が問題となっているステロイドを投与された場合、判断力に支障を来すとする専門家の指摘がある」と語り、急遽、大統領の精神状態と統治能力に関する特別調査委員会を立ち上げる動きにまで発展してきた。/ 同議長によると、特別調査委員会の詳細については、憲法研究の専門家でもあるジェームズ・ラスキン下院議員(民主、メリーランド)とともに9日にも記者会見で説明する予定という。/ 同調査委設置が確定した場合、大統領としての統治能力や判断力に重大な支障を来たした事態を想定した「憲法修正第25条」の適用が中心議題となる。修正第25条は、副大統領と閣僚の過半数または議会が大統領について「職務遂行不能」との最終判断を下した場合、大統領を本人の承諾有無にかかわらず罷免できる、と規定している。」(10/10(土) 12:32 Wedge)

############################

 「米・医学誌 トランプ氏を「危険なほど無能」とする異例の論説発表

(世界的に知られるアメリカの医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」は、トランプ政権の新型コロナウイルスをめぐる対応は不適切だと批判したうえで、政権交代を訴える論説記事を掲載しました。地元メディアは、200年以上の歴史のある世界的な医学雑誌がこうした記事を掲載するのは初めてで、極めて異例だと伝えています。)(NHK News Web・2020年10月9日)

 創刊から200年以上の歴史を持つアメリカの権威ある医学誌がトランプ政権の新型コロナウイルスへの対応を「危険なほど無能」などと指摘し、およそ1か月後に迫る大統領選を前に暗にトランプ氏に投票しないよう呼びかけました。/ アメリカの医学界で権威ある医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」は8日、「リーダーシップ不在で死ぬ」と題する異例の論説を発表しました。/ そのなかで新型コロナウイルスをめぐるアメリカの対応について「ほとんど全てのステップで失敗した」と指摘。「指導者たちは専門家を無視し軽蔑することを選んだ」「危険なほど無能だ」などとトランプ氏と政権を痛烈に批判しました。/ その上で「彼らに仕事を続けさせ、さらに何千人ものアメリカ人を死なせるべきではない」と、暗に大統領選でトランプ氏に投票しないよう呼びかけました。/アメリカメディアは、この医学誌が1812年の創刊以来、政治的中立の立場を覆したのは初めてだと伝えています。(2020/9.9.https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4098024.html)

********************************************

 他国の大統領にどんな人間が選ばれようが、ぼくにはどうでもいいことと言えますが、今回はこれまで以上に関心を持たなければならないようです。「関心を持ってどうする」といわれそうですが、投票権がないからと言って、時の過ぎゆくままにとやり過ごせるのかどうか。持たないよりは持った方がいい。いずれ分かりますから。上にいくつかの最新の記事を挙げましたが、底の浅いぼくの観察では、この一か月は、以前よりもはるかに「異常・異様」な言動が目立ってきました。そう思っていたら、わんさかとそれにかかわる記事や報告が出てきたのです。

 Wedgeの記事には「(1)大統領にこれまでに投与された「デキサメダゾンdexamethasone」は死亡リスク軽減、回復迅速化を目的とするステロイドであり、これまでの慣例では副作用が多いため重症者限定で使用されてきた(2)過去の実証例では、投与された軽症者の症状悪化が数多く報告されている(3)同タイプのステロイドは精神的副作用psychiatric side effectsを引き起こすことがよく知られている(4)具体的な副作用としては、気分の動揺mood swings、混乱confusion、侵略性aggression、焦燥感agitationが挙げられている―といったケースとの関係を指摘する声が挙がっている。」と記されてもいます。

 五十一番目の州ではなく、疑いなく「属国」たるこの島の一人の住民として、かりにこの男が「再選」されれば、これまで以上に「身ぐるみをはがされる」「むしり取られる」という事態を危惧しているし、その異常性に輪をかけて異常な島の小さな権力は「ご追従」「ご忠勤」にこれ務めるはず、宗主国に貢ぐために「増税」を強いられるという卒倒しそうな破廉恥と言ったらないような状況に、ぼくたちは叩き落されそうです。これまでもアメリカを信用していないし、これからも信じないでしょう。もちろん、個々の在米人間とはこれまで通りに友誼を保つのは言うまでもありません。東海の北の半島とその背後に、あるいは太平洋の遥か彼方に「核やミサイル」を抜き身にしている権力者が棲息・生息しているのです。安閑としてはいられませんが、さてどうします。

 民主主義の政治体制はいつでも「危険」と背中合わせです。ヒトラーは選挙を勝ち取って、頂点にまで上り詰めたのです。選挙民がなびいたのです。前回のトランプもまた、しかり。デモクラシーは人民が乗る「自動車」のようです。乗る人はかぎりなく増えていく。運転手がたくさんいても危ないし(船頭多くして、船陸に上がる)、たった一人に任せきりでも危険極まりない(ある日突然にか、牙をむく淡々と準備していたかもしれない)。動かさなければ、前には進まないし。放置していると、タイヤを外されたり、ガスの代わりに薬物を投入されるかも。興味と関心を、自らの生活に持ち続けること、所属集団の一員である自覚を堅持する。「備え」があっても憂いは残るけれど、無関心でいてやられるよりは、ましじゃんか。

 デモクラシーからファシズムへと、まっすぐな一本の道が通っている。そのとば口にぼくたちは立っていないか。デモクラシーが政治制度としても機能していても、国家権力者の宣伝(偏見)を真に受ける大衆(国民)が集団化してきたときにファシズムは出来上がるのです。気づいたときには、引き返せない。「日本学術会議」の「学術」は目障りだし、邪魔だから除去してしまえという権力乱用の結果、残されたものは「日本会議」だけです。その中身は空・虚なんだが。精巧なハリボテほど、真贋見分けがたし、です。

_______________________