繁栄は誇るべきではなく、むしろ罪悪だ

 《 資本主義日本は繁栄し、豊かであると日本人は胸を張って世界を闊歩している。しかしこのような資本主義体制や、いわゆる自由世界を、単純に謳歌してよいものかという、新しい問題がある。(中略)  

 ところで、先進資本主義国の高度成長によって、一見豊かに見える市民生活は、他面、資本主義は高度成長しなければ崩壊する、という楯の反面をもっている。/ 私が日本の高度成長期に主張したとおり、高度成長は、資本主義のある段階における暴走現象である。すなわち、それは恐慌の新しい形であるから、制御できない性格をもつ。喜んでばかりはいられないのである。

 ところで、そのような生産は地球の上で行われているから、当然、地球的な制限を受ける。/ 約二十年前に、ローマ・クラブは、地球資源の観点から「成長の限界」を論じた。しかしそのころから私は、経済の成長は資源問題よりもむしろ、さまざまな地球規模の公害を生むという、人類の生存にかかわる限界があることを指摘していた。》(武谷三男「経済成長という矛盾」『環境と社会体制』所収。技術と人間刊、98年)

 武谷さんは物理学者でした。『武谷三男著作集』(全六巻)『武谷三男現代論集』(全七巻)など多数の著作を残され、2000年に亡くなられました(1911年生まれ)。技術論や国の行ってきた原子力政策について多くの発言を費やし、批判的な立場を貫いた人でした。引用した文章が書かれたのは八九年九月です。まさに「高度経済成長」のあからさまな矛盾が噴出していた時期に重なります《Japan as NO !》と、他国から煽てられて、国を挙げて浮足立っていた直後、儚い迷夢から寝耳に水で、一瞬のうちに崖から突き落とされた時期でもあります。(ぼくが大学に入ったのが64年、いたるところが「普請中」だった。川も海も埋め立て、山を削り、と勝手放題に地球に牙をむいて、ひたすら邁進していた「高度経済成長期」に遭遇したのです。「政治の時代」から「経済の時代」への移行といわれていました。凄いところに来てしまったな、と「僕は泣いちっち」の気分だった)

 ひたすら物が満ちあふれる生活が豊かだと錯覚する時代がつづきました。気がつけば、処理しきれない不要品でぼくたちは圧死寸前の状態に陥っていたしし、その影響をいまだに引きずっているのです。年間に自動車を何百万台も生産する工業力を誇ったが、それはいかなる観点からの経済主義だったのか。今になれば、それもまた悪夢のようでした。(少し脱線、というか、今までも脱線していたんだから、大いに脱線というべきですね。今春、長年住んでいた家屋を売却しました。築三十五年、不動産屋は取り壊して更地で売却しませんかと、意外なこと言いました。古屋部分はゼロ査定。奈良の法隆寺は木造で千三百年だ、この家だって百年は悠々と住めるさ、とぼくは譲らなかった。古家を手直ししてでも住んでくれる人にこそ売りたい、と。しばらくして若い夫婦が見学に来たので、ぼくは「うんと値引き」して売った。不動産屋いわく「売値を売主が値引くなんて、長い仕事の中でも初めてです」といいました。それだけ、モノを大事にしようという精神さ。今乗っている車は、登録以来、十九年目です)

  《 隣国中国が、日本モデルを理想として成功したら、どうなるだろうか。それは、日本の十倍の地球汚染をもたらすことになり、ただちに地球はパンクする。/ このことから考えても、現在先進諸国の高度成長による繁栄を、地球上の十億以下の国民が約四十億の途上国の人々の犠牲において得られている、という結論になる。/ したがって、今日ただちに地球汚染の全許容規模を決めて、それを五十億で割り、各国の人数割に配分すべきだということになる。現在の日本の繁栄は、環境問題からいっても、発展途上国の圧倒的な人数の犠牲の上に成立っていることを、自覚すべきである。/ 先進資本主義国の繁栄は、決して単純に誇るべきことではなく、むしろ罪悪であること。人類は、生産物の豊かさとは異なる生活の豊かさを見出すべきことを知る必要がある。すなわち、先進資本主義国の生産力をいかに制御するかが、今日の課題なのである》(同上)

 《 今、ブームになっている新技術は、なんら人類の危機を救うものではないこと、むしろ危機を加速する可能性があることは…/ 本当に必要な技術とは、地球汚染を救う技術、地球を砂漠化から守る技術、廃棄物処理、汚染処理、公害処理の技術である。いや、というよりも、公害をできるだけ出さない技術、処理できる範囲でしか廃棄物を出さない技術、粗大ゴミをつくらない技術こそが、真に求められる技術なのである。/ こうなると、もはや科学技術の問題ではない。社会体制の問題である。くり返すが、全世界の戦争体制と利潤体制こそが、人類の危機を招いている元凶である。

 一見繁栄に見えていることが、じつは行きづまりなのである。経済成長しないでも、人びとが安心して生活していける体制、それをつくり上げねばならないときが来たのである。(「科学大予言」同上)

 今日の状況から見ると、いかにも当たり前の観察であると思われますが、これが書かれたのは83年でした。何の疑問ももたず、大量生産と大量消費がセットにされ、あげくに大量廃棄で完結しない体制を維持しながら、この30年も突っ走ってきたのです。腐るほど出る破棄物を処理する技術も哲学もないままで、ぼくたちは企業や政治のお先棒を担がされていたと気がついたときには、時はすでに遅し、だったということでしょう。「先進資本主義国の繁栄は、決して単純に誇るべきことではなく、むしろ罪悪であること」という指摘をぼくたちは真摯に受け止められるかどうか、受け止めたかどうか、それこそが、今現座に至っても問われています。「資本主義は高度成長しなければ崩壊する」のを事実として認めなければならない瀬戸際に立たされています。

 武谷さんの指摘から、すでに四十年近くが経過しました。その間に、自然災害(地震・豪雨、台風など)とそれに輪をかけたような、人災としての原発事故、その災厄の大きな傷跡、爪痕は、なお隠しようもなくこの島のあちこちに厳存しています。それらは物言わぬ物質ですが、人間よりもはるかに雄弁に事態の深刻度を物語っているのです。この歴史から何一つ学ばないどころか、歴史の事実すらも改竄したり消去しようとして、もの狂わしいいほどに躍起になっている権力亡者たちは血眼になって、次なる獲物を狙っている醜悪きわまりない惨状を、ぼくたちは毎日のように見せつけられています。go to hell!

 若いころに洞穴の中まで入ってしげしげと観察した、新潟は西蒲原郡の「賽の河原」、それをぼくは時として思い返す。一人の人間の、あるいは人間の集団の積年の働きも、結局は実を結ばないのではないか。なぜ、そんなことまでしなければいけないのかと、野原や藪中の猫や鳥の生きる様に引き込まれそうになります。目的がありそうでなさそうで、とにかく活発な蟻や蜂などの動きを見ていると、なおさら仲間に入りたくなる。もう蝉の声はほとんど聞こえなくなりました。夏の盛りにこそ、秋が忍び入って準備しているんですな。

 ●賽の河原= 死んだ子供が行く所といわれる冥途(めいど)の三途(さんず)の川の河原。ここで子供は父母の供養のために小石を積み上げて塔を作ろうとするが、絶えず鬼にくずされる。そこへ地蔵菩薩が現れて子供を救うという。 むだな努力のたとえ。(デジタル大辞泉)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 この方、そんなに有名なんですか?

新しく副首相兼大臣に就任したペトラ・デゥスッテルさん(2014年、By Hansmerketー Own work , CC BYーSA 3.0)
ベルギーでトランスジェンダーの副首相誕生 国内では誰も騒がない、素晴らしい理由とは
2018年暮れから650日余りを費やし、欧州の小国ベルギーにようやく正式政府が樹立した。その陣営は日本のそれとは相当違う。男女半々、若手が多数。イラク難民の2世はいるわ、トランスジェンダー女性はいるわと、多様性を絵に描いたような顔ぶれだ。外国メディアでは「トランスジェンダー女性入閣」などと騒がれ、世界の性的マイノリティーには強いエールを送った。だが、当のベルギーでは話題にも上らない。海外とベルギーとで何が違うのだろうか。(ジャーナリスト=佐々木田鶴)
▽欧州初のトランスジェンダー大臣
  今回ようやく成立したのは7党連立政府。そもそもベルギーでは、国を二分するゲルマン系民族とラテン系民族が「社会のあり方」に期待するものは極端に違う。公用語が三つもあり、有史以来、ありとあらゆる移民や外国人がやってきてできた社会だ。
 他人と異なることが当たり前の社会では、支持する政党がばらけるのは無理もなく、二大政党どころか、政権の中核を担える明確な多数派政党すらない。だから、総選挙の後には連立を組む相手と折り合いをつけるのに、毎回気の遠くなるような時間がかかる。10~11年にも541日を要した。今回はさらにそれを越えた。でも、新政権ができるまでは、前政府と前首相が決められていることだけを粛々とこなす決まりがあるから、カオスには陥らない。突然のコロナ危機では、特命を与えられた臨時首相がなんとか対応してきていた。
  それにしても、今回の組閣は見事なまでの多様性を具現した。多様な人種や民族的背景を持った人が混じっていることは、外見や名前から誰もがすぐに気づいた。ところが「ペトラが入閣して私はすごくうれしい!」と、ある外国人記者に率直な喜びを伝えると、「この方、そんなに有名なんですか?」と返された。(2020/10/9 07:00 (JST)©株式会社全国新聞ネット)
 ペトラ・デゥスッテル。彼女は筆者の中では、ベルギーを代表するヒロインだ。婦人科医で、ゲント大学医学部で生殖医療を牽引する教授でもある。14年、緑の党から立候補してベルギー連邦議会上院議員になり、欧州評議会でベルギーを代表。19年6月の選挙で活躍の場を欧州連合の議会に移した。そして、自らがトランスジェンダー当事者(男性から女性)であることを隠さない。
 ベルギーおよび欧州の政治の場で、行政手続きや制度の改革、公衆衛生と持続可能な開発などを担当し、医療や医療倫理における深い知見から、代理母出産における子どもの人権、ヒトにおける生殖技術使用、製薬業界の臨床研究の独立性などを任されてきた。同時に、LGBTQの人権やがん撲滅などでも広く活躍する。客観的で科学的な取り組みは高く評価され、どのようなテーマであっても、人権と公共の健康や衛生という観点から軸足がぶれることはなかった。
 そんな彼女が今、欧州初のトランスジェンダー女性として、副首相兼大臣(官公庁・公共機関担当)に任命されたのだ。(同上)

*******************************

 「他人と異なることが当たり前の社会」「(多様な考えが存在するから)連立を組む相手と折り合いをつけるのに、毎回気の遠くなるような時間がかかる」と記事にあるように、物事を丁寧に決定するには時間がかかる、民主主義には「時間というコスト」は軽減も無視もできないということでしょう。このことから、「満場一致」がどんなに杜撰で、(ぼくに言わせれば)暴力的であるとさえいえるのです。他人の意見を尊重する、物事の重要性については時間をかけて明らかにする、でも一定の「取り決め(修正可能)」は守る。それがなければ、「カオス」に陥るだけだからです。 

 十人十色( So many men, so many minds.)というのは、集団生活が開始された早い段階から、十分に集団の成員に受け入れられていた生活態度だったように、ぼくには思われるのです。根拠みたいなものはあるともないとも断言はできませんが、もし一色に塗りつぶされてしまったなら、その人間集団は永続できなかったに違いない。したがって、この集団生活観が今頃になってとかく言われているのも、それだけ「十人一色」「一億一心」「億兆心を一に」という本来の性質をゆがめる強制力が働いていた時代ががあったからではないでしょうか。個性などという言葉が使われていなかったころにも、個性というのもはあったし、個性尊重という意識が注目される以前に、すでに各人を大事にする態度はあったに違いない。稲の品種の多様を確保することは、イネそのものにとっても死活問題だったし、それを食料にしていた人間集団にとっても死命を制せられるほどの重大事であったのです。違いがあることから、それを認めるところから、新たなものが生まれます。」

民主主義というのは、「差し当たっての決定」を得るプロセスであり、その繰り返しです。ある詩人は「地平線に向かって歩くようなもの」、それがデモクラシーだといったことがあります。じっくりと時間をかけて、参加者が納得して決める、でもまちいに気付いたら、また、時間をかけて丁寧に方向を求める。正しさは「方向に」あるのではないですか。今度は、こっちの方に行こうではありませんか。まちがっていたら、出発点に戻る。急ぐことはない。

 「多様な人種や民族的背景を持った人が混じっている」「(それでいて)男女半々」のベルギー新内閣の出発。そこへ行くと、この島の組閣は、まるで自動運転のようで、あるいはコンビニの「お弁当」のように、手間も暇もかからず(金だけはびっくりするくらいかかっているはず)、じつにすんなりと出発進行。(ただ今、エンスト気味ですが)「仏壇のお供え」のように女性二人(失礼します。「紅二点」というのか。これが「美しい国」の美学かよ、と大向こうからの音声あり。

 どちらが「いいとか悪いとか」言うのではありません。(言わなくても、分かりますか、ぼくのいいたいことが)これは「(文化という名の)道」なのですから、自分たちの脚で歩かなければ、その後に「文化の道」はできないのです。ベルギーから「道を輸入する」わけにはいかない。泥濘(ぬかるみ)も埃(ほこり)も、自分たちの心身と知恵を駆使して、時間をかけて掃除する必要があるというのでしょう。この東海(倒壊)の島社会は、アッと気づく間もなく、文化も民度も政治力も経済規模も、もっとも情けないのは人心ですが、それらがまるで雪崩(なだれ)現象を起こしているように、とめどもなく滑り落ちていく。まだ落ちている。堕ちていく、堕ちている。その原因は、「満場一致」「全会一致」(unanimities)の礼賛あるいは狂信、「異質」(heterogeneity)の極度の嫌悪と排除、こんな慣習や習慣(旧習・悪習に泥みすぎています)から抜け出せないからだと、ぼくは考えているのです。

 「LGBT」、なんでそれが話題になるの?、どこに問題があるんですか、と言ってみたいねえ。日暮れて、道遠し。どんなに暗い夜が長くても、朝はきっとやってきます。だからさ、歩かなきゃ。ぼくも歩く、君も歩こう。「歩く」は「考える」だ。「時代おくれ」にも多面性がありますね。「おくれている」という意識や自覚が働くには「外圧」が必要なんですね。それがなければ、「鎖国状態」は延々と続きます。「鎖国」は「時代おくれ」なのではなく、「時代の外」に出ることなんでよ。「世界と日本」というとらえ方は今でもあるでしょう。「日本は世界と戦争をした」などと言っていたくらいです。どうして「日本は世界に入っていないんですか」という疑問がぼくにはあります。先ずはこのあたりから、克服するのがいい。その次は「時代おくれ」を乗り越えるですね。さらにその先があります。長い長い道ですが、目指す方向は見えていますから。けっして誰かの後ろ姿を追っかけるのではない。「坂の上の雲」とはなんだったのか。

 (左の写真は、「世界に先駆けて、新型コロナウイルスの感染拡大を初期段階で封じ込めた台湾。その陰には、1人の「天才」がいた。IT担当大臣を務めるオードリー・タン氏(39才)だ。身上書の性別欄に「無」と書いたことでも知られる。」(2020.06.13 07:00 「女性セブン」)

紅一点=《王安石「詠柘榴」の「万緑叢中 (そうちゅう) 紅一点」から。一面の緑の中に一輪の紅色の花が咲いている意》 多くのものの中で、ただ一つ異彩を放つもの。「殊に目に立つ―は金釦鈕 (きんボタン) の制服」〈魯庵社会百面相 多くの男性の中にただ一人いる女性。」(デジタル大辞泉)

_____________________________