感染せずにおかない権力腐敗の万世一系

=======================================

 愛のさざなみ 作詞:なかにし礼    作曲:浜口庫之助
どんなに遠くに 離れていたって
あなたのふるさとは 私ひとりなの
ああ湖に 小舟がただひとつ
いつでもいつでも 思い出してね
くり返すくり返す さざ波のように
さざ波のように

+++++++++++++

 いま、ぼくたちはとんでもないものを見せられようとしています。見せられるだけではないかもしれない。まさか、自分の生存中にこんな事態(景色)が出現しようとは思いもよりませんでした。三枚の写真を並べた意図はべつにありません。自然界における狂熱・狂気の季節が過ぎたのか、はたまた人間界にも、狂気の時代はやってくるのか、きたのか。一国だけが自由であったり、平和であったりすることはできない時代に我々は生きています。そのあからさまな証拠が「新型コロナ・covid-19」の感染伝播です。コロナだけが感染するのでないのは言うもでもありません。一時代前に、「アメリカがくしゃみをすると、日本は風邪をひく」と言いはやされました。今では、各国がこぞって、「一国中心」「自国優先」という「自国至上主義」です。「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」の感染力も侮れないどころか、その悪影響は避けられないのです。狂気という伝染病は飛行機に乗らないで飛んでくる。国境封鎖も滑稽なだけ。自ら感染することを熱望する輩もいる。(お千代さんも、もういません。「この世の花」だったのに)

 「独裁」「専制」「ファッショ」などと、こんな言葉が使われるのに見合った時代、ぼくがが生きているうちに来るとは(まだ来ていないのか、ホントに?)、夢想だにしなかったといっているのではありません。「くり返すくりかえす さざ波のように」しずかに寄せては返す、波の音ばかり。でも気づいてみれば、さざ波は大波・荒波に、すべてを併呑していくのです。戦前に人気を博した漫才コンビに「愛国お浜・小浜」がいました。敵性言葉を芸名にした「ハッピーお浜・小浜」だったのを改名させられた。この二人は戦後にも大ブレーク、ぼくも、生で(実演を)聞きました。「海原お浜・小浜」さん。その弟子が「海原千里・万理」で、ご健在なのは、上沼恵美子さん(左上写真の右側)。人間は一人でも「独裁者」になるんですね。(この駄文、準備も草稿もなく(いつも通り)、MUJIではなく、MUKEです。雨の慕情のせいかね)

 終わりに、脈絡もなく。兼好さんの「世に従はん人は」を読みたくなりました。

++++

「春暮れて後に夏になり、夏果てて秋の来るにはあらず。春はやがて夏の気もよほし、夏よりすでに秋は通ひ、秋はすなはち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ。

(兼好の墓所・双ヶ岡)

木の葉の落つるも、まづ落ちて芽ぐむにはあらず。
下よりきざしつはるに堪へずして落つるなり。

迎ふる気、下に設けたるゆゑに、待ち取るついで甚だ速し。
生・老・病・死の移り来たること、またこれに過ぎたり。

四季はなほ定まれるついであり。
死期はついでを待たず。

死は前よりしも来たらず、かねて後ろに迫れり。
人皆死あることを知りて、待つこと、しかも急ならざるに、おぼえずして来たる。

沖の干潟遥かなれども、磯より潮の満つるがごとし。」(「世に従はん人は、まづ機嫌をしるべし」)

_____________________________

投稿者:

dogen3

「上を思えば限りがないと、下を見て咲く百合の花」になれるものなら、という想いです。それこそ、「高嶺の花」ですが。「昨日は俗人 今日は僧、生涯胡乱(うろん)これがわが能」と自称した一休さんは、一面では「相当な人物」だったと、歳をとるとともに思わされています。