寛大なる、利己的でない尊い感情

 コミュニケーションが不足するというのは、悪いことばかりではありません。脳細胞を刺激してくれる。例えばということで、次のミスコミだか、ディスコミをどう読まれますか。行き違いがあってこその付き合いでもあります。「理解する」というのは「誤解する」行為の蓄積の結果です。

■ラブストーリーは  最近のお気に入りドラマは、若い男女3人の恋愛模様を描いた「シェアハウスの恋人」だ。母(68)に「このドラマ、面白くてすごく笑えるよ」と話すと、後日、母が言った。「『ケアハウスの恋人』見たよ。面白かった」 (岡山県倉敷市・それじゃ、老いらくの恋・40歳)(「いわせてもらお」朝日新聞・13/04/06)

■自虐ネタ  5歳のめいっ子の保育園は、誰がお迎えに来るか、毎日保育園の連絡ノートに書かなければいけない。「明日は仕事で遅くなるからお迎え頼むわ」という妹(29)に、母(60)は「ほんなら、連絡帳に『おバカ祖母』って書いといて」と答えた。「そんなん書いてもウケへんと思うで」と私が言うと、2人とも不思議そうな顔。そうか、「叔母(つまり私)か祖母」ね! (兵庫県三田市・お迎えは『おバカ叔母』に・32歳)(同上・13.03.16)

 なんのために歴史を学ぶのか(これは何度か引用した文章のようにも思えますが、あえて何度でも)

 《人間の不幸の大部分が天災地変でなく、あるいは何人かの悪い考え、また誤った考えから出ていることは、宗教家でなくてもこれを認めることができる。しかもその誤れる考えはもちろんのこと、いわゆる悪い考えというものでも、さらに今一つ根本に遡(さかのぼ)って見ると、あるいは境遇でありまた行き掛りであった。つまりこれを免(まぬが)れる方法が発見せられぬ間の考えなし、智慧なしまたは物知らずの結果であったことが、しずかに外に立って観察する者には、そう大した骨折りなしに、推論することができるのである。この原因の発見と理解から、ついで起るところの感情は、憎悪ではなくしておそらくは人を憐れむ心、世を憂える心であろうと思う。

 自分らは多くの日本の青年が、この大切なる中学教育の期間に、一度でもこのような寛大なる、利己的でない尊い感情を練習するの機会を得ずして学校を終え、突然として実施の職業生活に出立(しゅったつ)し、茫々(ぼうぼう)たる浮き世の荒波に揉(も)まれてしまう傾きあることを惜しむ者である。大は国全体のためまた世界のために、小は家庭郷党のために、これはまったく淋しいことであると思う》(柳田国男(「無学と社会悪」)

 この文章は1924年6月、栃木中学校での講演「歴史は何の為に学ぶ」をもとに編まれた「旅行と歴史」という一文にまとめられ、28年4月に『青年と学問』という書名で出版。(現在も岩波文庫で読めます)ここで柳田さんは二十歳前の青年たちを前にして「歴史は何の為に学ぶ」とつよく問うている。多くの人(教師も生徒も)には「たんに治乱興亡の迹(あと)を知って、のちの誡(いましめ)とするという風に教えられた」あるいは上級学校の受験科目だから、ひたすら年代や事項を暗記することが「歴史を学ぶ」理由となっていたのではなかったか。

 愛国心などというものは、このような学習からはまず生まれてこないし、さらにいえば(もう滅んだと油断してはならない)(変質してしまいましたが)、「新しい歴史教科書を作る会」の教科書で学んでも生まれる気づかいはない。「国を愛せよ」という、当の教師自身が「国」というものについてなにを知っているというのか。これは「新しい歴史」教科書を作ろうとしている人びとだって同じですね。「自分にとって、国とは?」(2016年だったかの調査 ⇒)

 《それを自分はこう考えておればよいかと思う。我々がどうしても知らなければならぬ人間の生活、それを本当に理解して行く手段として、人が通ってきた途(みち)を元へ元へと辿(たど)って尋ねるために、この学問は我々に入用なのである。苦いにせよ甘いにせよ、こんな生活になってきたわけが何かあるはずだ。それを知る手段は歴史よりほかにない。つまり現在の日本の社会が、すべて歴史の産物であるゆえに、歴史は我々にとって学ばねばならぬ学科である》(同上)

 すべて「学問は歴史にきわまり候」といったのは荻生徂徠(おぎゅう・そらい)(1666・1728)でした。その意味するところは深くて広いですね。歴史というのは、経験されたことです。自分であれ他人であれ、すでに経験されたことを、ぼくたちは学ぶ、それはなぜか。理由はいろいろでしょう。でも学ぶことには意味があるのです。ある人を知るとは、その人がどのように生きてきたか(どんな考えで、どんなことをしてきたか)を知ることです。これは人でも集団(家、村、町、国)でも同じことです。学ぶというのは、自分流を発見するためです。

 そして、歴史の学び方は多様です。いろいろな学び方をとおして自分流に歴史を知る、それがひとりひとりがかしこくなるということですね。大学入試や卒業条件に英検を課す、道徳を教科にする、あるいは…、公然として、どこかのだれかが策略を練っています。そんなことを企む人々は断じて「かしこくない」と思う。自分たちの意向で他人をいかようにも動かせるという浅知恵は筋の悪い政治屋の仕業だといっておくだけではたりない。「国民錬成」などという悪夢は二度と見たくないものですが、いつそれが現になるかもしれないのです。

 なんのための教育かと問われたら、ぼくはまた柳田さんの文章を紹介するほかありません。一世紀前の青年たちもまた、心許なく、社会に出されていたのです。

 人の悲しみを悲しみ、喜びを喜ぶという当たり前の感情を犠牲にしてまで「得ようとしたもの」はなんだったか。「自分らは多くの日本の青年が、この大切なる中学教育の期間に、一度でもこのような寛大なる、利己的でない尊い感情を練習するの機会を得ずして学校を終え、突然として実施の職業生活に出立(しゅったつ)し、茫々(ぼうぼう)たる浮き世の荒波に揉(も)まれてしまう傾きあることを惜しむ者である。大は国全体のためまた世界のために、小は家庭郷党のために、これはまったく淋しいことであると思う」

 身につまされる。世のため他人のために役にたつ、これがささやかな人間のささやかな幸福であると、ぼくは柳田さんから感化され、今もそうだと考えている。他人より優れていたい、他人に負けたくないというのも人生なら、「憎悪ではなくしておそらくは人を憐れむ心、世を憂える心」をもって生きるのもまた人生です。ぼくがことさらに「かしこい」というのは、このような尊い感情を持てる人の心根を指して言います。そのように「かしこく」ありたい。

 柳田さんにならって、「寛大なる、利己的でない尊い感情を練習するの機会」それこそが、学校という競争場と化してしまった修羅場に自分を失わないための教育(教室)の実現を願う理由です。一人の教室、あるいは移動する教室、それはたった「一冊の本」ばもたらしてくれるものです。

_____________________________________

 マスク?あなたはどう思いましたか

 正平調 そのフランス詩には、今日の感覚からして多分に差別的な言辞が含まれている。-アフリカで生まれた彼は黒人だった、〈人が名を問ふと/有難(ありがと)うと答へた〉(フランシス・ピカビア「黒奴(くろんぼ)」、堀口大学訳)◆人の名前にはこの世に生を受けた祝福と、親が子を思うありったけの愛情がつまっている。彼は名を聞かれ、なぜ「ありがとう」と答えたか。それまでどう呼ばれてきたか。詩の一節から想像しうることは多い◆女子テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ選手がマスクで問うたものに思いを巡らす。決勝まで7枚のマスクを用意し、警官に撃たれるなどして亡くなった黒人の名前を1人ずつ入れた◆決勝時のマスクは「タミル・ライス」君、12歳の少年である。おもちゃの銃で遊んでいたところを警官に射殺された。4回戦では高校生の「トレイボン・マーティン」さん。コンビニの帰り、自警団に撃たれた◆「返事をなさい」とわが子の名を叫び続けた親があり、泣き崩れてその名を呼んだ友もいたことだろう。マスクの意味をインタビューで聞かれ、大坂さんは逆に問い返している。あなたはどう思いましたか-と◆肌の色を問わず、誰もが等しく一つだけの命を授かって生まれてきたのはなぜか。あなたはどう思う?(神戸新聞・2020・9・19)

““““““““““““““““

 全米テニスにおける大坂なおみさんの「マスク」は話題になりました。「人種差別」に対する決然とした抗議(彼女はそれを「人権問題だ」といった)に多くの差にが示されたが、一方では反対派もいた。いわく「スポーツに政治を持ち込むな」と。それはどうか、ぼくは奇怪な主張だと思います。「スポーツは政治ではない」がスポーツを行う「人間は政治的であるほかない存在」です。五輪にも政治問題が絡むというより、まったく政治そのものであるといえるのではありませんか。商業主義は行きつくところまで行き、その上を政治が言っていると、ぼくには思われるのです。

 ぼくがなおみさんに大きくひかれたのは、「テニス選手の前に、私は黒人女性です」という自身の根拠から主張し、講義ではなく「人権問題です」と断言したことにあります。いろいろな思惑があるなかで、「言わねばならぬ事」を彼女は言った(彼女の場合は「しなければならない事をした」)という点に、ぼくは敬意を表しているのです。それに加えて、もう一場面のことを期しておかなければなりません。「全米」の前の試合で、準決勝をかけた試合を彼女は放棄(棄権)(彼女は「試合に出ない」といった)したことです。勝負の前にしなければならないことがあるということだった。これに対しても批判がありました。多くはスポンサーについてでしたが、彼女は意に介さなかったとも思われる振舞いを取りました。「当たり前」に生きることは、時には波乱を呼びます。「当たり前」と思わない人々が世には多くいるという意味です。でも「正しさ」や「誠実」派けっして多数決なんかではないのです。

(蛇足 これは日本語だけなのかもしれないのですが「女子選手権」「男子決勝」などと「当たり前」に使用しています。大いに違和感がある。「女子プロレス」というけれど「男子プロレス」と言わないのはなぜですか。と、些細なことのようですが、男社会の名残りだか、名残り惜しさだかが「滓(かす)」のように残存しています)

*********************

●フランシス ピカビア(英語表記)Francis Picabia 1879.1.22 – 1953.12.3 フランスの画家,詩人。パリ生まれ。最初は後期印象派の風景画家として評価されていたが、1909年からキュビズムに参加し、’11年には「セクション・ドール」創立に加わった。’13年代欧米を行き来し、ダダイスムの重要な推進者として活躍、のちにシュルレアリスムに移った。’45年からはまた抽象の世界に戻った。詩作は「言語なき思考」(’19年)、「詩選」(’45年)などがある。作品は「セビリャの行列」(’12年)、「ウドニー」「皮肉な機械」連作(’13年)などが代表にあげられる。(20世紀西洋人名事典の解説)

_______________________________________