銀行時代の終焉、新しい教室は?

  A careful analysis of the teacher-student relationship at any level, inside or outside the school, reveals its fundamentally narrative character. This relationship involves a narrating Subject(teacher)and patient, listening objects(the students).The contents, whether values or empirical dimensions of reality, tend in the process of being narrated to become lifeless and petrified. Education is suffering from narration sickness.… 

 Narration(with the teacher as narrator)leads the students to memorize mechanically the narrated content. Worse still, it turns them into ‘containers’ , into receptacles to be filled by the teacher. The more completely he fills the receptacles, the better a teacher he is. The more meekly the receptacles permit themselves to be filled, the better students they are.

 Education thus becomes an act of depositing, in which the students are the depositories and the teacher is the depositor.…

 This is the ‘banking’concept of education. (Paulo Freire ; Pedagogy of the oppressed)

““““““““““““““““““

 これまで何度か引用してきたパウロ・フレイレの「抑圧される人たちの教育論」(邦訳名は『被抑圧者の教育学』)の、ほんの触りの部分です。いわゆる「銀行型教育」に関する記述です。

 「学校の内外を問わず、どんな場合でも教師と生徒の関係をよく見れば、根本において「おしゃべり」という性質を持っていることがわかる。おしゃべりする人(教師)と、我慢づよく耳を傾ける(註 傾けないのもたくさんいる)お客さん(生徒たち)がこの関係に認められる。真理や価値の問題を扱うにしろ、現実の経験的な問題を扱うにしろ、話されていく中で、その内容は生命を失い枯渇してくる。教育はおしゃべり病を病んでいるのだ。

 話し手の教師によるお話は、生徒をして話される内容を機械的に暗記するように導く。もっと悪くなると、生徒たちは「コンテナ」に、教師によって満たされるべき器にされてしまう。教師は、容器を満たせば満たすほど、彼・彼女はいい教師となるのだ。容器の方は、満たされるがままになると、彼・彼女たちはもっといい生徒になる。

 こうして、教育は預金行為となる。そこでは、生徒たちは金庫であり、教師は預金者なのだ。

 これこそが、教育における「預金」という考えなのである。(教えるというのは「教師の生徒(金庫)への預金行為」となっているという意味だ)(記述者による拙訳)

______________________________________

貸(仮)金庫、生徒のことか

 今の時代、銀行は振るわないことおびただしいのですが、どういうわけか、学校においては「銀行盛業中」であるのかもしれません。フレイレさんいわく、生徒は「金庫」にされているのです。小・中・高と通算にして十二年間の就学期間は、文字通り「禁固十二年」じゃありませんか。途中で脱走する者、後を絶たず。毎年「金庫」になるために新たな人材が生まれますが、徐々にか急激にか、減少期に入っている。「金庫番」でもある教師は、終夜営業で脱落者急増中です。コンビニ並みの重労働は、いかにも学校らしいかもしれないが、反教育的ですね。働き方改革だというが、笑わせますね。

 この島国は「アメリカのATM」だといわれていますが、いったい「禁固何年」になるのでしょうか。ぼくは、コロナ時代(よい表現ではありません)、それは預金(銀行)型教育の破滅(絶滅)時代であり、銀行(預金と金庫)に代わる(闇金融じゃない)、新たな教師と生徒の関係の可能性が開かれる時代であると考えているのです。おおよそのイメージは描けているのですが、まだ少し具体性や内容面であいまいなところが残っていますので、もうしばらく愚考を重ねたいところです。預金行為や現金引きおろし機でもなく、オレオレ詐欺的でもない、教室の新風景を夢のように膨らませている、老いぼれながらも。「年寄りの冷や水さ」という罵声あり。ぼくは「ウフフ」と笑い飛ばしていますが。

_____________________________________

投稿者:

dogen3

 「名もなく貧しく美しく」、ぼくにとって、それは生きる姿勢(流儀)の理想型ではありますが、現実には「名もなく貧しく醜悪に」、せいぜいがそんなところでしたね。「美しく」どころではなかったけれど、「名もなく貧しく」は断固として一貫してきたと思う。とても自慢できませんがね。