幻影の人は去る 永劫の旅人は…

旅人かへらず 西脇順三郎
 
旅人は待てよ
このかすかな泉に
舌を濡らす前に
考へよ人生の旅人
汝もまた岩間からしみ出た
水霊にすぎない
この考へる水も永劫には流れない
永劫の或時にひからびる
ああかけすが鳴いてやかましい
時々この水の中から
花をかざした幻影の人が出る
永遠の生命を求めるは夢
流れ去る生命のせせらぎに
思ひを捨て遂に
永劫の断崖より落ちて
消え失せんと望むはうつつ
さう言ふはこの幻影の河童
村や町へ水から出て遊びに来る
浮雲の影に水草ののびる頃

********************************************

 何時のころからか、西脇順三郎を読む癖がついた。中味はよくわからなかった。その癖も理解力も、今も同じままである。難解と言えば、どんな詩も(文章も)難しい。だから、ぼくたちはわかったつもりになったり、わかったふりをするのだろう。この「旅人かへらず」の詩の内容は戦争中のこととされる。ならば、そこに厭戦や反戦の気分を嗅いでも間違いはなかろうし、けっして好戦的ではなかったことも事実だ。同じ時期、同じ勤め先に折口信夫(釈超空)もいたはず。折口さんは民族主義者であるといえば非難されそうだが、ナショナリストだったことは確かだろう。その対比で西脇さんを考えてみたい気もするのである。大学に余裕のあった時代の一風景といえよう。

 「考へよ人生の旅人」「永遠の生命を求めるは夢」、かくいう「幻影の河童」とは誰のことだろう。

______________________________

投稿者:

dogen3

「上を思えば限りがないと、下を見て咲く百合の花」になれるものなら、という想いです。それこそ、「高嶺の花」ですが。「昨日は俗人 今日は僧、生涯胡乱(うろん)これがわが能」と自称した一休さんは、一面では「相当な人物」だったと、歳をとるとともに思わされています。