それはよかったですね。花という…

東京女子大学卒業時の記念写真(1928)。後列左から五人目が新渡戸稲造氏、その左へ三人目が大村さん。

 大村はまの仕事

 「ある日、私は、たいへんきれいな花束をいただきました。お誕生日だったからです。私はそれを持って帰りましたが、どうしたはずみでしょうか、それをすぐ水に入れようと思っていましたのに、忘れました。そうして、朝まで忘れてしまいました。私はもう、泣きたいような気持で、朝、しおれた花を見ました。でも、もしかしたら助かるかと思って、大きなバケツに水をくんでそれをドップリ入れて学校へ出かけました。そして、帰ってみましたらば、みんなピーンとなって、あざやかな、きれいな花束になっていました。私はほんとうにうれしいと思いました」(大村はま「怪我の功名」『心のパン屋さん』所収)

 大村はまさん(1906~2005)は最晩年まで教師を続けた方です。東京女子大卒。1928年(昭和3)年に長野県諏訪高等女学校へ赴任、その後東京府立第八高等女学校に勤務。第二次世界大戦後は、新制中学校へ転じて、1980(昭和55)年まで(73歳10ヶ月まで)都内公立中学校の教諭。『心のパン屋さん』はさまざまな機会に子どもたちに話した記録の一部からなっています。副題は「ことばの教育に生きる」とされています。「教師である私にとって、子どもを知ること、子どもの心を、そのまま受け取ること、その真実をとらえることは、すべての始まりでした」とは「あとがき」の弁です。

 切り花を水につけるのを忘れて一晩過ごした、だめかもしれないけど、バケツいっぱいの水の中に入れておいたら、嘘のように花が生き返ったというのです。「それから、私は近所の親しい花屋さんに行きました。その花束を少しでも長くもたせたいと思いましたから、切り花に元気をつけるお薬をもらいに行ったのです。そしてついでに、夕べの話をしました。そうしましたら、花屋さんが言うには、『それはよかったですね。花というのは切って間もなく、すぐ水に入れてはダメなんですよ。一晩そうやって、おいといたことがよかったんですよ』と言うのです」

 買って帰って、急いで「水に入れなかったのがよかった」というのは花屋さん。「『まあ、どうしてですか?』とききますと、花は切りたての時には茎にまだいっぱい水がありますので、それで、すぐ水に入れても飲まないのだそうです。吸わないわけですね。そして飲む力が弱ってしまうのだそうです。ところが、切って一晩そういうふうに水がもらえませんと、たいへん水が飲みたくなって、もう、飲みたい飲みたいと、私たちがのどを渇かした時のようになるのだそうです。そこで水にいれますと、ぐっと水を吸いこんで、その時、水を吸いこむ力が強くなるのだということです」(同上)

 なんでもかんでもやればよろこぶと思うのは人間の浅はかさだという話です。

 「教室は、生徒を教えながら、教師である私も生徒に教えられながら、生徒が進むとともに、私もその日、何らかの意味で教師として成長する、そういう場所でなければならないと思います。そういう教師の成長ということのない教室というのは、いろいろ骨を折ってみても、結局、生きた教室にはならないでしょう。教師である私が何も成長しないで止まっているのに、子どもたちだけ成長させるというわけにはいかないと思います」(『教えながら教えられながら』共文社刊、1989年)

 「育てる」のなかに「育てられる」という核を認めなければ、なにものも育たない。

 「子どもの(問いに対する)基礎的な力をつけるのは、教師の分かっていることは聞かないことだと思っていました。教師自身が答えをもっていることを、授業の進行上、子どもに聞いたりする。それは相手を一人前に扱わない失礼なことだと思います。自分の知っていることを知らないような顔をして聞くのは、普通の人にはやらないことです。子どもだからいいというものではない。子どもを尊重するとは、そういうことだと思います。/子どもをおとなと同じように大事にする気持ちになれば、自分の知っていることを知らない顔をして聞くような、空々しいことはできないはずです。そして、そのようなことばのやりとりではなく、ほんとうに真剣に尋ね、答える場は、単元学習*でないと、なかなか得られないと思います」(『日本の教師に伝えたいこと』ちくま学芸文庫版)

 「単元を展開していくと、そういう場面がよくあります。私が知らないことを、子ども が話してくれることがたくさんあります。教科書の手びきのように、答えがちゃんと分かっているというのではありませんから、教師も一所懸命聞かなければ、何を聞かれたのか分かりませんし、子どもも一所懸命言わなければ、ちゃんとした答えを得られません。/ですから、両方が知っていることを聞くというようなことはお互いにしないで、ほんとうに求めて聞き、求めて尋ねるというふうになります。そういう時に真実のことばが育っていくのです。こういう経験を持たないと、言語感覚が育たないし、ことばの真実に打たれることもない」(同上)

 子どもがどこかから仕入れたり、だれかから借りた「知識」に頼ってしまう授業。ぼくたちはしらずしらずに、そのような安易な陥穽に落ちこんでしまう。知っている子どもを頼りに発する質問、答えを知っていそうな子どもに焦点を当てた授業。あちこちでみかける風景ですが、それはまた、わたしたちの生活風景でもあるでしょう。「是非言いたいことがないのに、一所懸命ものを言うということは、それはできないことで、おかしいことです」

 しかし、なかなかそうならないのは、なぜか。

++++++++++++++++++++++++++++

 しばしばの登場です。大村はまさん。ぼくはこれまでにたくさんの「先生」に出会ってきました。その一人一人を比べることはできない相談ですが、本当に学校の教師だったんだなと思えたのは、大村さん一人でした。個人の判断であり、誤っているかもしれませんが、そのように言ってきましたし、今も言っています。「先生」と呼ばれるだけの人にならねば、そういわれて、返す言葉がありません。ここに、教育の極意が潜んでいるんでしょうか。でも、意外にはっきりとしてもいるんです。「せんせー」と呼びたくなる人、誰にもきっと何人かいるでしょう、生身の人間ですよ。

 周庭氏、異論の封殺に警鐘(木鐸)

香港の警察署前で記者団を前に話す香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏(2020年9月1日撮影)。(c)ISAAC LAWRENCE / AFP
【9月2日 AFP】香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ、Agnes Chow)氏(23)が1日、警察に出頭し、香港で異論が封殺されていると警鐘を鳴らした。周氏は中国が新たに導入した香港国家安全維持法(国安法)で刑事罰に定められた「外国勢力との共謀」の容疑で先月逮捕されていた。周氏は警察署前で記者団に対し、「国安法は実は法的なものでなく、政権のための、政府が政治的に異論を唱える人を抑え込むことを目的とした政治的道具であることを、香港全域だけでなく、世界に知って欲しい」と述べた。周氏は6月末に国安法が香港に導入されて以後、最大規模の警察の取り締まりが行われた8月10日に逮捕された。同日には裁判所令状を持った警察官が日本経済新聞(Nikkei)の香港支局も訪れ、令状は香港が民主派の抗議デモで揺らいでいた昨年、同紙に掲載された、民主派の抗議デモへの国際支援を呼び掛けた広告に関連して出されたものだった。周氏は1日、警察の取り調べでこの広告が出てきたことを認め、「私が2020年に国安法に違反した証拠が2019年に掲載されたこの広告ならば、本当にばかげている」と語った。(c)AFP(https://www.afpbb.com/articles/-/3302392?cx_part=top_topstory&cx_position=3) 

*****************************************

 「香港は三権分立ではない」(行政府が一番だ)と林鄭長官が述べた(写真左上)。じつに正直だし、彼女が確信的に中国の習一派であることを、ことあらためて、これでもかと世に宣言したのです。少しばかり彼女の履歴を知っているものとして、権力、あるいは権力政治への道は(右にも左にも)麻薬、それも猛毒を含んでいる麻薬だと、陳腐極まる性向(性癖)をまた知ることになりました。君子(小人も)は権力に近づくべからず。周庭さんの行動に、あるいは勇気ある発言に、ぼくは満腔の敬意を表します。ぼくも後列にいる気持ちを持っています。我が東京の茶番・蛙(かわず)茶番には衷心から侮蔑したくなる、小人たる証の「この情念」を抑えるのが困難です。思わず、こんな言葉がでてきました。「大欲非道」、と。前PMの嘘も改竄も非法・脱法も、すべてを承知していた人は、何人もいない。もっとも知っていたのはただ一人、本人以外は。

___________________________________

 底の見えすいた、下手な芝居

「バンドワゴン効果」とは、選挙などで優勢を伝えられる候補が雪だるま式に支持を広げる現象をいう。勝ち馬に乗れという力学が働くからだが、バンドワゴンとはパレードの先頭を行く楽隊車のことである▲かつて米国南部の選挙運動で地元名士を何人も乗せたバンドワゴンをにぎやかに繰り出したのが由来だとか。だが、まだ選挙も始まっていないのに、いち早く繰り出したワゴンに次々と乗車希望者が殺到したのはどうしたことだろう▲安倍晋三(あべ・しんぞう)首相の後継を選ぶ自民党総裁選の話である。14日の両院議員総会での選出がきのう決まったが、そのきのうの小紙はすでに菅義偉(すが・よしひで)官房長官への有力派閥の相次ぐ支持表明と、新総裁選出の見通しが強まったことを報じていた▲日程決定を受け岸田文雄(きしだ・ふみお)政調会長、石破茂(いしば・しげる)元幹事長も出馬表明したが、両氏にさきがけて菅氏が繰り出したワゴンにはすでに有力派閥が顔をそろえていたからしらける話である。その菅氏の正式出馬表明はきょうにも行われるという▲何とも奇妙なのは多くの国民、いや自民党の党員にしても、すでに後継総裁の座を固めた人の国政への見識や統治の方策をそこで初めて耳にすることだ。早々とワゴンに乗り込んだ派閥議員には、そんなことははなから関心外らしい▲党員投票を求める声も、コロナ禍さなかの政治空白を避けるとの大義名分で封じた後継レースである。もしや長期政権のおごりまで積み込んだワゴンを引き回すつもりなら、思わぬ転覆を恐れるべきだろう。(毎日新聞2020年9月2日 東京朝刊)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 出来レースという言葉があります。「八百長談合などにより、始める前から結果が分かっている勝負や競争」(デジタル大辞泉)現下の「ソーサイ」選びはそのお手本。「大辞泉」はこの様子を「解説・説明」に載せたらどうです。「N bossが取り仕切り、いち早くSへの流れを作り、烏合の衆は脱兎(誘蛾灯の虫)のごとくにワゴンにのりこむ様子」と。だれがなっても構わない、人民の苦悩・苦労は絶えないのだから。「在職だけがながかった」政権を支え続けた張本人、一人は Kammer の主、他は「ソーカガッカイ」です。もう一つは「ヤトー」(という名の「ヨトー」派)これがなければ、「短命」にすらならなかった。「瞬命だったか」というわけで、前内閣の悪行をすべて知悉していた御仁が後継だという。おかしいね。笑わせるよ。でもこれが島の現状に似合っているのか。(金馬「蛙茶番」→)

 ここでも、いつでも「茶番」です。その意とは「客のために茶の用意や給仕をする者。こっけいな即興寸劇。江戸歌舞伎の楽屋内で発生し、18世紀中ごろ一般に広まった。口上茶番と立ち茶番とがある。茶番狂言。 底の見えすいた、下手な芝居。ばかげた振る舞い。茶番劇。「当人は真剣でも傍 (はた) から見ればとんだ茶番だ」」(デジタル大辞泉)

 お茶番から番頭に。そこから旦那にと、まるで「出世魚」のようでもありますが、ご当人が目をむいているうちに、「その気」にさせられた(なった)という段取りで、ここは「さすが、ニカイ」と、今は「吉」と出たかもしれぬが、「大凶」は瞬時にやってきます。(人民には備えあっても、憂いありだから、始末に悪い)「台風」が劣島をまっしぐらに襲い来る図が見えてきました。茶番もまた「災害」にならねばいいが。(人は自分を知ってか知らずか、「その気」になっちゃう、一寸先は闇だね)「身の程知らず」、それは蛮勇の人を指していう言葉、「蛮勇引力」のことか。

___________________________________________