蟋蟀は鳴き続けたり嵐の夜

 言いたい事と言わねばならない事と 

 人動(やや)もすれば、私を以て、言いたいことを言うから、結局、幸福だとする。だが、私は、この場合、言いたい事と、言わねばならない事とを区別しなければならないと思う。私は言いたいことを言っているのではない。徒に言いたいことを言って、快を貪っているのではない。言わねばならないことを、国民として、特に、この非常時に際して、しかも国家の将来に対して、真正なる愛国者の一人として、同時に人類として言わねばならないことを言っているのだ。
 言いたいことを、出放題に言っていれば、愉快に相違ない。だが、言わねばならないことを言うのは、愉快ではなくて、苦痛である。何ぜなら、言いたいことを言うのは、権利の行使であるに反して、言わねばならないことを言うのは、義務の履行だからである。尤も義務を履行したという自意識は愉快であるに相違ないが、この愉快は消極的の愉快であって、普通の愉快さではない。

(既出・東京新聞)


 しかも、この義務の履行は、多くの場合、犠牲を伴う。少くとも、損害を招く。現に私は防空演習について言わねばならないことを言って、軍部のために、私の生活権を奪われた。私はまた、往年新愛知新聞に拠って、いうところの檜山事件に関して、言わねばならないことを言ったために、司法当局から幾度となく起訴されて、体刑をまで論告された。これは決して愉快ではなくて、苦痛だ。少くとも不快だった。
 私が防空演習について、言わねばならないことを言ったという証拠は、海軍軍人が、これを裏書している。海軍軍人は、その当時に於てすら、地方の講演会、現に長野県の或地方の講演会に於て私と同様の意見を発表している。何ぜなら、陸軍の防空演習は、海軍の飛行機を無視しているからだ。敵の飛行機をして帝都の上空に出現せしむるのは、海軍の飛行機が無力なることを示唆するものだからである。
 防空演習を非議したために、私が軍部から生活権を奪われたのは、単に、この非議ばかりが原因ではなかったろう。私は信濃毎日に於て、度々軍人を恐れざる政治家出でよと言い、また、五・一五事件及び大阪のゴーストップ事件に関しても、立憲治下の国民として言わねばならないことを言ったために、重ねがさね彼等の怒を買ったためであろう。安全第一主義で暮らす現代人には、余計なことではあるけれども、立憲治下の国民としては、私の言ったことは、言いたいことではなくて、言わねばならないことであった。そして、これがために、私は終に、私の生活権を奪われたのであった。決して愉快なこと、幸福なことではない。
 私は二・二六事件の如き不祥事件を見ざらんとするため、予め軍部に対して、また政府当局に対して国民として言わねばならないことを言って来た。私は、これがために大損害を被った。だが、結局二・二六事件を見るに至って、今や寺内陸相によって厳格なる粛軍が保障さるるに至ったのは、不幸中の幸福であった。と同時に、この私が、はかないながらも、淡いながらも、ここに消極的の愉快を感じ得るに至ったのも、私自身の一幸福である。私は決して言いたいことを言っているのではなくて、言わねばならない事を言っていたのだ。また言っているのである。
 最後に、二・二六事件以来、国民の気分、少くとも議会の空気は、その反動として如何にも明朗になって来た。そして議員も今や安んじて――なお戒厳令下にありながら――その言わねばならないことを言い得るようになった。斎藤隆夫氏の質問演説はその言わねばならないことを言った好適例である。だが、貴族院に於ける津村氏の質問に至っては言わねばならないことの範囲を越えて、言いたいことを言ったこととなっている。相沢中佐が人を殺して任地に赴任するのを怪しからぬというまでは、言わねばならないことであるけれども、下士兵卒は忠誠だが、将校は忠誠でないというに至っては、言いたいことを言ったこととなる。
 言いたい事と、言わねばならない事とは厳に区別すべきである。(昭和十一年六月)(「畜生道の地球」所収。中公文庫)

********************************************

 「安全第一主義で暮らす現代人には、余計なことではあるけれども、立憲治下の国民としては、私の言ったことは、言いたいことではなくて、言わねばならないことであった。そして、これがために、私は終に、私の生活権を奪われたのであった。決して愉快なこと、幸福なことではない」今日のような微温湯に浸りきってしまった神経には、この悠々の時代への反逆がどんなに孤独で恐怖に満ちたものであったか、ぼくたちには想像を絶します。所属する新聞社もまた彼を守ることはできなかったのです。彼には十一人のお子さんたちがいたという。生活を賭し、身命を賭した「木鐸足らん」とした「一匹の蟋蟀(コオロギ)」は嵐が襲い来る深夜を通して鳴きとおしたのです。秋の夜長は長閑ではなかった。

 ここに「言いたい事と言わなければればならない事と」の全文を掲げておきました。言論の力の及ぶ範囲は驚くほど狭い。でも、その狭い範囲で「寸鉄」の鋭敏さが暴力行使の権力の神経を逆なでし、逆鱗に触れるのです。それが言論(ペン)の威力です。当身でもなければ、肉を切らせて骨を断つの趣を帯びてきます。ペンは剣りも強い( Calamus Gladio Fortior)といいますが、ペンもまたもう一つの剣でもあるという意味です。言論人は権力の暴力との真剣勝負を避けない人のことを言ったのだと、ぼくは考えてきました。

〇桐生悠々=きりゅう・ゆうゆう(1873~1941年)本名政次。金沢生まれ。大阪毎日新聞、朝日新聞などを経て、1910年に信濃毎日新聞主筆に就任。乃木将軍殉死批判の社説が物議を醸す。/ 14年に他社に移ったが、28年に信濃毎日新聞主筆に復帰。33年の社説「関東防空大演習を嗤う」で軍関係者の反発を受けて退社。以後、個人雑誌「他山の石」を発行して時局や軍部の批判を続けるが、度重なる発禁など弾圧を受ける。太平洋戦争直前の41年9月に死去。(日本経済新聞・https://www.nikkei.com/article/DGXDZO12414970X00C10A8CR8000/

_____________________________________

 夫子、まさに木舌足らんと欲す

 儀封人請見、曰、君子之至於斯也、吾未嘗不得見也、從者見之、出曰、二三子何患者於喪乎、天下之無道也久矣、天將以夫子爲木鐸。

「金口木舌」は沖縄県のある新聞の「コラム」です。もう何十年も愛読してきました。コラムのいわれは、もちろん、「木舌」「金口(こんく・きんく・きんこう)」に由来します。「金口」は「仏語。釈迦 (しゃか) の口を尊んでいう語。転じて、釈迦の説法。きんく。きんこう。」(デジタル大辞泉)であり、「金口木舌」は「すぐれた言論で、世の人を指導する人のたとえ。口が金属で、舌が木で作られた大鈴の意から。「木鐸ぼくたく」のこと。古代中国で、官吏が法律や政令などを人民に告げ歩くとき鳴らした。「木」は「もく」とも読む。一世木鐸いっせいのぼくたく」(三省堂新明解四字熟語辞典)

 上掲の漢文は「論語八佾(はちいつ)編」から。「天下の道なきや久し。天将(まさ)に夫子を以て木鐸(ぼくたく)と為さんとす」と読め、「政道(あるいは人道)が失われて久しい。天はまさに先生(孔子)をして木鐸(優れた言辞で人民を導こうとする人)とされた」と解しておきます。

 新聞は「社会の公器」であり、「木鐸」でもあるなどと、この島社会では長く言われてきましたが、その意味は、実際には「そうなっていないから、そうであってほしい」という祈願というか、希望でしょう。(あるいは冗談だったかも)「希望」というのは「ほとんど望みなし」と同義です。ないものねだりか、それとも祈りに似たものとしてしか、見られてこなかったのです。

 ぼくはすでに「新聞は死んで久しい」とみなしています。テレビは遥かな昔に、ほんの一瞬ですが、光を放った時期がありましたが、いまは空疎・空虚です。だから、ネット(web)の中に一条の光明を見出したいんですね。いつでも、清濁混淆が世の姿です。そこから清と濁を見極める力を育てたいというのが、ぼくの思いです。水清くして、魚住まず。

 「佞言(ねいげん)と寸鉄(すんてつ)」を誤らずに受け止めるのは何か、それをぼくは問いたいのです。良薬は口に苦しとは古人の経験。いまは甘言こそが求められている、情緒過剰の時代です。寸鉄人を刺す、甘言ではなく苦言、そんな言をこそまずは求め続けたい。

________________________________________________

 うちは新型芸大、わては旧式芸大?

「主張の正当性が認められた結果」 「京都芸術大学」変更問題、瓜生山学園がコメント

 京都造形芸術大から校名変更した「京都芸術大学」(京都市左京区)を運営する学校法人瓜生山学園に対し、京都市立芸術大(西京区)(写真右)が名称の使用差し止めを求めた訴訟の判決で、大阪地裁が27日、市立芸大側の訴えを退けたことを受け、瓜生山学園は「主張の正当性が認められた結果」とするコメントを発表した。

 コメントでは、「適正な手続きを踏んだうえで、文部科学省へ正式な届け出をし、名称を変更した」とし、「これからも日本の芸術文化の発展に寄与できるよう、尽力していく」としている。(京都新聞・2020年8月27日)

***********

 コラム 凡語:マネしないで(同上・2020年8月31日 16:00)

 芸術の世界で混同しやすい名前というと、多くの人が思い出すのは画家のマネとモネだろう。マネがモネに「まねしないで」と言ったとか言わなかったとか▼マネの方が少し先輩だが、パリで同時期に活躍し、実際にトラブルもあったと伝わる。まだ無名だったモネが展覧会に出した絵がマネの作品と間違えられ、マネが称賛されてしまい…▼2人とも本名だから似ていても仕方ない。だが、こちらは裁判となり、略称も絡んでさらに話はややこしい。京都市立芸術大と、京都造形芸術大から改名した京都芸術大である▼先日の判決で、大阪地裁は「京都芸術大」の使用を認めた。だが法律上はともかく、単純に紛らわしいかどうかという点では、地元としては考えるまでもないような気もする▼改名は開学30周年を前に造形だけでなく幅広い芸術の教育、研究をアピールするためという。それでも実際に紛らわしければ、まねをしたようにも思われかねない。大事なのは中身であり、互いに切磋琢磨(せっさたくま)して京都の芸術を盛り上げるよう願うばかりだ▼マネは最初はモネをよく思わなかったそうだが、やがて実力を認め、亡くなるまで交流を続けたといわれる。今回の問題もいつか円満に解決し、笑い話のようになる日は来ないだろうか。芸術の秋を前にそう思った。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 ときたま京都新聞を覗きます。「覗き」が趣味ではないけれど、どないなってるんやろうかと、少しは気になりますんで。昨年から係争が続いていた校名変更問題、裁判にかけるような問題でっか、とよそ者には思われますが、当事者には、それも「芸術大学」となれば、仇や疎かにはできないんでしょうね。で、変更が認められたというのです。訴えた方(市立芸大)はどうするんでしょうか。市長さんも変更には不服だったようで、裁判の結果に納得されたのかどうか。(略称は「京都芸大」だそうで、双子のようでいいね)

 やっぱりどうでもいいことだと、ぼくには見えてきます。要は中味じゃないですか、と。この島には芸術大学や音楽大学や美術大学はいくつもありますが、それぞれが独自の歴史と伝統(電灯)を持っていますから、それをさらに育てていけばいいんじゃないですか。いつだったか、兄貴の息子が名称変更した学校の教員をしていると聞いたように記憶している。だから、どうというわけでもありませんが。人でも企業でも、あるいはその他でも「紛らわしい」のがいくつもあります。(本物・偽物か)もとからあった方が正当・正統かというと、どうもそうでもなさそうです。

 京都で思い出しましたが、「八つ橋」という菓子の「本家・創業年争い」が以前にありました、決着がついたのかどうか。大学の名称変更問題とほぼ同時期に地裁の判決は出たようですが、その後は? あまりうまい菓子だとは思いませんでしたが、老舗が老舗と争う図というのはなんだかね。本家争い、創業年の争い、校名争い、…と種は尽きませんんが当事者にとっては、くりかえしますが、死活問題なんですね。「功名のさきがけ」というのもあります。京都というのは、どうやら争いの多いとこらしいね。これはおれが先や、いやわての方が先や、と少しも譲らない。いかにも「都臭い(いけず)」ですな。ぼくは、そんなミヤコが嫌いで逃げ出しました。ぼくの好きな「ミヤコ」は「蝶々」さんだけでしたな。ホントに好きどした。はるみさんもいたが、今は昔の物語。

__________________________________