何かハッとさせるような、おどろき

 「教」と「育」について(長田弘さんに触れた前回(「書かれた文字だけが本ではない」)のつづきです)

 「教育」に「教」ばかりがあって「育」がないと詩人の長田弘さんはいわれたことがあります。たしかに「教育」という言葉の構成からは「教」と「育」という二つの作用が重なって作られています。今これをよくよく見ると、二つの作用は狙う方向がちがうように思えてきます。いかがですか。「教わる」「教える」「教えられる」と「育つ」「育てる」「育てられる」、この二つは明らかに狙いも違うように思えてきます。(上の詩は「深呼吸の必要」から)

 二つの作用があるにもかかわらず、「教」ばかりがあって「育」がないといわれたのです。それこそが二十世紀の「教育」の姿(ありよう)だったのだと。さらに長田さんは、「教」としての教育が求めたのは「匿名の人間像」であり、それこそが二十世紀の教育の主人公になったといわれました。反対に、退けられてしまったのは「育」が求める「個人の人間像」だったと指摘されます。

 《「育てる」「育てられる」がいつか教育の意味をもたなくなって、社会になくなったものは未熟さというものに対する自覚です。そして、人びとのあいだに失われたのは、熟慮、熟達、熟練、習熟といったことを目安に、物事を測り、人間を測る習慣です。》(「教/育」)

 柿の実が赤く熟すにはさまざまな気候条件や成長過程が必要であるのとおなじように、ひとりの人間が成熟するには長い時間がかかります。未熟であることを自覚するとは、成熟への途上にあるということを確かめる目安にもなるのです。自分が未熟であることを自覚できないのは、いわば生き方の方向感覚をなくした状態だといっていいでしょう。ハンドルのない車のように危険きわまりない状態です。ひょっとしたしたらブレーキもないかもしれない。ハンドルもブレーキも備えていない車が走り回っているのだから、事故や事件が起こるのは当たり前の話ということになるのでしょうか。いや大丈夫だ、世は世は自動運転の時代なんだからというなら、さて、どうしますか。

 そして、時間をかけて物事を測り、人間を測る習慣に取って代わったのは「時間をかけないこと=FAST(かからないこと)」であり、「だれにでもわけなくできる=EASY」、そんなfast and easy lifeへの期待でした。簡便で便利な生き方(simple and easy way)が新たな目安になったんです。考えることも手間暇かけることも必要としない生き方が競って求められたのです。ワンコインで昼飯が手にはいるということは、自分で作ることをしなくなったということと同義です。カネで経験(実際に行うこと)を買う(失う)ことなんです。

 コンビニの出現は、この現象と無関係ではありません。ぼくはまずコンビニを利用しません。コンビニが生まれてからこの方、です。要するに、好きじゃないからです。どこが、と聞かれれば、どう答えましょうか。いろいろありますから、一言では言えない。まあ、このブログまがいに書かれているところを見れば、おおよその見当がつくでしょう。店員が嫌い、店構えが嫌だ、24時間営業はなんだか、というのではありません。「コンビニ」という形態は、さまざまな大切なものを削り取って、儲け第一主義(大資本家の)によって成り立ちます。ぼくがコンビニに入りたくないのは、削り取られたもの(その第一は「労働」の重要さ)を忘れたくないからです。でも世の中のほとんどがコンビニ流に特化してきました。いよいよ、ぼくは困っている。

 閑話休題 学校教育に委ねられたのは、自分で考え自分で行うという生き方ではなく、自分が未熟であるかどうかを自覚できないadult child(child adult)の大量生産でした。なにを学ぶのかを知らないでも、生徒は勉強させられている気になりなます。国語でも数学でも、大事なのは教えられたことを覚えるだけのこと。ここでも自分でする経験(考える・疑う)を「教えられる」ことによって失って(奪われて)いるんです。

 《 教育というのは、けれども、逆説的な力をもっています。容易であるべきものとしての教育が一人一人のうちにもたらしたものは、充足感とは逆のもの、すなわち、みずから何事かをなしたというhave doneという達成感の喪失です。/ 一人一人を日々の深いところで捉えているこの達成感のなさが、「教」を頼んで「育」を欠く今の世の、教育のありがたみのなさにほかならない、ということを考えます。達成感を得て、はじめてそれぞれのうちに確かなかたちをなしてゆくものが、個性です。》(同上) 

 「万人の為のマニュアル」「匿名の人間像」。いったいなぜ、これが二十世紀に強く求められたのでしょうか。逆に言えば、「個性のためのプログラム」「個人の人間像」はどうして退けられたのでしょうか。ぼくたちの課題が少しは見えてきたようですし、いまだにこの課題からぼくたちは解放されていません。「深呼吸の必要」を感じませんか。(もう少しこの部分を考えたい)

___________________________

 書かれた文字だけが本ではない

 先年(2015年)亡くなられた詩人の長田弘さん。名うての読書家でした。彼の読書論から、たくさんの刺激を受けてきました。そのうちの一つからの引用です。題して「本という不思議」。本を読めと、誰もが、えらそうに言うが果たしてそうなのか。いつでもだれでも「読書のすゝめ」を強要されてきましたが、本はそんなに読むばかりが能ではないというのです。 ぼくはある時期までまったく本は読まなかった。それ以外にすることが山ほどあったからです。(それについては、どこかに書いておきました) 

《 …日本の場合、保育園、幼稚園から大学まで、だいたいずっと同じ年齢でかたまって過ごすので、じぶんのまわりにいるのはみんな同じ世代だけです。ですから、ずっと世代と世代とが隔てられたまま、めいめいが社会から孤立したじぶんの世代のなかでそだつことになる。それだけにおたがいにその場の雰囲気とか隠語だとか、十分に言葉をつくさないでも喋りあえるし、わかりあえると思う習慣が、若いうちからいつか根づよく培われていってしまう、ということがあります。そのために、社会へでて仕事をするなり商売するなりするようになってからも、合言葉のある生き方をもとめ、合言葉を操る考え方をすっと受けいれて、何の不思議もないと思うようになってしまう。

 しかし、実際は、そうではありません。社会というちがった言葉をもつちがった人びとからなるところでは、合言葉というのは通じるとところにしか通じないし、通じないところには通じない。それでは立ちゆかないのです。ですから、出来合いの合言葉にたよって考えるのでなく、合言葉にたよる生き方を疑うことによって、手ずから考える。みずから疑うところからちがった言葉と付きあうということがはじまるのであって、読書というのは本来、そうしたちがった人びとのもつちがった言葉にむきあう一人の経験を土台としています。》(長田 弘「なぜ本なのか」『本という不思議』所収・みすず書房刊)

 「本を読む」というのはどのようなことか。まるで自明のようにみなされていますが、単純じゃないですね。学校では早い段階から「本を読め、読め!」とやかましくいいます。また、「国語」(なぜ、「日本語」ではないのか)の授業もこまぎれながら一貫してある。多くの人が本を読まなくなるのは「本を読め」という、節介なかけ声と、「国語」(「日本語」じゃない)の授業のせいじゃないかとぼくは経験から学んだ。「今時の若者は活字ばなれをおこしている」といわれてずいぶん時間が経ちます。でもよくかんがえてみれば、それは非難されるようなことではないんじゃないか。むしろ「活字ばなれ」を来しているのは「立派な大人」の側ではないか。安易に活字に近寄らない方がいいし、それがかえって、活字に接して新鮮な影響を与えられるはずです。つまり、何事によらず、時期というものがあるというのです。旬といってもいいかも。本を読む際の「旬」を間違えたくない。

 長田さんはいわれます。極端な言い方かもしれぬが、若いときにあんまり本なんか読まなくてもいい、と。なぜなら「選別と排除の言葉でしかない合言葉をつくるしかないような若い世代の『ための』本のありようこそ、本という文化の地層をいつか崩してきたといっていいので、揶揄的にいえばいい年になってからジョギングなんかはじめるよりは、いい年になったらちゃんと本を読み、若いときにはちゃんとジョギングをしたほうがずっといい、と思う」(同上)

( 雑誌が売れなくなった理由はどこにあるのでしょうか。少子化も一原因でしょうが、他にあるようにも思われます。テレビの影響だとされますが、テレビもまた近年はまったく振るわなくなった。ネット時代の到来かとも考えたくなりますが、果たしてそうか。本を読むという良質の「ハビット」が生活から失われたのです。その理由は?)

 児童のため、若者のためなどと、きりがないくらいに「~のため」の文化が根づいています、いました。若者と老人、男と女、既婚と未婚、…。でもいまや小・中・高・大といった「合言葉」の養成所は崩れつつあります。六歳は六歳だけの世界、十五歳は十五歳だけの狭く閉じこめられていた空間から人びとは解放されつつあるのです。背伸びをするのではなく、社会の根っこにある異なった世代やちがった性とまじわりあうことによる経験の蓄積こそ、ぼくたちの生きている社会(集団)の文化といえるのです。

 流行りことばのようですが、「多様性」「多元性」というのは、一人の人間の中にある解放されてゆく広がりを指して言う言葉でもあるのです。その意味では、学校生活では。こどもたちは十分に解放されていません。理由はよくわかりませんが、違った学年同士が交わったりつきあったりするのもいけないといわれる。もちろん、他校の生徒とも。なぜ、という疑問に答えないで、教師たち(大人)は答無用を決め込んできました。これでは学校文化の大事な要素を損なっているというほかありません。何を恐れているのか。あるいはただ禁止しておきたいのか。

 本は活字で書かれているばかりではない。活字で書かれているだけが本じゃないのだ。活字から離れなければ、もう一つの(もっと大事な)本が読めなくなるではないか。世界は「一冊の本」である。「空気」も、「他人」も、一つの本である。猫も犬も、鳥も虫も…、一冊の本だ。

______________________________________