彼は人間界の同胞ではないのか?

米ウィスコンシン州の都市ケノーシャで23日夕、警官が黒人男性ジェイコブ・ブレークさんに発砲した。WGN News / YouTube
米ウィスコンシン州、警官が黒人男性に発砲し重体 抗議活動で外出禁止令2020年8月24日(月)19時05分(Newsweek日本版)
米ウィスコンシン州ケノーシャで、警官がジェイコブ・ブレークさんを銃撃した事件に抗議する人々(2020年8月24日撮影)。(c)KAMIL KRZACZYNSKI / AFP  【8月25日 AFP】米ウィスコンシン州ケノーシャ(Kenosha)で23日、黒人男性が背後から警官2人に撃たれ、重体となった。警官らは、男性の子どもたちの目の前で7回発砲した。この銃撃の様子を映した動画がSNSで拡散し、全米各地で激しい非難の声が上がっている。
複数の目撃者によれば、撃たれたジェイコブ・ブレーク(Jacob Blake)さん(29)は、近くで起きていたけんかを止めようとしたという。動画にはその後、自分の車の運転席に乗り込もうとしたブレークさんが、警官2人に背後から至近距離で7回撃たれる様子が捉えられている。(以下略)(2020年8月25日 11:03 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ])

+++++++++++++++++++++++

 言葉が出ない。なんということなのか。今なお、人を人として「認めない」「認めたくない」「認められない」、そんな人たちが「公職(civil servant)」についているのです。アメリカは何と野蛮かと、言うのではありません。いずこにおいてもかかる蛮行が止まないどころか、あるいは促されているのかもしれないのです。詳細な事情は不明ですが、何が起こったかは明白です。おそらく、今は近年にない「暴力(礼賛)(肯定)の時代」だといえます。人民を敵視する政治(家)の時代でもあります。全体主義や専制政治、あるいは独裁体制が、歴史の流れに逆らって、遡上している時代だとも言えます。新たな冷戦がまことしやかに叫ばれているとき、事態はさらに悪化しているといわなければならない。かかる時代、いかにしてわれわれは抗暴力の姿勢を生み出せるか、それが激しく問われています。 

_______________________

投稿者:

dogen3

 「名もなく貧しく美しく」、ぼくにとって、それは生きる姿勢(流儀)の理想型ではありますが、現実には「名もなく貧しく醜悪に」、せいぜいがそんなところでしたね。「美しく」どころではなかったけれど、「名もなく貧しく」は断固として一貫してきたと思う。とても自慢できませんがね。