世の中は新陳代謝、死も亦社会奉仕

死も亦社会奉仕 山県有朋公は、去一日、八十五歳で、なくなられた。先きに大隈侯を喪い、今又公を送る。維新の元勲の斯くて次第に去り行くは、寂しくも感ぜられる。併し先日大隈侯逝去の場合にも述べたが如く世の中は新陳代謝だ。急激にはあらず、而かも絶えざる、停滞せざる新陳代謝があって、初めて社会は健全な発達をする。人は適当の時期に去り行くのも、亦一の意義ある社会奉仕でなければならぬ。

 山公の操れる糸 殊に山県公は、大隈侯と違い、最後まで政治的に大なる力を振っていた。公よりすれば、それは国家を憂うる至誠の結果であったこと疑いない。当時も申述べたと記憶するが、かの宮中の某重大事件と称せらるるものの如きは、公は全く皇室を思い、国を思いてしたことと確信する。のみならず、其考えに、吾輩から見るに、決して間違ったものではなかった。併し如何に至誠から出で、如何に考えは正しくも、一人の者が、久しきに亙って絶大の権力を占むれば、弊害が出る。表面に踊る人形は変化するも、操る者が一人なれば、自然、踊りに新味は出ない。我政治が、とかく一定の範囲をぐるぐる回って、飛躍し得ざりし所以のものは、勿論種々の原因もあろうが、山公の引く糸に制限せられた為に由る所大なるを疑わない。引く人の意志に罪無くも、糸そのものに自然の弊害が伴った。(「小評論」大正十一年二月十一日)

 このように述べて、「山公の死は、此意味に於て我政界に一大転機を画すものである」と結論付けるのです。さらに「山公国葬反対」を述べていきます。その部分はいずれ機会を見て。

〇宮中某重大事件=1920年から21年にかけておこった皇太子迪宮裕仁(みちのみやひろひと)親王(昭和天皇)の妃決定をめぐる紛糾事件。1918年春,島津忠義の孫で久邇宮(くにのみや)邦彦王の長女良子(ながこ)が皇太子妃に内定し,翌年6月に正式の婚約が成立した。しかし元老山県有朋は,良子の母系の島津家に色盲遺伝があるとして,この婚約に反対を唱えた。山県は首相原敬と相談して,専門医師の調査書をもとに元老西園寺公望らとも協議の末,久邇宮家にやんわりと辞退を迫った。(世界大百科事典 第2版の解説)

________________________________________

 我政界を爾来見る如き無道、無…

1956年の総裁公選における石橋湛山(72)、岸信介(60)、石井光次郎(67)

 昭和五年十一月、時の総理大臣・浜口雄幸が襲撃され、翌年八月に死去した際、石橋湛山は一文を認めます。

「浜口首相の遭難後、首相は意識を回復せられた際に、辞意を決し、辞表を捧呈すべきであった。然るに、之を為さず、偸安姑息を貪った為に、遂に、この大国難の際に、我政界を爾来見る如き無道、無議会の状態に陥れた。其の第一責任者は、何と云っても遭難直後に於て、挙措を誤った浜口首相に帰せねばならぬ。浜口氏の遭難は同情に堪えぬが、無道、無議会に陥れた罪悪に至っては、死後尚お鞭たるべき罪悪と云わねばなるまい」(「近来の世相ただ事ならず」(「東洋経済新報」昭和六年四月十八日号)

 翻って、湛山氏の辞任(辞職)について、大方は潔いという評価が下っていますが、それに異を唱える向きもあります。布施辰治弁護士のことを思い出します。(彼は金子ふみ子の弁護を引き受けた人でもあります)「潔く辞めたというが、無責任である。あろうことか、多大の協力をした石井光次郎ではなく、A級戦犯だった岸信介にバトンを渡すとはどういうことだ。ために国を誤ったではないか」という趣旨でした。僅か六十数日の「総理大臣」でした。無責任といわれるのも首肯できます。

 進退はむずかしいものです。なるときよりも辞めるときの方に「人物」がきっと出ます。何事によらず、長ければいいというものではありません。おのれのためにと、独尊大将が頑張れば、多くが迷惑を被る。

======

〇石橋湛山=経済評論家、政治家。東京生まれ。早稲田(わせだ)大学文学部哲学科を卒業後、1911年(明治44)東洋経済新報社に入り、編集局長を経て1941年(昭和16)社長。東洋経済新報社は自由主義を編集の基本に据えていたため、社説を担当していた石橋もその立場から満州事変や五・一五事件を厳しく批判し、政府の軍国主義政策に反対した。第二次世界大戦前・戦中の石橋の主要な活動舞台は経済評論であった。井上準之助(いのうえじゅんのすけ)の財政緊縮政策に対して積極財政論を展開した「金解禁論争」は有名。戦後、自由党に入り、1946年(昭和21)総選挙に出馬したが落選。第一次吉田茂内閣の蔵相に就任し、生産復興第一主義を中心とした積極財政によってインフレ政策を推進。1947年衆院選で当選(静岡2区)したが公職追放となる。1951年の追放解除後、自由党に復帰するが、岸信介(きしのぶすけ)らと反吉田の新党運動をおこし除名され、1954年鳩山一郎(はとやまいちろう)総裁の日本民主党結成に参画し同党最高委員。同年吉田内閣退陣後、鳩山内閣で通産相。保守合同(自由民主党成立)の翌1956年12月鳩山後継総裁選挙で岸信介と争い総裁となり、石橋内閣を組閣。しかし肺炎のため十分に政策実施を行わないまま翌1957年2月わずか3か月で総辞職した。その後、中国、ソ連を訪問し、日ソ協会会長に就任するなど共産主義諸国との交流促進に活躍した。昭和48年4月25日死去、88歳。[荒 敬](日本大百科全書(ニッポニカ)の解説)

〇浜口雄幸=1870-1931 大正-昭和時代前期の政治家。
明治3年4月1日生まれ。大蔵省から政界に転じ,大正2年立憲同志会に入党,4年衆議院議員(当選6回)。蔵相,内相をへて,昭和2年民政党の総裁となり,4年首相。緊縮政策と金解禁を断行したが,ロンドン海軍軍縮条約調印が,統帥権(とうすいけん)干犯として野党や軍部に攻撃された。5年11月14日東京駅で佐郷屋留雄に狙撃され,6年8月26日死去。62歳。土佐(高知県)出身。帝国大学卒。旧姓は水口。(デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説)

________________________________