大義名分よりも気分が大切である

 私の両親は、昔の尋常小学校しか出ておらず、文字もまともに読み書きできなかった。両親は自らの無教養さを正当化するためか、私に「勉強でけへんかってもええ、体さえ丈夫やったらゆうことないわ」と、あまり勉強を強制しなかった。だから、私はそのことをいいことにして、絵ばかり描いていた。

 いつの間にか、絵描きになる夢を抱いていた私を、父親は芸人と同様に、極道者がなる職業だと決めつけながらも、この事は絶対口にせず、半ばあきらめと、この種の職業にあこがれもあったのだろう、私を絵の世界に進ませようと決心していたようだ。だから父は、学校の成績が悪くても、絵描きには算数や国語ができなくてもいい、という風に、私にとっても自分達にとっても都合のいいようにいってくれた。父と私との連帯は、ますます学校教育と断絶していった。

 私は絵を描くという創造行為により想像力を養うことができたので、たとえ数学ができなくても、アイデア一つで一流の商売人になる自信もあるし、国語が弱かったお陰で、言語に代る視覚面が得意になり、時には言語以上のことを視覚で表現する術も学んだのではあるまいかと、少々うぬぼれてみることもある。(横尾忠則)

〇1936年兵庫県生まれ。美術家。1969年パリ青年ビエンナーレ展版画部門でグランプリを受賞し、1972年にニューヨーク近代美術館で個展を開催。その後もパリ、ベネチア、サンパウロ、バングラデシュほか各国のビエンナーレに出品するなど国際的に活躍。1997年兵庫県立近代美術館、神奈川県立近代美術館、2001年富山県立近代美術館、原美術館、2002年東京都現代美術館、広島市現代美術館、2003年京都国立近代美術館、2005年熊本市現代美術館、2006年カルティエ現代美術財団(パリ)、2008年世田谷美術館、兵庫県立美術館、フリードマン・ベンダ・ギャラリー(ニューヨーク)など国内外の美術館で個展を開催。1995年毎日芸術賞、2000年ニューヨークADC Hall of Fame受賞。2001年紫綬褒章受章。2006年日本文化デザイン大賞受賞など多数。また小説『ぶるうらんど』では2008年度泉鏡花文学賞を受賞した。主な作品集・著書に、『インドヘ』、『コブナ少年』(ともに文春文庫)、小説『ぶるうらんど』、『人工庭園』(ともに文藝春秋)、『温泉主義』(新潮社)、『隠居宣言』(平凡社新書)、『Y字路』(東方出版)、“Tadanori Yokoo:Tokyo,December 2005”(Thames&Hudson)。(新潮社編)

????????????????????????????????????????

もともとぼくには人と競争したいとか、
大成したいとか、
郷里に錦を飾りたいとか、
そういう気持ちはあんまりありません。
成功したいと思ったおかげで
うまく結果が出たように思ってる人が
いると思うけど、
ぼくもゼロではないですよ。
でも、いちばんなりたかったのは
郵便屋さんですから、
成功欲など必要ないしね。(横尾)

**************************************************************

 横尾さんという人は実に正直な方だと思います。自分に正直というのが一番ぼくには好ましい傾向なんです。若いころに横尾さんは突っ張っているというか、背伸びしているという雰囲気を感じたのですが、ぼくの間違いだったかも。あるいは「小心」な人だったのかもわかりません。(「アホになる修行の極意」より)

昔、雑誌に載せたいと言われて、
小学校の通信簿を取り寄せたことがあります。
先生が保護者に対して、
コメントをする欄があったんだけど、
そのコメントが、1年生から6年生まで、
いっさい変わってなかったの。


担任の先生は年によって変わるのに、
コメントがぜんぜん変わらない。
1年生の先生の書いたものを2年生の先生が
めんどくさいからうつしたのかもわかんない。
でも、6年生まで先生は
ほぼ同じことを言ってるわけ。
「これはこの子の短所だから直してほしい」
という注文です。

「人にちょっかい出す」
「キョロキョロ横見をする」
「幼児語が抜けない」
「わがまま」
もうひとつは
「優柔不断」

___________________________________________________

 学校は司法権力を行使している

「よく手を洗ったかどうか、先生は監視していますから、手を抜かないでね」手洗いソングまであるそうです。

 「どうして学校ではただ読み書きを習うだけでなく、人々に手を洗わせるのでしょう」 

 「学校システムはまた、一から十まである種の司法権力を基盤にしています。そこではいつでも、罰し、誉め、評価し、分類し、誰が一番だとか、誰が一番駄目だとか言うのです。したがってそれは、司法権力を引き写した―その一般的役割を考慮しなければかなり恣意的な―司法権力です。なぜ、誰かに何かを教えるのに、罰したり誉めたりしなければならないのでしょう。このシステムは自明のように見えますが、よく考えてみればその自明性消えてしまいます」                                 (ミシェル・フーコー「真理と裁判形態」) 

 学校ってなんだろう?

 いつもこんな疑問をいだいてきました。みなさんはどうですか。学校にはいろいろな役割・取り決めがあります。だから、たった一つの視点からながめて、それに批判を加えるのは賢明じゃないことはわかります。でも、フーコーもいうように学校というシステムの自明性は、じつは自明でもなんでもないということを知ることは大切じゃないかな。つまりそれは、「我々の日常茶飯事の行動を、我々がその意識を持たないままに規定している暗黙のシステムを理解する(受け入れる)」ことなんですね。だから、なんのための学校なのかって。 

 いろいろな人が、学校や教師の役割について、いろいろな表現をして説明(解説・批判)しています。このブログの最初の頃に紹介したジョン・ホルトは「教師は一人三役」で、裁判官・審判・監督を演じているといいました。なんとも絶大な力が付与されています。これはだれが許したのか、フーコーの説によれば、その権力は司法権力であり、どの子ができたりできなかったり、善人か悪人か、賞罰の授与権限さえ付与されているのです。多くの教師は自覚はあるのかないのか、その有無にかかわらず、宿題を出す、出来の良し悪しを判定する、いい子と悪い子を区別(選別)する権限を勝手に(当然のように)行使するのです。それで何の疑問を持たない。自身も子ども(親も)、ね。

 それはおかしいねといえば、たちまち教師の魔力は消されてしまいます。成績や教師の評価を意に介しない生徒(子ども)には、教師はほとんどなすすべを持たないのがその証拠です。つくづく不思議な権力だと、ぼくには思われるのです。若いころにある校長さんが「実力のない教師ほど、宿題を出す」といいまして、ぼくはいたく感激したことを今もよく覚えています。九回で負けそうだから、もう一回と要求する野球チームのようでもあります。ルール違反じゃないか、というのですが、では教師はどんなルールに違反しているのか。

________________________________________