独裁者は己を解放し、民衆を奴隷に

 《 何百万の絶望した人々に、罪もなく迫害された人々に、と独裁者になりすました理髪師が訴えかける。<絶望してはならない…自由は滅びない>。映画史に刻まれるチャプリンの『独裁者』での六分間にも及ぶ演説は民主主義の側から独裁への抵抗を呼びかける▼ヒトラーと独裁政治を痛烈に風刺した映画は、製作された米国で、当時、絶賛一色だったかと思えば、そうではない。大野裕之さんの著書『チャップリンとヒトラー』によると、ヒトラーを英雄視する人もいて、批判や脅迫めいた声もあがったという▼撮影した時期、欧州ではナチスが猛威をふるっている。イタリアやソ連などにも独裁者が存在していて、さらに大きな覇権を握るかもしれなかった。戦後も、独裁者は消えていない。欧州では東欧で命脈を保つことになる▼「演説」から八十年が過ぎ、喜劇王の呼び掛けが欧州で現実に近づいているのかもしれない。「欧州最後の独裁者」といわれるベラルーシのルカシェンコ大統領に批判が強まっている。抗議デモが収まらない▼古今東西の独裁には、自国民の迫害と弾圧がつきものである。この人も対立候補を締め出し、弾圧してきたという。コロナ禍を機に、不満が噴出しているようだ▼<人々が強欲と憎しみと残虐さを克服したそんな世界へ…今、飛び始めた>。「演説」は言う。そんな世界が待っているといい。》(東京新聞・「筆洗」2020/08/20)

 チャップリンとヒトラーは同い年だった。1889年4月。Cは16日生まれ、Hは20日生まれ。因縁を感じたかどうか、チャップリンは大いに「独裁者」を意識していた。映画は1940年に制作された。いつでも独裁者は生まれます。人民の心がそれを待望するからでしょう。民主主義から専制政治への道は一歩、いや半歩かもしれません。ぼくは政治には無頓着だし、関心をいだくということはほとんどありません。このブログみたい駄文では政治批判や権力批判のようなものがときに見られますが、なんでもありません。まるで目を開けて寝言を言っているようなもので、糠に釘を打っているんです。ぼくははっきりとそれを自覚しています。糠だな、釘だな、金づちだな、と。

 チャップリンの権力批判は「真正面」からの正攻法でした。まるで無鉄砲そのものの危うささえ、ぼくは感じたほどです。でもかれは怯むことなく突き進んだ。彼の扮装はほとんどが「「小さな放浪者=The Little Tramp」でした。自伝には「流れ者、紳士、詩人、夢想家、孤独な人、いつも皆ロマンスと冒険に憧れてるんだ」といっています。いずれにしても時代や社会に対する強烈な批判や風刺、あるいは諧謔や揶揄、それも弱い、愚かとされている民衆の側から視点を得ていたのです。浜の真砂が尽きないように、世に独裁者は後を絶たない。民心の一隅に「待望感」があるのでしょう。誰彼の胸中にあるはずです。それとの闘い(格闘)がなければ、人は意識的な(意志からの)行為ができないのです。現下の、ぼくたちの「軽佻浮薄」そのものの政治状況からも「専制」や「独裁」は出現します、確実に。それを防ぐには。自由の意味を深く考えたい。

  Dictators free themselves but they enslave the people.(チャップリンについては機会を設けて駄文を)

__________________________ 

 白板がなければ、始まらないんだ 

オンラインが無理でも大丈夫、先生が自転車で出張授業 ボリビア 2020年7月4日 8:00 発信地:アイキレ/ボリビア [ ボリビア 中南米 ]【7月4日 AFP】ホワイトボードをかごに入れ、南米ボリビアのでこぼこした田舎道を自転車で走る教師のウィルフレッド・ネグレテ(Wilfredo Negrete)さん(35)。新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)によって授業を受けられない児童のため、週3回、児童らの自宅を自転車で訪れている。中部コチャバンバ(Cochabamba)県のアイキレ(Aiquile)に住むネグレテさんは「自転車を持っていたから、ホワイトボードをつかんで児童の家に向かった」と語る。ボリビアでは3月に新型コロナウイルスの感染拡大が発生し、学校の授業は中断。ボリビアは被害が深刻なブラジル、チリ、ペルーと国境を接しており、2日時点で感染者3万4000人以上、死者1200人以上が確認されている。
 ボリビア当局はインターネットや携帯電話を使用したオンライン授業を推進しているが、遠隔地の多くの家庭にとってそのような手段は入手しづらく、授業を受けられない子どもたちが取り残されている状態だ。
 そんな中、ホワイトボードを運ぶために自転車に台車を取り付けるなど、自身も2児の父親であるネグレテさんの献身的な姿には「時間を割いて子どもに授業をしてくれて本当に素晴らしい」と児童の親から評価する声も上がっている。ネグレテさんはまた、自宅でも授業を行っている。机は児童間で距離を取れるように並べ、授業の前後にはジェルで児童らの手をアルコール消毒している。月給およそ500ドル(約5万4000円)というネグレテさんの元には、自身の児童のほか、後れを取りたくない子どもたちも訪れている。(c)AFP(https://www.afpbb.com/articles/-/3289314?cx_part=related_yahoo

***************************************************

 彼我の比較をするのではありません。南米の小国で、一人の先生(他の教師の代表かも)が苦闘しているさまをまじまじと見ています。金でもなければ地位でもない、学びたい子どもたちとそれを助けたい教師(たち)のさわやかな友情とでも言いたい結びつきを考えてみます。青空教室も、ぼくにはまことに懐かしい、想い出のなかに点滅している景色です。教室から椅子を持ちだし、校庭で授業が開かれた75年前の風景です。(ぼくはまだ、虫けらでしたが)

 ボリビアの子どもたちがどんな感情で先生と学んでいるのか、後年にきっと追憶の情にかられながら、先生や仲間たちや青空教室の光景を思い起こし、また前に向いて歩く力とするに違いありません。コロナに国境はありませんが、友情にも国境はありません。ぼくにはホンジュラスに、おさない友人(当時3歳くらい)がいました。今も元気か。

____________________________

 キャンセル・カルチャーとは?

 善を生み出す力なのか、言論の自由を脅かすものか?

“キャンセル・カルチャー”についての議論が熱を帯びているが、誰が本当に正しいのだろう? 社会正義に役立つツールなのか、それとも一種の検閲なのだろうか? 活動家や心理学者、執筆者たちに話を聞いて、前に進む方法を探ってみた。

By Ella Alexander 2020/07/24 (BAZAAR)(https://www.harpersbazaar.com/jp/lifestyle/daily-life/a33316872/cancel-culture-a-force-for-good-or-a-threat-to-free-speech-200724-lift1/

まず、“キャンセル・カルチャー”とは何なのか、ということから始めよう。なぜなら、人によって、対応が異なり、その結果、多くの意味を持つようになっているからだ。言論の自由に深刻な危険をもたらすという人もいる。また、「政治的公正が行き過ぎておかしくなった」新しい解釈と捉える人もいるし、不寛容な人が強制的に厳格な検閲を行うために使っている手法だという人もいる。

もしくは、恥ずべき行動をしたからその人を尊敬する気持ちがなくなったと言っているだけだという人もいる。何も新しい現象ではない。言論の自由は常になんらかの影響を及ぼすが、その言論が有害である可能性がある場合は特にそうだ。有名人の中には不正を働いたことで食ってかかられ、何十年もメディアから公然と批判されてきた人がいるし、企業の価値観に反する行いをしたセレブリティは外され、政治家は日常的に反対政党から責め立てられている。今日では、強大な権力から弱い立場にいる人を守るための手段だとも見られている。是非はともかく、キャンセル・カルチャーは社会の周辺に追いやられた人々が声を拡大し、現状のままでは不利になることに挑戦する道を与えているといえる。

それをもっとも純粋に定義したのが、好ましくない発言や行動をしたという理由で、その人や組織をボイコットすることだ。不快なことをした人が出ている映画はもう観ないとか、書いた本は読まないなど、支持をやめるのだ。キャンセレーション(取り消し)は契約を無効にすることに近く、それまではずっとファンだった人や物事との関係を断ち切ることだ。

それとは別なのが“コールアウト・カルチャー”で、間違いにハイライトを当て、害がある場合はそれを非難し、その人が同じ過ちを繰り返さないように、行いを正すよう求めることだ。公に辱めを受ける点ではどちらも同じで、社会正義を勝ち取る方法として使われてきた。どちらもこの6ヶ月で社会に対立を生んでいて、先日、J.K.ローリングがトランスジェンダーのコミュニティについて発言したことで、それが最高潮に達した。彼女は他の150人の学者やライター、作家たちと共に、「リベラルな社会が拠って立つ」言論の自由を脅かすことを根拠に、キャンセル・カルチャー(コールアウト・カルチャーがエスカレートしたものと考えられている)を非難する公開書簡を書き、「反対の見方に対する不寛容と公の辱めや村八分の流行を助長する」と異議を唱えた。自分たちには言論の自由の権利がないと言って、言論の自由を脅かしているものについて議論しているこの一文には興味をそそられる。(中略)

私たちは、自分の意見を聞いてもらうことが、かつてないほど容易にできる社会に生きている。ソーシャルメディアはそのためにある。私たちがやらなければならないのは、どちら側につくかにかかわらず、人の話を聞くことだ。言論の自由についての議論は二重構造になっている。“キャンセル”するにせよ、批判する権利をはねつけるにせよ、一方を黙らせることでは前進しない。あなたは間違っていると言われることと、削除されることは同じではないのだ。今こそ、他者の声を聞き、対処し、前に進む時だ。(Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

???????????????????????????

 ネットの時代標榜されてきましたし、それを歓迎する向きは多い。確かに情報やニュースの独占はろくなことをもたらさないし、いきつくところは、恣意的な情報操作というお定まりの罠に陥る。しかし、表現の自由や発言の機会が容易に確保されるようになると、本来生じないような事件や事故が発生するのを避けられません。表現の自由はあくまでも自由であるから、他人を非難する言辞を発表することも邪魔されないのはその通りですが、その結果、人命に危害が生じたりその恐れがあるような場合はどうなのでしょうか。二律背反ではありませんが、きわどい問題ではあります。

 この問題は、ネット時代に特有なのではないと、ぼくは思っています。誹謗や中傷はいつの時代でもあったし、いつの時代でも非難されてきました。でもそれが皆無とならなかったのは歴史が示しています。この島社会でも海外と同様の事態がもたらされています。問題の所在はどこにあるか。英国のファッション誌(ハーパーズバザー)に興味を持っているのではありませんが、この問題に関して要領よくまとめられていたのが目にとまったので、紹介したくなったというわけ。これは問題の入口です。そこから先は、自らの思考力が試されますが、誤りを犯さないための訓練が必要かつ重要であると考えます。(タピオカなるものを賞味したことがありません)

 (セレブあり、ファッションあり、占いありで、この雑誌を見るのが癖になりそう)(10月号はあす発売でーす)