地球は燃えている(so hot in fact)

HUFFPOST  2020年08月17日 17時58分 JST
世界は浜松より暑かった。アメリカ・デスバレーで「54.4度」。現地で1913年以降、過去最高気温か確定すれば、デスバレーでは1913年7月以降、最も暑い日となる。地球規模でも、過去最上級に暑い日となる。(濵田理央(Rio Hamada)

世界は、浜松よりもはるかに暑かった。
静岡県浜松市で8月17日、国内最高気温に並ぶ41.1度を記録した。その前日、世界では、過去最上級の暑さを経験していた。なんと54.4℃だ。アメリカ国立気象局がTwitterで発表した。観測場所は、アメリカ・カリフォルニア州のデスバレー。あまりに過酷な環境からそう呼ばれている。
オワ州立大学によると、 8月16日午後3時41分に華氏130度(摂氏54.4度)を記録した。この気温は現時点では公式ではないという。「極端な気候現象のため、記録された気温に対して正式な検証が必要」と説明している。確定すれば、地球規模でも過去最高クラスの気温となる。だが、1位ではない。ギネスによると、過去最高の気温は56.7℃。1913年7月10日に、同じくデスバレーで記録されたものだ。(NWS Las Vegas @NWSVegas So hot in fact, that the PRELIMINARY high temperature @DeathValleyNPS was 130°F. If verified, this will be the hottest temperature officially verified since July of 1913.)

************

 灼熱地獄(Scorching hell)といいますが、上には上が、下には下があるという話です。高温比べをする意味はどこにあるか。地球全体が途方もない方向で進んでしまっている、これを制御する技術も思想ももたない人間たちが、この小さな「船」を牛耳り、攪乱させてしまっている「悲劇」をかんがえてしまいます。死なばもろとも、運命共同体(Common destiny)、あるいは一連托生とでもいうのでしょうか。

________________________________________________

投稿者:

dogen3

「上を思えば限りがないと、下を見て咲く百合の花」になれるものなら、という想いです。それこそ、「高嶺の花」ですが。「昨日は俗人 今日は僧、生涯胡乱(うろん)これがわが能」と自称した一休さんは、一面では「相当な人物」だったと、歳をとるとともに思わされています。