神話は神話らしいのがいいね

(鵜戸神社)

?????????????????????

 コノハナサクヤビメ神話は『古事記』によればつぎのような物語になっています。
 天降ったニニギノミコトは南九州の笠沙(かささ)の岬でオオヤマツミのうつくしい娘コノハナサクヤビメに出あった。ニニギは父のオオヤマツミに姫を妻にくれるよう申しこんだ。オオヤマツミはよろこんでコノハナサクヤビメに姉のイワナガヒメを添えてさしあげた。しかし、みにくい姉をきらったニニギはこれを送りかえし、コノハナサクヤビメと結婚した。

 オオヤマツミはひどく恥じて、「イワナガヒメをさしあげたのは天神の寿命が石のように不変であるようにという気持からです。コノハナサクヤビメを贈ったのは木の花がはなやかに咲くように栄えませという願いからです。姉をお返しになったために、天孫のお命は木の花のようにはかなくおなりでしょう」と申しあげた。このことによって天皇の寿命は長久(長命)ではないのだといわれます。(下の写真は岡山大山祇「オオヤマツミ」神社)

 この神話の原型とされる神話は東南アジアを中心に世界中に分布・流布しています。その典型を、中央セレベスのポソ地方のトラジャ族がつたえる神話によって紹介します(大林太良『神話と神話学』大和書房・1975年)。
 初め、天と地との間は近く、創造神が縄に結んで天空から垂らして下ろしてくれる贈物によって人間は命をつないでいた。ところがある日、創造神は石を下ろした。われわれの最初の父母は、「この石をどうしたらよいの?何か他のものを下さい」
と神に叫んだ。神は石を引き上げて、バナナを代わりに下ろしてきた。二人は走りよってバナナを食べた。すると天から声があって、
「お前たちはバナナをえらんだから、お前たちの生命は、バナナの生命のようになるだろう。バナナの木が子どもをもつときには、親の木は死んでしまう。そのように、お前たちは死に、お前たちの子どもがあとをつぐだろう。もしもお前たちが石をえらんでいたならば、お前たちの生命は石の生命のように不変不死であったろうに」

*******************************************

 天孫が降臨する以前、この島には「国津神」「海津神」がいました。後から来た天神たちが、力をふるって、元々いた神々を退治するというのが記紀神話の主題であったというわけです。大和朝廷の成立とその権力に正当性を与えるために、このような神話を必要としたと考えられるでしょう。(左写真は海幸彦と山幸彦をまつる宮崎青島神社)

◆天津神(アマテラスの子孫)と国津神(オオヤマツミ・ワタツミ等)の戦いの物語
  ニニギノミコト(アマテラスの孫)の降臨―日向の国(笠沙の岬・現鹿児島県内)
  コノハナサクヤビメ(オオヤマツミの娘)―阿多の生まれ

         ニニギノミコト―コノハナサクヤビメ
                       |
       ホデリ(海幸彦)・ ホスセリ・ ホオリ(山幸彦)
    (長男)        (次男)    (三男)

 海幸彦と山幸彦~兄弟の葛藤

*それぞれの幸(漁具と猟具)の交換します
*弟は兄の釣り針を紛失してしまい、許しを請うが兄は拒否する(兄弟喧嘩)。
*ホオリはなくした釣り針を求めて、海神(オオワタツミ)の宮へ。                 
*そこでトヨタマヒメ(海神の娘)(実は巨大なワニ)に逢う。 


       ホオリ ― トヨタマヒメ

               |

天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト

→ウガヤフキアエズノミコト

(火遠理命(ほおりのみこと)が海神の娘豊玉(とよたま)姫と結婚して生んだ子。叔母の玉依(たまより)姫に育てられ,のち結婚して,五瀬命,神武天皇を生む。産屋(うぶや)を葺き終わらぬうちに生まれた意の名。鵜戸(うど)神宮にまつる。)(マイペディア)

 ウガヤフキアエズ ― タマヨリヒメ(トヨタマヒメの妹)                        

                    | 

        ワケミケヌノミコト(成人した後の神武天皇)

◇「朝廷は、竹の名産地である南九州の隼人が、竹細工に関してすぐれた技能を持っていることを知っていたのである。竹器製作に隼人を用いたもう一つの理由は、隼人たちが身に帯びている呪力を重視したからであろう」(沖浦和光『竹の民俗誌』岩波新書)竹職人は「差別」の対象になったことがありました。そこにはさまざまな価値観や制度が混交していたのです。


 鹿児島県は薩摩半島の西南海岸に阿多(アタ)というところがあります。その南は笠沙、突端は野間岬です。そこには阿多神社があり、竹藪が茂っています。阿多隼人の集住地。
 「此地者韓国に向い、笠沙之御崎に真来通り而、朝日之直刺国、夕日之日照る国なり。故、此地は甚吉き地(ところ)」(『古事記』)

 「彼ら(阿多隼人)が持ち伝えてきた《竹中生誕説話》《羽衣伝説》《八月十五日夜祭》―この三つの民間伝承や民俗儀礼は、中国大陸の南部から東南アジア一帯にかけて広く分布している。さらにその源流を遡ると、ヒマラヤ山麓から中国の江南地方にいたる照葉樹林帯と、南太平洋の熱帯の島々まで辿り着く。この二つの地域は、《竹》の民俗文化圏であった」(沖浦・同上)


 詳細は面倒だから省きますが、かぐや姫が浦島太郎と合体しています。かぐや姫は天女であって、彼の国でよろしくないことをした罪で「汚れたクニ」に落とされたのです。もちろん、「竹取物語」も異なった二つの話が結合させられています。姫に対する求婚譚は後から孵化されたものだとされます。このごにんがそれぞれに特定の人物に特定されてもいるのです。みなみこうせつは出てきません。もちろん、神田川も流れていません。月からの死者に連れられて、姫はもとの世界に帰ります。遠くを見ると富士の峰から煙が立っていましたとさ。コノハナサクヤビメが祭られて頂上に神社に鎮座ましましています。富士登山は姫に会いに行くんですよね。今では入山(出会い)料を取られます。

 本店は富士宮神社です。だから、富士登山は本宮(一合目)から登るのが本筋だそうです。ぼくは楽をしましたが。(この項、まだ続くかどうか、思案中)

******************************

 いとおさなければ籠に入れて養ふ

 かぐや姫はだれだったか  
 近年はまったく「かぐや姫」ははやりませんね。南こうせつもどうしたことか。「あなたは、もう忘れたかしら」 (左写真は2019年度「かぐや姫クイーンとかぐや姫」(富士市主催)(今年はコロナ禍のために中止か)

 ぼくは昔からこの「竹取の翁」(「竹取物語」)の話が好きでした。ここにはいろいろなことがいっぱいつめこまれています。大きく言えば、「日本」や「日本人」の「文化」を考える根っ子がたどれるのではないかとさえ思ってきたほどです。「日本」や「日本人」のルーツをさぐる一つの手がかりがあると思っているんです。

 いくつもの「竹取の物語」

 その①「昔老翁ありき。号を竹取の翁と曰ひき。此の翁、季春の月にして、丘に登り遠く望むときに、忽ちに羮(なます)を煮る九箇の女子に値ひき」(万葉集・卷十六)
 その②「今は昔、□□の天皇の御代に一人の翁有けり。竹を取て籠を造て、要する人に与へて其の功を取て世を渡けるに、翁籠を造らむが為に篁に行き竹を切けるに、篁の中に一の光り、其の竹の節の中に三寸許なる人有」 (今昔物語・卷三十三)
 その③「むかしむかし駿河の国に、一人の爺がありました。山で竹を伐って来ていろいろの器を作り、それを売って渡世にしていたので、竹取の翁といい、また箕作りの翁とも古い本には書いてあります。この箕作りの翁はある日竹林に入って、鶯の卵が巣の中でただ一つ、ことに光輝いているのを見つけました。…今はとて天の羽衣きる時ぞ君をあわれと思い出でぬる」(海道記)
 その④「いまは昔、竹取の翁といふもの有りけり。野山にまじりて竹を取りつゝ、よろづの事に使ひけり。名をば、さかきの造となむいひける。其の竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。…いとおさなければ籠に入れて養ふ」(「竹取物語」)
 その⑤「さるほどに、時移って、天の羽衣、浦風に棚引き棚引く、三保の松原、浮島が雲の、愛鷹山や、富士の高嶺、幽かになりて、天つみ空の、霞に紛れて、失せにけり」(謡曲「羽衣」)


 「かぐや姫」の説話は東南アジア、特に海洋民族のなかに広くみいだすことができるそうです。おそらく、いつとは知れぬ大昔に、大潮の流れに乗って南方地域から、この列島にたどり着いた人びとがいたに違いないのです。彼や彼女たちは、とうぜんのことながら、自分たちの生活・文化(生活の仕方のすべて)をたずえてやってきたはずです。

 元来、竹は国産ではありませんでしたので、竹にまつわるさまざまな生活様式も、その人びとがもち伝えたものだったでしょう。いまでは明らかになりましたが、醤油や味噌、お茶やお寿司、さらにいえば、米までも日本産ではなかったのです。

 「うるわしき日本の文化」とは、どこかからもたらされたものだったんですね。さらにいえば、そのような人びとがこの島に住み着くにつれて、もともと住んでいた人びとや、その後に渡来してきた人びとと多くの点で摩擦を起こすことになりました。そこから、後に「日本」と呼ばれ地域の歴史が始まったといってもいいでしょう。

 「竹取物語」のかぐや姫は最後には天に戻っていくのですが、この姫になぞらえられたのが「コノハナサクヤビメ(木花咲耶姫命)」でした。彼女はこの島々を支配する国津神(クニツカミ*)の娘でありました。このクニツカミは、その後には海の神(海神・ワタツミ)にもなりました。

(*くにつ-かみ 【国つ神/〈地祇〉】天つ神に対して、日本の国土に土着する神。地神。「―は高山の末・短山(ひきやま)の末に上り坐して/祝詞(六月晦大祓)」)

(あまつ-かみ 【天つ神】 天上界にいる神。また、天から下った神。)

(*大山祇神(おおやまつみのかみ)日本神話で山を支配する神。のち海・山の神となる。伊弉諾(いざなぎ)尊・伊弉冉(いざなみ)尊の子。また火の神の子とも。娘に石長比売(いわながひめ),木花開耶(このはなのさくや)姫がある。大山祇神社,三島大社にまつる。(マイペディア)

 コノハナサクヤビメ神話は『古事記』によればつぎのような物語になっています。


 天降ったニニギノミコトは南九州の笠沙(かささ)の岬でオオヤマツミのうつくしい娘コノハナサクヤビメに出あった。ニニギは父のオオヤマツミに姫を妻にくれるよう申しこんだ。オオヤマツミはよろこんでコノハナサクヤビメに姉のイワナガヒメを添えてさしあげた。しかし、みにくい姉をきらったニニギはこれを送りかえし、コノハナサクヤビメと結婚した。

 オオヤマツミはひどく恥じて、「イワナガヒメをさしあげたのは天神の寿命が石のように不変であるようにという気持からです。コノハナサクヤビメを贈ったのは木の花がはなやかに咲くように栄えませという願いからです。姉をお返しになったために、天孫のお命は木の花のようにはかなくおなりでしょう」と申しあげた。このことによって天皇の寿命は長久(長命)ではないのだといわれます。 (右下写真は富士山頂上「浅間神社」コノハナサクヤビメが祭られている)

 この神話の原型とされる神話は東南アジアを中心に世界中に分布しています。その典型を、中央セレベスのポソ地方のトラジャ族がつたえる神話によって紹介します(大林太良『神話と神話学』大和書房・1975年)。(つづく、ひょっとしてエンドレスかも)

 小声で(自分に)白状すれば、この一か月ほどかなりつらいことが連続して生じてきました。もう終わりやと思いたいのですが、まだわかりません。この際は、困ったときの「かぐや姫頼み」で、こんな始末になっています。「自主トレ」の駄文・雑文の山ですが、我ながら気が引けてます。気持ちを切り替えてとはまだ行かないけれど、気は確かに、自主トレに励みまっさ)

}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}


 しきしまの大和の国は…

 前回のつづきです。

 どのような観点から「劣島の文化」をとらえたらいいのか、この点に関してはさまざまな見方やとらえ方ができます。これしかないというかたよった立場を取らないようにして、すこしばかり日本の政治風土というものの背景(歴史)を考えてみようというわけです。

 いつの時代であれ、いきなり「日本文化」というものが出現したはずはありません。また、後に日本劣島と呼ばれるようになるいくつもの島々にはおよそ十万年以前に人類が住んでいたといわれています。その後、少しの間隔をおいて徐々に島々に人々が集まって住みだしたのです。もちろん、まだそれが「日本劣島」と呼ばれていたわけでもなければ、「日本人」が存在していたということもできません。日本も日本人も日本海も日本大学も、つまり日本文化というものはも、ごく近間・近年の造作物なんです。

 おそらく国号「日本」が作られた(使われた)のは七世紀以降のことで、そのときただちに「日本人」が生みだされたのでもないのです。その当時は外国(随・唐)から「大和」(倭・ヤマト)などと呼ばれていましたが、「(のちの)日本」以外の国が存在してはじめて国名が必要となるのです。近隣の諸国が「倭」と呼びならわしていたのが、ずいぶん後に「日本」となったのです。「日の本」(太陽の出るところ)と、自分自身のことを言い表しました。

 「日本劣島」に住んでいるぼくたちは「日本語」を話し、「日本の学校」に通い、「日本の文化」を身につけている、だから「日本人」ということになっていますが、もともと「日本国」があり「日本人」がいたわけではなく、したがって「日本文化」というものがあったわけではないのです。有史以来といいますが、ずっと名無しの権兵衛・権子(ごんこ)だった。でも確かな生活の歴史は続いていたのです。

 「日本」とは7世紀以降、《小帝国を志向し、東北・南九州をふくむ周囲の地域に対して侵略によって版図(はんと)をひろげることにつとめた、いわゆる「律令国家」の確立したとき、その王の称号「天皇」とセットで定められた国号》(網野善彦)なんです。

しきしまの大和の国は 
言霊の 
さきはふ国ぞ 
まさきくありこそ
 
     万葉集巻13-3254 柿本人麻呂 

 有史以前の「国盗り物語」

 「天孫降臨」神話~これは日本だけのものではなく、おとなりの韓国にも同じ輪郭・骨組みをもった神話が存在しています。ひょっとしたら同根かも知れません。

 天から天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫が降りてくる以前に、劣島を支配していた神々がいました。それがオオヤマツミであり、クニツカミでした。さらには海を支配していたワタツミ(海神)もいました。したがって、アマテラスの孫が「降臨」してからはそれらの神々と国の支配権をめぐる戦いが始まり、ついにはアマテラス一派が勝利を収めるという、国盗り神話になるのです。

 それは、奈良(大和)朝廷がこの劣島のあちこちに住んでいるさまざまな人々を従えるための闘いの歴史でもありました。その中には「隼人」(はやと)もいましたし、「熊襲」(くまそ)もいましたし、「蝦夷」(えみし)も「アイヌ」もいました。

(くま‐そ【熊襲・熊曾】上代の九州南部の地域名。記紀などにみえる種族。九州南部に勢力を張り、勇猛で大和朝廷に反抗したが、景行天皇の皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)に討たれたとされる。「くま」は肥後の球磨(くま)地方、「そ」は大隅(おおすみ)の贈於(そお)地方の意という。)(えみし【〈蝦夷〉】「えぞ(蝦夷)」の古名。)

(アイヌ・《アイヌ語で人の意》北海道・樺太(からふと)(サハリン)・千島(クリル)列島に居住する民族。狩猟・漁労・採集を主とする自然と一体の生活様式をもち、吟誦形式の叙事詩ユーカラが伝わる。室町時代から和人との交渉が生じ、江戸時代には松前藩や商人などに従属を余儀なくされ、明治以後は同化政策のもとで言語など固有の慣習や文化の多くが破壊され、人口も激減した。)

● 天孫降臨(てんそんこうりん)神話=天皇家の由来と古代国家の起源に関する神話。6~7世紀の成立とされる。古事記・日本書紀によれば,天照大神(あまてらすおおみかみ)が孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に神宝(三種の神器)を与え,天壌無窮の神勅を発し,天児屋(あめのこやね)命などの神々を供に高天原から日向(ひむか)の高千穂峰に降臨させたという。天皇家の絶対的神聖化を意図する神話で,天壌無窮の神勅は敗戦まで日本の国体の基礎をなすものとされていた。(マイペディア)(写真左は宮崎瓊瓊神社)

___________________________________

 宣長さんが著した『古事記伝』によって、ようやくこの島が歴史時代に入る前に、どんなことが行われていたかを含めて、「ふること」(古代の事績)が明らかにされたとも言えます。およそ三十五年の年月をかけ、医者の傍ら「古事記研究」を続けた。どうしてか、話せば長い物語ですが、要するに、『古事記伝44巻』は、まず「日本書紀」を読み、賀茂真淵に私淑し、古道・古学(それは宣長流国学となる)に打ち込む決意を決めた、彼の情熱のなせる偉業でした。今日、ぼくたちが「古事記」を何とか読めるようになったのは宣長先生のおかげでした。(それは、この雑文の主題とは違いますので、ここで中止)

 次回からは、日本の昔話を。「桃太郎」「浦島太郎」「竹取物語」などなど。奇想天外というか、荒唐無稽というか。それをまじめに信じていた時代や人々(大人たち)がいたんですね。宣長さんはどうでしたか。今は昔の…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 実をとりて 胸にあつれば 流離…

  のっけから、自問自答です。主題は文化(culture)について、です

 質問1・「文化」という言葉をきいて、どのようなことを想像(連想)しますか。

 質問2・文化という語に対して、どんな語が対応(対語)しますか。

 質問3・刃物の種類に「包丁」があります。どういうわけだか「文化包丁」などとといわれます。なぜでしょうか。また文化住宅や文化鍋などともいいますが、その共通する意図は?

 今では、この島のいたるところに「文化会館」が林立しています。「文化」があふれそうだから、建物内に閉じ込めようという魂胆か。中に入ると、空虚だったり。(東京上野の東京文化会館、いったい何回通い詰めたか。前川国男設計)

 正解はありそうでなさそうで。なんとでも言えますからね。さて、「文化」とは?

 その包丁です。「中華包丁」。これを日本の包丁とくらべてみれば、種類の少なさが顕著に認められます。その理由はどこにありますか。耕作につかう農具も大工道具も、日本ではやたらに数が多い(ノコギリでもカンナでも、カマでもクワでも)のに対して、お隣の韓国や中国さらには東南アジアの諸国では実に単調なものです。そのちがいはどこから来るのかという問題でもあります。「文化」をとらえる視点を外さないようにしたいですね。(右写真は住まいから車で三十分ほどの田んぼの中にある「文化会館」、森閑というか、閑散というか。散散といいますか。入るのが怖いよう。「8月のおはなし会」の案内が。これも立派な「文化」か)

日時 2020年8月22日(土曜日) 10時30分~
場所 文化会館 和室
対象 幼児から小学生向けです。 大人も参加できます。
参加人数 20名まで
受付 電話受付先着順
主催 長生村読み聞かせボランティア「くりくりブック」
お問合せ 長生村文化会館 長生郡長生村岩沼2119番地
TEL 0475-32-5100

●今も昔も漢語(中国語)で「庖」は「台所」を意味する。一方で、古代の漢語における「丁」は、担税を課することに由来して「召使としての成年男性(※古代中国の律令制で成年男性に該当するのは、数え年で21歳から60歳までの男性)」を意味し、「園丁」や「馬丁」という熟語があるように「その職場で働く成年の召使男性」の意味合いで用いられていた。したがって、「庖」と「丁」の合成語である「庖丁(拼音:cìdīng、páodīng、ほか)」は「台所で働く成年の召使男性」を指すものであった。日本語「庖丁/包丁」の語義の一つには今も昔も「料理人」「料理役」「料理番」があるが、刃物のことではなくこれこそが最も古い漢語の語義の流れを引き継いでいると言える。(wikipedia)

 「日本文化」という場合、いったいどのようなことがいわれるのでしょうか。今から何万年か前(十万年前とも)に、この列島に住み着いた人々がいたことはたしかですが(集住するようになったのは三万年前くらいとも)、そのような人々が、それこそ「万世一系」(永久に同一の系統の続くこと。特に皇室についていう)をつらぬいて、現在に至ったとはとても考えられない。(今日の「万世一系」はたかだか数世代程度か)
 その一例ですが、竹を材料にして、このことを考えてみましょう。元来、竹は(亜)熱帯地方の植物ですから、この(日本)列島には自生していなかった。だから、いつの時期にか、南方の民族が舟(船)に乗ってはるかに離れた東の列島(日本)に流れ着いたと考えてもいいでしょう。まるで「椰子の実」のように。(今ではこの島はれっきとした「熱帯」地方となった感があります)「竹取物語」も「浦島太郎」も潮の流れに乗って、「なれはそも波にいく月」かけてか、漂着したのか。

   椰子の実

  名も知らぬ遠き島より
  流れ寄る椰子の実一つ
  故郷の岸をはなれて
  なれはそも波にいく月
  
  もとの樹は生いや茂れる
  枝はなおかげをやなせる
  われもまたなぎさを枕
  ひとり身のうき寝の旅ぞ
  
  実をとりて胸にあつれば
  新たなり流離のうれい
  海の日の沈むを見れば
  たぎり落つ異郷の涙
  思いやる八重の汐々
  いずれの日にか国に帰らん (島崎藤村作詞・ 大中寅二作曲)

  柳田国男という日本民俗学を生み出したといわれる人は、まだ二十歳になる前に、大きな病気をし、愛知の伊良湖岬に養生のために、しばらく滞在したことがありました(1898年)。散歩にはよく伊良湖海岸に出かけたといいます。ある時、海岸に今着いたばかりというような青々として椰子の実が流れ着いていた。彼はいろいろなことを考えたそうです。この想像力が、最晩年に書き上げられた『海上の道』という著作に連なっていくのでした。 

 遥かに昔、我々の祖先となった人々は小さな、丸木舟(だったろう)で何度も何度も挑戦し、荒い潮の流れに乗って、のちに「日本列島」と称される島々を目指した(かどうか、わからないが)という。何度失敗しても次々と代を次いで小舟で小さな島を目指した。沖縄を経由して九州のある地方をとおり、ついには本州に到達し、伊良湖にも来たに違いないという仮説です。(愛知とは、アユ、アエルというように、さまざまなものが混ざり合って漂着したところから名付けられたというのが柳田説。和え物などという、その「和え」です)

 病が癒えて東京に戻った柳田青年は、この経験を親友の島崎藤村に話したところ、藤村は「これはもらったよ」といって、のちに「椰子の実」という詩を書いた(1901年「落梅集」所収)。それに曲をつけたのは大仲寅二さん(1936年。息子は恩で、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」など作曲、その詩を書いたのが従弟の坂田寛夫)。柳田さんいわく、「詩人というものは、あんなふうにものごとを考えるもんなのだな」と意外の感に打たれたといいます。

 椰子の実が流れついたのは「海上の道」を流れてきたからだという、柳田さんの仮設は椰子の実を「人民」に変えた。先に述べたように、南方のある民族(人種)がさまざまな生活万般とともに、それに伴う「文化」をこの島に持ち伝えたのだと。米も、歌も、物語も、植物も。つまりは文化(生活様式)といわれるものを携えて渡ってきた。そして、悠久の時の流れを経て、今に至ったのだというのです。この仮説は、今では正しいものとは言えないようですが、いかにも文学感情の多かった、詩情豊かな柳田さんらしい逸話ではありますね。(つづく)

_________________________________________________