ジャーナリズムは第四権力かね

朝日新聞(大阪版)2017/08/19) この「批評」を読むと、やっぱり新聞は「第四の権力」(いや「第一」かも)であるといいたくなります。

 「ジャーナリズ第四の権力」だというのはいかなる意味か。前記「社説」に述べられているのは、その一つの考え方だといえますが、はたしてそうか。権力を特権といいかえたらどうでしょう。だから多くの人は特権にすりよるのでしょう。木鐸ということばがありました。「社会の木鐸」などと使われたりしました。その原意は「(1)[礼記(明堂位)]木製の舌のある鉄でできた鈴。中国で、法令などを人民に示すとき鳴らしたもの。金口木舌(きんこうもくぜつ)。(2)[論語(八)]世人を覚醒させ、教え導く人。「社会の―」」(広辞苑・第五版)というものでした。金口(きん‐こう=(1)器物の口部を金属で作ったもの。 (2)〔仏〕⇒こんく。(3)よい言葉を出す口。立派な言葉。また、他人の言葉の尊敬語)(広辞苑)という似たようなことばもあり、金口木舌(きんこう‐もくぜつ=言説で社会を指導する人物。木鐸(ぼくたく)(広辞苑第五版)などと使われた。「金口木舌」は琉球新報のコラムとして健全な木鐸ぶりを示しています。ぼくは長年にわたって、そのはっきりした音色に好んで耳を傾けて来た。

 戦後にGHQは検察の民主化の方途として「検事公選制」を主張したことがありましたが、当時の「司法省」の反対で実現に至らなかった。「法制度上、検察官の行為をチェックするのは本来、裁判所の仕事だ。今回の村木厚子さんへの無罪判決でも明らかなように裁判所がしっかりチェックしていれば検察の暴走は止められる。しかし、裁判所はこの数十年の間に、検察官のチェックをするどころか、検察の行為を追認する機関に成り下がった」(魚住昭氏、朝日新聞「オピニオン」・10/10/02)

 その魚住氏によると検察官が勾留請求をした場合に「却下」した割合は75年には1.60%だったのが86年には0.29%に、保釈率(起訴から判決までに被告が保釈された割合)は72年には58.4%だったが、2003年には12.6%だったという。同じ記事で、元東京地検特捜部長を務めた宗像紀夫氏(リクルート事件の主任検事だった)は「特捜部のような政官財の巨悪を摘発する専門組織がなければ、日本社会の腐敗や劣化は進行するだろう。しかし、特捜部が、現在のように誤った筋読みの下で、ゆがんだ捜査手法で暴走するならば、有害で不要な組織といわざるを得ない。特捜部の組織改編は不可避となろう」といわれる。

2019(令和元)年版「犯罪白書」

 そして、魚住さんともども「取り調べの全面可視化(録音・録画)は避けられないのではないか」とも指摘される。

 立法も司法も行政も、まるで踵を接したように崩壊の寸前にあるようです。ことが人権や権利に関わるからこそ、その崩壊過程を座視するわけにはいかない。制度を構成・運用するのは人間であるのはまちいありませんが、その人間が判断力や思考力をいちじるしく欠いているが故に、わたしたちはみずからの自由(権利・人権)をみずからの力で死守するほかありません。さて、その方策はいかにして。

 上に立つ人間が狂っていたち腐敗していたりしたら、その下に仕える人間はどうすればいいのか。今回、大阪地検で生じた異様な事態は、しかしけっして大阪地検だけもなく、まして検察にかぎらないところに、この列島に君臨してきたもろもろの制度(権力・権威)の劣化の惨状が見て取れます。その状態は目を覆うばかりなのです。

_________________________________________

 前田検事を証拠隠滅罪で起訴、懲戒免職に

 郵便不正事件で証拠品のフロッピーディスク(FD)を改ざんしたとして、最高検は11日、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅罪で大阪地裁に起訴した。

 前田容疑者は「FDを意図的に改ざんした」と容疑を認め、改ざんの動機について「立証上の唯一の傷を消したかった」などと供述しているという。

 法務省は同日付で前田容疑者を懲戒免職とした。

 調べによると、前田容疑者は、厚生労働省元係長・上村勉被告(41)(公判中)が発行したとされる偽の証明書を巡り、昨年7月13日、FDに記録されていた偽証明書のデータの最終更新日時を「2004年6月1日」から、特捜部が描いていた事件の構図に沿う「04年6月8日」に改ざんした疑いが持たれている。(読売新聞・10/10/11)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 このように報道する記者が当の検察庁の人間と酒を飲んだり雀卓を囲んでいたらどうなるか。どうにもなるまい。おそらく今回の東京高検のK氏のようなケースはいたるところに、いつ何時でもある(あった)に違いありません。検察のみならず警察署関係だって同じ穴の狢。マスコミと権力が「ズブズブの腐れ縁」が続いているからこそ、マスコミは「第四の権力」と図星を指したのでしょう。特権意識は、職業よりも「地位」「身分」によることが多いのは、その地位や身分についた途端に、にわかに「特別の利益や功利」が付着するからです。椅子とかポストというが、そこに座る人間をかぎりなく堕落・腐敗させる、麻薬のようなあるいは痺れるばかりの法悦(電気椅子か)が沁みだしているのでしょう。

 そう考えると、あちこちに「電気椅子」が据えられているのがわかります。難関大学や一流企業なども、その類かもしれないですね。人は挙って、この「電気椅子」に腰掛けたがるのは、痺れ具合がたまらんからでしょう。(まるで脊柱管狭窄症罹患者のようだ)こんな椅子に座ることを、ぼくはとっくに御免被ってきましたが、それでも周囲には「電気椅子派」がたくさんいましたし、痺れ程度はそれほどでもないが、痺れるならどこでもいいという痺れ「なまず」願望派も後を絶たないのが、この小さな島社会の縮図です。

 第四どころか、第五・第六・第七、第八以下、権力へのたゆまぬ意志を固めている「控え」は引きも切らずです。それを「援助」する商売もますます盛んであります。前途洋々なのか、あるいはお先真っ暗なのか。(こんなことを言っている間にも、感染者数増加劣島に嵐と酷熱が)(承前)

_____________________

 

 権力が腐るのか、腐るのが権力か

 腐敗を防ぐ市民の目

 市民の目が届かない権力は必ず腐敗します。主権者の「知る権利」に奉仕する自由なジャーナリズムは、民主社会の基盤であり腐敗防止に不可欠です。

 「権力は腐敗する」と言ったのは十九世紀の歴史・哲学者であるJ・E・アクトンです。近代国家では、この「権力=腐敗」を前提に制度上の工夫をいろいろしてあります。

 代表的な例が日本国憲法も採用している三権分立制です。立法、行政、司法という三つの権力がそれぞれ独立し、監視し合い、牽制(けんせい)し合って、相手の勝手な振る舞いを防ぐ仕組みです。

◆“暴走”は問題の矮小化

 それでも権力は腐敗します。国民の目が届きにくいところで、違法な、あるいは不当な権力行使が行われるようになります。

 大阪地検の特捜部検事による証拠のフロッピーディスク(FD)改ざんを、単なる個人の暴走と見るのは問題の矮小(わいしょう)化でしょう。

 上司は内部告発を無視して改ざんを隠ぺいした疑いがあります。容疑者に対する虚偽自白の強要、保存すべき取り調べメモの廃棄など、ほかにも不祥事が次々明るみに出ました。FD改ざんは検察組織の腐敗の象徴なのです。

 アクトンは冒頭の言葉に続けて「専制(絶対)権力は絶対的に腐敗する」と言い切りました。/専制権力は言い過ぎとしても、検察は強大な力を持っています。人の身柄を拘束でき、起訴・不起訴を決める権限をほぼ独占し、起訴相当の事件でも事情によっては起訴しないことができる「起訴便宜主義」も認められています。

 この力の大きさ、怖さを自覚しないでゆがんだ正義感に酔ったり功名心に駆られると、逮捕された検事の前田恒彦容疑者らのように、権限を恣意(しい)的に利用し違法行為をすることになりかねません。

◆“監視”で生まれる緊張

 検察は情報公開に極めて消極的で、検察の意に反する報道をした記者にしばしば「出入り禁止」と称して取材拒否します。/透明度が低く、内部の空気がよどんでいる組織は、必ずといっていいほど腐敗が起こるのです。

 それを未然に防ぐための最も有効な手段は、市民による監視を徹底することです。外部の風にあたり、監視されていると意識することで公権力側に緊張感が生まれ、腐敗防止に役立ちます。

 情報公開法を制定するなど市民を公権力の内部に立ち入りやすくする諸施策が、一九〇〇年代から大幅に進展しました。司法とその関連分野でもさまざまな改革が行われました。

 裁判所には裁判員制度が導入され、裁判官指名諮問委員会、家庭裁判所委員会など外部の声を生かす制度もできました。

 刑務所には有識者が視察して意見を述べる刑事施設視察委員会が設けられました。警察の事務執行は有識者で構成する警察署協議会が監視するようになりました。

 しかし、検察に関しては、不起訴にした事件について検察審査会が「起訴相当」と二回議決すれば強制起訴、となったほかはめぼしい改革がありません。

 ほとんどの検察関係者は「公益の代表」たる立場を守って適正に職務を遂行していますし、検察の仕事は人権にかかわる事項が多いので微妙な要素もありますが、積み残された改革「検察の透明化」を実現しなければなりません。/まず、最高検による改ざん事件の捜査、調査結果を第三者が検証するのは当然です。検察以外のさらなる透明性向上も必要です。国民の知る権利が実質化し、「権利としての監視」の目が統治機構の隅々に注がれてこそ主権者として公権力を正しくコントロールできるのです。

 情報公開制度の充実に劣らず重要なのは、国民から信頼される、健全で強力なジャーナリズムの存在です。

 民主主義が定着し、国家、社会の運営に主権者の意思がきちんと反映するためには、権力を厳しくチェックし、判断材料を提供する自由な報道活動が必須です。

 「ジャーナリズムは第四権力」と言われることがあります。国民に対する四番目の権力という意味ではなく、三つの公権力から完全に独立し、国民のために三権と対峙(たいじ)する力という意味です。

 しかし、現状は時に権力追随と批判され、脱皮を迫られます。

◆“深層”に肉薄する勇気

 米連邦最高裁は「自由な言論に誤りはつきものである」として、報道が誤りを恐れ権力に対し萎縮(いしゅく)することを戒めました。正確性確保は当然として、深層に肉薄するジャーナリストの意欲と行動は安定した民主社会を築く礎です。

 十五日からの新聞週間を前に、反省、自戒を込めて使命の重さをかみしめています。(東京新聞「社説」・10/10/10)

(*アクトン(1834‐1902)=英国の歴史家。ナポリで軍人・政治家として活躍したサー・ジョン・アクトンの孫として同地で生まれ,ミュンヘン大学に学び,帰国してからは自由党所属の下院議員(1859年-1864年),1869年男爵に叙せられて貴族院に入った。自由主義的なローマ・カトリック教徒の代表的な存在として,教皇の不謬性を批判した。1895年ケンブリッジ大学の近代史欽定講座の教授に就任して《ケンブリッジ近代史》を企画・編集するなど,厳密な史料批判に基づくドイツ流の近代歴史学を英国に導入して英国の歴史学の発展に寄与した。(マイペディア)

___________________________________________________________

 権力は腐るといったアクトンの言葉が大流行です。それだけ、腐った権力(同語反復だ)が横行している証拠だとも言えます。腐臭(俗臭も)芬々ですな。大小を問わず、権力は腐敗するというが、間違いです。「権力」は腐らない。権力を握ったとおぼしき大小の人間が腐り、腐りきるんです。権力はおれだ、おれが権力だという軽薄な自己認識がそもそも間違いだけれど、その間違いに気づかいない輩がやたらに権力の付近に屯(たむろ)するという構図です。「この指とまれ!」という呼びかけが四方から聞こえてきそうです。

 大阪地検の問題は決してそれだけで終わらない、腐敗体質を持った検察庁全体の問題でもあることは先刻周知です。腐った検察を腐った政治が利用するのですが、腐敗菌は同類・同質だから、仲良くやりましょうという具合に事態はさらに腐敗菌まみれになって、自己崩壊を起こすのです。その権力を「批判」し、「報道する」のがマスコミだといいますが、どうですか。権力が権力を批判・非難するとどうなるか。大は小を飲み込むというのがお定まりです。呑み込まれたいと願っているのか?(巻き込まれたくはないですね)

 新聞(マスコミ)は第四の権力、この表現は正確ではない。マスコミも千差万別で「広報専門」の大新聞もあれば、「裏記事言一手販売」の業界新聞もあります。権力の列に連なりたい新聞はたくさんありますが、すべてが権力側には立てない。しかし、ぼくの狭い経験から言うと、報道(新聞・テレビなど)に携わる人間の大半は自分は「権力者らしい」、あるいは「権を持っている」というか、特権意識過剰であるのがほとんどだ。ぼくは今でもそんな感想を持ちます。その証拠かどうか、まず「何々のだれそれ」と自己紹介する。電話でも同じ。「どこそこのだれそれです」と。この程度の「権威主義」「特権意識」なら、なにもマスコミにかぎらない、世上「有名」「有力」「優秀」などと評判を受けている企業(これこそが怪しいんだが)に属する人間はほとんどそんな自己陶酔気分(悪酔い)にさせられているのではないでしょうか。そもそも、それが間違いの大本です。

 みんなボチボチでんな、という肩ひじ張らない姿勢(思想)こそが、最も人間の条件にふさわしいんとちゃいまっか。別に「何々週間」だから考えるのではなく、普段着の姿勢や態度で生きている中から生まれる「ちょぼちょぼ」主義ですね、大事なのは。(大阪地検は「赤木さん問題」(国賠訴訟)をどう展開するのか。森友問題もスルーしたし。なにか、起死回生があるんかいな)(この項、つづく。たぶん)

———————————-

 階段を一段ずつ、時には飛び越せ

 私の先生

「階段一段ずつ」の教え…北村英治さん ジャズ・クラリネット奏者

 今も尊敬しているのが、国文学者の池田弥三郎先生。慶応商工学校(旧制中学校)2年生の時、国語を教わりました。

 先生は当時、20歳代後半。戦時下にもかかわらず、「人間の歴史はとてつもなく長いのに、針でつついた一点くらいでしかない戦争に一喜一憂するなんてとんでもない」とべらんめえ調でまくし立てる。驚きました。   

 勉強が嫌いで2回もダブってしまった僕を、先生は「友だちが倍に増えるんだから、幸運だと思え」と励ましてくれた。「急がず、階段を一段ずつ確実に上がっていくことを心がけろ」という言葉が胸にしみました。

 慶応大学の文学部に進学したけれども、学生バンドの活動に精を出し、授業はそっちのけ。2年になり、プロの誘いを受けました。大卒の初任給が5000円弱だった時代、月給3万円と提示されて心が動いたけれども、「大学を出てからでも……」との思いも捨てきれなかった。

 先生に相談すると、「一生できる仕事なのか?」といい顔をしない。「階段を一段ずつという教えを覚えています。先生は言わなかったけれども、その一段がどれだけ重要かも分かっているつもりです」と伝えました。最後に「月給3万円」と説明すると、先生は顔色を変え、「大きな声じゃ言えんが、大学をやめてバンドマンになっちゃえ!」と背中を押してくれました。

 全部は教えず、含みを残して生徒に考えさせる人だったから、僕の言葉に満足してくれたのかも。いま、先生の息子さんとも交流がありますが、親子2代にわたっておつきあいできるのは、先生の人徳のなせる業でしょう。(聞き手・保井隆之)

プロフィール  きたむら・えいじ

 1929年、東京都出身。51年にプロ活動をスタート。日本のジャズ・クラリネットの草分け的存在で、海外でも活躍。60年以上にわたる音楽家生活で吹き込んだ作品は100枚を超える。78年、日本ジャズ界最大の栄誉とされる南里文雄賞受賞。(読売新聞・12/06/14)

________________________

 日本のジャズ界を先導してきた北村さん。高校時代の恩師が池田弥三郎さん。いかにもありそうな師弟の関係、傍目からは実にイキではないかと思います。池田さん銀座の有名な天ぷら屋のせがれ(お店はとっくに廃業された)。ぼくも何度か通ったことがある老舗です。後年、民俗学や日本文学などなどの領域で大きな仕事をされた方でした。その池田氏の恩師が折口信夫(釈迢空)さん。柳田國男氏と並ぶ日本民俗学の泰斗と称されたし、古代文学に独特の理論を展開され、ぼくなどは大いに興味を与えられた方でした。(折口ノーとなるものを何冊も書き残して、とうとうものにできませんでした)

 天づたふ日の昏れゆけば、わたの原 蒼茫として 深き風ふく(釈迢空)

 池田氏と北村さんの結びつきは、どこにでも見られるものであるようでいて、この二人に独特のものだったというべきかもしれません。「師の恩」などは、今では使われなくなった言葉でしょうが、その意味するところはきっと固く残されているにちがいありません。(余談ですが、ぼくが今住んでいるそばのマンション、これも山中にあるのですが、ここに渡辺貞夫さんが住んでおられ、ときどきサックスの練習ぶりが聞こえてくると、よく行く喫茶店のマスターに教えられました。ぼくはまだ、その漏れ来る音を聞いたことがありません)

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL