義務の履行は、犠牲を伴う

【社説】桐生悠々の社説から80年 コオロギの声に耳を澄ませば

   ■月のはじめに考える■

 社会が大きく変化するときは、しばしばその前兆となるような事件が起きるものです。今から80年前、長野県で起きた出来事も、その後の日本の行く末を暗示するものでした。

 1933(昭和8)年8月11日、長野県で発行する信濃毎日新聞に「関東防空大演習を嗤(わら)う」と題する社説が掲載されました。書いたのは主筆の桐生悠々(ゆうゆう)(1873~1941)です。

 その2日前から陸軍は首都圏への空襲を想定した大規模な防空演習を、市民も参加させて実施していました。悠々はこの演習を「かかる架空的なる演習を行っても、実際にはさほど役に立たないだろう」と批判したのです。/ 悠々はこの社説で「敵機の爆弾投下は、木造家屋の多い東京を一挙に焦土にする」と予想し、「敵機を東京の空に迎え撃つことが敗北そのものだ」と断じて、むしろ制空権の保持に全力を尽くすよう訴えています。/ 「嗤う」という見出しは確かに挑発的ですが、よく読めば感情的な批判ではなく、軍事の常識や航空科学を踏まえた論理的な指摘だと分かります。

 しかし、軍はこの社説に怒りました。そして、その意を受けた在郷軍人組織の信州郷軍同志会が、信濃毎日新聞に悠々の解任と謝罪を求め、不買運動を叫んで圧力をかけます。

 当時の同紙の社長らは懐の深い人物でしたが、経営を揺るがしかねない圧力に困窮します。信州郷軍同志会の会員数は、同紙の発行部数を大きく上回る大勢力だったのです。悠々は結局、会社と社長に迷惑をかけるのを避けるため、社を辞めることになります。/ 悠々は現在では、福岡日日新聞(西日本新聞の前身)の主筆だった菊竹六皷(ろっこ)とともに、反軍部の論陣を張った気骨の新聞人とうたわれています。

 しかし、悠々と信濃毎日新聞の敗北に終わったこの事件は、日本が言論統制を強め、無謀な戦争へと突き進む転機の一つだったように思えます。

 ▼異論をたたく風潮

 悠々のことが気になるのは、最近のわが国で外交や防衛をめぐる議論の風潮に、当時を連想させるような息苦しさを感じるからです。/ 現在、日本はロシア、韓国、中国との間で、領有権に関わる問題を抱えています。北朝鮮の核開発や中国の軍備増強もあって、日本と周辺国とのあつれきは強まっています。

 そうした中で、特に領土や歴史に絡む議論では、日本の立場や権益を絶対視する発言が勢いを増し、それに異論を唱えれば四方から攻撃される-そんな雰囲気ができつつあります。

 相手国の立場を少しでも理解するような姿勢を示そうものなら、「国益」を盾に批判され、「売国奴」など乱暴な言葉を浴びせられることさえあります。冷静な議論とは程遠い態度です。

 例えば、沖縄県・尖閣諸島をめぐる議論について見てみましょう。

 政府の見解は「尖閣は歴史的にも国際法上も日本固有の領土。中国との間に領有権問題は存在しない」です。/ しかし、丹羽宇一郎前駐中国大使は、両国が危機管理の話し合いの場を持つため「外交上の係争はあると認めるべきだ」と主張しています。/ また、日中国交正常化を成し遂げた田中角栄元首相の薫陶を受けた野中広務元官房長官は「国交正常化の時に、領有権棚上げの合意があったと聞いている」と発言しました。

 2人とも、厳しいバッシングにさらされています。確かに、両国の主張の違いと対立が拡大した現段階では、外交上そのまま採用することは難しい「異論」でしょう。でも、衝突の回避を最優先する2人の意見が、全く聞く価値のない「暴論」とは思えません。(以下略)(西日本新聞 2013/08/01)

__________________________

 私は言いたいことを言っているのではない。言わねばならないことを言っているのだ。国民として、特に非常時に際して、しかも国家の将来に対して、真正なる愛国者の一人として、同時に人類として言わねばならないことを言っているのだ。言いたいことを出放題に言っていれば、愉快に相違ない。だが言わねばならないことを言うのは愉快ではなくて、苦痛である。なぜなら、言いたいことを言うのは権利の行使であるに反して、言わねばならないことをいうのは義務の履行だからである。(中略)しかも、この義務の履行は、多くの場合、犠牲を伴う。少くとも、損害を招く。現に私は防空演習について言わねばならないことを言って、軍部のために、私の生活権を奪われた。私はまた、往年新愛知新聞に拠って、いうところの檜山事件に関して、言わねばならないことを言ったために、司法当局から幾度となく起訴されて、体刑をまで論告された。これは決して愉快ではなくて、苦痛だ。少くとも不快だった。(以下略)(悠々「言いたい事と言わねばならない事と」(昭和十一年六月)『畜生道の地球』所収)

● 桐悠々=1873-1941 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。明治6年5月20日生まれ。43年「信濃(しなの)毎日新聞」主筆。大正元年乃木希典(のぎ-まれすけ)の殉死を批判して論議をよび,退社。昭和3年復職。8年社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」で軍の圧力をうけ再退社。以後,雑誌「他山の石」を発行して軍部批判をつづけた。昭和16年9月10日死去。69歳。石川県出身。東京帝大卒。本名は政次。
【格言など】小生が理想したる戦後の一大軍粛を見ることなくして早くもこの世を去ることは如何にも残念至極に御座候(「他山の石」廃刊の挨拶)(デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説)

+++++++++++++++++++++++++++++++

 西日本新聞の「社説」が書かれてから、すでに七年が経過しました。この間、つねに「ジャーナリズム」の劣化や権力への忖度がしきりに言われてきました。その通りだと、ぼくも思います。なぜそうなったか、それついても明確な理由があるはずです。多くの人はそれを知っていて、余計なことを言わない。「言いたい事と言わねばならない事と」の区別がつかないのです。そして、「言いたい事を言う(書く)」のが記者の務めだと錯覚している次第です。それだけです。一端の記者だという自覚や充足感があるのかどうか、当事者じゃないから、ぼくにはわかりません。「言いたい事」といっても、何でもかんでも書けばいいというものではない。要するに書いていい記事はだれかが決めているのか、というです。その筋の判断に従って書くと、結局は今あるようなふしだらな、うじゃじゃけた新聞や放送になるに違いない。権力者と酒を飲む、あろうことかマージャン卓を囲む、政治資金集め集会に勇んで出かける、それで何が悪いという開き直りはあっても、「羞恥心」のかけらもないのだというように、ぼくには想像できてしまうのです。。

 ここに悠々の名を出すのも、場違いな(もったいない)気がして、身が引けているのです。悠々を担ぎ出して、まさか「他山の石」とせよ、とでもいうのじゃなかろうな。指摘を受ける前に、ぼくにだってそんなことはわかりきっています。多くの記者諸君がいかなる環境で「成長」してきたか、まんざら知らぬわけでもありません。学校教育の実際がどの程度であるかも、葦の髄から(管見)ですが、覗いたこともあります。それをして言わしめれば、「ジャーナリズム」の退廃は救い難かろうというほかありません。「権利の行使」はできても「義務の履行」は苦痛だという悠々の肺腑の言が泣いている。「権力を批判する」のではなく「にじり寄る」という芸当だけが達者なんですね。もう手に負えません。社主だか社長らが率先してそうなんだから、なにをかいわんやでっせ。 

 ならば、どうするか。(この項、つづく)

___________________________

 飲み代が酒から薬にかわる年

***************************************

 今回も「コラム」ふたつばかり

 筆洗 少し前、テレビでよく見た若手お笑いコンビのギャグには、なぜか、謝罪の言葉が多かった▼思いつくまま挙げれば「すいま、すいませんでした、すいま」(ハイキングウォーキング)、「ごめんね、ごめんねー」(U字工事)、ふてくされた顔で「どうも、すいませんでしたぁ」(響)というのもあった▼さて、福島第一原発事故を受けた東京電力による損害賠償の手続きが始まった。だが、被害者からは苦情が殺到しているという。無理もない。東電が送り付けた個人向け賠償請求書は六十ページ、説明書類は百六十ページほども。さらに難解な用語だらけでは、ことにお年寄りなど意気阻喪して当然だ▼例えば、企業が世間体を考えて何か制度を設けるが、実際は社員にあまり利用させたくないという場合の常套(じょうとう)手段は手続きを煩雑にすること。あるいは東電の賠償も…と勘繰りたくなる。さすがに経産相も書類簡略化を求めたが、東電はそのまま押し通す意向らしい▼賠償とは謝罪の意を込めた償いのはずだが、こんなやり方では、あの“謝罪ギャグ”と同じ。被害者は、謝られた気がしないどころか、小ばかにされたようにさえ感じよう▼あれだけのことをしでかしながら、原発事故時の対応手順書をべったり黒塗りして国会に提出し「知的財産だから」と嘯(うそぶ)いた件もしかり。この企業の無神経ぶりこそ“想定外”である。(東京新聞・11/09/23)

 風土計 「誕生日ローソク吹いて立ちくらみ」(大阪府、63歳男性)。19日の敬老の日を前に「シルバー川柳」の入選作が届いた▼社団法人全国有料老人ホーム協会が公募。11回目の今年は98歳男性の最年長者から最も若い3歳男児まで、約9400句が寄せられた。老いも物忘れも何のその、前向きに笑い飛ばそうとする入選作品を紹介すると▼「歩こう会アルコール会と聞き違え」(大阪府、66歳男性)たのは決して耳のせいではなく、まだまだ意欲満々。「飲み代が酒から薬にかわる年」(滋賀県、72歳)までは夫婦や友人たちと楽しいひとときを持ちたい▼「『いらっしゃい』孫を迎えて去る諭吉」(大阪府、63歳女性)。来訪はうれしいが、出費がかさむのは痛しかゆし。「お迎えはどこから来るのと孫が聞く」(愛媛県、73歳女性)のも、ちょっと返答に詰まる質問ではある▼自らの老いを明るく受け止めようというのも川柳の真骨頂。「若作り席を譲られムダを知り」(東京都、71歳男性)とがっかりしながらも「少ないが満額払う散髪代」(東京都、66歳男性)と気概は十分。「聴力の検査で測れぬ地獄耳」(新潟県、71歳女性)も健在だ▼「なれそめを初めてきいた通夜の晩」(鹿児島県、25歳女性)。おじいちゃん、おばあちゃんの若き日の思い出は、座を和ませたことだろう。(岩手日報・11/09/18)

___________________________

 東電はまるでブラックです。もう何年前になるか、知り合いの若者が二人、たてつづけに「東電」に就職した。辞めたらいいのにと、いいたかったが、「あなたは原発のことをどう考えていますか」と聞いた。男性の方は、「大丈夫」の一点張り。女性は「よくわかりません」と答えた。数年後の事故で、メールのやり取りとりをした。「東電という組織が、どんなにえげつないか、その実態をよく見てくださるといいね」とぼくは、そのようにお願いした。その後はまったくつながりが切れてしまいました。「停電か」な。お二人はどうされたか。ぼくは「東電」を変えました。ろうそくにでもと考えたんですが、連れ合いが「仏壇」じゃあるまいしと、反対。無理はしない。

 シルバー川柳はとにかく明るい。人生、暗いよりは明るい方が何倍もいいに決まっています。でも当節は独占電力会社の停電が大流行ですから、ここは自家発電するほかなさそうです。(いろいろな電力会社が新規に参入してきましたが、基本の構図は旧態依然です。つぶれたはずの「東電」が生き残っている、まるでゾンビですね)ぼくは下手の横好きで、俳句をと、もう何年も苦心しているのですが、出来上がりは川柳の出来損ないばかりです。下手でもいいというが、それには限度というものがあるだろうと、横から言われると気分が悪いから、愚作は秘密のアッコちゃん。

 そして、ここまで来て、どうしても紹介したくなった人がいます。ノーマン・カズンズ。彼についてはすでに何度か紹介しました。以下の文章も既出ですが、もう一度。

 《 わたしは十年ばかり前にハンス・セリエの古典的な名著『生命のストレス』を読んだことを思い出した。セリエはその書物の中で、副腎の疲労が、欲求不満や抑えつけた怒りなどのような情緒的緊張によって起こり得るということを非常に明快に示し、不快なネガティブな情緒が人体の科学的作用にネガティブな効果をおよぼすことを詳しく説明していた。/ それを思い出した途端に、当然の疑問がわたしの心に湧いてきた。では積極的、肯定的な情緒はどうなのだろう。もしネガティブな情緒が肉体のネガティブな化学反応を引き起こすというのならば、積極的な情緒は積極的な化学反応を引き起こさないだろうか。愛や、希望や、信仰や、笑いや、信頼や、生への意欲が治療的価値を持つこともあり得るのだろうか。化学的変化はマイナスの側にしか生じないのだろうか。/ たしかに、積極的な情緒を引き起こすということは、水道の栓をひねってホースの水を出すように簡単にはいかない。しかし自分の情緒をある程度までコントロールできれば、それだけでも病理学的にいい効果を生ずるかも知れない。不安の念をある程度の自信感で置きかえるだけでも役に立つかも知れない 》(ノーマン・カズンズ『笑いと治癒力』岩波現代文庫。2001年)

+++++++++++++++++++++++++++++

 「企業が世間体を考えて何か制度を設けるが、実際は社員にあまり利用させたくないという場合の常套(じょうとう)手段は手続きを煩雑にすること」とありますが、企業に限らないのは先刻承知なのに、コラム氏は頬かむりを決め込んでいます。現下の税金からの「給付金」のいやたらしい手続きの意地悪さ加減は半端じゃない。なんでもそうだ、官庁や役所に「登録」する際、きっと「業者」に頼まなければ書けないような悪ふざけ・妨害をします。ぼくは、何とか自前でやろうとしますが、いつも窓口で「ケンカ」まがいになります。これこそ、困っている人間に同情なんかするものかという「お上」根性と、庶民を見下す「横柄」が(一部を除く)役人の腹部に黒々とに巣くっているのです。救い難い「頽廃」というべきです。「この企業の無神経ぶりこそ“想定外”である」というが、貴紙でもそうじゃないですか。電話をかけても「盥回し」、ぼくは何度も経験してきました。まじめに答えないで、いつかはゴマかそうという魂胆、その点では官民の差はなく、みなさんお揃いじゃないですか。問題を指摘する、今はそんな元気も失せましたが。(「読者の皆様」、「消費者の皆様」「皆様の✖✖✖」と、まるで「神様」あつかいが、聞いて呆れます。

 川柳はいい薬ですが、「シルバー」という名称は嫌ですね。「シート(座席)」を即座に連想します。何十年も前のアメリカのテレビドラマの警備隊員(?)が乗っていた馬が「シルバー(「ローンレンジャー」1949年に最初のテレビ化))、さっそうとしていました。今では米国もとんでもないステートに成り下がったか、まるで島社会並みです。「おのれファースト」ですから。ついでに、「後期高齢者」は何ですか。後期も前期もあるものか。ステージいくつ(?)東京にも神奈川にも「アラート」ばやり、バカみたいというより、バカ丸だし。

 マイナンバー ナンマイダーと 聞き違え 耳が悪いというのですか、お経も「百万遍」とは。聖人さんの御心にかないます。

***************************

 生きるために水は欠かせない

【今日の1枚】変わらぬ日課、飲み水を運ぶ少女
2020年7月18日 12:15 発信地:ガザ/パレスチナ自治区 [ パレスチナ自治区 中東・北アフリカ ]
パレスチナ自治区ガザ地区北部のベイトハヌンで、飲み水を入れたボトルをカートで運ぶ少女(2020年7月6日撮影)。(c)Mohammed ABED / AFP
 
【7月18日 AFP】パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)北部のベイトハヌン(Beit Hanun)で、飲み水を入れたボトルをカートで運ぶ少女。(c)AFP
「最も悲しい写真だ」国際宇宙ステーションから撮影したガザ侵攻(2014年07月24日 17時16分 JST | 更新 2014年07月24日 21時53分 JST)
ゲルスト氏は、欧州宇宙機関(ESA)に所属する38歳のドイツ人で、現在は地表から320キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗中だ。

国際宇宙ステーションからガザ地区を撮影したこの驚くべき写真は、現地時間7月23日に、宇宙飛行士のアレクサンダー・ゲルスト氏がTwitterに投稿したものだ。

同氏はこの画像について、「これまでに自分が撮った中で最も悲しい写真」だと述べ、「いくつもの爆発や、ガザとイスラエルの間を飛び交うロケット弾が見えた」と付け加えている。

_________________________

 戦火の絶えない地域、とりわけ、ベイトハヌン。過酷な運命に晒されても、日は暮れ朝が来る。さすれば、「おはよう」といい、「こんにちは」とあいさつを交わす。どんな時でもご飯は食べなければならず、その準備をしなければならない。戦争があろうが、天災が降りかかろうが、日常生活は続くのです。そして、その生活を持続させるための労働は「女性」や「子ども」が担わざるを得ないという、いたるところの人間集団(社会)の一面の縮図がここに写し取られています。闘うのは男と、銃後の守りは女性や子どもと、洋の東西、時代の古今を問わず、そのようにある、と(いたずらに状況を肯定するのではないが)相場は決まっているようにも思われます。何とかしなければと、切歯扼腕のままで、ぼくはよたよたと歩くしかないのでしょうか。今もなお、思案投げ首です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++