自分のもの、それは自分の働きだけ

 ここで、わたしたちの現在の生活ぶりにとって、ひじょうに象徴的な物語を紹介します。(承前)

 ロシアの作家だったトルストイ(一八二八~一九一〇)が書いた『イワンのばか』という民話集(岩波文庫版)に「鶏の卵ほどの穀物」と題された、文庫本で六ページ足らずのきわめて短い話があります。その内容は以下のようなものです。 

 あるとき子どもたちが谷間で「まん中に筋のある、鶏の卵ほどの穀粒」のようなものをみつけた。通りがかりの人が子どもからいくらかの金額で買って町にもっていって、珍しい品物として王さまに売りわたした。王様は何人もの賢人(物知り)を集めて「これはいったい何なのか」と調べるように命じたが、だれもそれがなんであるのか答えられなかった。ところが、その不思議な物を窓際においたところ、鶏が飛びあがってつっついたので、どうやらそれはなにかの穀物の粒(種)だと見当がつきました。

 「王さま、これは裸麦の穀粒でございます」

 このように答えた物知りたちに命じて、「いつどこでこんな穀粒ができたのか」を調べさせました。しかし、いくら調べても、彼らにはわからなかった。

 「わたくしどもにはお答えができかねます。…これはやはり、百姓どもにたずねてみるよりいたしかたなかろうと存じます」

 それを聞いて、王さまはうんと年寄りの百姓をさがしてくるように命じた。やがてひとりの老百姓が連れてこられました。「青い顔をした、歯の一本もないその老人は、二本の撞木杖にすがって、やっとはいって来た」のです。彼は耳も聞こえず、目もよく見えなかった。

  「これじいよ、おまえはこれがどこでできたものか知らないか? おまえ自身でこんなふうの種子を、自分の畑にまいたことはないか、それともまた、どこかでこんな種子を買ったことはないか?」

 問われたことをようやく理解したその老人は、「いいえ、こんな穀物をうちの畑に播いたことはございませんし、とり入れたことも、買ったこともございません。わたくしどもが穀物を買いました時には、みんなもっとずっと小さなものばかりでございました。これはどうしても、わたくしのおやじにきいてみなければわかりません」と答えたのでした。

 そこで、王さまは人をやってその老人の父を呼びにつかわした。「このたいへんな年寄り」は、一本の撞木杖にすがってやって来た。王さまは穀粒をみせながら、前とおなじことをその「たいへんな年寄り」にたずねた。

 彼は「こんな種子はわたくしの畑に播いたことはございませんし、とりいれたこともございません。また買ったこともございません」自分たちの若いころには「金」というものはまだできていなかった。人はみんな自分が収穫した穀物をたべていたし、必要なときにはたがいに分け合っていたともいうのでした。

 「なんでも、おやじから聞きましたところでは、おやじの時代には、今よりもずっといい穀物ができて、打ちべりも少なけりゃ、穀粒もずっと大きかったということでございます。おやじにたずねてみるがええかと思いますが」

  王さまはまた人をつかわして、その老人の父親をさがさせた。連れてこられた老人は杖もつかず、らくらくと歩いて王さまの前に進みでた。目もよく見えたし、耳もよく聞こえた。

  穀粒を見せられた老人は「わたくしはもう長いこと、こんな昔の種子は見たことがございません」といって、それを噛んでみてからいった。

 「たしかにそれでございます」

  「ではな、じいよ、ひとつわしに、そんな穀物はいつどこでできたものか、教えてくれ、おまえは、自分の畑にそんな穀物をまいたことはないか、また、どこかでそれを買ったことはないか?」と王さまたずねた。

  その老人は次のように答えました。

  「わたくしの世ざかりには、こんな穀物はどこにでもできていましたです。わたくしなぞは生涯この穀物をたべてきましたし、人にもたべさせてきました。わたくしはこれを、自分でもまきますれば、とり入れもし、打ちもいたしました」

  王さまはさらにたずねた。

 「では、じいよ、ひとつわしに話してくれ、どこでおまえはこんな穀物を買ったか、それとも自分で自分の畑にまいたか?」

  そう聞かれて、老人は笑いだしました。

 自分の時代には穀物を売るとか買うなどといった、そんな罪なことはだれもしなかった。金なんかだれも知らなかったし、穀物もだれのところでも欲しいだけあったのだから、といった。

 「ではな、じいよ、おまえはこんな穀物をどこで播いたか、おまえの畑はどこにあったか、それをひとつ話してくれ」

 「わたくしの畑は、神さまの地面でした。どこでも、犂を入れたところが畑でございました。土地はだれのものでもありません。自分の地面などということは、言わなかったものでございます。自分のものというのはただ、自分の働きということだけでございました」

 そこまで聞いていて、王さまはどうしても二つのことをたずねたくなりました。

  一つは「昔はこういう穀物ができたのに、今はなぜできないのか」

 もう一つは「おまえの孫は撞木杖を二本ついて歩き、お前の息子は一本ついて歩くのに、おまえは、杖もつかずにらくらくと歩いて来たばかりか、目はそのとおりはっきり見えるし、歯は丈夫だし、言葉もてきぱきして、愛想がいい。それはいったいどういうわけか」

 そこで三人のなかでもいちばんの年寄りだった、その老人はいった―

 (さて、不思議な老人は王さまにどのように答えたのか。答えはそれぞれに出せるでしょうから、一つとは限らない。正解は「一つだけ」というのはこの島の学校が微塵も疑わない信仰ではありますね。その方が採点も楽だし、子どもも納得するし。でも本当は納得なんかしちゃだねなんだ。したがって、ここでトルストイとは別個の回(解)答をするのも一興でしょう。肝心なことは「現場」はどうなるのでしょうか、という一点に尽きますね。あなたにとって、「現場」はどこですか。それは、なんですか。「イワンのバカ」ばっかりですね、この世は。

 自分のものとは、いったい何か

 自分のものとは

 信じられないようなおぞましい出来事や事件がいたるところで続発しています。まるで、いのちそのものが一枚の木の葉より軽々しくあつかわれる状況に似ています。わたしたちが生きている時代や社会、それはひとりの人間が正直に生きるのが奇蹟のような時代であり社会なのだと痛感します。どうしてこんなふうになったのでしょうか。(元ウルグアイ大統領 ホセ・ムヒカ)

 いまの時代の風潮を「豊かだけれども貧しい」といった人がいます。その言い方にはいくつかのふくみがあります。「豊かだと自分では思っているが、ほんとうは貧しい」ということであり、「身のまわりに物は豊かにあっても、そのこころは貧相なのではないか」という意味であり、そもそも「豊かであること、それが貧しいのだ」といっているようにも思われます。

 「豊か」と「貧しい」は、釣りあいのとれた天秤のようではなさそうです。けっして釣りあおうとはしないからです。片方が重くなれば、もう一方はつり上がる。まるで豊かさと貧しさがたがいに競争しているみたいです。豊かになればなるほど、一方では、自分のなかのなにかが貧しくなるのを避けられない。いったい、どうしてそうなるのか。

 わたしたちは生活の便利さを求めてやみません。不便であるよりは便利である方がどれほどいいか、そんなことはいうまでもないとされます。便利さを追求するのにかまけて、知らないうちに自分でできる領分を失っているのに気づかなくなるのです。

 便利さを計る尺度は時間や労働の節約という偏った価値観にもとづけられています。自分の身体を使わなくてもいい、いたずらに長い時間をかけなくてもできてしまう、つまるところは、容易で効率のいい生き方を願ってでもいるようです。でも、求めている便利さ(コンビニエンス)は無償で手に入れることはできない。その価値(値打ち)は機器や技術によってもたらされるものであり、その機器や技術は金銭によってしか購われないからです。

 だからでしょうか、金さえあれば、金がなければ、それこそが時代の合言葉のようになっていないでしょうか。金に追われ、金を追い求めるのが、私たちの有様だといえば、どうでしょう。

 もちろん、このような物質主義に支配された生活(生き方)を安易に受けいれようとはしない人びとがいることを忘れているのではありません。にもかかわらず、世の中の風潮は否定すべくもないといわざるをえないようです。

 ほとんどの人が使っている携帯電話(スマホ)を例にとります。かけたいときにかけたいだけ使うことができる、まことに便利な機器(道具)です。しかも、それは通話するだけにかぎりません。メールにしてもネットへのアクセスにしても、チャットにしても、ツイッターにしても。好き放題に、つまりだれに気がねをすることなく、自由自在に使える機器です。いったん携帯電話(スマホ)を使い始めれば、それがない生活を想定することが不可能なように感じられてくるから、奇妙というよりは、恐ろしい事態だというのです。(ぼくはスマホは持ったこともないし、使ったこともない。多分スマホとはそんなものだろうという勘繰りで話しています)

 便利であるというのは、わたしたちにとって、どのようなことをさすのでしょうか。

 自分の足で歩くかわりに、車に乗る。手間と暇をかけて食事を作る面倒を省いて、近所の「コンビニ」で用を足す。あるいは、以前ならば十時間もかかっていた仕事(労働)が、便利な道具を使えば一時間で済んでしまう。

 仕事(労働)、それは、いまでは時給いくらの計算で比べられる苦役となってしまったかのようです。時給が低いから、時給が高いからというのが、仕事(労働)を選ぶ基準になったのだとしたら、いったいどのような状況が、そこからうみだされるのか。「便利」は「不便」であり、「不便」よりももっと「不便」です。便利が途切れたら、どうしましょう。(もっと早いリニアを、と望むのは誰だ)

 文明の進歩ということがさかんにいわれてきました。遅れた生活、進んだ生活という比較もなされてきました。新しいことはいいことだという価値観を拒否しなければならないというのではありません。人間が生活する(生きる)とは、自分の身体を使って働くという生活のことなのだといいたいだけなのです。「「文明の進歩」は「文化の破壊」です)

 わかりきっていたはずなのに、労働とはなんだろうか、あらためて考える必要があります。

 (折しも、コロナ禍という災厄が襲来を辞めそうにないのです。これがかなり長く続くとなると、おそらくこれまでの生活スタイルを否応なく変更せざるを得なくないでしょうし、変更されつつあるのかもしれません)

 ここで、わたしたちの現在の生活ぶり(習慣)にとって、ひじょうに象徴的な物語を紹介したくなりました。(つづく)

______________________

 米国が「人権立国」になる日は…

13th -憲法修正第13条- 2016  1時間 40分ドキュメンタリー
現代の米国の社会問題に、アフリカ系アメリカ人の"大量投獄"がある。黒人が犯罪者として逮捕されやすい事実を学者、活動家、政治家が分析するドキュメンタリー。(https://www.youtube.com/watch?v=krfcq5pF8u8
『13th -憲法修正第13条-』(13th)は、エイヴァ・デュヴァーネイ監督による2016年のアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画である。人種差別、法と政治、そして大量投獄の関係性に踏み込んだ作品である。タイトルの13thは合衆国憲法修正第13条(奴隷制廃止条項)を意味する。/ この作品は冒頭、アメリカ合衆国前大統領バラク・オバマの発言映像から始まる。それは、「アメリカの人口は世界全体の5%にすぎないにも関わらず、アメリカ人受刑者は世界全体の受刑者数の25%を占めている」という問題提起だ。そして、アフリカ系アメリカ人公民権運動の結果廃止されたはずの奴隷制度が、現代もなお形を変えて残っていると指摘している。(以下略)(wikipedia)

初公開: 2016年10月7日 (アメリカ合衆国)
監督: エイヴァ・デュヴァーネイ
音楽: ジェイソン・モラン
プロデューサー: エイヴァ・デュヴァーネイ、 ハワード・バリッシュ、 スペンサー・アヴァリック

_____________________________________________

 Black Lives Matter.いまアメリカで起こっているこの運動は、もはや「黒人差別」に対する抗議運動にとどまるものでありません。とうぜんながら、「人権」そのものを激しく問うものになっています。黒人問題は「白人問題」であり、黒人が自由にならなければ白人もまた自由にはなれないということを明示している Movement であると、ぼくは思います。このドキュメントが明かすアメリカ社会の政治的・制度的・社会的な差別問題、別けても「黒人差別」問題はじつはアメリカ社会の成り立ちからして、不可避の、あるいは必要不可欠の政治経済問題(条件)でもあった。「人権」を問う主体は「一人一人の人間」であるというあからさまな真理も、この社会では数えきれない犠牲者の上で保たれようとしてきたという歴史事実が明かされます。このドキュメントが訴えるところがいかにして自らに届くか、ぼくたちは激しく動かされるはずです。これは間違いなく、ぼくたちの社会における問題そのものでもあるのです。(上の写真、左はAngela Davis。右はAva DuVernay )

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++