I can’t stop while there are lives…

筆洗 英国人の看護師イーディス・キャベルが銃殺されたのは、第一次世界大戦のさなか、一九一五年の十月だった。ドイツ占領下のベルギーで、彼女は敵味方分け隔てなく献身的に手当てをした▼傷ついた英仏の兵士をかくまい、中立国に逃れるのを助けた。ドイツ軍は彼女を捕らえ、軍法会議で死刑を言い渡した。キャベルは処刑の前夜、自分が祖国のために喜んで命を捧(ささ)げることを、親しい人たちに伝えてほしいと、静かな口調で牧師に語った▼そして続けた。「けれど、私は申し上げたいのです…愛国心だけでは不十分なのだと、つくづく分かりました。誰に対しても、憎しみも恨みも持ってはいけないのです」▼自分が育った土地と人々に絆を感じ、守ろうとするのは、自然な感情だろう。しかし、その心に他の国や民族への憎しみや恨みが交じった時、政治がそれを巧みに利用する時、愛国心が危険な力を放つことは、歴史が教えてくれる▼国民の知る権利を損なう特定秘密保護法を成立させたと思ったら、今度は外交・防衛の基本指針・国家安全保障戦略に「愛国心」を盛り込むという。国の大事は知らなくてもいいと言いながら、国を愛せと言う。随分と、政府に都合のいい国民をご所望のようだ▼政府が「愛国心」と言う時は、よくよく吟味した方がいい。実は「政府を愛する心」を求めているだけかもしれない。(東京新聞・13/12/13)

_________________________________

 おそらく三十年以上も、ぼくは「看護教育」にかかわってきました。というと聞こえはいいけど、先輩に依頼されて、断り切れず、ズルズルとやり過ごしただけでした。教育や歴史や文化という視点をもちながら、よもやまの話で脱線をくりかえしてきました。その間に、キャベルのことは気になっていました。じゅうぶんに学習していなかったので曖昧にしか話せませんでした。いつの日にか、ていねいに彼女の生き方をたどりたいと考えていた。人間には、ぼくなどのような愚図には計り知れない高い理想と高潔な生活信条を堅持して生きておられる(おられた)人がいますが、さしずめ彼女などはその典型でしょう。マザーテレサの「マザー」のようでもあります。そういう人から見れば、戦争も暴動もなく、I can’t stop while there are lives to be saved.ということだけがあった。それこそが使命(mission)になっていたのですね。

**************************

 権力乱用、玩弄の止むときなし

Jennifer Jacobs、Justin Sink、Erik Larson、David Yaffe-Bellany 2020年7月11日 13:56 JST
トランプ米大統領は、ロシア疑惑を巡る議会への偽証罪などで禁錮3年4月の実刑判決を受けた元顧問のロジャー・ストーン被告の刑を免除した。ホワイトハウスが10日夜発表した。同被告は14日に収監される予定だった。(Bloomberg)(写真はロジャー・ストーン被告)(2月20日)トランプ氏はストーン被告の裁判に関わった判事や検察だけでなく、陪審にも政治的動機に基づいているとして繰り返し批判していた。/  
 米政界ではトランプ大統領による今回の決定は広く見込まれていた。民主党からは早速反発する声が上がっており、11月の大統領選で民主党の候補指名を確実にしているバイデン前副大統領のスポークスマン、ビル・ルッソ氏は「権力を再び乱用した」としてトランプ氏の決定を批判した。___________________________
トランプ氏の顧問を長年務めたストーン元被告は昨年11月、2016年大統領選におけるロシア介入疑惑をめぐり、連邦議会に対する偽証、証人に対する不当圧力、下院調査の妨害などの罪で有罪となり、今年2月に禁錮3年4月の量刑を言い渡されていた。
 トランプ氏が自身の友人や味方を助け、批判者や敵とみなす人を罰するため司法制度に介入しているとの批判が再燃するのは必至だ。(c)AFP(2020年7月11日 )

+++++++++++++++++

 まったく奇妙な符号というべきか。(事案の内容はまったく異なるが、権力者に近い関係者であるという点で「不正」がまかり通るという意味で同じ類のものです)この島でもPMの「親友」とされる人物(TBSの元ワシントン支局長だという)がジャーナリスト志望の女性に「性的暴行」を加えた事件で、帰国直後に逮捕される予定だったのが、突然に「取り消された」ことがあったとされる。(https://webronza.asahi.com/national/articles/2019122600008.html)民事裁判で「損害賠償」を求めた原告の訴えを東京地裁は認め、被告に賠償金の支払いを命じた。(2019年12月18日)

 日米会談と称して何度もあっている二人は、結局は両国関係の良好な維持策を話し合ってなんかいなかった。ふたをあければ、おのれの権力を弄ぶための構図を「ああでもない、こうでもない」と描く目的で会談していたのだ。「時宜を得る」というのは本当ですね。「オレはこんなことまでできるんだ」と、莫迦丸出しで権力を弄っているだけ。そんなケチな料簡の持ち主が、時を同じくしてトップに座るというのは「✖✖の配剤(廃材)」か。一刻(秒)も早く、 Ask for Exit.

________________________________