裁判は被告のために

 〇正義のかたち:裁判官の告白/8止 求められる公正さ

 ◇量刑に悩み、眠れぬ夜も--人裁くのは、やはり人

 何物にも染まらず、公正に裁きを下す。裁判官が身を包む法服の「黒」には、こんな意味が込められていると言われる。

 元裁判官の神田忠治さん(73)は「裁判官は公正らしさが一番重要。法廷で泣いたりしたら、被告側に有利だと疑われかねない」と解説する。

 一方で、こうも言う。「能面に見えるかもしれないが、泣きたくなることはある。血も涙もないのは裁判じゃない」。死刑言い渡し後に涙ながらに控訴を勧めた裁判官もいる。

 白鳥事件の審理をきっかけに、証拠を厳しく吟味し、無罪判決も多く出した法政大法科大学院教授の木谷明さん(70)は「極悪非道と言われる被告でも人間には変わりない。何カ月も顔を見ていると情がうつるんですよ」と語る。それだけに、被害者・遺族が法廷で被告に質問などができる被害者参加制度(年内実施)を思うと「(被告と被害者の)両者のはざまのハムレット」と、裁判員を思いやる。「人を裁く」のは、やはり人しかいない。

 そして人は悩む。報道されないありふれた事件でも、執行猶予を付けるか否かで被告の人生は大きく左右される。時には眠れない思いをする、と言う元裁判官、荒木友雄さん(72)は、こんな経験を明かす。

 自分一人で判決を決める単独事件だった。前夜から寝ずに考えたが、決まらない。法廷に向かう廊下を歩きながら、まだ迷う。結局「被告の顔を見て決めよう、と。確か執行猶予にしました」。法廷のドアに手をかけた瞬間に決めた、と漏らす現役裁判官もいる。

 量刑の前提となる事実認定も悩みが深い。裁判員制度下でも、厳選されるとはいえ多くの証拠が提出される。「事実認定のためには資料を突き合わせる作業を、しっかりやるしかない」と、元裁判官の河上元康さん(70)。そうやって事実を見極め、熊本地裁八代支部時代、免田事件で死刑囚の再審無罪を言い渡した。

 とはいえ「事実認定の専門家ではない。びくびくしながらやっている」と漏らす元裁判官も。市民感覚が期待されている。

  ◇  ◇

 36年間務めた裁判官から居酒屋店主へ転身。庶民感覚を知る岡本健さん(75)は現役時代、人間味あふれる法廷で知られた。

 ある公判で、被告の妻が証言に立った時のことだ。乳飲み子を抱えて入廷した妻に「抱っこしてもらいなさい」と声をかけ、赤ん坊を被告に抱かせた。「本人だってうれしいし、奥さんも安心するでしょ」。もちろん判決に手心は加えない。

 居酒屋時代、報道された内容で有罪と決めつける客の会話が気になった。そんな目で事件を見ないでほしい、と伝えたい。

 「裁判はね、はっきり言えば被告のため。権力側が訴えて、本人に弁解の機会が与えられる。それで証拠を調べて判断するんです。結局、裁判は人が話すことを丁寧に聞く仕事ですから」=おわり

 この連載は、長野宏美、高倉友彰、銭場裕司、北村和巳(以上、東京社会部)、玉木達也(大阪社会部)が担当しました。(毎日新聞 2008年3月30日 東京朝刊)

++++++++++++++++

  この連載の直後に「裁判員裁判制度」が始まります。そのための連載であったのです。果たして、この連載でどれほどの人が裁判や裁判官、裁判員などについて考えることができたか。ぼくは開始された夏に裁判員候補者に選ばれました。まっとうな理由で辞退しましたが、担当予定時間は放火殺人事件でした。多分裁判は終了して「無期懲役刑」を受け入れたように記憶しています。かりに、一人の裁判員として法廷にいたなら、どうであったかとよく想像します。「死刑」は反対していますから、一定の制約の中でしか、裁判員を務められなかったと判断しています。

****************

 冤罪が疑われる事件というと、即座にいくつかの事案が思い浮かびます。なかでも以下の事件は、ひろく内外で問題視されたのでよくぼくの裁判制度考察の対象にしてきました。あくまでも参考までの紹介しておきます。

〇サッコ=バンゼッティ事件=アメリカの裁判史上有名な事件。〈赤〉への恐怖や排外主義が病的にまで高まった1920年代アメリカを象徴し,U.B.シンクレアの小説《ボストン》などの題材ともなった。国内だけでなく,西欧,中南米でも抗議運動が展開されたことでも知られ,アインシュタイン,アナトール・フランス,ロマン・ロランらも参加した。事件は1920年4月15日,マサチューセッツ州サウス・ブレーントリー市の路上で,製靴会社の会計部長と護衛が射殺され,1万6000ドルが奪われたことに端を発する。(世界大百科事典 第2版の解説)この事件は映画化された(『死刑台のメロディ』)。音楽はジョン・バエズ、作曲はエニオ・モリコーネ(本年7月6日死去)。つい最近まで彼の音楽に聞き惚れていました。

 世の東西を問わず、裁判では多くの問題点が明らかにされています。上に示した「サッコ=バンゼッティ事件」、いまでは「無実」が明かされています。裁判が続く限り、「冤罪」はなくならない。それが「死刑」となるケース(事案)の多くが報告されています。

 「裁判官も人間だ」というのはどういう意味でしょうか。八回に及ぶ連載を通して、裁判と裁判官にかかわる問題を垣間見たという気もします。裁判官は「鉄面皮」であるとみる人はいないと思うし、判決を言い渡す際に、感情が動かないはずもありません。人が人を裁く、それが裁判のいのちでもあるのですが、それには様々な課題が付きまとっているのは事実です。「死刑制度」はその最たるものです。「冤罪」は許されないことですが、きっと生じます。これまでも、これからも、「過ち」はあったし、あるでしょう。それを皆無にすることができない以上、間違いのより少ない方法を考えるべきだ。

 ぼくたちはこの問題から自由ではないし、きっと解放されることはないと思います。司法制度、とりわけ死刑制度の反人権性を問いただすことを中断してはならない。「人命尊重」というのは、「人命」に軽重の差をつけないというところからしか生じてはこないからです。「今日」も、ぼくたちのあずかり知らないところで「死刑執行」が進んでいるかもしれない。はたして、それは自分に関係ないといつまでも言い切れるのかどうか。

_____________________________________

投稿者:

dogen3

「上を思えば限りがないと、下を見て咲く百合の花」になれるものなら、という想いです。それこそ、「高嶺の花」ですが。「昨日は俗人 今日は僧、生涯胡乱(うろん)これがわが能」と自称した一休さんは、一面では「相当な人物」だったと、歳をとるとともに思わされています。