古くて、新しい「偏見と差別」の問題

国連人権勧告を日本政府が受け入れるよう訴え行進する田中宏さん(中央)ら=2019年12月7日、東京・渋谷、筆者(市川速水)撮影 差別なき社会へ 「民族主義者」田中宏の闘い(2019年12月29日) ぼくは若いころに田中さんに出会い、「偏見と差別」問題の核心を教えられた気がしました。八十を過ぎて、なお健在な姿に大いに励まされています。(https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019122800007.html

 在日学生差別、入部させず 日大弁論部が活動停止

 日本大学法学部(東京都千代田区)の公認サークル「弁論部」で今春、入部希望者の女子学生(21)が在日韓国人であることを上級生らが問題にし、結果として入部を断っていたことが分かった。大学本部は調査の結果、国籍・民族差別があったと認定。同部は先月末から活動を停止している。

 この女子学生は韓国籍の在日3世で、今春入学。民族差別で入部を断られたとして、先月上旬、同大本部に母親と申し立てをしていた。

 大学が委嘱した弁護士らによる調査などによると、同部幹部の3、4年生3人が女子学生の受け入れを検討する際、「外国人だから付き合い方が分からない。不安だ」「過激な宗教にかかわっていたら怖い」などと議論していた。

 報告を受けた人権侵害防止委員会(委員長=島方洸一副総長)は「重大な国籍・民族差別事件」と認め、先月末、法学部に再発防止などを要請。弁論部アドバイザー(顧問)の2教授と部員3人は女子学生に対し「心痛をおかけしました」と謝罪した。また、同部は当面の活動を自粛する、との届けを出した。

 しかし一方で、3人は関係者の話し合いの場でも「在日であることを理由に断ったわけではない。差別のつもりはなかった」と主張しており、女子学生側は謝罪を受け入れていない。

 女子学生は4月下旬、サークル勧誘期間中に同部の説明会に出席したが、翌日、4年生部員に呼ばれ入部を断られた。希望していた司法試験対策の研究室と「両立は難しい」。さらに「髪(の色)が明るい」という理由だった。ところが、先月上旬になって同部の友人から「先輩たちは『在日韓国人だと文化的に合わない』と言っていた」と聞き、申し立てをした。(石川智也)(朝日新聞・08/07/19 )

__________________________

 「在日だから不安」と日大弁論部が入部拒否 大学側が学生に謝罪

 日本大学の在日韓国人3世の女子学生が、「在日だから不安だ」などの理由から法学部公認の弁論部への入部を拒否されたとして、大学側が女子学生側に謝罪していたことが16日、分かった。弁論部は6月下旬に活動を自粛した。

 学部によると、女子学生は今年4月、日大法学部に入学し、弁論部の新入生向けの説明会に参加。女子学生が「自分は在日韓国人だ」と説明すると、説明会後、同サークルの幹部3人が集まり、「在日だから不安だ」「外国人は文化の違いがあり、なじめるかどうか分からない」などと話し合った上で、入部を断ったという。

 女子学生に対しては「司法試験の研究室に入っているため、学業が忙しくなるだろう。部活動がおろそかになる可能性がある」などと説明。その後、6月初旬に別の部員を介して、「在日」が理由の一つだった可能性があることが分かり、女子学生の母親が、同大の人権救済委員会に訴えた。

 3人は「在日だから入会を断ったわけではない」などと弁明したが、大学側は「女子学生を傷つけた」として謝罪。3人も「迷惑をかけた」と女子学生を含む関係者に謝罪した。

 日大の坂田桂三法学部長の話「(弁論部の幹部には)女子学生に対する差別意識はなかったと思うが、傷つけてしまったので学部長名で謝罪した」(産経新聞・08/07/16)

_______________________________

 (産経記事によると、大学当局者の)「女子学生に対する差別意識はなかったと思う」という説明(弁明)はどういうことでしょうか。「差別意識がなかった」けれども「傷つけたので」謝罪したというのです。差別するつもりはなかったが、傷つけてしまったとは、ようするに「差別行為」そのものだったということにしかならないでしょう。

 「大学本部は調査の結果、国籍・民族差別があったと認定」とは別の記事(朝日)です。一体、大学はこの事件に対していかなる立場にみずからを位置づけようとするのか。部員には差別意識があったから、入部を断ったのであり、そのために当該学生は傷つけられたのだと、なぜはっきりと認めないのか。このような問題が生じる際、もっとも許しがたいのは「当局」の姿勢です。じつは「差別意識」に満たされているのに、「差別は許されない」という態度を表明しますが、また問題が生じるのです。同じことの繰り返し。「従軍慰安婦」問題や「徴用工」問題に関して、目下日韓で問題化されていますが、どこまで行くのでしょうか。終わりがないような気がします。個人や企業や国家は、同じ言い訳。弁解で問題を糊塗しますね。

 偏見と差別について、もっとも質の悪い(自覚がないだけに)のは「自分では偏見などもっていない」と盲信(妄言)しているのに、結果として、あからさまに「差別的な行動」を取ってしまうことです。「偏見」と「差別」は、一面では「姿勢(態度)」と「行動(言動)」と考えてもいいようにぼくには思われます。仮にそれを認めるとすれば、おそらく以下の四種類の(行動)類型が認められそうです。(あくまでも仮説にすぎません」

①偏見を持っているから、当然のように差別的言動をとる

②偏見を持っているが、必ずしも差別的言動をとるとはかぎらない

③偏見を持っていない(と信じている)のに、ときとして差別的言動をとる

④偏見も差別も持っていないから、問題行動をとることはない

 もっとも願わしいのは④でしょう。でもそのような立場の人はきわめてまれだと、ぼくなどには思われます。確信犯とでも言っていいのは①です。「差別結構、文句あるか」という明白な差別主義者です。ぼくは今でもそうですが、かのうなかぎり、②にまで自分を育てたいと念願してきました。今でもそうです。

 上に紹介した今回の事例は、何番目だったのでしょうか。それぞれの当事者は、ていねいに自己の立場を明らかにしてみる必要があります。「自分は差別していない、みんなと同じようにふるまっただけ」という弁解が特によく聞かれます。自分は悪くない、世間が言うとおりにしたのだから、というわけです。「世間」という全体」が「差別的偏見」を持っていることは、残念ですが、往々にしてあることです。(これがもっとも厄介な段階ではないか)

 歴史から学ぶというのは、どのようなことを指しているのでしょうか。「過ちの感覚」(自分がまちがったという記憶を腹中に収めておく)を研ぎ澄ます、それが同じ過ちを繰り返さない(予防する)方法とならないでしょうか。自分にはあずかり知らない「過去の間違い」を、自分自身が侵さないために歴史を学ぶのではありませんか。

_________________________________

 人間が差別を考える

 私が超える

 私はかつて「『差別』の中の起点と視点」というエッセー(平凡社『「在日」のはざまで』所収)に「朝鮮人の主たる命題は、決して差別の論難者的位地位を保持することではない」と書いたことがあります。自らの拠ってきたる歴史の正統性だけを振りかざすのではなく、少なくとも心ある日本人との対話を閉ざすようなことがあってはならない。それが私の素朴な提起でした。こういう私の論点、視座はその後ますます強硬にこそなれ、いまもって少しも揺らいでいません。

 日本人からの差別によって私たちは不幸だという言い分は、私たちの抱える内実との問題とはへだたっている。日本人から被る心ない仕打ちはもちろん向き合うべき問題であるが、よしんば日本人の総懺悔を取りつけたところで、朝鮮人自身の問題は問題として残るのです。私たちは、同族同士でいがみ合って、籠絡し合い、向き合えば歯を剥くようなことを延々やってきた。この実態、この状態こそ同族自らが作りだしている自らの不幸である。日本人の仕打ちなどこれを超える不幸では絶対ないですよ。それは自分で自分を省みるという創造的意識、しなやかな自己省察の核とでもいうべきものが、少なくともいままであったとは思えない。だれかが意見を言うと、「おまえら部外者が何をぬかしやがる」と言う。ことあるごとに朝鮮人の正統性を振りかざす。何かいわれると「日本が悪いんだ、おまえらのせいだ」と。「日帝三十六年」という言葉をぶつけると、相手はもう口をつぐまざるを得ないんです》

 ほっとけ、うるさい

 湊川高校のことでいうと、社会科の教師で認容されて、三年目に朝鮮語の科目を公立高校では全国で初めて正規の授業にしたんですよ。せっかく朝鮮人教員が来たんだから朝鮮語を始めようということになったんですけど、授業にならない学校でしたからね。それはすさまじい学校で。「なんで朝鮮語やらんならんねん」みたいなことで、毎日、体を張ったような授業だった。/ それで何年かやっているうちに、「あの朝鮮人教員、根性あるぜ」みたいなことになってきたんですが、もう名前を出してもいいけど、青木という一見おとなしい生徒、学校と隣り合っている地区の部落の青年でしたが、この生徒は四年間通して腰掛けに横向いて坐って朝鮮語の授業にそっぽを向いている。いくら声をかけても、振り向くこともない。まったくもって無気力の塊みたいな生徒で、ほんまかなわん子やった。何か言うと決まって「ほっとけ、うるさい」とつっぱねる。/ 四年生の卒業年度の三学期はロングホームルームがずうっと続くのよ。そのなかで「湊川に来てどうだったか」という話し合いを延々やるものだから、この生徒もおもいのほか心をうごかしたようにみえた。

 あまりほめられたことじゃないけど、私は期末が来ると、試験範囲をプリントしてあげるんですよ。期末考査の前の最後の授業を終えて廊下へ出ると、青木君が「先生、プリントくれや」とついてくる。前の授業でプリントを配っておったんですが、あの子は何かその日はいなかったんだな。/ そ知らぬ顔をして職員室へ行って引き戸をガラーッと開けた。またも「プリントくれや」と言う。私はぶっきらぼうに「ほっとけ!」と言い放ってそのまま職員室に入ってしまった。青木君はおこったねえ。もう引き戸を蹴破らんばかりに「この先公、殺したら!」「生徒がプリントくれって言うのに、『ほっとけ』とは何じゃーっ」といきり立った。私も向き直って言い放った。「待て、おまえは四年間、『ほっとけ』をわしに何百回言ってきたんじゃ」(笑)。「おれがたったいっぺん言ったら、そんなに気が立つのか」。青木君、へなへなとその場にへたり込んでわんわん泣きだした。「あのな、なんでも『ほっとけ、うるさい』と言っていたのではな、もう人と人の関係はないも同じだ。

 『ほっとけ、うるさい』も三回目、四回目には別の言葉で言うようになれや」「朝鮮語の授業はただ朝鮮語を押しつけているのではない。ひと言の朝鮮語にはどれほどの日本語を私は重ねて伝えてきたか、思いだして欲しいのだ。朝鮮語は役に立たないというけど、日本人がもっとも遠ざけているものに〝朝鮮〟があることを思えば、部落の問題だって同じような憂き目にあっていることが感じられてくるはずだ」と延々二時間余りも話し込んだ。そのあと青木君は、まるで煮抜きの殻がむけるように、ころっと変わった。このゴンタたちとの、今ではもうしっかりした社会人だけど、行き来はいまもつづいています。「超える」というのはそういうことだと思う。つまり青木君が「ほっとけ」という言葉を言わなくなることが部落を超えることだ。逆にいえば、私は私で彼と向き合うことで超える。超えるというのは、そういう思いをもった人の、不断につづく一種の持続力だ》

 人をいじめた心の傷

藤田 いま小学校で、「僕はひとをいじめたことがある」という話をすることがあるんです。「実は小学生のころ、在日韓国人の金成大(ソンデー)を『朝鮮人!』といじめたと言うと、子どもたち、しーんとなる。それでいまから二十年近く前に小学校の同窓会に出たら、彼が「きょうは藤田、言いたいことがある」(笑)。「うわーっ、ごめん」って謝った。謝ったからといって受け入れてくれたかどうかわからん。

 ところが、ある年の同窓会が終わって新幹線で帰ると言ったら、ソンデーがタクシーに乗って「藤田、送ったる」って言うんです。それで京都駅に行くまでの間、じーっと私の右手を握るんです。今年、亡くなったんですけど。私、子どもたちに言うんです。「人をいじめると心に傷が残る、いじめられた人に傷は残るけど、いじめた人間の心にも傷が残るんよ」と。

 子どもたちは絶対忘れない。

藤田 もう一人、いじめた人がいる。中学一年のときだったかな、教室で一切しゃべらない女の子がいたんです。友だちが「おい、藤田、あいつ泣きよるやろか」言うから、「そら泣きよるやろ」言うたら、「泣かしてみい」。それで私は高畑さんの腕をぎゅーっとひねったんです。彼女「うわっー」泣かはった。「泣きよった!」言うて笑うた。それがずうっと忘れられない。

 彼女は同窓会にいつも欠席なんです。ところがある年、「出席」って返事が来た。「これで謝れる」と思ったら、その朝、娘さんから「母は体調を崩しましたので、きょうは欠席します」と言ってきた。だけど、いったん「出席」と返事を下さったんだから、来年は会えると思ったら、翌年、娘さんから「母は亡くなりました」。

 「結局、僕、高畑さんには謝ることができないままにいるんや。キムソンデーには謝ることができた。けど、高畑さんには謝れんかった」と言うと、子どもたちがしっかり聞いてくれる。そのとき思う。ああ、子どもたちが心を開いて、人をいじめるとはどういうことなのか感じとってくれてるなあと。小学校二年生の女の子が「藤田さんは人をいじめると心に傷が残ると言いましたが、本当にそうだと思います」と言ってくれて…。

 藤田先生な、解放運動、人権運動に関わったおかげをこうむってますがな。

藤田 ほんまにそうです。

 そうでなかったら、ピッカピカのかっこういい大学教授で終わったかもしれんな(笑)》

(『論座』〇四年一月号、朝日新聞社)(金時鐘『わが生と詩』所収、岩波書店。〇四年)

+++++

(金時鐘・キムシジョン=一九二九年朝鮮・元山市うまれ。詩人。一九四八年の済州島四・三事件を経て来日。一九五三年に詩誌『ヂンダレ』を創刊。日本語による詩作を中心に、批評などの執筆と講演活動を続ける。著書・共著書に『さらされるものとさらすもの』『「在日」のはざまで』『なぜ書きつづけてきたか なぜ沈黙してきたか』。詩集に『地平線』『新潟』『猪飼野詩集』『光州事件』『原野の詩』『化石の夏』など。

 藤田敬一・フジタケイイチ=一九三九年京都市生まれ。元岐阜大学教授。月刊誌『こぺる』編集人。学生時代、被差別部落に出掛けて部落問題を学ぶ。中国近代史の教育と研究に携わりつつ、部落問題解決のための取り組みに関わってきた。著書・共著書に『同和はこわい考』『被差別の陰の貌』『「部落民」とは何か』『部落史を読む』など)(前掲『論座』の「紹介」から)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 「差別」の問題を何十年にわたって考えつづけてきました。ぼくのなかに「差別感情」や「偏見の根っこ」が巣くっていることを隠さないで生きてきたし、だからこそ、「偏見と差別」に齷齪しながら歩いてきたともいえるでしょう。この問題は、考えるだけでは足りない。「私は差別しない」「ぼくには偏見がない」というのは構わないが、残念ながら、ぼくたちの深部に、あるいは遺伝子として「差別する細胞」が存在しているに違いないのです。「いじめ」や「排除」がどんなものであるか、その歴史や意味を知らないいたいけな子どもも立派な差別主義者になることがあります。

 金時鐘さんについてはいうまでもなく、藤田さんからもぼくは大事なことをたくさん学んできました。

 「差別する側に立っている者に、被差別の体験や思いがわかるはずがない」としたら、人間の「個」的な体験、その体験にまつわる思いというのは、伝達不可能になりはしませんか。そうだとすると、いったい人間の「共感」というものはどういうことになるの でしょうか。(中略)

 大切なことは、おたがいに、差異のあることをふまえつつ、重なりあう部分をもとめ、 ギャップ、ズレを少しでも小さくしていく努力だと思うのです」(藤田敬一)

 この問題にかぎらず、人権問題、差別問題に直面して、「差別された者の痛みがおまえにわかるか」「おまえはどうなんだ」という問いかけに正対しながら(ぼくは何度この「ことば」を投げつけられてきたか)、共感するという姿勢を崩さずに、くりかえし対話の試みがなされる必要があることを痛感します。そう、何度でも。これはぼくのささやかな、失敗交じりの経験からの「思い」であり、「願い」でもあるのです。

______________________________