人間世界における足場とは

 「人権の喪失が起こるのは通常人権として数えられる権利のどれかを失ったときではなく、人間世界における足場を失ったときのみである。この足場によってのみ人間はそもそも諸権利を持ち得るのであり、この足場こそ人間の意見が重みを持ち、その行為が意味を持つための条件をなしている」(ハナ・アーレント『全体主義の起源』より)  

 政治学者であったアーレント(1906~1975)は、その前半生において、ユダヤ人であるというたった一つの理由でドイツを追われ、フランスからも追われ、アメリカに亡命しても無国籍状態が続きました。(十八年間も)国籍をもたないという状態はどのような状況に人々をおとしめるのか。その地点からアーレントは世に称揚される<人権問題>を告発するのです。<人間世界における足場>とはなにを指しているのでしょうか。

 その<足場>によってこそ、わたしたちは「諸権利」をもつことができるのだというのです。なにものにも先だって<人権>があるのではなさそうだということをかんがえていただきたいのです。さまざまな考察が加えられなければならないとおもいますが、まずなによりも<人権>の前提(条件)としてなにを想定することができるのか、という問題です。人間が「人間であるほか、他のなにものでもない」という状態とはなんでしょうか。

 第一義的には、<語られたこと>の重要性の喪失とそれによるリアリティの喪失、つまりは<言葉>(発語)の喪失です。暴力や強制に頼らずに、共同生活を営むのに必要な諸問題、公的諸問題を言葉によって解決しようとする「能力」の喪失、そこから、あらゆる人間は<人間世界における足場>を剥奪されるのです。アーレントの肺腑の言です。

 <人権>を失うとは、「口の死せる者」(mundos)とされてしまうことを意味するとアーレントは述べます。それによって、共同体からは仲間として認めてもらえない状態がつくりだされるのです。それに次いで、共同体内における人間関係の喪失が生じます。(I can’t speak.どころか、I can’t breathe. と一人の男性が声を上げたにもかかわらず、それを無視され、息の根を止められたのです)

 それは、政治的な動物としての存在であることを拒否されることでもあります。また、そのことによって明らかにされたのは、フランス人権宣言やアメリカ独立宣言で高らかに称えられた「奪うべからざる」「譲渡することのできない」「生まれながらの」<権利>がまったくの抽象概念でしかなかったということでした。

 人間の尊厳は、それまでの歴史の延長上に生まれたのではなく、歴史とは一切遮断された<自然>(自然権として)に帰されたのです。人間が勝手きままに始末することができる自然、「開発という名の自然破壊」「恣意的な自然保護」のありようをみれば、この人権の根拠である<自然>がいかに恣意的で脆弱なものであるかがわかるでしょう。「自然」あるいは「権利」を支配するものは、いったい誰なんですか。 

 《生まれながらの自由は今やすべての人間に、奴隷にまで認められたが、自由も非・自由もともに人間の行為の産物であって「自然」とは全く無関係であることは看過されてしまった》(アーレント・同上)

 いまいちど、「人権問題とはなにか」「人間の条件とはなにか」をかんがえなければならないようです。

 「子どもの権利」というものも、それを認めるべき側(親や保護者)が尊重しなければ、まったく無意味になるのは明らかでしょう。「自然権」といって、それで何かが達成されることはあり得ないのです。まだまだ、ぼくたちは遠くまで歩かなければならないというほかありません。

_____________________

● 自然権=人間が国法その他に先立ち,自然法によりあるいは生まれながら人間として有している権利をいう。日本では天賦人権ともいわれた。自然権は人間をあらゆる政治的・社会的制度に先立って権利をもつ存在と考える点で,それまでの特権中心の権利観を根本的に転換させた。自然権の概念をそれ自体として積極的に展開し,社会の構成原理の基礎に据えたのはホッブズである。ホッブズは個人の生存の欲求とそのための力の行使を自然権として肯定し,これに基づく戦争状態こそを自然状態とした。(世界大百科事典 第2版の解説)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 競い合って頑張る精神でないと…

 さて、ゆとり、あるいはゆとり教育のことです。今頃何でと、訝しがられますね。「ゆとり論争」が喧しかったのが懐かしくなります。「ゆとり教育」を導入したから、子どもたちの「学力低下」をまねいたという人がいれば、いやいや、ゆとり教育導入後にかえって「学力は上昇」したという人もいて、いやはや。理屈はなんとでもいえるという見本です。

 そもそも「ゆとり」と「学力」は結びつかないし、結びつけようとする方がおかしい。世間でもいうでしょ、忙中閑あり、って。「閑中の閑」とはいかにもしまらないし、「忙中の忙」はなおせせこましい。しかし、学校というところは「小人閑居して、不善を為す」とばかりに教師も生徒も時間と規則でしばり放題にしばってきたのはだれだったか。まことにゆとりに無縁な仕業でした。

 遊ばせておけばろくなことをしないから、「月月火水木金金」と管理と監視を怠らなかったのが、この百何十年の学校の歴史だった。ゆとりがきいてあきれますね。「ゆとり」とは「余裕のあること。窮屈でないこと」(広辞苑)をさすらしいから、まずこの国の学校には無縁な価値でした。教師は子ども(生徒)たちを、校長は教師たちを、教育委員会は校長たちを監視し管理する構造ができあがっている状況で、さて「ゆとり」はどこに顔を出すゆとりがあったか。

 一将功成って、万骨枯るともいいます。たった一人の目立ちたがりがしゃしゃり出たおかげで、後ろには死屍累々。これが現下の学校改革の実態です。鉦(かね)をたたき笛をふいて、やれ学区制の撤廃(学校選択の自由)だ、小中一貫だ、民間校長だ、指導力不足教員の追放だ、授業の鉄人だ、といかにも横暴な指導力を発揮したようでいて、気がついてみれば、国やぶれて山河あり、城春にして草木深し。その後始末はだれがするのでしょうか。(「九月入学」も瞬間暴風のようでしたが、いつでも「子ども不在」「教師置き去り」の暴論バッカ)

 ここまできてもなお、競争させなければ学力が落ちる、知識を植えつけるんじゃなくて、「たたき込むんだ」という暴言だか妄言を吐いている御仁(大殿)がおられます。なんともゆとりのないことおびただしい。学校も子どもも、まるで「私物」のようにあつかおうとしているのに気づかないのですかね。このような時代錯誤状況にむかってなにかをいうことはしない。これはもはや教育の問題ではないからです。

  どこをどう勘違いして、学校教育は自分たち(政治屋や過去官僚)の権限内のことだと思いこんでいるのか。

 行く春を近江の人と惜しみける     六月や峯に雲おく嵐山

 ぼくはこの平凡な句に魅かれる。近江は曽遊の地(琵琶湖)。嵐山は、ウサギは追わなかったけれども、ぼくのふるさとといいたい土地。このように、場面や景観を「切り取らんとする」心境の人にこそ、余裕、つまりゆとりが宿ってるんじゃないですか。

 ゆとりというのは「心もち」なんですね。心ない強制(教育)を広言してはばからぬおとど(大殿)たちには絶えて実感できない心情です。いまどき「国家・公(おおやけ)のための教育」などと猛々(たけだけ)しい大音声はこの世のものとはおもわれない。

 ある新聞でのインタビューに答えて(だれが「答えた」のかは不明です。こう言いたい人は、数多いるだろう)

 ― 何度も「今までの教育に競い合う心や切磋琢磨する精神が欠けている」と。

 日本の子どもはぬるま湯の中に入っちゃってる。途上国が後ろから、どーっと追いかけてくる時、のうのうとしていると、あっという間に抜き去られて将来は非常に危ういと思います。平等、平等、結果平等という学校の風潮から直していくべきだ。スポーツにたけた子とか歌のうまい子など、どんどん認めて引き出していく教育が必要だ、と。

 ― 結果的に詰め込みを勧めているのではないか

 全然詰め込みではない。たたき込め、っていってんだから。繰り返し繰り返し、ちゃんと覚えろよ、ということ。刷り込めといってもいい。基本を覚えないとなにも考えられない。国語は大事だ。語彙が豊富なら多くの思考経路ができる。詩歌や漢文を小さい頃覚えておくと、人生の折々に慰めや指針になる。漢文の素読は小さい頃からやるべきだ。鉄は熱いうちに打てというでしょ。(朝日新聞・05/04/24)

 「なるほど」といいたいけど、教育に対する「思考経路」がまったくことなるのだから、そういうことですかというだけ、呆れるばかりです。途上国に抜かれるのがどうしていけないのか。まさか中国と競争して、夢よもう一度とばかりに、子どもを駆り立てようとするのですか。(上り専用のエスカレーター。踊り場が必要だね)

 率直なところをいえば、中世の亡霊が霞ヶ関に住みついているという感がします。 

 「競い合って頑張る精神でないと、孫の時代が大変だなと思う」その意味は不明ですね。国盗り物語を地で行くような発想なのか。「ゆとり教育」というけれど、この島では「ゆとり」と「教育」は別物。まるで「水と油」でしょ。だからそれを二つ並べただけでは混乱するばかりだとおもっていましたが、案の定でした。学校教育に救いがあるはずがない。(頑張るは「我を張る」で、「お前がそんなとこで頑張るから、みんな迷惑してるんだ」という具合、ぼくは使いたくない語の筆頭だ)

 ゆとりは遊び。遊びと勉強(学習)を対立させない。遊びの中に学習が、学習の中に遊びがなければ、話にならん。(左はベートーベンのピアノソナタ8番「悲愴」の部分)

 ぼくはいつでも「がんばる」を自粛してきました。

**********************

●がん‐ば・る〔グワン‐〕【頑張る】 の解説[動ラ五(四)]《「が(我)には(張)る」の音変化、また「眼張る」の意からとも。「頑張る」は当て字》1 困難にめげないで我慢してやり抜く。「一致団結して―・る」2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我 (が) を張る。「―・って自説を譲らない」3 ある場所を占めて動かないでいる。「入り口に警備員が―・っているので入れない」(デジタル大辞泉)

●ゆとり の解説 物事に余裕があり窮屈でないこと。余裕。「経済的にゆとりがない」「心にゆとりを持つ」類語 余裕(よゆう) 余地(よち) 関連語 ゆったり(デジタル大辞泉)

…………..