笑顔を見て負けちゃったんですよ

 《 弟を殺した「彼」との面会は、4回に及んだ。煮えたぎる思いが消えたわけではない。だが、小さな光が見えてきた気がした―。死刑確定囚との面会の機会を広げる刑事施設・受刑者処遇法改正案が18日、衆院を通過した。その成立を、ある被害者遺族が願っている 》(朝日新聞・06/04/19)

 実弟を殺害された遺族が死刑判決を受けた被告(当時)に面会し、じかに謝罪の言葉を受けられたことがありました。以来、その人は死刑制度に大きな疑問をもつようになり、いまではその廃止にむけて積極的に関わっておられます。ゆれ動いた心の軌跡にははかりしれない苦悩が刻印されているようです。

 現行法制下では死刑確定囚は親族や弁護人、教誨師以外との面会や文通は原則的に禁じられています。「信条の安定を害する恐れのある交通は制約すべし」という法務省の通達がその根拠となっているのです。

 原田正治さん(58歳)は83年に実弟の明さん(当時30歳)を殺害されました。

 殺害事件の概要は以下の通りです。

 「原田さんの弟・明男さんは、トラック運転手だった。1983年、30歳にして仕事中に亡くなった明男さんは『居眠り運転中の自損事故』とされた。しかし1年3ヵ月後に雇い主による保険金殺人だったことが発覚、以来、当時36歳だった原田さんの人生は大きく変転する。/自宅に押し寄せるマスコミ、一度は支払われた保険金の返還請求、会社を休んで裁判を傍聴することに冷ややかな会社との軋轢。同じ「被害者遺族」という立場でも、母親とも妻とも少しずつ事件の受け止め方は違う。家庭のなかで感じる孤独。お酒や遊びに逃げたこともあった。」(ニューメディア人権機構「原田さんへのインタビュー」より)

 原田さんの語るところ。

 《事件が発覚するとすぐマスコミが押しかけてきました。近くに住んでいたおふくろも当時小学生だった二人の子どもや妻もしばらく家から出られませんでした。僕はなんとか仕事には出ていましたが、帰宅すると物陰にひそんでいたマスコミの人が飛び出してきたりして、事件のことをゆっくり考える暇もありませんでした。

 全国的に大きく報道されたほどですから、地方のちいさな町ではもう大事件です。自分の家を取り囲む空気をとても重たく感じましたし、友達との関係も変わりました。僕のひがみかもしれませんが、それまでよりも一歩ひいた感じで接してくるような。

 返還を要求された保険金も葬式や法要の費用、弟の借金として長谷川君(明男さんの雇用主にして殺害を指示した人物)に支払ったりして(明男さんの借用証がなかったため、原田さんは嘘であろうと推測している)、すでに一部を使っていました。「返還しないと不当利益です」とまるでこちらがだまし取ったような言い方をされて腹が立ちましたが、すぐに返せる当てがなく困りました。行政や弁護士に相談してもきちんととりあってもらえません。おふくろや妻はそれぞれ自分の不安でいっぱいで、相談できる雰囲気ではない。「事件が明るみにならなければよかったのに」とすら思いました。みじめで悲しい思いをすることばかりで、孤独と社会への不信感でいっぱいでした。

 できることなら自分の手で長谷川君を殴りつけ、思い切り罵りたいと思っていました。それが人情というものではないでしょうか。けれども警察に捕まった後は、加害者は被害者の手の届かないところにいます。たったひとつ、自分の気持ちを出せる場所として、僕は一審の時に証言台に立ちました。「どんな処分をしてもらいたいですか」と検察官に聞かれ、「極刑以外には考えられません」と答えました。実際、当時の僕は「殺してやりたいほど憎い」と思っていました。検察官は僕がそう答えるのを予想したうえで尋問したのだと思います。

 今だから言えることですが、僕は感情に左右されていました。それまで死刑制度のことなんて考えたこともなかったし、裁判の仕組みも知らなかった。まして自分が殺人事件に巻き込まれるなんて夢にも思ってなかったのです》

  《 初めて面会に行った時、彼はニコニコしていました。その笑顔を見て負けちゃったんですよ。なぜ面会に行ったのかというと、裁判ではわからなかったいろいろなことが彼から聞けると思ったし、謝罪も直接受けたかったからです。手紙にもいつも謝罪の言葉を書いてきていましたが、やっぱり顔を合わせながら謝罪を受けるというのが一番いいんじゃないでしょうか。長谷川君からは何百通も手紙をもらいましたが、それでも20分の面会の重みにはかないません。表情や話し方、仕草などからいろいろなことを感じ取れるのです 》

 《 だからといって長谷川君を許したわけではありません。情が移ったからと許せるほど簡単な話ではないのです。ただ、彼が本当に「謝りたい」という気持ちをもっているということは感じられました。そして僕自身、彼から直接謝罪の言葉を聞くことで、誰のどんな慰めよりも癒されていくように思ったのです。長い間、孤独のなかで苦しみ続けてきた僕の気持ちを真正面から受け止めてくれる存在は長谷川君だけだと感じたのです 》

《 死刑制度を肯定する人たちは、よく「被害者の感情を考えれば、死刑も必要だ」と言います。確かに僕も一時は死刑を望みました。だけど怒りや混乱のなかで、死刑や死刑制度がどういうものなのかも考えたことも知識もなく、感情的になっていたのです。長谷川君と交流するうちに、彼から直接謝罪を受けることが何よりの癒しになることに気づいたから「死刑にするのは待ってほしい」と何度も法務省に申し入れたのですが聞き入られませんでした。

 裁判所や法務省は死刑判決や死刑執行の際に「被害者感情を鑑みて」と言います。だけど「死刑は待ってほしい」と主張しても執行するなら、被害者感情など考慮していないということではないでしょうか。少なくとも僕はそう感じています。

 死刑が執行されてもされなくても、僕の苦しんできたことは消えませんし、弟が生き返るわけでもありません。長谷川君がしたことへの怒りもなくなることはありません。「被害者感情」とは、そんな単純なものではないのです 》

 「長谷川君」の死刑が確定してまもなく、彼の息子が自殺した。20歳という若さだった。その数年前には姉も自殺している。いずれも遺書は残されていなかったが、父であり弟である「長谷川君」のことで思い悩んだ末のことと原田さんは受け止めている。

  原田さん自身は’98年に脳出血で倒れ、しばらく車椅子の生活を送った。今も後遺症を抱えている。妻とは離婚し、住み慣れた町を離れてひとり暮らしをしている。「事件」がなければ病気や離婚はなかった、とは言い切れない。しかし多くの人の人生が暗転した遠因であることには間違いないのではないだろうか。「長谷川君」の家族もまた被害者だと原田さんは言う》(同上)(http://www.jinken.ne.jp/about/index.html)(つづく)

+++++++++++++++++++++++++++++++

 無関心が冤罪を許してきた

________

 老弁護士の勇気 『死刑台からの生還』 

 死刑囚として最高裁で刑が確定したあと、それが無実の罪だったとして釈放された事件に、免田事件、財田川事件、松川事件、島田事件などがある。

 この本は香川県の山村で発生した、「財田川事件」をテーマにしたものである。

 死刑を宣告されたものが、一転して無罪になる。ドラマチックである。そのとき、主人公はマスコミで、あたかも英雄のようにあつかわれる。(左上写真は矢野弁護士)

が、しかし、無実のものが死刑を宣告されたときのほうが、はるかにドラマチックであるはずである。このとき、マスコミは彼がいかに残忍非道な男か、これでもかこれでもかとばかり書きたてる。彼の無実を主張する新聞はない。

 それから三十数年たって、おなじ新聞が彼がいかに無実だったか、を報道する。

 もちろん、これから彼が当たり前の市民生活をするためには、彼がどのようにして罪におとしいれられたかが書かれたほうがいいし、このような人権蹂躙が黙殺されていいわけがない。それでもなにか割り切れない気持が残る。

 冤罪事件は珍しくない。しかし、冤罪は本来ならばけっしてあってはならないものである。当事者にしてみれば、彼の存在の全否定である。彼がどれほど真実を主張しても誰も耳をかさない。そして、極刑が宣告される。想像するだけでも恐ろしい。カフカ的状況である。

 ところが、冤罪事件にたいして、たいがいのひとは無関心である。というのは、警察に捕まるほどだから、彼はどこか怪しいところがあるのだろう。まじめに暮らしている自分にはまったく縁のない世界だ、との思いこみがある。

 だからこそ、濡衣を着せられたものはつねに孤立し、孤立させられている間隙を縫うように、つぎつぎ冤罪がつくりだされてきた。

 ひとびとの無関心が冤罪を許してきた、といってもいい。

 「財田川事件」は、ひとりの死刑囚の逮捕から釈放されるまで、その三十数年を書いた記録である。法廷での弁護士と検事との白熱のやりとおりを中心に据えた。法廷ドキュメントを書きたかったからだが、すべて実際にあった応酬である。

 それによって、無実が証明され、無罪になっていく道筋と被告の青春を奪った権力の暗闇を照射したかった。谷口繁義さんの無罪を信じて、たったひとり、敢然とたたかった、いまは亡き矢野伊吉弁護士の勇気を、自分なりに顕彰したかった。(鎌田慧『時代を刻む精神』所収。七つ森書館刊。2003・初出の原題は「老弁護士の勇気」)この『死刑台からの生還』の初版は立風書房(1983)から出版されました。現在は岩波現代文庫に入っています。(蛇足です 鎌田さんには大変にお世話になってきました。この数年は行き来は絶えていますが、いったいどれほどの教えを受けたことか、と深く感謝しているのです)

________

(関連記事)北山六郎氏が死去-財田川事件の弁護団長=財田川事件や甲山事件で弁護団長を務めた弁護士で元日弁連会長の北山六郎(きたやま・ろくろう)氏が4日に心不全のため神戸市灘区の病院で死去していたことが7日、分かった。85歳。京都府出身。(中略)/ 東大卒。神戸弁護士会(現兵庫県弁護士会)に弁護士登録。日弁連人権擁護委員長を務め、1986年に東京、大阪以外の弁護士会から初の日弁連会長に就任した。/ 死刑囚が無罪となった香川県の「財田川事件」再審や、長期裁判の末に無罪が確定した兵庫県の「甲山事件」差し戻し審などの弁護団長のほか、日本尊厳死協会の理事長、会長も務めた。(四国新聞・2008/01/08)

〇 財田川事件(さいたがわじけん)=1950年(昭和25)2月28日、香川県三豊(みとよ)郡財田村(現、三豊市財田町)で発生した強盗殺人事件。当時19歳であった谷口繁義(たにぐちしげよし)が別件逮捕され、長期間の勾留(こうりゅう)の末に自白し、強盗殺人罪で死刑が確定した。しかし、その後再審が認められ、戦後2件目の死刑囚再審無罪事件となった。[江川紹子](日本大百科全書(ニッポニカ)の解説)

飯塚事件 1992年2月、福岡県飯塚市で小学1年の女児2人が登校中に行方不明となり、翌日、約20キロ離れた同県甘木市(現・朝倉市)の山中で遺体が見つかった。女児と同じ校区に住み、当時無職だった久間三千年元死刑囚が94年9月に死体遺棄容疑で逮捕され、その後、殺人と略取誘拐の罪でも起訴された。久間元死刑囚は捜査段階から一貫して無罪を主張。福岡地裁は99年9月、状況証拠を積み上げて有罪と認定して死刑を言い渡し、2006年9月に最高裁で確定した。再審請求準備中の08年10月に死刑が執行され、元死刑囚の妻が09年10月に再審を請求していた。(2014年04月01日 朝日新聞朝刊)

*********************

 死刑(制度)に反対する理由はいくつかある。そのなかでももっとも有力(決定的)なのは「無実(無罪ではない)の人」を有罪にする「冤罪」の危険性です。「死刑台からの生還」はそれを如実に表しています。「飯塚事件」(新聞記事を出しておきました)はすでに「被告」の「死刑執行」がなされたのですが、いまでは「冤罪」であったことが強く疑われています。

 裁判制度にもさまざまな課題や問題点が指摘されています。2009年に施行された「裁判員裁判制度」。ぼくは初年度だったかに、その「候補者」に指名されたことがあります。担当事件はは当時居住していた地方で発生した「殺人放火」事件でした。そのときは避けられない所要のために辞退しました。いまでも、この制度は裁判制度にはなじまないものがあると強く考えています。また、今春は「検察庁法」の改正問題で許しがたい憲法違反が内閣によって引き起こされています。警察・検察を含め、かなり根本的な部分に問題をはらんでいるといわざるを得ない状況にあります。「人が人を裁く」ための「陥穽(おとしあな)」はどこにあるのか。

 そのような課題山積の渦に見舞われているのが裁判制度であり、死刑(制度)問題だとぼくには思われます。「死刑の是非」、それを問うことも大事です。しかし、「冤罪」が皆無でないこの島社会の「制度」について、はたして何もしないでこの制度を温存しておいていいのかという思いがいっそう募ります。

____________________

 求めるのは死刑ではなく、…

 やりきれない事件や事故が続発しています。「凶悪」な事件の犯人には極刑が当然という感情は当然でしょうが、それでもなお、「死刑を望まない」という犯罪被害者もおられます。極めて少数かもしれませんが、おられます。どうして「そうなのか」と問いたくなるのもわかる気がします。ぼくも何人かの「犯罪被害者」にお会いしてきました。すべての方が「極刑を望んだか」といえば、そうではなかった。以下は、当事者の一人でもある原田正治さんの軌跡の一端を紹介することにします。(お会いする機会を得ないままで今日に至っています)

 ひとりの人間の内部には魔性と仏性が併存しているのです。その意味では、人生はおのれとの闘いにつきるといっていいでしょう。わが内なる悪心をいかにしてなだめるか。一面では「人権」は木の葉一枚の重さに如かずともいえますが、それはまた、人の人たる所以でもあるのです。なんどでも、気を取り直して生き続けるばかりです。(「飯塚事件」を扱った右の東京新聞は18/12/29付け)

 ついてくる犬よおまへも宿なしか(山頭火)

_____________

 償い 死刑でも癒やされぬ心

 「遺族が加害者に求めるのは刑でも罰でもない。償いなんです」。6月18日、京都市の同志社大学。裁判員制度が始まったのを機に人を罰する意味を考えようというシンポジウムに招かれた愛知県春日井市の原田正治さん(62)は、学生たちに語りかけた。

 1983年1月、運送会社に勤めていた弟=当時(30)=のトラックが京都府内で河原に転落した。当初は事故死と判断されたが、翌年5月、弟に2000万円の保険金をかけて殺害したとして、勤務先の社長と同僚が逮捕された。/社長は母親に「(弟に)貸した金を返してほしい」とうそをついて数百万円をだまし取ってもいた。

 原田さんは怒りが収まらず、法廷で「極刑しかない」と訴えた。社長は共犯者とほかにも2人を殺していた。一、二審とも判決は死刑。社長は上告した。

 ある日、拘置中の社長から手紙が届いた。それまでにも100通を超す手紙が来て読まずに破り捨てていたが、たまたま読んだこの手紙に「(弟の)墓参りに代理の者を行かせてほしい」と書いてあった。

 会って怒りをぶつけてやると意を決し、拘置所に向かった。社長は面会室に姿を現すと感謝し、両手をついて「ごめんなさい」と謝罪した。憎しみは消えなかったが、話すうちに「もう一度面会したい。ずっと謝罪を続けてほしい」と思うようになった。上告は棄却され、最高裁で死刑確定後も3回面会した。2001年には法務大臣に死刑の執行停止も求めた。

 「生きて罪を償うことを切にお望みくださった正治様には、ご期待にこたえることができなくて申し訳ありません」。同年末に死刑になった社長は、原田さんに遺書を残していた。

 原田さんは遺族が極刑を望むのは間違っていないと考える。死刑の廃止論者でもない。ただ「社長が死刑になり、怒りをぶつける対象を失った」と感じた。

 被害者と加害者の距離を縮め、本当の癒やしを考えたい-。原田さんは07年に「OCEAN 被害者と加害者との出会いを考える会」をつくった。

 シンポではこう訴えた。「被害者の感情にもいろいろある。裁判官や裁判員は『遺族が望むのは厳罰』と型にはめて裁くのだけはやめてほしい」(原田正治さんのブログです。http://may23174.blog.fc2.com/

   ■    ■

 福岡市のエステ店で04年5月、石材会社を営む息子=当時(44)=を中国人留学生に殺害された佐藤泰彦さん(74)=長崎県長与町=は、中国で捕まった男の死刑回避を求め、中国の裁判所に嘆願書を出した。当初は死刑を望んでいたが、男の初公判が1カ月後に迫った時、妻と「優しかった息子は死刑を望むだろうか」と話し合った。悩んだ末の結論が「死刑になっても息子は帰らない。彼が死刑になれば、彼の両親も悲しむ」だった。判決は死刑を回避した。男は十数年後に社会に戻る可能性がある。佐藤さんにとっての償いは、男の「親孝行」という。(西日本新聞・09/07/08)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 死刑(制度)問題、いったい何十年ぼくは考えつづけてきたか。簡単に割り切れないし、割り切るべきではないと悩んできました。「人を殺すのはよくない」という命題は、誰に対しても、どんな場合にも妥当する(すべき)はずだとも考えてきました。「死刑」はまぎれもない殺人です。それを「国家」が行う場合は許されるというのは是認できないし、だから、…。  いかなる理由で、「死刑廃止」の国が増加してきているのでしょう。

 「死刑になっても息子は帰らない。彼が死刑になれば、彼の両親も悲しむ」

 「遺族が加害者に求めるのは刑でも罰でもない。償いなんです」

******************

++++++++++++

● 「私たちアムネスティ・インターナショナルは、死刑を人権の問題と考えています。そして、「生きる」という最も基本的な人間の権利を根本から否定する刑罰が、死刑だと考えています。

アムネスティは、1977年に「死刑廃止のためのストックホルム宣言」を発表し、「死刑は生きる権利の侵害であり、究極的に残虐で非人道的かつ品 位を傷つける刑罰である」として、あらゆる死刑に例外なく反対する姿勢を明確にし、死刑のない世界の実現に向かって活動してきました。

こうしたアムネスティの活動は、死刑廃止への世界的な潮流につながり、1991年には国連の死刑廃止国際条約(自由権規約第二選択議定書)が発効しました。それから20年あまり経った今日、死刑廃止国は世界の3分の2以上の140カ国になっています。」(https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/)

________________________