溝に捨てたほうがまだしも…

経産省は協議会に業務を769億円で委託。協議会は業務の大部分を大手広告会社の電通に749億円で再委託している。(朝日・20/06/02)

サービスデザイン推進協議会の事務所が入るビル=東京都中央区
サービスデザイン推進協議会の事務所が入るビル=東京都中央区

 リモートワーク中と貼り紙 「20億円中抜き」指摘団体

 経済産業省から持続化給付金の手続き業務を受託した「サービスデザイン推進協議会」をめぐり、実態がよくわからないという懸念が広がっている。

 野党議員7人が1日、協議会側から話を聞こうと事務所を訪れたが、職員は対応せずやり取りはなかった。事務所は東京・築地のビルの2階に入っている。議員によると明かりはついておらず、壁には「現在リモートワーク中です」と書かれた貼り紙があったという。連絡先としてはメールアドレスが記載されていた。

 議員側は5月29日に、経産省中小企業庁を通じて訪問に応じるよう要請していた。1日朝になって中企庁から「リモートワークのため職員はいない」と返答があったという。(上の東京新聞は20/06/01付け)

 経産省は協議会に業務を769億円で委託。協議会は業務の大部分を大手広告会社の電通に749億円で再委託している。野党議員らは「中抜き」によって税金の無駄遣いにつながったのではないかと問題視している。(同上・朝日)

:::::::::::::::::::::::::::::

NBC(N(核):Nuclear、B(生物):Biological、C(化学):Chemical)兵器に対処するために開発された装輪式の化学防護装甲車両です。
NBC偵察車が配備されるまでは化学剤・核・放射性物質の対処には「化学防護車」、生物系物質汚染は「生物偵察車」と状況に応じて装備を使い分けなければなりませんでした。そこで合理化をはかるため「化学防護車の防護・機動性 + 生物偵察車の機能」をあわせ持ったNBC偵察車が開発されることになります。
 
開発は2005年から始まり2010年度予算で1両約7億円で3両調達されました。翌年2011年からは化学科隊員の教育・訓練を行う大宮駐屯地の化学学校、同駐屯地所在部隊のCRF:中央即応集団(現:陸上総隊)隷下の中央特殊武器防護隊に配備されます。現在では第3特殊武器防護隊(千僧駐屯地)、第6特殊武器防護隊(神町駐屯地)など、各師団化学科部隊へ配備が進められています。(https://rikuzi-chousadan.com/soubihin/kagaku/nbc.html

 政官財の悪徳厚顔の輩どもが、税金を好き放題に費消している。不足が生じてくると、増税という小槌を振るう。許しがたい法外の振舞いに目を丸くし耳を疑うだけでは生ぬるいのです。「ワセクロ」という団体も明らかにしていますが、国家政管の悪者及び業腹取り巻きがいかに不埒な税金泥棒をしているかに、呆れるばかりではだめで、怒るのも覚悟がいるのです。アメリカの悪政権の手下に据えられ身動きが取れない事態をこの島社会は「日米安保」の名において、七十五年以上も続けている。安保条約はアメリカのためのものであり、それに必要とされる金はすべて本邦が負担させられている。

 まるでこの島は「アメリカの属州」「アメリカの海外領土」だ。まるでGuamなみで、そのむかし「大宮島」と名付けられ本邦の領土だったが、いまはどうだ。米の世界防衛戦略の拠点である。(今年の三月だったかに、都心の真上を民間飛行機が飛ぶのはどうしてかという、素朴な懸念が生じたことがありますが、その飛行も、今は日常になりました。理由は横田基地にかかわる米軍の制空権にかかわるから、というのが実相です。(https://www.youtube.com/watch?v=119nvHd1oEw

+++++++++++++++++

 この半島は「アメリカの50番目の州」と長い間ぼくはみなしていましたが、それは間違っていた。敗戦後(1945年以降)の「占領」状態(occupied)が持続していたのであり、この島のPMは宗主国のコマ使いでした。なけなしの金を「納税義務」の名に、無体にも収奪されている「一人の民衆(人民)」は謀反を起こそうとしているのです。復興税で「戦車」を買わされる。ブルーインパルスは「オレが命じた」という屑野防衛大臣、いざさらば、だ。あらゆる税金が、どぶに捨てられるならまだしも、もっとも悪辣無道の使われ方をしているのです。国家及び、その取り巻きによって。取り巻きには「名の痴れた」企業群があります。人生をかけて腐った企業に入るための下請けが、さまざまな段階の学校教育がすることなんですか。

 際限なく収奪される劣島。いったいどこまで奪われるのでしょうか。アメリカに収奪され、あろうことか島の悪政治家・官僚とその取り巻きの腐敗連。まるで江戸時代の痴方「悪代官」顔負けの悪行・悪逆ぶり、ぼくは卒倒寸前で、息を殺しています。もう何十年、この苦しい「身の置き場所」探しを続けていることか。 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

 あなたをなぐさめてあげられるから

 入江杏(あん)さん著『この悲しみの意味を知ることができるなら 世田谷事件・喪失と再生の物語』春秋社刊。07年12月)

 《10年に近い海外生活ののち帰国した2000年12月31日未明、「世田谷一家殺人事件」に遭遇し、妹一家を失う。その後、犯罪被害からの回復・自助とグリーフケア(家族・友人など大切な人を亡くして大きな悲嘆に襲われている人に対するサポート)に取り組みながら、絵本創作と読み聞かせ活動に従事している〈ミシュカの森〉主宰。著書『ずっとつながってるよ こぐまのミシュカのおはなし』(絵本、くもん出版)。》(同書の著者紹介より)

 入江さんの語られる物語に『スーホの白い馬』がでてくる。お読みになった方もおれるでしょう。スーホという名の羊飼いの少年に一頭の白い馬がいた。その白馬は大きく成長し、国中でいちばん速く駆ける馬になった。しかし、殿様が主宰する大会で優勝したために、スーホは殿様に取り上げられてしまった。スーホのもとへ逃げ帰ってきた白い馬は身体中に矢を受け、傷ついていた。そして、とうとうスーホのもとで死んでしまったのです。

 悲しさにうちひしがれたスーホの夢のなかに現れた白い馬は、彼に語るのだった。

 「そんなに悲しまないで。わたしの骨や皮、筋や毛を使って、楽器をこしらえてほしい。

 そうすれば、いつでもあなたのそばにいて、あなたをなぐさめてあげられるから」

 夢で告げられたとおりに、スーホは楽器を作りました。それが馬頭琴です。スーホが奏でる馬頭琴は広いモンゴルの草原に鳴りわたり、たくさんの人びとのこころをなぐさめたのでした。

 「なんのために生きているのだろう、なぜ生き残ったのだろうと自問していた。そんな私に、にいな(妹の長女)が遺してくれたもの。それが悲しくも美しい再生の物語だったことに、不思議な符号を感じざるを得ない。

 この再生の物語は道しるべなのだろうか?私のグリーフケア(悲嘆の克服)の途上に与えられた道しるべ」(同上)

   亡くなる少し前ににいなちゃんが遺したのが「スーホの白い馬」の詩画だったという。

 この『スーホの白い馬』の引用のあとに『ツェねずみ』の話がでてきます。

 「私も何度も『まどってください!』と叫びたくなることがあった」

 「夢や情熱、挑戦する勇気、自分を信じて進んでいこうとする誇り。まどってほしいものは、形のあるものではなく、形のないものだった」

 やがて、意を決して、入江さんはもう一歩と前に進み出られたのです。

 「誰にまどってもらわなくてもいい。それ以上に、自分の中にまどってほしいと願うツェねずみがいることがたまらなく嫌だった」

 「私はツェねずみにはならない、そう誓った。心にあいた穴を埋めるのは自分自身だ、自分で自分の人生の意味をもう一度見出さなければ。私の人生の創り手は私以外の誰でもないのだから」

  一瞬にして妹一家四人を奪われた姉の悲しみと嘆き。「この悲しみの意味を知ることができるなら」事件から二十年が過ぎました。この言い知れない凄惨で悲惨な事件によってでしたが、ぼくは入江さんと遭遇することになりました。一夕、さまざまな話を伺いながら、人生における「理不尽」というものを考えさせられてきました。報道で「世田谷」と耳にし、目にするたびに、入江さんの様子を思うのが習性のようになってしまいました。

 いくつもの未解決の事件。「悲嘆の克服」ということがだれにも起こりうるのでしょうか。

 『スーホの白い馬』にはいくつかのエピソードのような話が、ぼくにもあります。それはともかく、子どもがまだ小学校の低学年の頃、教科書に出ていた「物語」をノートに「書き写す」というばかばかしい宿題に夜を徹していたことがありました。ぼくはその教師の「愚行」に憤りを覚えたのでした。いまでも、その「憤り」の心持を覚えています。またはこれがどこかで触れたように思いますが、この「物語」の挿絵はぼくの友人の父が書かれたものでした。赤羽末吉さん。独特の太い線と鮮やかな色彩で、物語に欠かせない要素となっています。また、「馬頭琴」には、先入観からか、静かな音色であるにもかかわらず、ぼくの心はいつとはなしに波立ってしまうのです。

 二十年を経過した事件の解決はいつになるのでしょうか。この事件などもきっかけになり、「時効廃止」という新たな展開があったのでしたが(それからも十年が過ぎました)。

+++++++++++++++++++++

●殺人などの時効廃止が27日成立、即日施行 殺人など凶悪犯罪の公訴時効の廃止や延長を盛り込んだ改正刑事訴訟法が27日、衆院本会議で賛成多数で成立し、政府の持ち回り閣議を経て、異例の即日施行となった。時効が未完成の過去の事件にも適用される。時効廃止を待ち望んでいた被害者遺族らは、一様にスピード審理による即日施行を歓迎した。(日経新聞・2010/4/27付)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>