What kind of America is it?

 コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にとっての日常(パックン)2020年05月30日(土)15時30分

 ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

 …風刺画では「自由の国」なのに、経済活動も生活も自由にできないって、どんなアメリカだよ(What kind of America is it?)と、新型コロナウイルス感染拡大中の生活に不満を感じる白人の疑問が挙がっている。そして普段から学校でも、銀行でも、不動産屋でも、会社でも裁判でも平等な扱いを得られず、買い物、デートなど外に出るだけで命の危機を感じる黒人は「俺のアメリカだ(My America)」と答える。切ない限りだ。

 さらに残念なことに、コロナ危機においても黒人が受けるダメージは白人のそれより大きいようだ。職種や貯金額などの違いから自宅待機ができないとか、「疑われると撃たれる」恐れがあるからマスクを着けないとか、さまざまな理由で感染率が高い。そもそも黒人の医療保険の加入率が白人より低い。予防治療を受ける割合も低い。黒人が受ける医療の質も低い。その結果の違いが、いま著しく表れている。全国平均で、黒人のコロナによる死亡率は白人の死亡率より2.4倍も高い。

 ここまで病んでいる国がMy Americaでもあると考えると、僕は実に恥ずかしい。(https://www.newsweekjapan.jp/)<本誌2020年6月2日号掲載>

**************************

 いまアメリカで生じていることは、けっして対岸の火事ではないとぼくには思われます。銃が発射されたり、街頭で火の手が上がるような事態にはめったに遭遇しませんが、事いたったならば、その程度のことは起きても不思議ではないでしょう。要するに「きっかけ」の有無が問題になっているのです。さらにいえば、それだけ日常的に「抑圧」や「強制」、あるいは監視や管理が現下一にまで達しているからこそ、時には暴発するのだというのです。

警察署に火をつけ、集まるデモ参加者。5月28日、ミネアポリスで撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)

 君は「暴力」や「暴動」を認めるのかと問われれば、ぼくは場合によっては、というほかありません。圧倒的な武力(暴力)を一方的に容認されている権力側に対抗する、どんな手段を民衆は持っているのか。むのたけじという人が怒りを以て言われたことがありました。秀吉は「刀狩り」をしましたとかんたんにいうが、それは「刀狩られ」だと。武具や農具をことごとく召し上げられ、以来、武力は権力の占有となったのです。それに対するに、被抑圧者は身命をかけるしか方途はないのです。アメリカとこの島では事情は大いに異なりますが、「差別」とそれを生み出す「偏見」が野放しされているままで、どれだけきれいごとをいっても始まらないというのがぼくの実感です。

 目には目を、歯には歯( lex talionis )をというのはいかなる意味合いだったか。ぼくは詳しくは知りませんが、同じ力関係でない限り、この報復は成り立たないでしょう。暴力を肯定はしませんが、それも条件次第です。ガンジーの非暴力抵抗主義も単純なものではないようです。「暴力(武力)」をだれが使うか、行使するかということを見逃すべきではないとぼくは考えているのです。「自衛」「防衛」は認められなければならないでしょう。そのために力や武器を使うこともある。それを禁じたなら、事態は変わらず、権力はいつでもそれを我が物にするだけです。

 「もしも黒人の暴動がなかったら、アメリカは少しも変わらなかったろう」という意味のことを言ったのはM.Foucaultでした。

+++++++++++++++++++++

 日本の生活圏に同化埋没し…

「在日」を生きる

(毎日新聞・2019/07/01)

 祖国の置かれている状態を、よんどころなくひっかぶって生きつつも、なお、祖国の実情実態を一つの視野に収めうる立地条件を生きると言うことは、裏を返せば、本国の五千万同胞をね、打って返しうる存在体でもありうるだろうという思いがあるのですね。在日朝鮮人は、立場が違うからとか、思想、信条、政見が違うからといって、〝在日〟という一つのところを変えるわけにはいかない生存基盤を分け合って生きているわけです。いやがおうでも、一つところを同じく生きねばならない実情、実存を生きているという事実、この動かざる現実を積極的な意味と価値に転換しうるだけの意識がたくわえられていくならば…。

 ところが、一方で、在日世代の圧倒的多数を占めるようになった在日三世、四世たち、この世代たちのほとんどが、実に八四パーセント近くが日本の学校に行っているのですけれど、十三万八千といわれる就学児童、学生のなかで、十一万あまりが日本の学校で学んでいるのですから、「民族性を失わずに・・・」という期待は、生育の下地のところで崩れていっているのですね。日本への傾斜は加速度を加えて、ここ七、八年前までなら、年四千名前後の帰化者であったものが、いまでは五、六千名になっているほど、〝朝鮮からの脱落〟は年を追ってつよまっているのです。そして、おそるべきことには、これはある日本の朝鮮研究者から聞いた話ですが、法務省のマル秘資料にですね、在日朝鮮人の趨勢を二十五年と踏んでいる数字が出ているというのですね。二十五年たてば、在日朝鮮人はみな日本人に吸収されるものとして、ちゃんと計算がはじかれてあるというんです。(中略)

金 …いつのまにか在日朝鮮人のことを、「在日韓国・朝鮮人」という併称でもって呼びならわされていることも合わせて、在日朝鮮人の存在自体に対する軽視をかい間見る思いですね。

 このこと自体、わたしは在日朝鮮人の存在を侵害するものだと思っていますけど、つまり、こういうふうに言われるようになった直接の契機は、一九六五年韓日会談の締結なんですけどね。韓日条約締結によって、在日朝鮮人の在留条件が永住権申請、取得という条項でもって規制されるようになってしまいますね。永住権を申請するためには、自動的に韓国籍を取得しなくちゃならない。これは在日朝鮮人への、陰険きわまりない国籍条項の強要を秘めていた。それで一夜にして、在日朝鮮人の勢力分布は入れ替わってしまった。いまはもう五分の四が〝韓国〟籍と見られています。朝鮮総連の現役活動家だって、韓国籍を内密に取っている人が少なくない。そういうご時勢なんですね。これ自体が擬態を生きている。〝在日生きる〟とはけっしてそんな従属の生ではない。(中略) 

金 思い起こすだにいまいましいことですが、在日朝鮮人の趨勢をそれほど左右するようになった韓日条約の締結にあたってですね、当の在日朝鮮人の心情とか意思がはかられたことはまったくもってなかった!(中略)

 在日朝鮮人七十万という存在体はね、八十年前もいまも、祖国の恩典も庇護も受けたことのない集団なんですよ。その集団がね、一朝にして韓日条約の規制を受けて、いきおい韓国国民に糾合されちゃって、韓国の法権力の規制を受けるようなことはね、在日朝鮮人七十万の存在をほんとにきびしく見る立場からするならば、これは不当・不合理きわまりないことなんです。なんらの救済も庇護もうけたことのない「本国」の片方から、徐勝兄弟の青春に見るような無残な仕打ちを受けるいわれは、在日のわたしたちにはない!正当な関係からするなら、それはまったくもって逆のことなのだ。わたしたちの悲痛きわまりない思いが祖国にぶつかるべきことであって、祖国の権勢がそのわたしたしたちにかぶさる―法的にね―かぶさることじゃないと思う。(中略)

金 …多少とも在日朝鮮人のありかたに思いをはせるものからしますとね、わたしたち在日朝鮮人にとっていちばん、いま、苦悶に近く大きい問題は、在日世代三世、四世のですね、日本の生活圏に同化埋没していくことなんですよ。(中略)

 これはまあ「風化」という言いかたもありますけど、わたしは「風化」というのはむしろ変わらなくて、原型がこり固まってしまうのが風化なんで、そういう言いかたはしませんけど。むしろ溶解と言うべきじゃないでしょうか、溶解…。(中略)

 そういうことが、いちばんわたしたちの苦悶なんですね。わたしたちはまだ一つに帰一してもないのにね、その道程なかばに至らずして、もしくはなかばを実は超えているのかもしれないけど、人生後半のだな、わがだいじな意識体、存在自体がね、溶解してしまうことがいたたまれないんです。(中略)

 そういった人たちにとってはね、市民的権利というのは、溶解するのにものすごく好都合なわけ。(以下略)

 「在日を生きる」と題された対談の初出は、雑誌『朝鮮人』(一八号、一九八〇年四月)。(左写真は済州島)

+++++++++++++++++++++++++++

 ぼくが尊敬してやまないのは、金時鐘さんの上に述べられている「生の条件」の一貫性の故でした。氏はいまも奈良に住まわれて、九十一歳の春から夏を送られています。生涯をかけて「在日のはざま」をえぐり続けてこられた、金さんの健康を祈るや切です。

****************

 人にも植物にも芒種の候あり

1979年、非行とその克服の記録『ブリキの勲章』が話題となり、1981年に映画化された(中山節夫監督、中村嘉葎雄主演)ぼくは一度だけでしたが、中山監督と親しく話をしたことがありました。中山さんは社会派というか深い問題となっている事象をテーマにして映画を作っておられます。1970年のデビュー作は「あつい壁」、とても考えさせられるものでした。熊本菊池出身の監督の郷里で生じた事件の映画化でした。

 自分の「芯」になるものあった=非行克服支援センター理事長・能重真作さん

 戦時中小学生時代には配給のたばこを吸ったりして「ワル」でした。両親ともに教師で、いつも「先生の子」として見られていました。私が来ると周りの子がピタリと話をやめたりすることもあった。だから「おれだって人の子だ」と行動で示すしかなかった。

 教師は「なぜやるのか」の説明がなく、何も言わない。そのころの子どもは理由を聞かずに従っていればよかった。しっかり意識していたわけではないが、感覚的に「おかしい」と思った。

 小学6年の時に終戦を迎えました。それまで「きさまら」「日本男児」と言っていた人たちがガラッと変わり、「君たちは」と言い始めた。毎日教科書を墨塗りしました。

 勉強は嫌いでしたが、読書と演劇はずっと好きでした。中学生のころから浅草に映画や演劇を見に行ったりしていた。いつも本を持ち、読んでいました。私にはそういう自分らしくあるための「『芯(しん)』になるもの」がありました。(毎日・07/01/08)

   ■人物略歴:のうじゅう・しんさく=1933年生まれ。東京学芸大卒業後、中学教師に。非行少年などの問題に取り組み、実践記録「ブリキの勲章」は映画化された。現在も非行や不登校に悩む親と子を支えている。(同記事より)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 勉強と遊び

 勉強が嫌いだったが、読書と演劇は好きだったと能重さんはいわれています。その理由らしきものはなんだったのでしょうか。おそらく「勉強」は強いられたのに対して、「読書・演劇」はじぶんでやったからということだったのではないでしょうか。

 だから、強いられる「勉強」ではなく、遊ぶような「勉強」が求められるんじゃないですか。遊びの面白いところは「工夫する」余地がたくさんあるというところです。その余地がなければ、つまりじぶんでためしてみる部分が少なければ、あるいはまったくなければ、好きだったものでさえ「嫌い」になるのです。

  どんなに学校の成績がよくても、遊びの部分・余地がなければ、なんというか、とてもつまらない生活を送ることになるんじゃないですか。能重さんは「芯」ということばをつかっておられますけど、この「芯」はじぶんで育てるのであって、そとから植えつけることはできそうにありません。だから「芯」は勉強からではなく、遊びから育つといいたい気がするのです。「遊びをせんとや生まれけん」

〇「芯」=(多く「芯」と書く)もののなか。中央。中心。㋐内部の奥深いところ。「からだの心まで冷える」㋑中央にあって、重要な役割をになう部分。「鉛筆の心」「蝋燭 (ろうそく) の心」「一家の心となって働く」㋒火が通っていない飯粒や麺の、中央の硬い部分。「心のある御飯」㋓物の形状を保つために、その内部に入れるもの。「襟に心を入れる」(デジタル大辞泉)

++++++++++++++++

  上の記事のつづきを読んでください。

 《私は大学に入り、東京の下町の学校へ教育実習に行きました。その学校には、下校時間が来ても言うことをきかずに校舎に残る子どもたちがいた。

 会って接してみると、その子どもたちは、自分の子どもの時代の子どもと違っていたんです。自分が常に持っていた「『芯』になるもの」がなかった。その子どもたちは、家に帰っても親の仕事が忙しくて誰もいないから帰らないという事情もありました。

 「この子たちこそ教師を必要としている」と思いました。そして教師になろうと思ったんです。私に「生きる道」を与えてくれたのは子どもたちでした。

 昔の子どもも今の子どもも本質的には何も変わっていないと思います。発達過程も思春期を迎える時期も変わらない。そしていつの時代も子どもたちは常に自分の存在を認めてほしいと思っています。

 今も私自身は「子どもから学んでいかなくてはならない」と思っています。

 そしていつも教師や大人は、子どもに対して謙虚な姿勢を持たなくてはならないと思います》<聞き手・吉永磨美>

             ;;;;;;;;;;;;;;;

   評価されたいという衝動

 「昔の子どもも今の子どもも本質的には何も変わっていないと思います。発達過程も思春期を迎える時期も変わらない。そしていつの時代も子どもたちは常に自分の存在を認めてほしいと思っています」と能重さんはいわれます。それもひとつの子ども観でしょう。でも、どうでしょうか。放牧された牛と牛舎に閉じこめられた牛では、牛であることは変わらないけど、その質(肉質もふくめて)ずいぶんとちがうんじゃないですか。

 だから、大切なのは、この子は放牧派か牛舎派かを見きわめることです。教師の仕事の値打ちも腕の見せ所も、ここのあるともいえるのです。そして「そしていつの時代も子どもたちは常に自分の存在を認めてほしいと思っています」というのはそのとおりだといえますね。これは大人だって変わらないのではないですか。そうはいっても、だれからも認められたいのではないのです。犬でも猫でも、認めてもらいたいというのではない。

 評価を求めるのは、わたしたちの一種の衝動です。この衝動は曲者だといわなければならない。強力かつ執拗ですから。いやな勉強でも、それによって評価されるなら我慢してやろうとします。いやだけれど、しかたがないけどしなければならない。唯一、そんないやな勉強でも、成績が高ければ評価されるからです。その証拠に、いくらやったところで、だれも見向きもしてくれなければ、やらなければならないことでもしようとはしないのではないですか。

 学校は評価されたいという子ども(人間)の衝動をてっていして利用しているのです。

ススキの紋所

  これはけっして教師にかぎられることではなく大人にも当てはまるのですが、「子どもから学んでいかなくてはならない」という姿勢をもつのは簡単じゃないですね。子どもに学ぶというのは、はたしてどのようなことをさしているのでしょうか。赤子からも幼児からも学ぶことができるひと、それは稀有な存在だといえそうです。

(本日で五月は終わり。なにか感慨があるのではありませんが、春の香りも酣(たけなわ)と思いきや、もう梅雨が近くまで来ています。「芒種(ぼうしゅ)」の候となりました。「芒」は「のぎ」です。稲や麦の先端のとがった部分。またはススキを指す。(右はススキの紋所)

〇 芒=稲や麦などイネ科植物で、花の外側の穎 (えい) の先端にある針状の突起。分類上重要。または、芒(すすき)とも=イネ科の多年草。山野に群生し、高さ約1.5メートル。秋、茎の頂に十数本の枝を出し、黄褐色から紫褐色の大きい花穂をつける。これを俗に尾花といい、秋の七草の一。(デジタル大辞泉)

************************