略奪が始まれば、銃撃が始まる

 テイラー・スウィフトさん、黒人男性死亡めぐりトランプ氏を批判2020年5月30日(AFP)

【5月30日 AFP】米北部ミネソタ州ミネアポリス(Minneapolis)で警察に身柄を拘束された黒人男性のジョージ・フロイド(George Floyd)さん(46)が死亡した事件をめぐり、米人気ポップ歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)さんが29日、抗議のデモ参加者への発砲を示唆したドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を批判した。

 スウィフトさんはツイッター(Twitter)で、「就任してからずっと白人優位主義と人種差別の火をたきつけてきた。厚かましくも道徳的優越感を装った後に暴力で脅すのか」と述べた。スウィフトさんはツイッターで8600万人のフォロワーを持つ。

 トランプ氏は「略奪が始まれば、銃撃が始まる」とツイッターに投稿し、物議を醸している。この発言に対してスウィフトさんは「私たちは11月に投票によってあなたを退陣させる」と明言した。

 トランプ氏は、ミネアポリスで発生している警察に対する暴力的な抗議デモについて、デモ参加者を「略奪者」と呼び、軍隊を送ると警告していた。

 この投稿に対してツイッターは、「暴力の賛美」に当たり、自社の規則に違反するとして非表示にするという前例のない措置を取った。

 アフリカ系米国人に対する警察の暴行に抗議する暴動は29日、3日目の夜を迎え、ミネアポリスとセントポール(St. Paul)に数百人の兵士が配備された。

 抗議活動の起点となった事件が起きたのは25日。手錠をかけられ地面に横たわったジョージ・フロイドさんが、警官から5分以上も首を膝で押さえつけられて死亡した。この時の様子が動画に撮影されていた。 

 若くして大きな名声を獲得したスウィフトさんは、数年前から政治的発言をするようになり、過去にもトランプ氏を批判。2018年の中間選挙ではテネシー州の民主党候補への支持を表明した。(c)AFP

“““““““““““`

【5月30日 AFP】(更新)米北部ミネソタ州ミネアポリス(Minneapolis)で、黒人男性のジョージ・フロイド(George Floyd)さん(46)が警察の拘束下で死亡した問題で、地元当局は29日、フロイドさんを死に至らしめたとされる元警察官の男を逮捕し、第3級殺人などの罪で訴追した。

 逮捕されたデレク・ショービン(Derek Chauvin)容疑者は25日、フロイドさんの首を少なくとも5分間にわたり膝で押さえつける様子が動画に撮影され、免職処分を受けた。ミネアポリスでは事件を受け、3晩連続で暴動が発生。店舗数百軒が損壊し、警察署が炎上する事態となっていた。(以下略)

***********************

 先ごろ、この島でも多くの人のツイッター上の政治的発言が話題になりました。米国でも事態はより深刻だと思います。「大統領」の特異性というだけでは終わらない問題で、なぜこのような人物が「大統領」に選ばれたのか。民主主義のもっともも危ういところの一つでしょう。分断と断絶によって、選挙民は二分される。「いい人間」と「悪い人間」とでもいうのか。「上等」と「下等」とでもいうのか。分断や対立を起こさないようにするのが「政治」だといえば、失笑どころか、嘲笑を買うばかりなのかもしれない。

 民主主義のお手本だと「米国」を持ち上げてきたのがこの島社会の大半でした。実は表面からは見えにくいが、その足元には「差別と暴力」が蔓延していたのです。(状況はこの島においても変わらない)選挙民が賢明でなければならないとは思うけれども、選択を間違えない保証はどこにもないのです。失敗をし、また出直す。致命的な過ちを犯す(たえばた戦争行為など)、にもかかわらず、また出直す。全く同じ地点からの出直しなのか、一ミリでも進んだ地点からの出直しなのか。あるいは、…。(100対0から、99対1へ。気の遠くなるような道のりだけれども、バーバラ・リーさんのようにあきらめないこと、誠実を貫くこと、この地点を確保する、そこからまた、歩き出す。

 「おかしいことは、おかしい」という。「まちがいは、まちがいだ」と指摘する。一歩進んで二歩下がる状況が彼我の地に生じていますが、責任を放擲するわけにはいかないのです。

++++++++++++++++++++

投稿者:

dogen3

「上を思えば限りがないと 下を見て咲く百合の花」になれるものなら、という想いです