夫婦ゲンカ うどん 麦わら 

 臨時休業の理由はまさかの夫婦げんか…。

しかし、仲直りできる見込みで、営業再開日まで決まっているというのだ。

お知らせの画像がネットに投稿されると、ネットユーザーは「旦那さん地雷を踏んだってワケだ」「コシがなくなりそう」などと大喜利状態となったが、同時に夫婦仲を心配する声もあった。

このうどん店は、東京・江東区にある「麦わら」というお店だが、なぜ、このような理由で休むことになったのだろう。そして、無事に営業は再開したのだろうか?

編集部は今回、店を切り盛りする50代の夫婦にお話を伺うことができた。

実は夫婦げんかが「直接的な理由ではない」…真相は?

――どの程度の期間、臨時休業した?その後は?

旦那さん:3月29日(日)、30日(月)と休みました。当店は毎週月曜が定休日なので、臨時休業は29日のみですね。31日以降は通常通り、営業しています。

――夫婦げんかで休もうと思ったのはなぜ?

旦那さん:実は夫婦げんかが、臨時休業の直接的な理由じゃないんです。

新型コロナウイルスの影響が東京に広がりつつあり、この状況でお店を開いていいのかずっともやもやしていました。東京都が3月28、29日の週末、不要不急の外出を控えるように呼び掛けたこともあって、3月28日は営業中も憂鬱な気分が続いていました。

そこで、28日夜に翌日(29日)は営業を自粛しようと思い、来店していた常連さんに「いい理由はないかな」と話したところ、あの張り紙を書いてくれた。それを張り出したんです。

まさか、こんな騒ぎになるとは思いませんでした。

――それではなぜ、理由が夫婦げんかに?

奥さん:主人は小言などで静かに私を怒らせるので、お客さんから見ると私は“怒る人”に見えるらしいんです。常連さんが張り紙を書いたときも、私が厨房で「うるさい」と叫んでいたらしく、旦那が奥さんを怒らせたということで、あの文章になったそうです。

奥さん「主人とはいつも本気でけんかしています(笑)」

――聞きにくい質問ですが…けんかはよくする?夫婦仲は?

旦那さん:けんかばっかり。毎日けんかしてるよ(笑)。お店では、奥さんが天ぷら担当、自分がうどん担当なんだけど、出来上がりのタイミングが合わないと「早くしろ」なんて言ってしまう。バタバタしてると、互いに自分のことしか考えなくなっちゃうんですね。

奥さん:主人とはいつも本気でけんかしています(笑)。

――張り紙には「うどんが踏めません」とあるが、うどんはどう仕込んでいる?

旦那さん:自分一人踏んでます。うどん作りは粉や塩水などの素材を混ぜてそれを踏み、踏んだものを団子状にして一日寝かせ、伸ばして麺にしていくので手間がかかりますね。

――けんかするとうどん作りに影響は出る?

旦那さん:踏むときには美味しくなるように愛情・思いを込めて踏みます。適当に踏めば、適当なうどんしかできないんです。けんかすると、その愛情が半減してしまいますね(笑)。

――おすすめのメニューなどはある?

奥さん:武蔵野うどんですね。人気メニューは「肉つけ汁うどん」で、1日50食くらいは売れます。

「お店を営業していいのかなという思いはまだある」

――31日から営業を再開しているが、その理由は?

旦那さん:経営的なところもあり、営業を再開しました。とはいえ、お店を開店していいのかなという思いはまだあります。飲食業にかかわる人、みんなが感じてるんじゃないでしょうか。

――臨時休業について、お客さんから反応などはあった?

奥さん:お客さんからの反応で、特に変わったことはないですね。ただ、張り紙を見た知人からは「仲直りした?」「大丈夫?」などと連絡が来ました。

――ネットで話題となったことについて思うことはある?

奥さん:本当にびっくりです。お客さんが私たちを見て書いてくれたので、半分冗談で「近所の人に休むことを知ってもらえればいいな」と張り出したんです。それがうちの店を知らない人も見てくれているようなので、本当に不思議ですね。

――この場を通じて、何か伝えたいことなどはある?

旦那さん:新型コロナウイルスについては、対策のために誰もが協力する姿勢であってほしいですね。協力するしかないじゃないですか。そして首相や知事は、方針などをしっかり指示してほしい。みんなもやもやしてるんじゃないかな…飲食業に関わる人は特にだと思います。

夫婦げんかでの臨時休業というのは、今の社会的な状況で悩んでいる旦那さんを見かねた常連さんが、気を利かせて思いついたものだった。

心配された夫婦仲についても、「けんかしている」と言いながらも笑い声が絶えなかったことから、問題はなさそうだ。うどんも愛情も「ごちそうさま」といったところかもしれない。(https://www.fnn.jp/articles/-/2824320)(Prime on line 20年4月3日)  

+++++++++++++

 このニュースに関してはノーコメントです。旦那さんの発言に尽きていますね。それに「常連の芸達者ぶり」だ。

 「新型コロナウイルスについては、対策のために誰もが協力する姿勢であってほしいですね。協力するしかないじゃないですか。そして首相や知事は、方針などをしっかり指示してほしい。みんなもやもやしてるんじゃないかな…飲食業に関わる人は特にだと思います」

 蛇足ながら こんなうどん屋さん夫婦もいるのですね。コシもキレも抜群かも。ということで、うっとうしい時間が続いている中での一杯のうどんでした。ぼくも「ごちそうさま」でした。

+++++

 日本人の朝鮮問題は…

 「二つのことば・二つのこころ」(『ははのくにとの幻想婚』所収)

 日本の大衆が自分自身の日常的思惟様式の欠陥にめざめるためには、在日朝鮮人からの打撃が必要である。私が負ってきた母国との断絶よりも深い傷そのものから、かりものの朝鮮らしさを超えた思想を生みだしてくれることがその一つだ。そのための試行錯誤が、日本人大衆の日常的思惟の世界に対する直接性である時期はなおつづくことだろう。大衆は異種分離ののちの無関心を贖罪だと感じているのだから。また同化の原理以外の対応を知らないから、目の前に立ちあらわれたものとの対応性がわからないぶきみさに、日本はさらされる必要がある。自分のもっていた発想法そのものをゆさぶられるという体験を意識にとどめたものは、敗戦後にやっとかすかに生じたにすぎない。

 植民地体験に対する一般の日本人の罪は、戦前戦後を問わず、政治的には徹底した差別を行政化している国内で、なおくらしの次元では差別していないと感ずるはかない社会構造、精神構造をもちつづけている点である。それと格闘していない点である。どうもこの精神構造の特色は、二十世紀の核心部分が不明確というのか零だといえばいいのか、これがその核心だというものを指定できないところだとみえる。その内実となっているのは、わたしはあなたとおんなじ、あなたもわたしとおんなじだ、だからわたしもあなたもおなじで、つみはどこにもない、というふうに、いっさいの本質を無に帰結しうるところにある。つみのありようがない。それは一面からいえば権力に対する民衆の自衛法にはちがいない。支配権力はこの生活体にとどめをさすことはできないから、意見や行為の震源地がないのだから外からほろぼしようがないのである。そして誰でもくらしの次元ではここに加入することができる。

 けれども支配の能力のこの運動体の法則性をあらゆる段階で他に利用することは容易である。特定の人間のあいだに同化の媒体や結合目的をあたえてやれば、それに対する責任の所在は不明のままに支配の目的へ近づけることができる。おそらくそうした能力は、このくらしの自衛運動体の要員となる要素を少なくとももっているものほど、やりやすいと思われる。というのも、アメリカが行なった日本の敗戦処理の方法を思い起こすからである。

 こうした精神構造に対して、外来神をあたえるごとく安直に階級意識をもてということはいっそう罪ぶかい。階級意識を胸いっぱいかかえたあなたとわたしが、段々畠のようにならんで、自分たちの味方だと信ずるおなじ集団の支配能力の指令を待つからである。この精神構造は一代二代で超えることは不可能だ。他者との対立の視点を個人の発想の内側に定着させることは容易ではない。日本人の朝鮮問題は、やはり、日本自体を思想的葛藤の対象としたときにはじまるのだ。それ以外に朝鮮人を自分の発想の外に自立する存在だとして認識することができないからだ。われも問いかけ、かれも問いかける形を創りだすことがむずかしいからである。

 朝鮮断章・わたしのかお

 朝鮮について語ることは重たい。私は朝鮮慶尚北道大邱府三笠町で生まれた。生後十七年間、朝鮮でくらした。大邱。慶州。金泉。

 私の原型は朝鮮によってつくられた。朝鮮のこころ、朝鮮の風物風習、朝鮮の自然によって。私がものごごろついたとき、道に小石がころがっているように朝鮮人のくらしが一面にあった。それは小石がその存在を人に問われようと問われまいと、そこにあるようなぐあいにあった。そしてまた小石が人々の感覚に何らかの影響をおよぼしているようなぐあいに、私にかかわった。

 いや、そうではないのである。そのようなかかわり方にとどまっていたならば、加害者被害者の単純な対応図がえがけるだけである。

 私は朝鮮で日本人であった。内地人とよばれる部類であった。がしかし、私は内地知らずの内地人にすぎない。内地人が植民地で生んだ女の子なのである。その私が何に育ったのか、私は何になったのか。私は植民地で何であったか、また敗戦後の母国というところで私は何であったか。(いや何であろうと骨身をけずったか。私は、ここで、このくにで、生まれながらの何であるという自然さを習慣的に所有していなかったのである。私は何ものであろうと、自分の力で可能なかぎりの生き方をした。まるで失った何かをうばいかえそうとでもするかのように)(同上)

〇 森崎和江 1927- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。 昭和2年4月20日朝鮮大邱生まれ。昭和33年筑豊の炭住街にうつり,谷川雁らと「サークル村」を創刊。のち「無名通信」を刊行。三池炭坑闘争に際し,大正行動隊に参加する。反権力の立場から民衆や女性の内面をえがきつづける。福岡女子専門学校卒。詩集に「さわやかな欠如」,評論に「闘いとエロス」,ノンフィクションに「からゆきさん」など。(デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説)

+++++++++

 歴史を無視した場所で、ぼくたちはなにをいうのか、なにをいおうとするのか。隣国に対して、歴史を語らないで、ぼくたちはどんな主張ができるのか。どんな主張をしようとするのか。ぼくはたった一人の狭い範囲において、隣り合う国に対して島社会は「何をこのしてきたのか」、それを愚直に考えつづけてきました。なにか、判然としたものが生まれたとは言いませんが、自分を偽らないためにも学びつづけなければと思いなしてきたのです。

 ぼくにはたくさんの「在日朝鮮人」(朝鮮は、全体(南も北も)としての、という意味です)の友人がいます。彼や彼女たちから、いろいろなことを教えられてきた。またこれまでにも雑文に書いたように「在日」の詩人や文学者にも多くを与えられてきた。森崎和江さんのように「朝鮮で生まれた日本人」からも学んできた。森崎さんは「贖罪」意識を今なお失っていない、それをバネにして生きてこられた稀有な人です。 「日本の大衆が自分自身の日常的思惟様式の欠陥にめざめるためには、在日朝鮮人からの打撃が必要である」

 それもこれも、ぼくひとりだけでも歴史のなかで、島の先人たちと「同じ過ち」を犯さないように、人間(隣人)に対する敬愛の念を失いたくないという、きわめて素朴は感情を偽りたくないからであった。「歴史」離れをした段階で、人間は独断に走り、傲慢になり、自己中心主義のきわみに立つのです。いまこの地上では「自己中心主義」に寄りかかり、「独善」の毒をまき散らすきわめて多くの政治家が「君臨」(ほんの一瞬ですが)しています。この島社会も例外ではない。なぜか、「歴史」を侮辱しているからです。歴史の中にしか生きられない存在が、その空気(歴史は、ぼくたちには不可欠な空気です)を侮辱(無視)して生きられるはずはないのですが。 

 カントが言っていました、「君は愚かだ、もし空気の抵抗がなければ、もっと自由に飛べるのに、と考える鳩のように」と。ぼくは愚かな鳩になりたくはありませんね。

 「私がやるべき仕事っていうのは、アジアの風土にごめんなさい、っていうことだったわけでしょう」(森崎『いのちの母国を探し続けて』)こういう人を「誠実味」に溢れているというのではないですか。

+++++++++++++++++++

 地球の上はみんな鮪なのだ

大弦小弦 先日、行きつけの飲み屋で隣り合った初対面の老紳士と基地問題で議論になった。老紳士は「沖縄は基地で大変だけど、場所的に仕方ない」と語り始め、「基地がないと生活できないでしょう」と繰り返した▼基地経済の縮小や新基地建設に反対する県民世論を説明すると、「君たちは日本人ではない」と吐き捨てた。ふさいだまま帰宅し、詩人山之口貘が自作を朗読するCDを聴きながら、寝床についた▼冒頭は「会話」。「お国は? と女が言つた」と始まる同作には「あれは日本人ではない/日本語は通じるかなどと話し合ひながら」とあり、「世間の偏見達が眺めるあの僕の国か!」とつづられる▼「新編山之口貘全集」(思潮社)に収録された「沖縄よどこへ行く」はサンフランシスコ講和条約調印直前に書かれ、「琉球よ/沖縄よ/こんどはどこに行くというのだ」と問いかけている▼生誕110年、没後50年を記念し、38年ぶりに発刊された全集を編集した松下博文・筑紫女学園大学教授は、9月10日の本紙文化面でこの作品をディアスポラな存在(さまよえる民)としての沖縄の今を象徴していると指摘している▼貘が生きた時代と比べても、日本と沖縄の関係は大きくは変わっていない。アイデンティティーを問い、苦悩して生まれた詩に共鳴する。(与那原良彦)(沖縄タイムス・13/10/05)

  会 話

お国は?と女が言った。
さて、僕の国はどこなんだか、とにかく僕は煙草に火をつけるんだが、
刺青と蛇皮線などの連想を染めて、
図案のような風俗をしているあの僕の国か!
ずっとむかふ
 
ずっとむかふとは?と女が言った。
それはずっとむかふ、日本列島の南端の一寸手前なんだが、
頭上に豚をのせる女がいるとか素足で歩くとかいふような、
憂鬱な方角を習慣しているあの僕の国か!
南方
 
南方とは?と女が言った。
南方は南方、濃藍の海に住んでいるあの常夏の地帯、
竜舌蘭と梯梧と阿旦とパパイヤなどの植物たちが、
白い季節を被って寄り添ふているんだが、
あれは日本人ではないとか日本語は通じるかなどと
談し合ひしながら、世間との既成概念達が気流するあの僕の国か!
亜熱帯
 
アネッツタイ!と女が言った
亜熱帯なんだが、僕の女よ、目の前に見える亜熱帯が見えないのか!
この僕のように、日本語の通じる日本人たちが、すなわち亜熱帯に生まれた僕らなんだと
僕はおもふんだが、酋長だの土人だの唐手だの泡盛だのの同義語でも眺めるかのように、
世間の偏見達が眺めるあの僕の国か!
赤道直下のあの近所
 

  鮪と鰯

鮪の刺身を食いたくなったと
人間みたいなことを女房が言った
言われてみるとついぼくも人間めいて
鮪の刺身を夢みかけるのだが
死んでもよければ勝手に食えと
ぼくは腹だちまぎれに言ったのだ
女房はぷいと横にむいてしまったのだが
亭主も女房も互いに鮪なのであって
地球の上はみんな鮪なのだ
鮪は原爆を憎み
水爆にはまた脅かされて
腹立まぎれに現代を生きているのだ
ある日ぼくは食膳をのぞいて
ビキニの灰をかぶっていると言った
女房は箸を逆さに持ちかえると
焦げた鰯のその頭をこづいて
火鉢の灰だとつぶやいたのだ。
 
( 第五福竜丸は 1954 年 3 月 1 日、マーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカがおこなった水爆実験により被ばくした静岡県焼津港所属の遠洋マグロ延縄漁船です。爆心地より 160 キロ東方の海上で操業中、突如西に閃光を見、地鳴りのような爆発音が船をおそいました。やがて、実験により生じた「死の灰」(放射性降下物)が第五福竜丸に降りそそぎ、乗組員 23 人は全員被ばくしました。
 その後、第五福竜丸は放射能がへるのを待って東京水産大学(現・東京海洋大学)の学生の航海の練習船「はやぶさ丸」となりました)(http://d5f.org/about.html

やまのぐちばく・1903‐1963=詩人。本名山口重三郎。沖縄生れ。沖縄県立一中中退。1924年上京し,佐藤春夫の知遇を得,《改造》にはじめて詩2編が掲載されるが,以後も職業を転々とし,放浪と貧窮の中で詩作を続けた。金子光晴と親交を結び,草野心平らの詩誌《歴程》に同人として参加。詩集《思弁の苑》《山之口貘詩集》《定本山之口貘詩集》の他数編の小説がある。遺稿詩集《鮪と鰯》)(マイペディア)

+++++++++++

 一時期、ぼくは「泡盛」を好んで呑みつづけていたことがあります。理由はいろいろでしたが、口に合うというのが一番でした。よく通った飲み屋の経営者が沖縄出身の人でした。沖縄には知人がたくさんいます。今ではほとんど没交渉になりましたが。山之口貘さんがやっていた、池袋だったかの彼の飲み屋にも顔を出したことがあります。(もちろん、彼はすでに亡くなっていました)

 貘さんが懐かしくなったので、紹介しようと思ったのです。それと、最近、エドワード・スノーデンという人のものを読んだり、聞いたりしていて、これまでのアメリカの悪行を少しばかりたどっていたという事情もありました。「沖縄はアメリカだ」「島全体もそうだけど、それ以上に沖縄はアメリカだ」というやりきれない思いが募っていたのも理由の一つでした。どこかで書いてみたいのですが、この「島」は戦後ずっと「アメリカ」の領地でした。島の基本政策を島人だけでは決して決められないという、おぞましい状況を加速させてきたのが歴代の権力者でした。例外的に、アメリカの気に食わない政策や政治をしようとすると必ず潰される。その典型は「田中角栄」「石橋湛山」、少し下って「鳩山由紀夫」等々。政治家も政策も、ともにアメリカに「拉致」「略奪」されているのです。(辺野古基地もイージス武器システムの配置もオスプレイも、すべてはアメリカの一存で決められている、島政府は拒否はできない。金は当方負担だ)

 「安保条約」によってこの島が守られている(核の傘とかいうが)そうですが、それは表向きであり、実際は「アメリカのための軍事条約」そのものです。アメリカは(ぼくたちが思っている以上に)暴力的であり野蛮であり、差別的であり、まるで自分以外を「召使」のごとくに扱っているのです。その役割を唯々諾々と、実演しているのが政治家である。「売国」という美しくない言葉をぼくは使うのですが、本当にそうですね。詳細は別の機会に譲りますが、すべて(土地も人も金も)をアメリカ(宗主国)のためにささげているのが「総理大臣」をはじめとする「こくぞくたち」です。悔しいけれど、情けないけれど。ぼくは石橋湛山という人を深く尊敬しているのですが、彼を「公職追放」にしたのがアメリカでした。事実は「吉田」や「岸」がアメリカに「追放」を頼んだからです。以来、すべてはアメリカの命令に従うというのが「国是」(ぼくは「島是」という)となりました。その悪傾向が最も著しいのが現在です。「最長不倒内閣」のように言われますが、アメリカの「おかげ(かいらい)」だったでからしょうね。

 だから「貘」さんです。「さて、僕の国はどこなんだか」

++++++++++++++