なぜ、病は隠喩なのか

 ペストが猖獗をきわめた十六世紀から十七世紀にかけてのイギリスでは、歴史学者キース・トマスによれば、「幸福な人間はペストにかからない」と広く信じられていたという。伝染の実態がまだ判らなかった頃には、心が幸福な状態にあれば病気を避けられるとする空想が、どの伝染病についても流布していたのである。病気の原因は精神状態であり、意志の力でなおせるものだという理論は、間違いなく、病気の肉体にかかわる面がいかに理解されていないかの目印となるものである。

 まだある。何事についてもそうであるが、現代では病気の心理学的説明をとくに偏愛する。心理学を持ち出しさえすれば、実のところ人間にはまるきりどうにもならないか、それに近い経験や出来事(たとえば重病)まで何とかできるようになると思うらしい。心理学的な理解は病気の「現実性」を骨抜きにしてしまうのだ。しかしその現実性こそ説明されねばならないのである。(その現実性こそ実は意味を持つのであり、何かの象徴となるのであり、あるいはそう解釈されるべきなのだ)。

 死を前にして宗教的な慰めを持たない者、死を(あるいは他のすべてを)自然のなりゆきと感得する力のない者にとって、死とはおぞましい神秘である。究極の侮辱である。禦すことのできないものである。否定するしかないものである。心理学の人気と説得力の大半は、それが昇華された精神主義であることに、物質よりも「精神」が上であることを主張する世俗的な、ひとまず科学的な方法であることに由来する。病気という、ひたすらに物質的であるしかない現実さえも心理学的に説明がつく― 死そのものも、結局、心理的現象と考えることができるとされてしまうのである。(スーザン・ソンタグ『隠喩としての病い エイズとその隠喩』富山太佳夫訳)

いん‐ゆ【隠喩】 の解説 比喩法の一。「…のようだ」「…のごとし」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法。「花のかんばせ」「金は力なり」の類。暗喩。隠喩法。メタファー。(大辞泉)

******

 ソンタグは現代のアメリカでもっとも勇気ある発言と政治にコミットする行動をもった作家でした。奇しくも彼女も癌に罹患していました。(彼女は30年間、「乳癌」と「子宮癌」を患っていたとされます)

 どんな種類の肉体の病気でも、それを精神(心理学)的病なのだと考えると、すべてが説明されたように感じさせられる時代が長くつづいています。心理学の時代である、精神分析の世紀がまだ終わっていないのです。ソンタグにいわせれば、近代以降の思想は、精神の病の範囲をますます拡大してきたのであり、彼女は、この拡大を支えた二つの仮説があるというのです。

 《ひとつは、すべての社会的逸脱は病気と考えうるとする仮説。もし犯罪行為を病気と考えうるなら、犯罪者を咎めたり、刑罰を加えたりすることはできない寸法で、(医者と同じように)理解し、手当てし、治療しなくてはならなくなる。第二は、すべての病気は心理学的に考察できるとする説。病気は心理学的な現象と解釈するのが基本線となり、人間は(無意識裡に)病気になりたいと思うから病気になるのであって、意志の操作によって快復できる、死なないでいることができると信ずるように仕向けられる。》

 エイズと癌は今日における二大隠喩です、避けなければならないが、避けられない運命というもの。ぼくたちの社会ではこの点に関しては長い歴史と伝統があります。たとえば、ハンセン病(らい病)がそうでした。もちろんこの社会だけではありません。ソンタグも触れています。「中世においては、癩患者とは堕落を目に見えるものとする社会的テキストであり、頽廃の見本、象徴であった。病気に意味を与えることくらい―そういう時の意味は必ず道徳臭が強くなるから―懲罰性のあらわな行為はない」

 ぼくたちはいまだに「中世の暗闇」から解放されていないようです。「あいつはこのクラスのばい菌だ」「ヤツはこの会社の癌だ」などと、いとも簡単に言ってのけます。特定の病気にかかれば、家族や一族までもが忌避されます。ある種の「逸脱」に走った子どもの親兄弟・姉妹はいわず語らずのうちにのけ者にされます。それは現代版の「魔女刈り」なのですか。「魔女刈り」などというおぞましい行為など、誰にも教わりもしないのに、人をその行為に駆り立てる、そのもとは何でしょうか。「村八分」の意味も歴史も知らない幼子たちが、大人顔負けの「排除」をやってのけるのです。

 「病気について考える!― 少なくとも病人がこれまでのように、病気自体よりも、病気について思いめぐらして苦しむ必要がないように、病人の想像力を鎮めること ― 思うに、それはなかなか意味のあることだ。大変なことだ!」(S. S.)

  今は「コロナ」の季節です。文字通りに地球規模で周章狼狽しています。「病気」の正体は何かということ以上に、「災厄」の張本人をだれ(なに)にしようかと、世間はいたるところで、「監視網を」張り巡らせている。この機会を千載一隅の絶好機と狙いを定めている不届き物が横行している。

 いったい「新型コロナ」はなんの「隠喩」なのでしょうか。

*****

<金口木舌> 自粛警察 「緊急事態宣言が終わるまでライブハウスを自粛してください。次発見すれば、警察を呼びます」。東京のダイニングバーの看板に4月、張り紙があったという。店舗は自主休業中で、張り紙が見つかった日は歌手のライブを無観客でネット配信していた▼新型コロナウイルスの感染拡大を受け、店舗に休業を求める嫌がらせが相次いでいる。「自粛警察」とネット上で呼ばれる行為だ。市民が市民を監視し非難する。コロナ禍は人の心までむしばんだのか▼新型コロナ関連の110番は4月、東京都内で前月の約6倍に達した。警視庁によると「自粛しなければいけないはずなのに、公園で子どもが遊んだり高齢者が集まったりしている」「居酒屋の営業は良いのか」などの苦情があるという▼ネット上には感染者の氏名や所属先を暴く真偽不明の情報もあふれる。相互監視の中で密告が横行する社会といえば、戦前を思い起こす▼ミュージシャンの七尾旅人さんが自粛を巡り、SNSで「争う必要のなかった場所にまで分断と排斥が進行している」と書き込み、政府を批判した。仕事を失った音楽関係者を支援するネット配信に取り組む▼今、必要なのは社会に敵を作りだし、恐怖をあおることではない。そもそも監視する相手が違うだろう。非常時だからこそ、権力を持つ者に対し一層目を光らせる必要がある。(2020/05/08琉球新報)

########################

 As we act, let us not become the evil…

Statement of Rep. Barbara Lee on the floor of the House of Representatives・Sept. 14, 2001.

Mr. Speaker, I rise today with a heavy heart, one that is filled with sorrow for the families and loved ones who were killed and injured in New York, Virginia, and Pennsylvania. Only the most foolish or the most callous would not understand the grief that has gripped the American people and millionsacross the world. This unspeakable attack on the United States has forced me to rely on my moral compass, my conscience, and my God for direction.

September 11 changed the world. Our deepest fears now haunt us. Yet I am convinced that military action will not prevent further acts of international terrorism against the United States. I know that this use-of-force resolution will pass although we all know that the President can wage a war even without this resolution. However difficult this vote may be, some of us must urge the use of restraint.

There must be some of us who say, let’s step back for a moment and think through the implications of our actions today–let us more fully understand its consequences. We are not dealing with a conventional war. We cannot respond in a conventional manner. I do not want to see this spiral out of control. This crisis involves issues of national security, foreign policy, public safety, intelligence gathering, economics, and murder. Our response must be equally multi-faceted. We must not rush to judgment.(omit)

Finally, we must be careful not to embark on an open- ended war with neither an exit strategy nor a focused target.(omit)

I have agonized over this vote. But I came to grips with it in the very painful yet beautiful memorial service today at the National Cathedral. As a member of the clergy so eloquently said, “As we act, let us not become the evil that we deplore.”

++++++++

 引用の英文はその日付からもわかりますように、2011年9月14日、「WTCビルへのテロ攻撃」の三日後に、アメリカ下院議会で行われたバーバラ・リー議員の演説内容です。時のブッシュ(ジュニア)大統領は「アルカイダへの武力決議案」を大統領権限として議会に出した。リー議員は「武力行使はアメリカに対する国際テロのさらなる攻撃を防ぎえない」と決議案に反対を表明したのです。議会の議決を要しない大統領案にもかかわらず、彼女は「この(反対」投票がどんなに困難であっても、私たちのだれか自制するように説得しければならない」と述べる。

 ぼくは、当時、この演説草稿をリー議員のHPから手に入れて、繰り返し読んだことをはっきりと覚えています。議会に出すことなく、大統領は「戦争できる」にもかかわらず、決議案を提出して議会の一致を求めたのです。圧倒的な支持と同意を手にしたかったのです。すでに上院では大統領決議案は「98対0」で通過していた。リー議員の反対演説には全米からの非難や中傷が浴びせかけられたのでした。「私たちは急いで判断してはならない」と彼女は訴えた。

「私は確信しています。軍事行動でアメリカに対する、これ以上の国際的なテロを防ぐことはできないということを」

「急いで判断をくだしてはならないのです。もうすでに、あまりにも多くの無実の人びとが亡くなっているのです」

「出口も、また明確な目標もない終わりのない戦争にふみださないようにしなければならないのです」

このように述べて、彼女は演説を終えました。

 投票の結果は「420対1」だった。その直後から、彼女は全米中の激しい非難や中傷の的になった。陰湿な脅迫すら受けた。しかし彼女は引き下がらなかった。彼女の「一票」に、もし正しさがあったなら、それはやがて五にも十にもなるでしょう。もし「0」だったら、そこからは何も生まれないどころか、敵愾心に襲われた国家の反逆が殺戮をほしいままにするでしょう。ぼくは何度も、この「一票の反対」の意味を考えた。全員一致がどんなに危険であるか。反対がなく「全員」が武力行使に賛成であることを大統領もアメリカ市民も求めた熱狂の中で、一票の反対は、それこそ「目の敵」「目ざわり」「度し難い反抗」とされたのです。「千里の道も一歩から」というのは本当ですね。その「一歩」、そう、最初の一歩をだれが踏み出すか。これが問われたのです。

 全体がまちがえたなら、その過ちを救うのはだれか。リーさんの出した問題は困難きわまりないものでしたが、かろうじてアメリカを救出する可能性を示す光となったのではなかったか。あえて言う必要もないことですが、「満場(全員)一致」は退廃であり、堕落であることがほとんどです。それは「たった一人の意向」に無条件で従うことでしかないのですから。ある問題や状況に、反対意見があるというのは、健全であり望ましいことだとぼくは信じてきました。今はことにそう信じています。反対を許さないという風潮に、ぼくたちはよく抗しえているか。

 あえて異議を唱えるというのは、けっして生半可なことではない。どんな物事にも裏表の二面(両面)がある。事柄の一面しか見ないという「狭さ」が人を過ちに誘うのです。バーバラさんの行動を知るにつれて、ぼくは見果てぬ夢のデモクラシーの所在に、いっそうの思いを重ねてきました。「異議あり!」「ナンセンス!」と。(この項は、つづく)

*********

〇 Barbara Lee 職業・肩書 政治家 米国下院議員(民主党) 国籍米国 生年月日1946年7月16日 出生地テキサス州エル・パソ 学歴ミルス大学〔1973年〕卒,カリフォルニア大学バークレー校大学院(社会福祉)〔1975年〕修了 経歴アフリカ系。1990年から6年間、カリフォルニア州議会下院、2年間同上院議員。’98年4月カリフォルニア州選出の民主党連邦下院議員に当選。平和、環境、社会福祉などの問題で活躍。2001年9月ニューヨークなどで起きた同時多発テロ事件直後、アフガニスタンに潜伏するテロリストに対する武力行使を、ブッシュ大統領に認めるか否かの決議に際し、上院は全会一致だったが、下院でただ一人反対票を投じ(420対1)、注目を集めた。2002年初来日し広島などを訪れた。(「現代外国人名録2016」)