「好きなことをやんなさい」(承前)

 回転すし店に車突入、14人けが 大津市内、運転の男逮捕

 6日午後6時半ごろ、大津市大江の回転すし店「スシロー瀬田店」にワゴン車が突っ込んだ。大津市消防局によると、子ども5人を含む客14人がけが、37歳の主婦は左脚骨折で1カ月の重傷。大津署は自動車運転過失傷害の疑いで、車を運転していた大津市瀬田、トラック運転手山末裕昭容疑者(59)を現行犯逮捕した。同署はブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性があるとみて調べている。(共同通信・10/06/06)

 忍び込んでみたら警官の家! 窃盗未遂容疑で現行犯逮捕

 窃盗目的で忍び込んだ民家は警察官の自宅だった――。京都府警は6日、住所不定、無職真崎稔容疑者(67)を住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。府警によると、真崎容疑者は「盗み目的で入った」と容疑を認めているという。

 府警によると、真崎容疑者は6日午前11時40分ごろ、京都市伏見区の2階建て民家に侵入。机の引き出しなどを物色していたところ、非番で自宅にいた東山署地域課の男性巡査(28)が物音に気付き、取り押さえて現行犯逮捕した。男性巡査の大声で、近所に住む別の男性警察官も駆けつけたという。(朝日新聞・10/06/06)

 電線窃盗容疑でとび職逮捕 電柱登って切断、感電

 電柱によじ登って電線を切断し、盗んだとして、北海道警苫小牧署は4日、窃盗の疑いで住所不詳、とび職平岡佳基容疑者(49)を逮捕した。逮捕容疑は2月15日、苫小牧市樽前の電柱に設置されていた長さ約20~40mの銅製の電線11本(約2万3千円相当)を盗んだ疑い。同署や北海道電力によると、平岡容疑者は感電して両手をやけど。さらに電柱から落ち、腰を打って入院していた。(共同通信・10/06/04)

 ✖回転すし店に飛び込んだ運転手は何を食べようとしていたか。(「シャコ?」)

 ✖警官の家に忍び込んだお父さんの罪名は「何」だと思いますか。(「前方不注意」?)

 ✖感電し落下し入院した鳶(とび)のお父さんの「診断名」はなんだっただろうか。(「打骨感電症」?)

+++

 「好きなことをやんなさい」「やりたいことをやってください」は命がけだということ。

 「あんたの好きなことをやんなさい。それが一番の親孝行」とおっかさんがいったかどうか。あるいは「なんでも、やりたいことをやってください」と妻が後押ししてくれたか。いずれにしても、この列島(劣等)ではいろいろと「好きなこと」「(やってはいけないのに)やりたいこと」をなし遂げようとしている強者・弱者(愚者・悪者)が後を絶たないようです。現下の「パチ」はいかがですか。ぼくは、なにがなんでも「やらせない」派ではありません。なにごとも「やりすぎ」はよろしくない。「自粛」でホントに感染しないんですか。何事も無理に抑えると、ろくなことはない。(「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人のためは尽きまじ」と嘯いたのはだれ?)

*******

オマケです。

 電線盗容疑の男再逮捕 88件関与か 市原署

 電柱に登って電線を盗んだとして、市原署は19日、窃盗の疑いで住所不定、無職、根本政明容疑者(31)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。市原市内では昨年以降、電線が何者かに盗まれる事件が88件(被害総額約2500万円)あり、同署は根本容疑者が関与したとみて裏付けを進める。

ピカ線という

 再逮捕容疑は2015年10月28日~18年7月25日午後2時ごろの間、同市菊間の市道で、電柱に設置された電線2本(被害額約23万円)を特殊な工具で切断して盗んだ疑い。

 同署によると、根本容疑者は7月に暴行事件で逮捕された際、乗っていた車から盗品が見つかり、電線を盗んだことを認めた。過去に電気関係の工事に関わった経験があるといい、同署は窃盗(自動車盗)容疑での再逮捕後、電線を盗んだ疑いでも捜査していた。

 根本容疑者は盗む上で危険の少ない低圧線を狙って犯行を繰り返し、盗品を売却したとされ、「電柱に登り、電線を切って盗んだ。生活費と遊ぶ金欲しさにやった」と供述。同様の被害は周辺の自治体でも確認されており、同署は根本容疑者との関連を調べる。(千葉日報・2018年9月20日)

 拙宅は山中(といっても、ほんの丘程度の高さです)にあります。土地柄か、太陽光発電が盛んですね。立地条件がいいのでしょう。(ということは)そのせいか、パネルと蓄電装置をつなぐ太いケーブル(銅線か)の盗難が頻繁に発生しています。散歩していると、持ち主の「やられた、三度目や!」「もうあかん、廃業やで」(なぜか、関西弁)という悲鳴が看板に掲げられているのをしばしば目にします。また、歩道の雨水を逃がす「グレーチング」の盗難も盛んに。某所に転売するそうです。

 売電や買電が政策として促進されてきましたが、いまでは終了してしまいました。だれが得をしたのか。東電は盗電を連想させて、よろしくない。ぼくは「トーデン」との契約をやめました。ろうそく生活でもしようかと、思案中です。(ネットはどうする?)

 漬物桶に塩ふれと母は産んだか 

 何がたのしみで生きてゐるのかと問はれて居る (放哉から二句)

 「好きなことをやんなさい」

 一流企業で役員コースに乗った四十九歳のエリートサラリーマンが、故郷で独り暮らしをしている母親の病気を機に人生を見つめ直し、電車の運転士になりたいという子どもの時の夢を実現させる-▼映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は、ばらばらだった家族の再生物語でもあり、鉄道ファンならずとも見応えがある。ところが、現実にはさらに上を行く人たちがいた▼訓練費七百万円を自己負担しても、運転士になりたいという男性四人が先日、千葉県のいすみ鉄道に契約嘱託社員として採用された。訓練費は四人とも貯金などで工面して、既に一括納付したという▼「小さいころからの夢を実現させたい」と、三十年近く勤めた会社を辞めた男性は家族に反対されたが、最後は「やりたいことをやってください」と理解してくれたという▼房総半島の水田地帯や山あいの木立の中をのんびりと走るこのローカル線は一九八八年、県と沿線の自治体が出資し第三セクターとして開業。それ以来、ずっと赤字が続き、廃線の危機に直面している。四人の夢がかなうよう経営の再建を願うばかりだ▼映画では、運転士への挑戦を決めた主役の中井貴一さんに、母親役の奈良岡朋子さんが病床から語りかける場面がある。「好きなことをやんなさい。それが一番の親孝行」。母の言葉はありがたい。(東京新聞「筆洗」・10/06/06)

 公募運転士、夢へGO! 千葉・いすみ鉄道、4人採用

 千葉県のローカル線「いすみ鉄道」は10日、運転士になるための訓練費700万円を自己負担してもらう条件で公募していた訓練生4人を契約嘱託社員として採用した。4人は1~2年かけ、「夢の運転士」を目指してレールを走り始める。

 自己負担で自社の運転士を養成するのは全国で初めて。4人は千葉、東京、埼玉、広島の40~50代男性。応募時はいずれも会社員で、現時点では会社を辞めた人も辞めていない人もいる。訓練費は4人とも貯金などで工面して、既に一括納付したという。

 10日、本社がある大多喜駅ホームの辞令交付式で、鳥塚亮社長は「皆さんの経験を生かし、地域社会に貢献する姿を見せてほしい」と激励した。/埼玉県志木市の吉井研治さん(51)はインターネットで公募を知り、「小さいころからの夢を実現させたい」と、29年勤めたバイク卸売会社を4月末に退職。妻と3人の子どもは当初反対したが、最後には「やりたいことをやってください」と後押ししてくれた。「小さいころから鉄道や飛行機に乗るのが大好きだった。不安もあるが頑張りたい」と笑顔を見せた。

 4人は9月の学科試験に向け、日曜日ごとに講義を受講。年末には実技試験があり、両試験に合格すると、ディーゼル車の運転に必要な「甲種内燃車運転免許」の国家資格を取得できる。さらに半年ほどかけ、同社の運転士と車両に同乗して訓練を受け、社内試験に合格すれば嘱託運転士になり、週1日以上勤務するという。

 訓練期間中は、県の最低賃金に準じた賃金が同社から4人に支払われる。/いすみ鉄道で働く運転士11人は全員がJRからの出向社員かOB。うち4人は60代と高齢化が進み、保有するディーゼル車6両の運転に必要な国家資格を持つ運転士は減少していた。/経営再建中でもあり、同社は3月、「鉄道ファンに夢を実現してもらえれば」と自己負担を条件に訓練生を公募。千葉と東京で開いた説明会には計24人が参加し、5人が選考試験を受けていた。

 いすみ鉄道=千葉県の房総半島中央部を走るローカル鉄道。大原駅(いすみ市)-上総(かずさ)中野駅(大多喜町)の26・8キロ(14駅)を運行。1988年3月、県と沿線自治体が出資し第3セクターとして開業したが、慢性的な赤字体質で2008年度末の累積赤字は約1億5000万円。社長を公募するなどし経営再建中。(中日新聞・10/05/10)

 この春(4月1日)、いすみ鉄道は開業(国鉄木原線として)90周年を迎えました。苦節も苦節、よくも運行していますなあ、というほどに、苦心惨憺の歴史を重ねてきた鉄道です。たかだか運行距離が27キロ未満でも、住民の足ですから、廃止するわけにもいかずで、まさにいまなお、悪戦苦闘。ぼくは鉄道好きじゃありませんが、この路線だけは別格。山中で出会うとどっきりします。この4人の「転職組」は今も健在のようですが、詳細は未確認です。コロナ禍がすこしでも落ち着いたら(いまの対策じゃおぼつかない)、ゆっくりと出かけてみたいと考えています。

 もうずいぶん昔になりましたが、「鉄道員」(ぽっぽや)という映画(1999年公開)の切符をいただいて鑑賞したことがありました。出演していた女優さん(なんとか涼子)の知り合い(所属事務所の経営者)からいただいたものです。高倉健さん主演。著名な方が出演していたそうですが、記憶にありません。また、映画の印象はいまでは稀薄です。ぼくは映画はからきしだめです。観る力がないのでしょう。(何本もエキストラで出たことがあるんだ、京都時代に)やまのかみにいつでも軽蔑されています。彼女は映画大好き人間でしたから。

 いすみ鉄道は、映画化にドラマ化(NHK BS放送)と大もてぶりですが、現実の営業には陽光が差しません。房総(暴走)半島には「銚子電鉄」「小湊鉄道」と車社会では「無用の長物」(厄介者)化した鉄道路線があります。これは劣島の縮図ですね。痴事さんにひとはたらきを願いたいが、そりゃ無理ですね。

 「菜の花ラインに乗りかえて」は吹石一恵主演。(ときどき、「本田かおりさんはいますか」と乗客に聞かれるという。吹石が演ずる「元国際線客室乗務員」の作中名。リストラにあって、転職したという想定です。のどか(長閑)だし、世間からずれている(ヴァーチャルリアリティ)「乗客」がいいですね。(だから赤字なんだわ)これ以上、余計なことはいわない。ナイナイになりたくナイから)