弥陀の本願をさまたぐる…

 弥陀の誓願不思議にたすけまひらせて、往生をばとぐるなりと信じて、念仏まふさんとおもひたつこころのおこるとき、すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり。弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。そのゆへは、罪悪深重、煩悩至常の衆生をたすけんがための願にまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆえに、悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆえにと云々。

 釈迦の第一弟子である阿弥陀さん(法蔵菩薩=無量寿・無量光明)は罪深い衆生がことごとく救われる(極楽浄土に往生する=仏になる)ために四十八の誓願を立てた。『歎異抄』のこの「弥陀の誓願」はとくにそのうちの十八番目の誓願が核心部分になっている。

 「説我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法」(『仏説無量寿経』)

 十八の誓願は「もし私が仏になったとしても、衆生たちが心から信心を楽しみ、極楽に行きたいと念仏を十回唱えても、往生しない(仏になれない)なら、自分(阿弥陀)は正覚(しょう‐がく〔シヤウ‐〕《「無上等正覚」の略》仏語。真の悟り。仏の悟り。等正覚)(デジタル大辞泉)に至らない。仏になるつもりはない。ただ五逆(仏語。5種の最も重い罪。一般には、父を殺すこと、母を殺すこと、阿羅漢 (あらかん) を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることをいい、一つでも犯せば無間地獄 (むけんじごく) に落ちると説かれる。五無間業。五逆罪)(同上)と正法(正しい教え、すなわち仏法)の排除の罪は除く」というのです。

 ひたすら念仏して仏になる(往生する)ことはできるが、「五逆・正法誹謗」だけは許されないというのが、「正統派仏教」の本義でしたが、法然はこの二つの罪を排除した。人間はどんな罪を犯そうがかならず極楽往生できるとした。時は武士の時代の幕開けでありました。十悪五逆(仏教のことばで、「十悪」は、殺生・偸盗・邪淫・妄語・綺語・悪口・両舌・貪欲・瞋恚・愚癡(または邪見)のこと。「五逆」は、父・母・阿羅漢(仏道修行者)を殺すこと、僧団の和合を壊すこと、仏の身体を傷つけること)(同上)、の罰当たりでさえも「往生」でき「成仏」できるとしたのです。

法然

 すなわちあらゆる罪を犯したものですら救われるとしたから、法然は大変な目にあいました。時の国立仏教会からは目の敵にされ、悪の権化のごとくに忌み嫌われたはずです。その法然に私淑したのが親鸞でした。「専修念仏」こそが救われる(成仏)ための端緒、「他力本願」とはこのことを指します。

 「この第一条では、他力本願の根本が簡素かつ力強く語られている。中世の民衆は、みずから顧みれば、自分が「罪悪深重、煩悩熾盛(しれつ)」のかたまりであると感じざるをえなかったであろう。天下泰平が四十年近くつづいて、日本人の七〇パーセントが中流意識の生活に安住している現代でさえ、深く省みれば、自分が「罪悪深重、煩悩熾盛」の身以外の何ものでもないなあと、恐ろしくなってくるのではなかろうか。ただ、物質的豊かさや日常生活の安易に馴れて、自分のありかたを見ずにすましているだけなのだ。わたしたちの上等の生活が、発展途上国の農民や漁民の恐るべき収奪、アフリカその他の数百万、数千万の餓死の上に成り立っているという事実にきづいたら、私たちがいかに「罪悪深重」の身であるか、戦慄せずにはいられなぬだろう」(杉浦明平『古典を読む 歎異抄』(岩波書店、2003年)(すぎうらみんぺい 1913-2001、作家・評論家。敗戦後には郷里の愛知県渥美町に定住し、町会議員を経験。『渡辺崋山』『ノリソダ騒動記』『ミケランジェロの手紙』『レオナルド・だ・ヴィンチの手記』など)

 ぼくはこれまでにどれくらいの「お葬式」に出ただろうかと、あらためて想いをたくさんの故人にいたしているのです。この四月にも(昨年同月に急逝した)某氏の三回忌の予定が、コロナ禍のゆえに中止されました。彼とはすでに半世紀以上の知己(親類)でした。

 昨年春の連休を利用して温泉に出かけるといいだし、車で群馬県に出かけた。その晩に中学校の同窓生とお湯につかっているさなかに「大動脈瘤破裂」だったかで一瞬のうちに亡くなった。いまもなお、大声でわが家に来るような気がします。毎春、タケノコの時期になると拙宅にやってきました。儚いのか、運命というべきなのか、人はかならず死にます。人生の意味は「この世かぎり」と考えれば、死はなるべくなら避けたいし、可能なかぎりゆっくりと来てほしいと願う。「命あっての物種」だと思うからこそ、たがいの健康を祈念し、無事を祈るのがぼくたちのあいさつになっているのです。

 ぼくには信仰心がかけているのではなく、「南無阿弥陀仏」と唱える念仏心が皆無なのでしょう。まことに罰当たりです。南無(Namah・Namo)とは「帰命(きみょう)」「敬礼(けいらい)」という意味の当て字で、無条件の信頼を示す語です。つまりは「阿弥陀命」ですね。ぼくにはこれがないのです。阿弥陀さん、死んでもあなたを信じます。ナムアミダブツ、合掌。

 この根っからの不信心は、この先に変わるのでしょうか。はたして、何があれば変わるのでしょうか。

 言葉ってものは

 「この世界が平和でありますように」とお祈りする人がいる。「人権を大切にしましょう」と子どもたちに教える先生がいる。祈ったり教えたりした結果、世の中が平和になったり、どなたの人権も大切にされるようになるなんてだれも考えないだろうし、そうなるよなどと言う人がいれば、なんとおめでたい人かと軽んじられることはあっても、尊敬されることはありそうにない。でも、ホントにそうだろうか。「この社会が平和でありますように」とぼくたちは心から念じて祈っているだろうか。「この子の人権が蹂躙されないように」とわたしたちはホントに願っているのだろうか。(山埜郷司)

 詩人の大岡信(1931-2017)さんが公募された詩の選者であったとき、忘れられない詩に出会った。それはブラジルの少年の短詩で、原作はポルトガル語だった。それが英訳された。それを大岡さんが日本語に訳したものです。(大岡さんはある新聞で「折々のうた」という200字ほどのコラム連載を三十年近くも続けられていました。ぼくそこからたくさんの詩歌を教えられました)

     言葉ってものは

     傷つけもするし

     幸せにもする

      単純な文法です

 この異国の少年の詩を前に、大岡さんは「オミゴト!としか言いようのない短詩だった」と述べられていました。これはなにを言い当てているのか。わたしたちの問題は「ことば」です。どんなことばを語るか(それが、その人の「文法」)ということであり、教育(人権を語る教育)はそれに尽きるとぼくは考えているほどです。だれがだれに対してどんなことばを語るか。この「だれ」は自分で、「対して」のだれはあなたです。いつでも「ことば」はそのような関係のなかで語られるものですから。人間は「ことば」からできています。なかには「脂肪」からの人もいる。「特定のだれか」がいない言葉は「死んだ・干乾びた」、記号や符号で、もはやそれはことばとは言えない代物です。そんな「代物」をしゃべらされている可哀そうな御仁もいます、あちこちに。

 このように「単純な文法」である「ことば」の対蹠(タイショ・タイセキ)にあるのが次のような死んだ(生命力のない)、つまりは「傷つけもするし、幸せにもする」ことのない)「ことば」です。一例として「人権擁護推進審議会答申(の一部)」(官僚作文の典型で、今どきのソーリが読み上げさせられるのもこいつなんですね)を教材にしましょう。

(3月9日付)

 《いじめの問題については,いじめは人権にかかわる重大な問題であり,「弱い者をいじめることは人間として絶対に許されることではない」という認識に立って各種の取組が行われている。また,障害者に対する正しい理解認識を深めるために,障害のある児童生徒と障害のない児童生徒や地域社会の人々とが共に活動を行う交流教育などの実践的な取組が行われている。/ 大学等における人権教育については,例えば,法学一般,憲法などの法学の授業に関連して実施されている。また,教養教育に関する科目等として,人権教育に関する科目が開設されている大学もある》

 まるで悪い冗談の見本ですね。なにをいっているのか、(「言語明瞭、意味不明瞭」などと揶揄されて、それを売り物にしていた盗人顔負けのようなソーリもいました)「人権」とは「いじめは人権にかかわる重大な問題であり,『弱い者をいじめることは人間として絶対に許されることではない』という認識に立って各種の取組が行われている」から「尊重」されたりするものじゃないのは確かでしょ。校長が教師たちを「いじめ」、教師が生徒たちを「いじめ」ている、政府や官僚が人民を「いじめ」たおしている。不実が劣島を蹂躙しているんですね。

 現下の事態を少し見れば、連中がどれだけ「他者の人権」を軽視し無視しているか如実に見てとれます。(いつの時代でも地域でも、他に対して「献身」している人々がいることをぼくは知っている)人民の不幸や災厄をいかにして己の利得*や評価に結び付けようかと腐心するのもまた生きた人間であり、かかる不遜きわまる、心身ともに赤茶け黒ずんだ連中が要路を占めているのは、今に生きるぼくたちの不幸でもあります。

*利益 「仏・菩薩 (ぼさつ) が人々に恵みを与えること。仏の教えに従うことによって幸福・恩恵が得られること。また、神仏から授かる恵み。利生 (りしょう)」 (デジタル大辞泉) 

 学校はトンネルの中に入ったままである。劣島の子どもたちよ、たくましく、おおらかに生きてくださいね、助けあいながら。