ここでは、百年一日ですよ

 十年一日、というのが世間の相場です。だが、政治の世界や役人の世界ではちがう。以下の記事は「読売」という新聞社が乗せた記事だから驚くのではない。どんなところにもまとももいれば、頓珍漢で慇懃無礼もいるという例証に過ぎない。いまにつづく嘘つきとマヤカシの万世一系ですね。嘘つきはいまもなおイケシャーシャーと嘯(うそぶ)いている。昔も今も変わらぬものは、立て板に水と流れ出る 嘘も方便(無骨)

 小学校で先生が子供たちを諭した。「ひとが嫌がることを進んでしなさい」。ある男の子は教えを守るべく、女の子のスカートをまくって歩いたという◆実話か、誰かの創作か、国語学者の見坊豪紀(けんぼう・ひでとし)さんが著書「ことばの海をゆく」(朝日選書)に書き留めている。「ひとが(するのを)嫌がることを」の意味で先生が表現を縮めて話したのを、「ひとが(されて)嫌がることを」と勘違いしたらしい◆縮めた物言いとは誤解を招きやすいもので、「消えた年金」の公約論争もそうだろう。来年3月末までに記録の名寄せを終え、持ち主をすべて特定することを政府は約束した―一般にはそう受け止められてきた◆全体の2割、約1000万件が特定困難と判明し、政府は釈明に追われている。年度内の完了を約束したのは記録の点検であって、持ち主の特定ではない。「選挙だから“年度内にすべて”と(表現を)縮めて言ったのだ」(町村信孝官房長官)と◆スカートまくりの子と同じですな、短縮表現を誤解しましたね、と言われて得心のいく有権者はいまい。選挙であればなおさら、聞き手が誤解しない表現を普通は心がけるはずである◆言葉の信頼度?政権の寿命?次なる選挙の獲得議席数?言葉をあいまいに縮めたとき、一緒に縮んでしまったものは、さて何だろう。(07年12月13日  読売新聞「編集手帳」)

  教師も大臣もほんとに「縮めて言った」のだろうか。だから、誤解されたといいたいらしい。でも、よく考えるまでもなく、言いたいことを言っているのであって、誤解の余地がなさそうです。「ひとが嫌がることをせよ」というのは、そのとおりで、子どもが悪さをしたのは教師の言葉をまともに受けたからです。たしかに教師はそんなことを言うはずはないという疑問が一方にありながら、でもあの偉い先生だから嘘を言うはずはないと思ったのです。

 大臣の発言もけっして縮めていったのではない。あの人だからきっと、できるかどうかに頓着なく、「最後の一人まで」と啖呵を切ったのです。短縮形を誤解したほうが悪いなどと言う屁理屈は、そっくりお返ししたい。その証拠に、大臣を擁護し弁解がましい発言をした直後に「言い方が足りなかった」とかいいながら、謝罪?したのはだれだったか。「誤解されたなら、ごめんなさい」というのが口癖になっている政治屋。本音を言っておいて、真意が伝わっていないというのも、盗人猛々しい。

 ようするに、口からでる言葉が死んでいるんです。「口から出任せ」いって、批判されても、ほとぼりが冷めれば問題なしと口を拭ってしまう、その軽薄な根性がすけてみえるようです。軽佻浮薄(軽はずみでうわついている・こと(さま)。(大辞林)「プッツン」したり、「正直言って公約が頭にさっと思い浮かばなかった」などと、はずかしげもなくのたまう党首や総理が国政の任に当たっているのだから、油断も隙もあったものじゃない。

ぼくは受け取らない

 徴収した「税金も年金」もまるで自分の取り分とでも「誤解している」のか、好き放題に山分け、湯水の如く浪費するなどというのは政治家や役人の風上にもおけないといったところで、いけしゃあしゃあとしているのだから、開いた口がふさがらない。いままた、コロナ禍をして「奇貨居くべし」とばかり、湯水のごとくに「税金」を「私的に」利用する。「私的」とは自己宣伝であり、自己主張であり、自己愛であり、自己暗示であり、…。米国から武器を買うのも自己宣伝さ。

  「言葉とはさみは使いよう」といいたのではありません。「使いよう」をいう以前に、言葉に誠実さがあるかないか、それが問われなければ仕方ないのです。だれもが同じ言葉を使えば、その効用は同じだなどということはありえない。その言葉をどういう心持ちで使うのか、言葉を伝えたい相手の側に身を置くというなんでもなさそうな知恵が微塵もなさそうなのはどうしてか。言葉の不誠実はもちろん人間の不誠実の現れです。人間は言葉でできているとぼくは言う。存在を成り立たせている言葉に実がないのは、人間に実がないのであって、これはどう転んでも取り繕うことはできない。自分を大きく見せたがるのは小人の悪弊だが、大きく見せたつもりで、すこしも大きくなっていないことに気がつかないという人間の不出来には驚嘆する。俺は偉いだろと、飼い犬にまで言いふらしているのかもしれないとおもえば、さもしさの心情や哀れを催すね。

戦時下の議事堂前

 これは「国語力」や「会話の方法」の問題などではなく、人間教育の根本から生まれる結果なんだ。自分の言葉で騙る・語る能力を育ててこなかった報いがいま庶民の上に降りかかっているというこの上ない不幸をぼくは託(かこ)っている。形式民主主義の欠陥がもろに噴出しているのです。どうしてこんな奴原(ヤツバラ)が議事堂に屯(たむろ)しているんだと嘆いても始まらない。

  「言葉をあいまいに縮めたとき、一緒に縮んでしまったものは、さて何だろう?」

 パンツのゴムか、言った人の寿命か。はたまた相手に対する敬意の念か。詰問されてもいかようにも逃げられる道を用意していたのは事実でしょう。政治家本人に寄せる信頼は縮むどころか、地に落ちていますよ。しかしだ、尊敬の念が欠如していると、嘆いてみたところで、人に対する敬意の持ち合わせがないのだからと、まるであきらめの気持ちが生じてくる。それが作戦だったか?嘘を四六時中吐いていると、周りも本人も、それがホントだと信じ込むのだから、薬石効なし。あるのは他者への蔑(さげす)みだけなのか。

 学習は教授の結果じゃないよ

 世界中どこででも、その秩序が革命的と呼ばれようが保守的といわれようが、漸進的といわれようが、学校は既成の秩序を再生産するように仕組まれた組織的な事業体である。いたるところで教育への信頼が失われ、学校に対する反抗が起こっているために、人々は根本的な選択を迫られている。つまりこの危機は、学校を新しい装置と置き換え、これらの装置に合うように現在ある権力構造を調整しなおすことによって解決することのできるまた、そうして解決しなければならない問題として取り扱うべきものなのだろうか。それとも、この危機は産業の過程を通じてそれ自身を再生産するどの社会の政治・経済にも本来そなわっている構造的矛盾に、社会がいやおうなく直面させるものなのだろうか。(イヴァン・イリイチ「学校をなくせばどうなるか」1973年)

 彼が1970年にだした『脱学校の社会』(Deschooling society)は、大変な反響を呼びました。「義務的な学校教育をなくしてしまえ」という意見は、あまりにも突飛であり、過激すぎるという点で、彼の真意がじゅうぶんに伝わらなかった嫌いがあります。半世紀が経過した現在、イリイチの言いたかったことはよくわかる気がぼくにはします。

 学校は人間を仕合わせにするどころか、かえって苦しめてきたのではないか。学校教育はどんな職業に対してもすべての人々に平等なチャンスを与えようとしてきたのではなく、「学校制度は…、チャンスの配分を独占してしまった」(『脱学校の社会』)のです。学校が「教育」を独占したという意味は学習のほとんどは「学校で、教師に、教えられたこと(teaching)」の結果だということで、何かを習うのに、得体のしれぬ大人からよりは、学校の教師からのほうが信頼されるという奇妙な事態が生みだされてしまったのです。(それがもたらしたのは「学歴社会」でした)

 「学校は、人々の成長し学習しようとする自然な傾向を、教授されることに対する需要に転換するものである」「学校は人々に自らの力で成長することに対する責任を放棄させることによって、多くの人々に一種の精神の自殺をさせるのである」(『脱学校の社会』)彼の指摘は過激に取られますが、正鵠を射ているとぼくにはかんがえられます。学校(教師)の権威主義の由来・来歴でもあります。「教師」に権威なんかありゃしないにもかかわらず、彼の教える「知識?」(試験問題)の持つ力を「自分の権威」と錯覚したんですね。今でもこの手の「かんちがい教師」はいますよ。

*******

 「しかし、それにしても、『学習』にこれ程までとりつかれた社会は、かつてほかにあったでしょうか。より多く、より良く、より速く、より容易に『学習』することばかり議論している社会は、以前この世に存在したことがあるのか。そもそも、『学習』に関する議論や懸念が存在すること自体が、私たちの社会の問題のあり方を示しているのではないか。ヘラクレスの時代、エリザベス朝の時代、独立戦争後のアメリカのようにエネルギーに満ち、健康で行動的で創意工夫に富んだ社会が、そんなに多くの時間を『学習』論議にさいただろうか?」((ジョン・ホルト『なんで学校へやるの』)

 答えは明らかだ、とホルトは言います。健康(健全)な社会の人びとは、物事をなし遂げようとすることによって学ぶのだ。「主体的で目的に満ち、意味に溢れた生活および仕事」と「教育」つまり「脅しと褒美、恐怖や欲望の圧力下で行われる、人生から切り離された学習」との間に一線を画すことの必要性を認めたと言うんです。

 彼の指摘は正しい。でも、それはことの半分だけです。確かに、わたしたちの社会においても、農林漁業などにあっては、そこで必要とされる技術や知識を「教える」学校などというものはことさら必要ではなかった。未熟な者はみんな、大人や熟練者がしていることを見覚え、見習いながら自分で訓練を重ねて、知識や技術を習得していたからです。

 ホルトはなにを言おうとしているのでしょうか。学校から逃れるため、学校を否定するために、もう一度第一次産業に従事することを唱えたのでしょうか。

 えらく過激な、また怖いことをいっていると思われるでしょうか。でも、そう思われること自体に、学校教育の影響というか力が働いているのかもしれませんね。たいていの人は、自分が経験してきた「学校教育」がそれほど非難されるものでも、あまりにも非人間的なものだったとも考えたくないのが人情なのだといったらいいか。それもまた、一つの経験に過ぎないとわりきれれば結構ですが、そんなに単純にうけとめられないのもまた人情なんですね。ホルトやイリイチなどが問題視した状況は半世紀経ても少しも変わっていないどころか、さらに学校や教育による「非人間化」の事態が進んでいるといわなければなりません。

 両者は「脱学校」のすすめを主張し実践しました。ホームスクールやフリースクールの叢生はその証明でした。ぼくたちの島社会でも同じような経過をたどって今日に至っています。学校歴や学歴がそれなりに幅を利かせているのは確からしい。でもその利かせる幅はずいぶんと狭く偏っているのも事実じゃないですか。人間の幸せ(仕合わせ)をどこに見出すか、それによって「学校」や「学歴」は浮いたり沈んだり。さらにいえば、どこであれ、大学にまで行ってしまえば手遅れになるような仕事や職業もあり、それによる幸不幸も異なるのです。職業選択の幅は大学に行くことで狭められるとは考えない人がほとんでしょう。でも、それは事実なんですよ。

 「(教師が」教えたことがらが学ぶということじゃない。それは学ぼうとしているものの活動から生み出されてくるものなんだ」(ホルト)教師なんていなくったって、ものを学ぶことはいくらでもできますよ。自学・自習は最も経験として貴重な教育機会ではないですか。今は「コロナ禍」の長丁場です。老いも若きも、ガセネタに惑わされないで、自分(我)流に「ものを学ぶ方法・態度」を身につけられるといいですね。他人からとやかく言われるのではなく、自分で自分を賢くするいい機会となりますように。(病院や医者がいまどんな状況なのか、病気を診てくれない多くの病院や医者がいる、なんでやねん?どうして院内感染が多発するのか(?)ウイルスにも医者にも政治家・官僚にも要注意だ)

 余話です。ぼくのところに来てくれる「石屋さん」は十五歳で仕事の道に入ったといわれました。ただいま、四十過ぎで、三人の子どもさんがいます。ぼくは全幅の信頼を彼においています。いい仕事をされるし、何よりも人の良さというか頼れる人というか、彼が高校や大学に行っていたら今のような職人さんになっていなかったと断言できます。大小取り混ぜて、粗末な庭に石を置いてもらっています。完成は未定で、作られてゆく過程を見ているのがいいですね。そこではぼくも彼の弟子のように動いたりします。(右は「石屋さん」が、最近手掛けている鳥居。この工事で出た土が拙宅の庭に運び込まれた。庭の手入れには格好の土となっています)