知育偏重より知育不徹底

 教育者に主義のあるのは非常に宜しい。又何々主義の教育の如き名称を有するのも便利であるに相違は無いが、主義の適用には大いに考慮を費さねばならぬ。主義に囚われた教育者ほど厄介なものは無い。微妙至極の人性を取扱うのに主義などを振回されてはたまったもので無い。教師は主義を立するのもよいが早く主義を超越しなくてはならぬ。

奈良女子師範付属小学校

 私は学習の名称を用ゐる。時には自律的学習と云ふが、その自律的たる形容詞も時には誤解の種子となることがあるから用ゐない方がよいかとも考へる。只教育と云へば教師の側面から眺めた様に思はれるから、児童の方から眺めた学習と云ふ名称を用ゐるのである。

 学習の意義は沢山ある 学習を単に事実の記憶とするならば、それは学習を最も狭義に用いたもんである。有機体が外界の刺戟に反応して起す所のあらゆる変化を学習というのならば学習の意義は最も広い。…生活によってよりよく生きることを体得するのが学習で、学習は生活を離れて存するもので無い。

 我が現時の教育に於て知育偏重の弊が指摘されている。如何にも知育の偏重は悪いが偏重と言うよりも寧ろ知育の不徹底と云いたい。及ぼしては教育方法の不徹底と云いたい。情操教育を十分にしないで何とて知育の徹底があろう。人生を渾一的に取扱わず、徒らに分析的思想に囚われた教育をするから、知育偏重の弊を痛感せねばなら様になるのだ。…余は再び云う知育偏重でなくて知育の方法が悪いのであると。

 学習室は生活場 いまの教室生活は余りに静止的で活動的で無い。又束縛的・定型的・受動的だ。之を改めて自立的に発展的に能動的に学習する様にしたいものである。…教室と云うより学習室と云うほうが適当であろう。

 教科書学校 社会国家の進歩に伴うて学習も進歩したならば社会応じ又社会を創造することが出来るのだろうが、慣習的勢力に屈服して伝統的学習生活をしては社会の進歩に伴うことは困難である。他人の作った教科書又は教授細目によって学習する教科書学校の学習は社会の進歩に伴うことが困難で、且つ学習者の実際生活と離れるのが極めて普通の状態である。(以上はすべて木下著『学習原論』目黒書店 1923年刊)

「学習原論」

 木下竹次(1872-1946)、福井県出身。東京高等師範学校卒業以後、各地の師範学校(奈良、富山、鹿児島、京都)の教員を経る。1919年奈良女子高等師範学校教授。大正時代の「新教育」の担い手の一人として論陣を張り、「合科学習」を主張して、新教育の方向を促そうとした人でした。引用文は「合科」学習論の一部です。ここに提示している課題はぼくたちの時代に直結している大きな課題でもあります。(飛びとびに、任意の箇所引用をしておきました)

*大正・昭和期の新教育運動の指導者 奈良女高師付属小学校主事;京都女子師範学校校長。 新教育運動指導者。生年明治5年3月25日(1872年) 没年昭和21(1946)年2月14日 出生地福井県 旧姓(旧名)川崎 学歴〔年〕東京高師〔明治31年〕卒 経歴福井県下で小学校準訓導を勤めた後、東京高師を卒業、奈良師範学校付属小学校主事、富山県師範学校教諭、同付属小学校主事、鹿児島師範学校、同女子師範学校長となった。このころ独自の学習法理論を形成。その後京都女子師範学校長を経て大正8年奈良女子高等師範学校付属小学校主事となり、同校学習研究会を組織、特設学習時間を設け、低学年の大合科学習、中学年の中合科学習、高学年の小合科学習という学習法を実践、雑誌「学習研究」を通じて全国に広がり「奈良の学習」と呼ばれた。著書に「学習原理」「学習各論」「学習生活の指導原理」などがある。(二十世紀日本人名辞典)

*「各教科に含まれる教育内容を一定の中心的課程に統合し、総合的に学習させる方法。主として小学校低学年で行われる」(大辞林第三版)

 ブログのこのカテゴリーでは「生活綴り方」にかかわる雑文を展開しており、それが大正時代の「新教育」運動そのものだとはいえないにしても、なにがしかの影響を互いに与え合ったのは事実だと、ぼくには思われます。いわゆる大正デモクラシー期に勃興した「新教育」運動とそこから生まれ出た「新教育」に土台を据えたいくつもの私立小学校の誕生は、さまざまな毀誉褒貶を含みながら今日まで歴史を重ねてきました。木下さんはそのような教育史のなかで一定の役割を果たした存在として、再評価されるべき人物だとぼくは考えています。

 いずれ機会を設けて、彼の「理論と実践」について駄文を述べることがあるかもしれません。さらには「新教育」の担い手となったいくつもの私立小学校に関しても、不十分であることをあらかじめお断りしたうえで、触れてみたいと愚考しているのです。

(追記 以前にどこかで触れた東京高等師範学校付属小の佐々木秀一校長先生も、木下さんと同じ師範学校の卒業生でした。卒業年次は木下さんが1898年、佐々木さんは1902年でしたから、かろうじて重なって在学していた時期があったと思われます。この時期、あるいはその後には、アメリカのジョン・デューイがこの島では大いに受容されたし、二人ともデューイの直系筋にあたっていたとも言えます。なお、デューイが日本に初めてやってきたのは1919~21年でした。その間に中国にもわたっています。この時のデューイの日本に対する見方が大きく変わった根拠になる発言も残されています。大正デモクラシーがいかなる状況下で育っていったか、デューイを通して考えられそうです。

 日本におけるデューイ研究の礎を築いたのが佐々木さんでしたが、木下さんの、いってみれば経験主義的な教育・学習論にもデューイの影響は濃厚に認められそうにぼくには思えます。この点に関しては、もうすこし資料等にあたって、いくばくかの新たな視点が提示できれば面白いと考えてもいます)

 まず、自分に注意を払うこと

 注意を払う

 私たちは、両親や小学校の先生から「注意しなさい」(ペイ・アテンション)と言われて育つ。子供の頃より、この同じ言葉を強くあるいは優しく命じられながら、大人になっていく。やがては慣れて聞き流すようになるかもしれない。だが、人生においてこれは非常に大事なことである。なぜなら、注意を払うとは、心のエネルギーをどう使うかということであり、このエネルギーの使い方の如何が、自らをどのような自己へと育てるのか、どのような人間になることを学ぶのかを決めるからである。

 何かに一生懸命に注意を払っているとき、本気で取り組んでいるとき、私たちは、知性、感情、道徳的意識のすべてを動員している。仕事でも、遊びでも、大事な人との交わりにおいても、同じことが起きている。このとき、私たちは、行っていること自体に没頭しているので、自分のことは忘れている。それは楽しいひとときであるかもしれないが、私たちがそれを行うのは、楽しさを求めてではなく、それが広い生の文脈において自分がほんとうにしたいことだからである。つまりそれには「意味が感じられる」。自分という意識は極小になる。しかも、その目的は楽しみにひたることではない。にもかかわらず、私たちが真に幸せに感じるのは、こういうときである。(ベラー他『善い社会』既出)

ベラー氏

 不注意に注意を払う

 「目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか」(マルコ・八章―十八節)

 ここで用いている意味の注意は、自分から進んで、行いや態度を慎むこと。である。(同上)

 私たちは専門家や専門的意見を必要としている。…専門家の意見をどう評価するかを学ぶというのは、市民教育の基本である。・・・ともかく、専門家の意見を評価することは、物事の手始めにすぎず、結局の所、いちばんの重要事ではない。さまざまな選択の道徳的意味合いを考量することこそが肝要なのである。この点において、家庭や地域共同体のなかで注意を払うことを身につけた市民は、それを一般化して、より広い問題に適用することができる。家庭が民主主義の学校であり、学校が民主的な共同体であるとき、こうした知恵は、すでに学ばれたということである。(同上)

 この書籍からの引用はすでに別の個所で行っています。アメリカの社会学者たちがアメリカを「善い社会」にするという展望のもとに家庭や地域における「公民性・公共性」を養うための方法に関する膨大かつ精緻な理論を展開したものです。これはアメリカという「社会」のある時期、ある地域の課題として「公民・市民」を育成するためのプログラムを述べたものともとらえられます。ぼくたちの社会と決定的に異なるのは、宗教(教会)の日常生活に占める位置づけです。ぼくたちの理解が容易に届かないところでしょう。善し悪しの問題ではありません。

 また、「公共・公民」という視点がぼくたちの島では全くと言っていいほどに欠けているのもおおいに気になります。(この点についても、他のブログで愚説を少しばかり述べています)家庭も地域社会も、一足飛びに「国家」の網の目に取り込まれているともいえるからです。本日、出されるという「コロナウイルス感染拡大」問題に関する「緊急事態宣言」とかいうもの、いかにも奇妙な扱われ方をしているといえます。もっといえば、はたして「宣言」する必要があるのかとさえ、ぼくには思われます。物事には「裏」が必ずあります。(ぼくは裏読みはしないし、できないし、興味はない)

 「外出自粛」はあくまでも「自粛」=「自分から進んで、行いや態度を慎むこと」(デジタル大辞泉)で、これを他人から言われる筋はないんです。(self restrain)「お前は外出を自粛せよ」という滑稽な話はあり得ない。もしそのようにいいたいなら「外出禁止」でしょう。ロシアでは禁を犯した5人が射殺されたとネットにはありました。インドその他では警官が棍棒で叩く、道路に正座させ、お仕置きをすると。それもこれも、お上の「禁止」命令を破ったからです。この島ではあからさまな禁止や戒厳などはしないのに、必要以上に「お灸」が効いてしまう。「これはお願いです」「禁止ではありません」といいながら、その効果はお願い以上、禁止以上です。暗黙の「右へ倣え」かね。「センス」の圧力です。

 ぼくはしばしば「注意は自分にするものだ」「他者からの注意は、命令であり、文句であります」といってきました。「自分から進んで、行いや態度を慎むこと」でなければ、いつまでも、何歳になっても他人から「とやかく言われる」ままの人間になるでしょう。いままさに、「ことは生命にかかわる」から、「他人に迷惑をかける」から、強い圧力をかけてでも「強制的に自粛させる」「自粛を強いる」という、ふざけた(顛倒した)事態になるのです。

 「専門家の意見を必要としている」のは確かですが、その言い分を真に受けるためではない。黙って聞いていれば、どんな結果になるか知れたものではない。医者は「患者の生命や健康を守る」とさかんにいうが、ぼくたちはまさか信じていないでしょう。どうして、あちこちで院内感染が「大量発生」するのでしょう。理解できない(したくない)のは「東京都医師会」「厚労省」などの専門家はいまだに「感染」が疑わしい場合でも「医者にクルナ」といって恥じるところがないことです。自己否定(自殺行為)しているのに気づかない(ふりをしている)。世も末だね。「コロナは医者に」というのが本筋なのに、さ。学校の教師も専門家、賢くなりたいなら「君たちは学校にクルナ」というのでしょうか。

 「専門家の意見を評価することは、物事の手始めにすぎず、結局の所、いちばんの重要事ではない」という指摘をよく考えたいですね。真に受ければバカを見る。バカを見ても後の祭りです。最後は自分でなんとかまちがえないように判断しようとする、そのための専門家の意見です。

自分の注意によってまちがいを少なくするためで、唯々諾々と受け入れるということではないんだ。

 「宣言」を発令しても、現状と変わりはないと要人たちは口をそろえる。それなら、どうして出す必要があるのか。コロナ禍はけっして「深刻」ではない、だから好き放題していいというのではない。「深刻」を煽る輩がいるのだ。だから前にも後ろにも「油断大敵」、それは何事においても言えるのです。当たりまえに「自粛・自制」をしなければならない。慎重にわが身を守り、他者に迷惑をかけぬために「注意を自分に」払う。連日、映像・画像に出っぱなしの「善男善女」たちは他人(国民。住民)思い・情け深い人々なのではないでしょう、また別の戦略や政略で「注意してくれている」んです。さすが「立派な政治家だ」と、ぼくは口が裂けても言わない。