緊急事態はどこにあるのか

 いま現在、アメリカには強烈な順応主義がはびこっています。九月十一日の攻撃の成功に、人びとは驚愕し、衝撃を受け、怯えています。最初の反応は結束すること(列を引き締める[close ranks]いう軍隊用語を想起させる)、そして愛国心の再認。あたかも、あの攻撃により、愛国心に自信がもてなくなったかのように。国じゅうが国旗に覆われています。アパートや家の窓から国旗が垂れ、店やレストランの表に国旗が掲げられ、クレーンやトラックにも、カーラジオのアンテナにも国旗がたなびいています。アメリカの伝統的な暇つぶしだった大統領(それが誰であれ)の揶揄も、愛国心にもとると決めつけられるようになりました。

 何人かのジャーナリストが新聞や雑誌から解雇され、ごく穏やかな批判的見解(攻撃当日のブッシュの謎の失踪に疑問を投げかける、など)を授業で述べただけで、公に譴責を受けた大学教師もいました。検閲のなかでももっとも重大にして効果のある自己検閲がそこここで行われています。討論を展開すれば意見の相違と同一視され、さらに意見の相違は忠誠心がないものと決めつけられます。この新たな、先の見えない緊急事態では、従来のさまざまな自由の保障は「贅沢」かもしれない、という思いがひろがっています。世論調査によると、ブッシュの「人気度」は九十パーセントを超えそうですが、旧ソ連型の独裁体制の指導者たちの支持率にほぼ近い数字です。(スーザン・ソンタグ『この時代に想う テロへの眼差し』木幡和枝訳、NTT出版刊、2002年 In Our Time, In this Moment) 

9.11後のアメリカの恐怖を感じさせる「順応主義」についてのソンタグ(Susan Sontag 1933-2004)の発言です。

 アメリカのことはともかく、こちら側でも「愛国心」の押し売りが始まっています。「お国のために命を投げ出すことができる人間を作る」そんな教育をするためにこそ、教育基本法を改正するんだといわぬばかりです。二十年前の話です。

 おりしも、この島では教育基本法「改正」問題が論議を呼んでいました。(2006年12月、ABE内閣(一次)時に改正)

 《自民党と公明党は全面改正の「基本法」案分の調整を進めています。「国を愛する心」の表現は、自民が「伝統文化を尊重し、郷土と国を愛し、国際社会の平和と発展に寄与する態度の涵養」とした。一方の公明は、自民の「郷土と国を愛し」の部分を「郷土と国を大切にし」とする案まで譲歩した》(朝日新聞・04/06/10)

貴重な読書経験をしました

 ゴミみたいな話ですね、「愛する」と「大切にする」とにどんなちがいがあるんですか。汚く言えば、「目くそ鼻くそ」。どっちにしても、どうあってもこの文句(「愛国心」といわれるもの)を「基本法」に書き加えたいというのですね。

 この島の「指導者」は米国の後塵を拝するのを国是(正確には島是)にしてきたし、いまはもっと後塵を吸引すらしているのです。「感染」もまた政治なんだ。ブッシュジュニアに尾を振った総理がいました。

 そして、今現在の状況です。ソンダク指摘するところの「体制順応主義」がはびこっているのは彼の国、彼の地だけではない。ほぼあらゆる問題について、わたしたちの社会(島)でも、多くの人はじつに従順です。異論を唱えながらも、従順なんだな。「この受け身の姿勢は、リベラルな資本主義と消費社会の勝利の当然の結果なのかもしれません」(ソンタグ)

 そういえば、アメリカには二大政党があるといわれているけど、「この二大政党はじつは同一の党の二派」なんですね。イギリスもご同様。この島のいくたびかの総選挙で、「二大政党の時代、政権交代の可能な政党政治」がさけばれましたが、なんのことはない、同一政党の二つの派閥にすぎなかったというわけ。それは今に至ってじつに明らかですね。

 現下の「コロナ禍」問題では、何を血迷ったかといいたいほどに、「要人」どもは人民を煽りに煽っています。敷島の東西南北、まことに危機意識過同調強制のオンパレードです。この問題が発生した当座、心配はいらない、大事なのは「正しく恐れる」なのだとしたり顔でノタマッテいたお歴々が形相も凄まじく「緊急事態宣言を」、「バカ殿、決断なされ」と。ロックダウンだのオーバーシュートだのと騒ぎに騒いでいるうからやからの胸の内こそが「緊急事態」じゃないか。「正しく」でも「正しくなくても」でもかまわない、恐れる必要はない。恐れるべきは、この機に便乗して人民の心や情緒を蹂躙する輩の赦しがたい姦計なんだ。誠実を装う不誠実が横行している。 

 いよいよ異論も討論も許されない雰囲気が劣島に充満しかかっています。「大本営」発表を露疑わないという、この愚愚愚。旧来式のme-tooism(右に倣えば、怖くないね)という無責任な風潮を断ち切れるか。一人ひとりが自主性かつ自守性を奪われないようにしたい。都都逸には「毒」があるんですね。でも高熱も咳も伴いませんし、肺炎なんぞにはまず無関係ですね。いいとこrは、精神の気概を保ち、かつ伸ばしてくれる点です。

 嫌なお方の親切よりも 好いたお方の無理が良い

 野暮で渡れる世間じゃないが 粋で暮らせる世でもない

 学校が兵営でない限り(承前)

 内には立憲主義、外には帝国主義を標榜していた日本、世に「大正デモクラシー」と称され、あるいは民本主義が唱われていた時期、それが大正という時代でした。多くの師範学校出身教師たちはこぞって「新教育運動」に参画しようとしていたのでした。

 上庄さんが教師になったのは大正三年、すでに彼はデューイをはじめとする「児童中心」の教育実践を試みていた。「児童の自由を尊敬しようとするには、教育者は自ら自由人でなければならぬ」というのが彼の心情となっていた。それは当時にあって、「国家の教育」「国家の教師」というくびき(規制)が勢いを増して学校を支配していたことの証明でもあったでしょう。教師の自立、教育の自由の達成、それは個々の教員の努力や情熱だけではとうてい達成できないものであった。そこに「闡明会」は生まれたのです。

 「たとへ正当な主張要求も、少ない力では蹂られるから、蹂られないだけの力を為すために団結である」(「闡明」創刊号)

 視学の訃を聞いた時、僕でさえ涙を感じた。けれ共それは単に視学の死を惜しむ涙ではなくて、衷心おしむことの出来ないこおとを悲しむ涙であった。(中略)

  人間が人間の死をかなしみ得ないほどの悲痛がまたとあろうか。(「闡明」)

 その後、上田庄三郎さんは幡多郡益野小学校(現土佐清水市)の校長になりました。二十七歳だった。赴任当時、焼失して校舎がなかった益野小学校で、彼は校舎のないままで森や野原、あるいは神社や空き地を利用して縦横無尽の活動を子どもたちと展開するのでした。

益野小学校(2009年に廃校となりました)

 彼はそれを「益野自由学林」と称し、詳細な「益野小学校経営案」を立案します。

 「全教育方針」と題して、次のような教育哲学(原理)を鮮明にします。

・学校全体にわたる教育方針は全校教師児童の総合意志によって樹立せられ、校長はこれの実現の任にあたります。

・右の方針は固定せられたものではなく、むろん、全校教師と児童とはこれが批評と改造の自由と責任とを持っております。

・校長は常に自分の教育精神を深刻堅実偉大に成長させ、自分の人格の威力を逞しくして、全校教育の清新自由な活動を生起させる淵源と自負して居なければなりません。

・どこまでも純真なる愛、どこまでも自由、そうして児童の全意欲が健かに生きてひしめく「子供の国」にしたいと云うのが理想です。(原文は仮名書き)(著作集①『大地に立つ教育』所収、国土社刊、1978年)

 校長として再建運動に奔走したわけでもないのに、やがて住民からの強い要求によって校舎は新築されました。ときに、大正十三年四月でした。その際に語られた上庄校長の「謝辞」が教え子の西村政英によって書きとめられています。(西村著『魂をゆさぶる教育』)

 「学校が兵営でない限り、学校が牢獄でもない限り、子ども達に最大の自由が認められ、最大の創造心を培う殿堂であらねばならない」

   「 およそ子ども達の自由と創造の天地と殿堂を壊し、これに圧迫を加えようとするものは、もはや、教育というものではなく。また教育を語る資格はない。自由と創造のない処、学校というものは不必要である」

 ひとりひとりの心身に深くかかわる教育は国事(国策)そのものなのでしょうか。この時代のこの国において、なお教育は私事にきわまると、ぼくは考えている。私事といえばただちにわがままで自分勝手な、と非難されそうですが、それは浅はかな言い分だとおもう。